パワハラは指導を超えて相手を傷つける行為!定義や具体例を紹介

パワハラは指導を超えて相手を傷つける行為!定義や具体例を紹介

パワハラによる自殺などのニュースが後を絶たず、2020年6月には改正パワハラ防止法(労働施策総合推進法の改正)施行されることが決まりました。

「どこまでがパワハラなんだ?」「自分も上司から叱責されることが多いが、これもパワハラなんじゃないか」と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

「パワハラ」とは、立場の優位性をして相手に苦痛を与える行為です。

職場以外でも起こりうるものですが、この記事では職場での「パワハラ」に焦点を当て、その定義や具体例、判例を紹介していきます。

パワハラと「指導」や「モラハラ」との違い、パワハラへの対処法なども解説するのでぜひ参考にしてください。

パワハラとは:上下関係などを利用した嫌がらせやいじめ

パワハラとは「上司と部下」の立場などを利用し、業務上必要な範囲を超えた言動によって相手に苦痛を与えることです。

ポイントとして、次の3つすべてに当てはまるものがパワハラとされています。

職場におけるパワーハラスメントの3要素
  1. 優越的な関係が背景にあること
  2. 業務上必要かつ相当な範囲を超えた言動であること
  3. 身体的または精神的な苦痛を与え、働く環境を脅かすこと

大きなポイントとなるのは「業務上必要」かつ「相当な範囲を超えた言動」というところ。

その指導や指示に業務上の必要がない、業務目的とは無関係、手段として適切でない、叱責の程度や回数が尋常でない、などの場合に当てはまります。

業務に必要な指導や注意はパワハラではありません。

ちなみに、上司から部下へのパワハラだけでなく、部下から上司への嫌がらせなどもパワハラと判断されるケースがあります。

部下から上司にパワハラ?どういうケースがあるんですか?
例えば、専門性の高いPCのソフトウェアが使える部下が、使えない上司に「そんなこともできないんですか?」などと馬鹿にして指示を聞かなくなるとか。

数名の部下がこぞって上司を無視し、部署の業務を滞らせてしまうこともパワハラになる可能性があるんです。

立場の優位性だけでなく、専門知識や人間関係、経験値などさまざまなことでの優位性が該当する可能性があります。

自分が受けているのは「パワハラ」ではないのか、もしかしたら自分の指導も「パワハラ」になってはいないか、次の項でチェックしてみましょう。

パワハラの6パターンを紹介!具体例も

パワハラには、主に6つのパターンがあります。次の表を見てください。

パワハラ6つのパターン
パワハラの種類
身体的な攻撃 ・殴る
・蹴る
精神的な攻撃 ・執拗に叱り続ける
・「馬鹿」「役立たず」など、人格を否定するような発言をする
人間関係からの切り離し ・1人だけ会議に出席させない
・別室で仕事をさせる
過大な要求 ・無理なノルマを課す
過小な要求 ・管理職なのに単純作業しかさせない
・業務に直接関係のない作業を長期間続けさせる
個の侵害 ・プライベートなことに口出しする
・思想や信仰の違う人を差別する
パワハラにもいろんなパターンがあるんですね。
僕なんて、ちょっと遅刻しただけなのにものすごい剣幕で怒鳴られました。そりゃあ、このところちょっと寝坊が続きましたけど。

でも僕が苦痛を感じたんですから、これもパワハラですよね?

いいえ、コロン太さん。それは何度も遅刻するコロン太さんが悪いんです。

社会的なルールを守らない部下に上司が強く注意するのは当然のことですよ。

パワハラと指導の違いについてはこちらの項で説明しています。

では、より具体的なパワハラの例を見ていきましょう。

当サイトは、転職を経験した全国の男女約1,000人にアンケート調査を行いました。職場でパワハラがあったと答えた人の中から、実際の例を紹介します。

・毎日のように怒鳴られた。(26歳/男性)

・自分のミスではないのになすりつけられ、まだできない事をやらされお客様の前で怒られるの繰り返しだった。(22歳/男性)

・有給を取ろうとすると、責任者から暴言叱責され、嫌がらせされる。(41歳/女性)

・上司の好き嫌いで人が判断される。簡単に気に入らない人の首を切る。(30歳/女性)

「毎日のように怒鳴られる」ことについては、その理由や状況によってはパワハラと認められない可能性もあります。

上司の好き嫌いで仕事をクビになるなんて、ひどすぎます!

パワハラは泣き寝入りするしかないんでしょうか?

