職場でモラハラを受けたらどうする?事例やチェック項目、相談窓口を紹介

職場には、パワー・ハラスメントやセクシュアル・ハラスメントなど、様々な種類のハラスメントがありますが、中でももっとも分かりづらいのがモラル・ハラスメント(モラハラ)です。

モラハラとは、言葉や身振り、態度、メールなどの文書等によって精神的苦痛を負わせる、陰湿ないじめです。パワハラやセクハラに比べて実態が見えづらく、被害者自身も自分を責めてしまいがちなのが特徴です。

モラハラは学校や家族間でもありますが、今回は職場に限定し、モラハラとは何かという基本的な部分から、「これってモラハラ?」と思ったらどこに相談すればいいのかといったところまで、じっくりとご説明します。

今現在モラハラ被害に困っているという方はもちろん、それ以外の方々も、知らず知らずのうちに加害者や被害者になってしまわないために、ぜひご一読ください。

モラハラの定義って何?パワハラとはどう違うのか

はじめに、モラル・ハラスメントとは一体何なのか、その定義をパワハラとの違いも交えながら見ておきましょう。

モラハラの定義

モラル・ハラスメントとは、フランスの精神科医であるマリー=フランス・イルゴイエンヌさんが提唱したもので、以下のような特徴をもつものです。

  • 言葉や態度による精神的な嫌がらせ
  • 直接的・身体的な暴力はない
  • 密室など他者から見えにくい形で行われる
  • 加害者はターゲットとなった被害者以外には人当たりが良い
  • 被害者は悪いのは加害者ではなく自分自身だと思い込みやすい

このように、モラハラは身体的な暴力があるわけではないため、人によっては些細なことと思いがちですが、被害者は周囲の人に理解してもらえない中、執拗にじわじわと精神的に追い詰められていき、退職を余儀なくされることも少なくありません。

マリー=フランス・イルゴイエンヌさんは、モラハラは犯罪であり、精神的な殺人であるとさえ述べており、陰湿極まりない行為であることを全社会人が知っておく必要があります。

パワハラとは何が違うのか

では、モラハラはパワハラとどう違うのでしょうか?両者の違いを、それぞれの特徴とともに見てみましょう。

ハラスメントの種類 特徴
パワー・ハラスメント ・加害者と被害者に上下関係がある
・他の人の前での暴言や暴力も含まれる
・周囲の多くの人が気づく
モラル・ハラスメント ・加害者と被害者には上下関係がないこともある
・密室や他人のいないところで行われる
・周囲の人に気づかれにくい

パワー・ハラスメントの「パワー」とは「権力」のことであり、上司と部下、雇用主と被雇用者など、上下関係の中で上の立場にある方が権力を利用して下の立場の人に嫌がらせをするものです。

一方、モラハラは上下関係がある場合もありますが、同僚や夫婦などの対等な関係もしくは、部下から上司など本来権力が及ばないはずのところにも起こり得ます。

また、パワハラは誰から見ても分かりやすく、被害者自身も理不尽だと感じやすいのですが、モラハラはひっそりと行われるので周囲に理解してもらいにくく、被害者も「私が悪いんだ」と感じてしまいやすいというのも大きな違いです。

このように、パワハラとモラハラには明確な違いもありますが、まったくの別物というわけではなく、重なっている部分もあるのです。たとえば、上司が部下に人知れず卑劣なモラハラをしていれば、これはパワハラでもあります。
みんなの前で激しく叱責されたり、身体的な暴力を受けたりするパワハラもつらいですが、モラハラも陰湿で嫌なものですね…。

セクハラもよく聞きますが、パワハラやモラハラとはどう違うんですか?

セクハラは、性的な言動による嫌がらせです。モラハラにパワハラやセクハラの一部が含まれているというイメージを持つと、分かりやすいかもしれませんね。

でも、ハラスメント自体が許しがたい行為ですから、モラハラとパワハラとセクハラをはっきり区別することに、さほど意味はありません。

私がされているのはモラハラに当たる?モラハラの実際とは

モラハラの定義についてお話してきましたが、ここからはより具体的に見ていきましょう。「自分が会社で受けている扱いが、モラハラに当たるかどうか分からない」という方や、自分の振る舞いがモラハラになってしまうのか不安な方は、ぜひ確認してみてください。

モラハラの具体例

実際のモラハラとしては、以下のような例が挙げられます。

  • 無視
  • 仕事を回さない
  • 皆が参加する会議や飲み会等に呼ばない
  • 必要な資料等を渡さない
  • 孤立させる
  • 「こんなこともできないの?」「バカ」「死ね」「クビだ」等の言葉
  • 雑用など能力に見合わない仕事を押し付ける
  • 身体的な特徴をからかう
  • 相手の立場を悪くするようなメールや文書を皆に送る
  • 家族や休日の過ごし方などプライベートなところまで干渉し、否定する

思い当たることがある方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

モラハラか否かの境界線とは?

