「この仕事、向いてないかも」と悩んだときに考えたい5つのポイント

「この仕事、向いてないかも」と悩んだときに考えたい5つのポイント
僕、なかなか仕事に慣れることができません。上司にも「お前、この仕事に向いてないよ」って言われてて・・・。
あまり落ち込まないでください。仕事に慣れるまでの時間は業務内容によって異なりますし、個人差もありますよ。

「仕事が楽しくない」「仕事をしたくない」と思ったとき、わいてくるのが「自分はこの仕事に向いているんだろうか」という疑問。

この記事では「仕事が向いてない」と悩んだときに考えたい、5つのポイントを紹介します。

ただ、その答えを出すのはなかなか難しいもの。時間が解決してくれることも多々あります。

今の仕事は本当に自分に向いていないのか、自分次第で状況は改善できるのか、一緒に考えてみましょう。

「仕事が向いてない」と感じたら考えたい5つのポイント

「この仕事、自分には向いていないのでは?」と思っている人は、次の5つの判断ポイントで考えてみてください。

タップすると、詳しく説明している項目に移動します。
「仕事に向いてない」かどうかの判断ポイント

それでは5つのポイントを詳しく見ていきましょう。

判断ポイント1:今の仕事が好きか、自ら進んで努力できるか

自分の仕事が好きだという人は、次のように感じるのではないでしょうか。

  • 仕事をしているときが楽しい
  • 新しく覚えることが苦にならない

「好きなこと」が必ず「向いていること」かどうかは、一概には言えません。

ただ、好きなことであれば勉強や努力も苦にならないため、続けていけるし、成長もできるのです。

そういう意味では、仕事が好きだと感じられるなら、その仕事は自分に向いていると言えます。

仕事に慣れない、スキルが追いつかないというのは、向いていないわけではなく「まだ時間が足りていない」だけかもしれませんよ。

判断ポイント2:自分の得意なこと、能力やスキルを発揮できているか

たとえば、じっと座って作業することが得意でないのに事務作業しかさせてもらえない、人のサポートをするのが得意なのに、最前線で新規営業をさせられている、といったケースがあります。

自分の得意なこととはまったく異なる仕事についていませんか?

不本意な気持ちを抱えたまま仕事をしても、仕事の効率は上がりませんし、自分の成長にもつながりません。

ただ、経験を重ねることによって、不得意だったことにも慣れ、かえって得意になることもよくあるのです。

不得意なことでもがんばろうと思えれば、向上心プラス努力の積み重ねで克服できる可能性は十分あります。

しかし、どうしても苦手意識が強く前向きになれなかったり、がんばる意欲が出ないような環境にいる場合は難しいかもしれませんね。

判断ポイント3:自分の仕事に「意義」を見い出せているか

「向いてない」と感じるのは、自分の仕事に意義がないと考えるからかもしれません。

「こんな仕事はつまらない」「どうせ大した仕事じゃない」などと考えて前向きに取り組めない、なんてことはないでしょうか。

特に「やりがい」を強く追い求める人には、単純作業のような仕事や手応えのない仕事はつまらないと感じてしまうもの。

確かに、仕事には難易度の低いものから高いものまであります。しかし、一見誰にでもできそうな仕事でも、誰にでも「上手く」できるわけではありません。たとえ雑用でも、全体的に見れば欠かせない作業です。

自分の仕事に意義が見い出せない人は、次のような点を重視して仕事をしてみてください。

  • いま抱えている案件に集中し、ベストを尽くす
  • 仕事上で達成したい、自分なりの目標を作る
  • 将来のことを考え、積極的に勉強する

職場での自分の役割を考え、周りの人の仕事も見ながら、作業を効率よく進められるよう創意工夫をしてみましょう。

今は向いていない仕事についていたとしても、そこからキャリアが拓ける可能性があります。

創意工夫をしても、すぐに結果は出ないかもしれません。

しかし「継続は力なり」です。その仕事のプロフェッショナルになるつもりで取り組んでみてください。

また、将来のことを見据えて勉強することも大切です。前向きに仕事に取り組めるきっかけとなったり、逆にこの仕事ではダメだという結論が出せたりする可能性もあります。

特に20代前半など働き始めて間もない場合、転職するにもある程度の経験やスキルを身につけておきたいもの。そのために、勉強する姿勢はどの職場でも大切です。

判断ポイント4:仕事内容に納得できているか

今している仕事の内容に、納得はできていますか?

営業の仕事で、自分は買いたいと思わないような商品を売らなければいけなかったり、「何か違うのでは?」と疑問を感じながら仕事をしていたり。

しかし、どのような職種にも「気が進まない仕事」は存在します。

たとえば「クリエイターは好きなものを作れるからいいな」と思いがちですが、クライアントのニーズに沿って、自分の好みではないものを作らなければ収入にならないこともあるのです。

自分の意に沿わなくても、社会のためになったり、顧客のためになったりすることは多く、見方を変えたりある程度の妥協をしたりして働いている人もいます。

また、納得がいくように改善しようとすることも1つの打開策です。

「どうしても納得できない」「仕事に誇りを持てなくて辛い」という場合は、やはりその仕事が向いていないのかもしれません。

判断ポイント6:働く環境に問題がないか

もしかしたら、自分が「仕事に向いていない」のではなく、職場が自分に合っていない可能性もあります。

職場に次のような問題がないか確認してみましょう。

働く環境の問題チェック
  • 社員の育成に力をいれていない
  • 社風が自分に合わない
  • 残業が多い
  • パワハラなどのハラスメントがある
  • 社内環境を良くしようとする人がいない

