パワハラと指導の違いは?誰でもわかるパワハラの定義

パワハラと指導の違いは?誰でもわかるパワハラの定義

ニュースなどでも度々取り上げられる「パワーハラスメント(パワハラ)」。

もし自分もパワハラにあってしまったら…と思うと怖いですよね。

しかし、「どこまでがパワハラに当たるのか」を知っていないと、自分が受けたものが「業務上必要な指導」なのか「パワハラ」なのかを判断できず、悩むことになってしまいます。

そのため、パワハラに対して対策を取るために必要な知識である「パワハラとはどのようなものか」をこの記事では解説します。

そもそもパワハラの定義って?自分が受けているのはパワハラ?

「パワハラ」の単語のニュアンスはなんとなくわかっていても、パワハラの定義は?と聞かれるとなかなか答えられないですよね。

また、「会社で怒鳴られることはあるけど、これは指導の範疇なのか、それともパワハラに入るのか自分では判断出来ない」という方もいると思います。

そこでまずは、パワハラの定義と、自分がパワハラを受けているのかどうか判断する基準について解説していきたいと思います。

パワハラの定義は厚生労働省で明確に決められている

実は、パワハラの定義はきちんと厚生労働省により明確に決められています。

その内容は

同じ職場で働く者に対し、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景とし業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為

となっています。

少々噛み砕きますと、同じ職場で働いている人に対し、上司や部下という関係や、その他の人間関係を使って、業務において適切であると判断されているラインを超えて人に精神的・肉体的ダメージを与える行為をパワハラと定義していると言っていいでしょう。

当然ですが、「教務の範疇を超えて」ということですので、業務内で適切と思われる指導の範疇(例えば危険な行為をした部下に対して上司が叱責するなど)であればパワハラには入らない、と定義しているとも言えます。

適切な指導とパワハラ、その境界線や判断基準は?

パワハラの定義はわかったものの、ただ怒られているだけ(業務の範疇)なのか、パワハラなのか判断が付かない…ということもあると思います。

まず適切な指導とは、

  • 部下が間違ったことをした時上司が指導する
  • 危険な行為をしていた際に叱責、指導する
  • 何かしら会社に迷惑をかけたので反省文を書く

などが該当します。

当然上司は部下の管理をするのも仕事ですから、間違ったやり方をしていたり、危険な行為をすれば叱責することは十分にあるでしょう。それが他の社員の前であってもそれは指導の範囲に入る可能性が高いです。

しかし、

  • みんなの前で人格を否定するようなことを言う
  • 暴力を振るう
  • 他の人の仕事まで自分に押し付けてくる

といったケースは業務の範疇を超え、十分に「パワハラ」と言えるものです。

厚生労働省が作成している「あかるい職場応援団」というサイトでは、いくつかの質問にチェックを入れることでパワハラを受けているかどうか判断することが出来ます。

「自分の受けている行為はパワハラに入るのか知りたい」と思っている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

パワハラは上司から部下だけではない!?

パワハラというと上司が部下に対して行うもの、というイメージが強いですが、実はそれだけではありません。

同僚同士であっても、部下から上司に対してでも「パワハラ」は行われるんです。

同僚同士の場合は、自分だけ同僚たちのグループからはぶかれてしまう、陰口をこそこそ言われる…といったいわゆる「いじめ」を受けているような状態は十分にパワハラを受けていると言えます。

部下から上司に対しては、上司がいくら言っても部下が言うことを聞かない、自分勝手に仕事を行う…という状態も「パワハラ」に入ります。

パワハラとモラハラ。その違いは何?