いいえ。社長など経営者には、パワハラへの対策や対処をする義務があるんです。

パワハラで退職する前に、まず周囲の人や相談窓口に相談しましょう。詳しくは「パワハラの相談窓口」の章で説明します。

パワハラに関する判例を紹介!賠償金が請求されることも

パワハラは本当に許せません!パワハラを訴えて、勝訴した例ってあるんですか?
実際に訴えを起こして、上司のパワハラ行為が不法行為となった判例があります。

パワハラに関して訴えを起こした判例は、次のとおりです。

パワハラに関する判例
上司が部下に対し「バカヤロウ」「給料泥棒」「責任を取れ」などと言い、始末書に「給料をもらっていながら仕事をしていませんでした」との文言を入れて提出させた事例。

部下が行うべきだった報告がなかったことについての叱責でした。

この上司はこれ以外にも部下への暴言や暴行などを行っており、3名の原告からパワハラによる損害賠償を請求されました。

判決は、これらの言動が雇用不安を与えるもの、人格を否定するもので、業務上の指導の範囲を超えた「不法行為」であると見なしています。

相手に注意をすべき場合であっても、相手の人格を否定するようなことや、雇用に対する不安を与えるようなことを言ってはいけません。
ただし、パワハラとして訴えても裁判で認められないケースもあります。

パワハラと認められない理由の多くは、訴えのあった事項について証拠がなく事実確認ができない、原告の勤務態度などから、指導の範囲を超えているとは言えない、といったものでした。

パワハラと指導の違い!モラハラとの違いも説明

この章では、パワハラと区別がつきにくい「指導」と「モラハラ」について説明します。

「指導」は相手を傷つけないで教え導くことであり、「モラハラ」は立場を利用しないで精神的・身体的に苦痛を与える行為です。

では「パワハラと指導の違い」から見ていきましょう。

指導とはパワハラと違い相手に苦痛を与えるものではない

「指導」とは、明確な目的のために、相手を成長に向けて導くことです。

俺が部下に対して、怒鳴ったり蹴っ飛ばしたりするのは指導だよ!

そうでもしなきゃ聞かないあいつらが悪いんだ!パワハラじゃねぇ!

パワハラかどうかは、加害者側でなく被害者や周囲がどう感じるか、そこが重要なんですよ!

「パワハラ」と「指導」は異なるもの。それぞれの特徴を見ていきましょう。

「パワハラの特徴」は、次のとおり。

パワハラの特徴
  • 自らの感情を優先して叱り飛ばす
  • 注意するだけで、必要なフォローをしない
  • 本人や周りが理解できない理由で叱責する
  • 必要もないのに大人数の前で叱る

「パワハラ」は、感情的になって相手のことを考えずに叱ることです。

当サイトが行ったアンケートでは、次のような事例も寄せられました。

・残業手当を払えないからといって、早朝出勤を強要された。(39歳/女性)

・インフルエンザでも骨折でも、「人がいないから」と働かされた。(43歳/男性)

・サービス残業を強制された。(32歳/男性)

勤務時間外に業務を強制することは、パワハラにあたります。病気や怪我をしているにも関わらず、労働をさせることもパワハラです。

それでは「指導」の特徴も、確認しましょう。

指導の特徴
  • 相手に欠点を教え、長所に気づかせる
  • 叱った後も、改善のために必要なフォローをする
  • 注意の目的が明確で、注意された側も理解できる
  • 必要でない限り、人前で叱ることはしない

指導する際は「ここを直したらもっと良くなる」や「こうしたらもっと成長できるよ」など、相手のことを考えたうえで叱るのです。

状況によっては、部下を強く叱責しなければならない場合もありますよね。

必要以上に怒鳴ったり感情的になったりしていないか、叱る前に一度考えてみましょう。

モラハラとは?パワハラと違い関係に優位性がない

モラハラとパワハラは、嫌がらせをするとき「力関係を利用しているかどうか」に違いがあります。

パワハラは立場などの優位性を利用して嫌がらせをしますが、モラハラは立場に関係なく相手を傷つける行為です。

また、モラハラは暴力でなく主に言葉や態度で人を傷つけるもので、「見えない暴力」とも呼ばれます。

次のようなことがモラハラに当てはまります。

モラハラの具体例
  • 相手が仕事に必要な話をしようとしても無視をする
  • 親切で愛想が良く見えるが、特定の人にのみ態度を変える
  • 本人に聞こえるように悪口を言う
  • ため息や物を投げるなどの態度で圧力をかける
  • 家族や恋人関係などプライベートのことを馬鹿にする

モラハラには、周りから気づいてもらいにくいという特徴もあります。

モラハラを受けていると感じたら、周りの人や相談窓口に相談しましょう。

モラハラの「定義」や「具体例」、「相談窓口」など、詳しくは次の記事を参考にしてください。

パワハラに悩んだら会社の上司など周りに相談しよう!相談窓口も

もし自分がパワハラを受けていると感じたら、1人で悩まず周りに相談しましょう。

パワハラは放置していると、エスカレートする危険性があります。

信頼できる周りの人に相談したり、相談窓口を利用したりしてください。

社内の相談先例
  • 同期や先輩
  • 上司
  • 会社の人事・総務部門
  • 社内相談窓口

周囲に相談できる相手がいなければ、会社の人事(なければ総務)部門の人に話すという手もあります。

社内に相談窓口を設けている場合があるので、一度会社に確認してみてください。

パワハラ改正法により、企業はパワハラに対する相談体制を整えることが義務化されます(大企業は2020年6月から、中小企業は2022年4月から)。
社内の人に相談なんてしたら、誰かから広まりそうで怖いです・・・。
公共など外部の相談窓口もありますよ。