先に挙げた具体例の中でも、「死ね」などの暴言等はまだハラスメントだと分かりやすいですが、家族や学歴をバカにされたり、プライベートなところにダメ出しされたりするのは、「確かにそうかも」「私が悪いんだから、言われても仕方がない」なんて思ってしまう人も少なくないでしょう。

また、挨拶をしても無視されたり、必要な仕事や情報を回してもらえなかったり、皆が知っていることを自分だけ知らせてもらえていないなどの被害は、「偶然かな?」「私が嫌われるようなことをしたかもしれないから、これくらい我慢しなくては」と考えがちです。

確かに、うっかり資料を渡すのを忘れることや、挨拶されていても気づかないことは誰にでもあり得ます。なので、普段の関係性が悪くなく、1回や2回のことなら、それがすぐさまモラハラに当たるとは言えません。

また、仮に悪意から資料を渡さなかったとしても、全く気にせず「資料もらってないので、ください!」と明るく言えるような人ならモラハラにはなりませんし、そもそもモラハラ加害者はこういう人をターゲットにはしません。

このように、ハラスメントかどうかを判断するのは、第一にされた側に精神的苦痛や嫌悪感があるかどうかが基準となります。

体調も大きな目安

しかし、繰り返しになりますが、ハラスメントの中でもモラハラの場合、被害者側が自分を責めてしまいがちです。苦痛を感じていないわけではないのですが、「こんなことで苦痛を感じる自分が悪い」とさえ考えてしまうこともあります。

このように、被害者自身がはっきりと「嫌だ」という気持ちを認識しづらい特徴があるため、モラハラなのかどうか判別しづらいことも多々あります。

しかし、心と身体はつながっていますから、モラハラ被害で心が疲弊していくと、体調不良を引き起こすことがよくあります。頭痛や腹痛、発熱、朝起き上がれない、会社に行こうとすると涙が出る等の症状があれば、モラハラと判断できる大きな材料となります。

モラハラのチェックリスト

お話してきたように、モラハラはセクハラやパワハラに比べて分かりにくいものです。ですから、知らず知らずのうちにモラハラ加害者になってしまうことも、無きにしも非ずです。

そうなってしまわないよう、モラハラを犯しやすい人に特徴的な行動や考え方のチェックリストを見てみましょう。

  • プライベートなことを聞くのもコミュニケーションだと思っている
  • 普段から口が悪い
  • イライラすると態度や言葉に出やすい
  • 機嫌が悪いときは口をききたくなくなる
  • モノや壁を叩く癖がある
  • 仕事ができる自負があり、できない人を見るとイラつく
  • 気の弱い人が困っていると快感や優越感を覚える

このチェックリストにあるような考え方や行動のクセは、たとえ悪気がなくてもモラハラにつながりやすいものです。じゅうぶん注意しましょう。

「彼氏いるの?」とか「子供つくらないの?」としつこく聞かれるのは嫌ですが、プライベートをまったく聞いてはいけないというのも、何を話していいのか分からなくなりそうです。

普通のコミュニケーションなのか、モラハラなのか線引きが難しいですね…。

絶対に全員に対してプライベートを聞いてはいけないということはありません。

相手が嫌がっているかどうかが決め手のひとつですから、普段から良い関係性を保つよう心がけ、嫌なら嫌と言ってもらいやすい土壌を作っておくことが、ハラスメント予防に有効です。

モラハラ被害を相談するのはどこ?どんな対策があるの?