当てはまる項目が多いほど、「職場が自分に合っていない」可能性が高いです。

社内環境を変えるよう努力する、または転職するなどの具体的な行動を起こすことをおすすめします。

ただ、1人の社員が社風を変えるのは難しいでしょう。

体育会系のノリについて行けない、と辞める人も多いです。また、「客より利益を優先する」ような意識が浸透している会社では、合わないと精神的に大きなストレスがかかってしまいます。

中途入社の場合、社員教育に力を入れていないところも多いです。

問題は、教育体制が整っていないと組織全体のつながりが弱く、考えや見ている方向がバラバラになりがちなこと。そうして仕事が上手く回らない環境が生まれてしまうのです。

そうですよね!教えてもらえれば、先輩たちとも仲良くなれるし、僕もしっかり仕事をこなせるはずです。

悪いのは全部、会社ってことですよね!

待ってください、自分から学ぶ姿勢も必要です。何から何まで教えてもらうつもりではいけませんよ。
職場でパワハラやモラハラなどが横行している場合は、「仕事に向いていない」という以前に職場環境として問題があります。

改善のために周りの人と相談・協力し合ったり、場合によっては転職を考えたりすることが必要です。

業務に慣れることができず、仕事が合わないと感じている人へ

転職して数カ月、「業務を覚えるだけで一杯一杯」「自分のスキル以上の会社に入ってしまったかも」と悩んでいませんか?

仕事に慣れるまでの期間は、仕事内容によって違いますし、個人差もあります。

「仕事を続けたい」という気持ちがあるなら、ぜひ続けてみましょう。頑張って続けたら「知らないうちにできるようになっていた」という人もたくさんいます。

「まだ慣れない、どうしよう」などと気にしすぎないことがポイント。

周りの人と比べないのがおすすめです。

「仕事に慣れなくてツライ」っていう気持ち、わかるなぁ。入社1年目なんて何をすればいいのか本当にわからなくって、「私には向いてないのかも・・・」ってよく落ち込んでました。
仕事に慣れることができず、悩んでいる人は多いです。

ついついネガティブになりがちですが、慣れるための努力をしたり、「ダメだったら転職すればいいや」と割り切って、しばらくの間は前向きにやってみることが大切ですよ。

「仕事に向いてない」と言われた・・・愛のムチかパワハラか

上司からの「仕事に向いていない」という言葉は、やる気を引き出すために使われることもあります。

えええ!?「仕事向いてないよ」なんて言われて、やる気って出ますか!?僕はむしろ落ち込みます。
そうかしら?私は悔しいから「いい仕事をして見返してやる!」って思うけど。
感じ方は人それぞれです。先輩や上司によっては、やる気を引き出すために伝えることもあるんです。

しかしあまりにも頻繁に言われる場合は、単に上司の性格に問題があるか、嫌がらせ、パワハラの可能性も考えられます。

職場の人間関係に悩む人は、こちらの記事も参考にしてください。

「仕事が向いてないから会社を辞めたい」と辞める前に考えよう

仕事が向いてない場合は、もう辞めるほかないでしょうか?
そんなことはありませんよ。ただの思い込みかもしれません。「もう少しだけ頑張ってみよう」と思えるのなら、仕事を続けてみるのがおすすめです。

「もう辞めたい」「これ以上は改善の余地なし」と思ったときは、次のことを考えてみましょう。

  • 向いていなくても、今の仕事を続けたいか
  • 向いていないから、他の仕事をしたいのか

向いていないけど「続けたい」と考えている人は、仕事への取り組み方を変えてみましょう。仕事に関する勉強をしたり、業務の効率化を図ったりするなどして、仕事に慣れることを考えてください。

その努力次第で、苦手なことも克服できる可能性があります。

ただ、精神的ストレスから身体に支障をきたし始めたり、その仕事や職場に見切りをつけたりしたのなら、転職活動を始めましょう。

自分のやりたい仕事が見つからなくて悩んでいる人は、こちらの記事も参考にしてください。

転職するかどうか悩んだら、転職エージェントに登録してプロの視点でアドバイスしてもらうのも1つの方法です。

こちらの記事で、転職エージェントをいくつか紹介しています。

仕事が向いてないと感じたら、5つのポイントについて考えてみよう

仕事が向いてないと悩んだ時は「仕事は好きか」「スキルを活かせているか」「働く環境に問題がないか」などの点から見直してみましょう。

また、自分が仕事に取り組む姿勢に改善の余地はないかも考えてみてください。

その仕事に就いて間もないのなら、仕事が向いていないのではなく、まだ時間が足りていないだけかもしれません。

仕事を続けたい気持ちがあるなら、必要なスキルを身につけられるまでもう少し頑張ってみましょう。

本当に合わないと感じているのなら、転職を視野に入れて動き始めましょう。自分に合う転職先を探すには、転職のプロである転職エージェントを利用することをおすすめします。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月29日 21:36 求人更新