「総合労働相談コーナー」では、パワハラを含む労働問題について相談できるんです。

「総合労働相談コーナー」は、厚労省が管轄する労働基準監督署などにある相談窓口。あらゆる労働問題を対象に、面談や電話で相談できます。

都道府県の労働局など全国380カ所にあるので利用してみてください。

相談前に、何か用意しておくことってありますか?
パワハラの事実を記録に残しておきましょう。

「いつ」「どこで」「何をされたか」をメモに残すといいですよ。

パワハラを受けた際の相談窓口や、相談前の準備物などについて詳しくは、次の記事を参考にしてください。

外部の相談窓口でも解決できなかった場合、転職を考えるのもひとつの解決策です。

パワハラで退職する前の注意点については、次の記事を確認してくださいね。

転職先を選ぶ際、ブラック企業かどうかを見極める方法は事前に確認しておきましょう。


パワハラを防ぐために、日頃から周囲に気を配ろう

なんだか、同僚の様子がおかしいんです・・・。最近は遅刻ばかりで、元気がなくて・・・。
パワハラ被害など、何か問題を抱えているのかもしれません。

いつもと様子の違う同僚がいたら、声をかけてあげてください。

パワハラ被害を最小限にするため、社内にメンタル不調の兆候が見られる人がいれば声をかけましょう。

理解してくれる人、共感してくれる人がいるとわかるだけでも、精神的なストレスは軽減できることがあります。

「メンタル不調の兆候」とは、次のような場合です。

パワハラによるメンタル不調の兆候
  • 元気がない
  • 遅刻が多くなった
  • 急激に痩せた(または太った)
  • 身なりに気を遣わなくなった
  • 居眠りが増えた
  • ミスが増えた

当サイトが行ったアンケートに回答してくれた人の中にも、パワハラで精神的に追い詰められてしまったという人がいました。

・上司が厳しく、何度もダメ出しされ、精神的にも追い詰められた。(40歳/女性)

・職場でのパワハラは普通で、超過勤務もあり給料は安い。体や心を傷つけるだけの職場だった。(35歳/男性)

・鬱病がひどくなったので診断書を添えて休職を願い出たところ、人手が足りないからと休職状態のまま無給で勤務を強制されるようになった。(36歳/男性)

精神的な不調に陥ると、正常な判断ができなくなってしまうこともあります。周りができるだけ早く気づいて助けてあげたいものですね。

どうやって助けてあげればいいんでしょうか?
まずは、その人が孤独にならないように声をかけることが大切です。

パワハラの相談を受けたら、次の点に注意して対応してください。

パワハラの相談を受けたら注意すべきこと
  • 肯定しながら相手の話を真剣に聞く
  • 相手がどうしてほしいのかを具体的に尋ねる
  • 相手の意志に沿って対処する
話を聞くとき、相手の話を否定するような言動はNGです。相手をさらに追い込んで、口や心を閉ざしてしまう可能性があります。

相手がこれからどうしたいのか、具体的に聞きましょう。先走った行動は相手を傷つけてしまう場合もあるので、相手の意志を尊重することが大切です。

相手がどうしたいのかを明らかにしたら、仲間を募って上司に直談判する、社内の窓口に相談するなど、できる限り早く問題解決にあたってくださいね。

またパワハラを防ぐためには、日頃から「相談しやすい職場環境」を作ることが大切です。

相談しやすい職場環境を作るために、日頃から職場の人たちとコミュニケーションを取りましょう。

お互いに話しかけやすい雰囲気をつくり、みんなが働きやすい職場になるとパワハラもなくせる可能性がありますよ。

ところで、パワハラが横行するブラック企業の反対、「ホワイト企業」とはどんな会社をいうのでしょう。気になる人は、こちらの記事も読んでみてください。

パワハラとは立場を利用して相手を傷つける行為!悩んだら相談を

この記事では「パワハラの定義」や「パワハラと指導の違い」、「パワハラとモラハラの違い」を説明しました。

パワハラの被害にあっているなら、1人で悩まないで周囲の人や社内の相談窓口に相談してください。それでも解決できなければ「総合労働相談コーナー」など、外部の相談窓口を利用しましょう。

社内でのパワハラを防ぐには、日頃から「コミュニケーションを取ること」や「相談しやすい雰囲気作りを行うこと」が大切です。

またパワハラに悩んでいる人がいれば、声をかけてあげましょう。

パワハラは1人で解決するのは難しい問題です。パワハラの「対処法」や「対策」を理解して、パワハラのない職場を目指してくださいね。

※掲載の情報は2020年1月現在のものです。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
1月25日 13:23 求人更新