今日本での3大ハラスメントといってもいいのが、パワハラ、セクハラ、モラハラです。

今回取り上げているのはパワハラですが、モラハラとパワハラの違いがイマイチわからないことも多いですよね。

パワハラはどちらかと言えば直接パワハラを行っている・受けている人以外にもわかることが多いのですが、モラハラは「陰湿」なやり方のため加害者と被害者しかわからないことが多いです。

他の人の前では自分に対してもにこやかに応対していたのに、他人がいなくなると急に無視したり冷たい態度をとったりします。

また、職場での地位やグループを利用した行いではない点もパワハラとの違いと言われます。

うう…パワハラを受けてしまったらと思うと怖いです。

でも、たしかに指導とパワハラって判断がつき辛いですよね。

怒られたからってパワハラ!っていうわけでもないですし…。

反省文を書かせた2つの行為についての判例を例にしますと、原告が業務上危険行為をしていたため被告が反省文を書かせた、というのは業務の範疇としてパワハラに当たりませんでした。

しかし、原告が年休申請する際、他の人は事務員を通してもよかったのに原告には被告に直接言うものとして反省文を書かせたという事例についてはパワハラとして認定されていました。

「業務の指導」として逸脱した行為かどうかがポイントですね。

パワハラは6種類に分類可能。「パワハラの6類型」とは?

パワハラと一言で言っても、実はかなりその行為は様々。そこで、厚生労働省はこれまでのパワハラの裁判結果や個別労働関係紛争処理の事案などを参考にして、パワハラを6類型、つまり大まかに6つに分類しています。

  • 身体的な攻撃
  • 精神的な攻撃
  • 人間関係からの切り離し
  • 過大な要求
  • 過小な要求
  • 個の侵害

すべてのパワハラが上記6類型のいずれかに当てはまる、というわけではありませんが、主に多いパワハラの種類と考えていただければいいかと思います。

それぞれどういった行為がこの類型に当たるのか、解説していきます。

身体的な攻撃はわかりやすい「暴力」など

身体的な攻撃は、非常にシンプルで暴力を上司や同僚から受けた場合に当てはまります。

直接殴る・蹴るといったものだけでなく、カレンダーを丸めてそれで殴るといった行為や机をバシンと叩いて威嚇するような行為もこちらに含まれます。

精神的な攻撃は「脅し」「罵倒」など

パワハラのイメージとして一番持たれているものかもしれません。

「この仕事を○日までに終わらせないとお前をプロジェクトから外すぞ」といった脅しであったり、「だからお前は使えないんだよ!」と大勢の人の前で罵倒したり、「給料泥棒はこれだから困るな~」と侮辱するようなことを言ってくるのはすべて精神的な攻撃です。

また、こういった内容だけでなく、必要以上に長時間怒られ続けたりするのも立派な精神的な攻撃になり、パワハラと判断されます。

人間関係からの切り離しは端的にいうと「ハブり」

人間関係からの切り離しというのは、同じ部署のはずなのに一人だけ別の部屋をあてがわれたり、話しかけているのに無視をされる、送別会や新年会といった集まりに誘われない…といった「ハブり」です。

他にも、理由がないのに自宅待機を命じられるのも人間関係からの切り離し、すなわちパワハラに該当します。

「いじめ」に近い部分もあり、上司だけでなく、同僚から受けやすいパワハラとも言えそうですね。

過大な要求は「処理能力を超えたことをさせられる」こと

過大な要求…というとちょっとピンと来ませんが、いうなれば「処理能力を超えたことをさせる」ことです。

終業間際に絶対に終わらないような量の仕事を押し付けたり、本来しなければならない仕事の前に優先度の低い仕事を無理やりさせたり…といった行為です。

部署全体で残業が1時間程度ある、というのであればパワハラとは考えにくいですが、自分だけ他の人の3倍以上の仕事をさせられる、自分だけが残業させられる…といった場合は十分パワハラと考えてよいでしょう。