自分が受けているのがモラハラかもしれないと思った場合、また、どうにか解決したいと思った時、どこに相談すればよいのでしょうか?最後に、相談窓口をご紹介するとともに、対策やモラハラ被害を訴えるときの注意点などをお話します。

自分でできる対策

まずは、被害の内容をメモしておくことが重要な対策のひとつです。

  • 日時(何年何月何日の何時ごろに)
  • 相手(誰から)
  • 被害の内容(どんな発言や行動があったか)
  • 背景や文脈(なぜそうなったか)
  • 周囲の状況(場所、目撃者や同席者の有無)
  • 自分の気持ち(怖かった、つらかった、自分が悪いと思った等)
  • 心身の状態(体調不良やうつ状態の有無、食欲や睡眠の状態等)
これらをできるだけ事細かに記録しておきましょう。メモでも立派な証拠になります。中傷メールやLINEのやり取りなどがあれば、保存しておきます。可能であれば、音声等も録音しておくとよいでしょう。

職場内に信頼できそうな人がいれば、その人に被害の内容を話してみても良いでしょう。その人に相談しているということ自体が、後々証拠になって役立つこともあります。ただし、相談相手をよく選ばないとかえって職場内の立場が悪くなることもありますので注意してください。

医師の診断書をもらう

もしも体調不良や精神的な不調があれば、病院で診断書をもらっておきましょう。

身体的な不調の原因がモラハラによるストレスだということもよくありますから、必ずしも精神科や心療内科でなくても大丈夫です。内科や消化器科等の身体科でも、診断書を書いてもらうとよいでしょう。

モラハラの相談窓口は?

モラハラについて相談したい方のために、以下のような相談窓口があります。

相談窓口 特徴
社内のハラスメント相談窓口 ・無料
・相手によっては相談しづらいこともある
法テラス ・無料
・電話や窓口で弁護士などに相談できる
労働局や労働基準監督署内の
総合労働相談コーナー
・無料
・あっせん等の労働紛争解決援助制度を利用できる
・状況によって会社への行政指導を行う
・希望に応じて裁判所など関係機関の情報提供も行う
弁護士事務所 ・有料
・どのような解決手段があるか等の相談から
裁判での弁護まで幅広く対応

このように、相談窓口はたくさんありますので、証拠が揃っていれば持参して相談しましょう。

とはいえ、まだ証拠がなく、そもそもモラハラかどうかも分からないという場合でも大丈夫なので、気軽に相談してみてください。

モラハラは犯罪なの?訴訟はできるの?

モラハラは、内容や程度によっては侮辱罪・脅迫罪・名誉棄損罪などの犯罪に当たることもあります。とはいえ、刑事告訴できるほどの悪質で重篤なモラハラは、事例数としては多くありません。

しかし、加害者や管理監督責任を怠った会社に、損害賠償を請求できることもあります。

もちろん民事裁判でも請求は可能ですが、都道府県の労働局などを通して労働紛争を起こせば、裁判をしなくても和解に向けてのあっせんや慰謝料などの請求が可能です。

自分が受けているモラハラ被害が犯罪なのか、また、どのような解決手段があるのかはケースごとに違います。個々に応じた対策は上記の相談窓口で教えてもらえますので、まずは無料のところから相談に行かれることをおすすめします。
社内のコンプライアンスや相談所には行きにくい人もいますよね。かといって外部の労働局などに行くのも勇気がいるし、ましてや裁判なんて怖気づいてしまいそうです。

大ごとにはしたくないし、モラハラを止めてもらえればそれでいいという人も多いですよね。

モラハラは加害者の性格の歪みが原因なので、自分の力で止めてもらうことはなかなか難しいものです。

被害者が退職などでいなくなればまた別の人をターゲットにして、被害者がどんどん入れ替わっていくこともよくあります。

なので、個人でどうにかしようと思わず、企業内や労働局などから指導をしてもらうことも有効ですよ。

モラハラかもと感じたら自分を責めずに相談を!

無視や人格の否定など、態度や言葉などで精神的苦痛を与えるモラル・ハラスメント。パワハラやセクハラのように分かりやすいものではなく、被害者自身も自分を責めてしまいがちなので、なかなか対策をとれないままどんどん事態が悪化してしまいやすいのです。

自分のされていることがモラハラかどうか迷う方も多いと思いますが、少しでも不快感があればモラハラの可能性がありますし、それが続けば体調不良などが出てくることも多いものです。

労働局や法テラスなど無料で紛争解決制度を利用できる相談窓口もありますので、深刻な状況になる前に相談してみてくださいね。