過小な要求は「仕事をさせない」形のパワハラ

過大な要求と真逆の「過小な要求」とは、何もさせないことです。

本来仕事があるはずなのに仕事を他の人に回して何もさせなかったり、新人でどうしたらいいかわからないのに指導をせず放置する…といった行為が該当します。

また、本来は営業職として入ったのに「コピーだけさせる」「掃除だけさせる」といった能力とかけ離れた仕事を与えるのもパワハラと判断されます。

個の侵害は「過剰なプライバシーの探り」

最後の「個の侵害」はいうなれば、過剰にプライバシーを知りたがるような行為です。

例えば有給を申請する時に「どこに行くの?誰と行くの?」と聞いてきたり、「付き合っている彼氏(彼女)はいるの?どんな人?」としつこく聞いてくるなどが該当します。

他にもスマホを覗こうとしたり、席を外している時に机の中を覗こうとするのもバッチリ(?)パワハラになります。

どれもこれも確かにパワハラと言えるものばかりですね。

この6類型が多いってことでしょうけど、他にはどのようなパワハラがあるんでしょうか?

他には自分のやり方を強要し、効率的な方法を認めないというのも限度を過ぎればパワハラになるようですね。

「俺の言うとおりにしていればいいんだ!」という感じでしょうか。

仕事環境にも悪影響を及ぼす可能性があるので、パワハラと取られても仕方ないかもしれません。

パワハラに悩む人は増えている!?アンケート結果から読み解く

パワハラに悩んでいる人の中には「もしかしたらこれは少数派で、自分以外はパワハラになんて悩んでいないのかも…」と、なかなか相談することが出来ないことがあります。

しかし、厚生労働省のデータを見るに、パワハラの件数は増えているんです。

実際のデータを見つつ、現在のパワハラを考えてみましょう。

相談の内容として「パワハラ」はトップになっている

こちらのグラフは厚生労働省が提供するパワハラ情報サイト「あかるい職場応援団」に掲載されているグラフです。

都道府県労働局への「嫌がらせ」や「いじめ」に関する相談件数が、急激に右肩上がりで増えていることがわかりますよね。

増加するパワハラ(都道府県労働局等への相談件数)

すべてが本当にパワハラと言えるかはわかりませんが、「パワハラを受けている」と感じる人がそれだけ増えていると言えるでしょう。

また、過去3年間にパワハラを受けたことがある人は25.3%、受けているところを見たことがある人は28.2%と約3分の1の人がパワハラの経験者、あるいは目撃者となっています。

一番受けているパワハラは「精神的な攻撃」

そして、一番多く受けて(た)いるパワハラは「精神的な攻撃」が圧倒的に多くなっています。

受けたパワーハラスメントの内容

具体的には「みんなの前で大声でミスを指摘される」「無能扱いされる」「人格を否定される」など非常に傷つく内容ばかり。

ずっとこんなことを言われていると体調も崩しますし、自信もなくしてしまいますよね。

パワハラされているかも?と思ったら相談を!

もし「これってパワハラじゃないのかな?」と思ったらまずは相談することが大切です。

上司にされているのであればさらに上の上司、信頼出来る同僚でも構いません。

詳しくは別記事で説明させていただきますが、社内の相談窓口でもOKですし、社内にそのようなものがなければ社外の相談窓口に相談するのも有効です。

こんなにパワハラが増えているんですね。

多くの人は相談をしているんでしょうか?やっぱり我慢しちゃうんですかね…。

データによると、約47%がパワハラに対して相談などもせず、耐えたようです。

しかしパワハラを受けたことで退職している人もいます。

年代別で言えば、20代の人は20%、つまりパワハラを受けた5分の1の方はパワハラを理由として退職しているようですね。

判断しづらい部分もあれど、違和感を覚えたら相談を!

パワハラの判断基準は会社や文化などによって厳密に「ここまで」と線引きするのが難しく、そのためパワハラをしている人もパワハラの自覚がなく、受けている人も指導かもしれない…と思ってしまうこともあるでしょう。

しかし、パワハラで受けたストレスは体にも悪影響を与えますし、うつ病の原因となることも。

誰かに相談することで安心できたり悩みが解決出来ることもありますので、「これパワハラかも?」と思ったら、まずは相談してみることをオススメします。