契約社員・派遣社員どっちがいい?違いやメリット・デメリットを紹介

契約社員・派遣社員どっちがいい?違いやメリット・デメリットを紹介

転職活動するうえで「どの雇用形態で働くのがいいんだろう」「そもそも雇用形態の違いってなんだろう」と迷っている方、結構多いのではないでしょうか。

正社員のほかにも契約社員・派遣社員など、いろいろな選択肢がありますよね。

特にわかりにくいのが「契約社員」と「派遣社員」の違い。

契約社員と派遣社員の主な違いの1つは「どこと雇用契約を結ぶか」です。

契約社員は勤める会社と、派遣社員は派遣会社と、期間を定めて雇用契約を結びます。

この記事では、契約社員と派遣社員の違いと、それぞれのメリット・デメリットを紹介。

自分に合った働き方を選ぶために、ぜひチェックしてください。

契約社員と派遣社員の違いとは?正社員との違いも紹介

契約社員は「就業先の会社」と雇用契約を直接結び、派遣社員は「登録した派遣会社」と契約を結びます。

雇用契約を結ぶ相手によって、労働条件も変わってくるのです。詳しく見ていきましょう。

契約社員と派遣社員の違いは「雇用主との関係性・契約期間」など

契約社員と派遣社員は、雇用主や給料などの点でさまざまな違いがあります。主な違いを、次の表で確認しましょう。

契約社員・派遣社員の一般的な違い
契約社員 派遣社員
雇用主 就業会社 派遣会社
給与形態 主に月給制 主に時給制
ボーナスの支給 契約による なし
交通費の支給 あり なし
福利厚生 就業会社による 派遣会社による
契約社員の雇用条件は、契約した会社の規定通りです。給料は主に月給制で、ボーナスや交通費は契約内容によって支給されることも。

派遣社員は、派遣会社の規定に従って働きます。給料は主に時給制で、ボーナスや交通費の支給はありません。その分、時給が高額に設定されているケースが多いです。

ちなみに、パートも時給制ですよね。派遣社員とはどう違うのですか?
雇用主が違います。パートは契約社員と同じように就業会社と契約を結びますよ。

契約社員・派遣社員と正社員との違いは「雇用期間の定めの有無」

では、契約社員や派遣社員と、正社員とは何がどう違うのかも見ておきましょう。

契約社員・派遣社員と、正社員の主な違いは「雇用期間に定めがあるかどうか」です。

契約社員と派遣社員は、正社員とは違って雇用期間に定めがあり、働く期間が決まっています。正社員は雇用期間に制限がないのです。

ほかにも正社員との違いはあるのでしょうか?
ええ。業務内容や給料などにおいて、正社員との違いは多くありますよ。契約社員・派遣社員とは異なる、一般的な正社員の特徴を一覧で確認しましょう。
正社員の一般的な特徴
  • 非正社員よりも給料が高い
  • 昇給や昇格がある
  • 残業や休日出勤がある
  • 人事異動や転勤がある
  • ボーナスや退職金が出る
  • 福利厚生の恩恵を受けやすい
  • 社会的信用を得やすい

正社員は定年まで働くことができるので、安定性を重視したい人にとって魅力的ですね。昇給や昇格の可能性もあり、契約社員・派遣社員と比べると給料は高いです。

ただし転勤や部署異動などの人事異動を命じられた場合は、それに従う必要があります。

また、残業や休日出勤があったり、非正社員よりも責任の重い仕事を任されたりすることも。

正社員は契約社員・派遣社員と比べて、身体的・精神的にかかる負荷が大きくなるのです。

そのため、正社員として働くよりも契約社員や派遣社員の方が自分に合っていると考える人もいます。

そういえば「嘱託社員」というのも聞いたことがあるんですが、正社員と同じ意味でしょうか?
いいえ。嘱託社員は契約社員・派遣社員と同様、雇用期間に定めがある非正規社員のことです。

一般的には定年退職した人を再雇用する場合に、嘱託社員として雇用されますよ。

契約社員と派遣社員のどっちがいい?メリット・デメリットを紹介

契約社員は直接雇用で交通費やボーナスが出ることも多い反面、正社員と同じ仕事内容・仕事量を任されることも。

一方派遣社員は、仕事の範囲があらかじめ決められており、不満があれば派遣会社が間に立って交渉してくれることも。その反面、ボーナスや交通費の支給がないことがほとんどです。

契約社員と派遣社員、どっちが自分に合っているのか気になりますよね。

それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

契約社員は正社員を目指せる!メリット・デメリットを確認

契約社員は、正社員と同じようにボーナスや交通費を支払われるメリットがあります。しかし、正社員よりも給料を低く設定されている場合が多いです。

まずはメリットを見てみましょう。

契約社員の一般的なメリット
  • 派遣社員よりも長期で働ける可能性が高い
  • 会社によっては、ボーナスが出ることもある
  • 交通費が支払われる
  • 正社員として雇用される可能性がある

契約社員は、正社員と同じように交通費が支払われますし、会社によってはボーナスが支給されることもあります。

「正社員のように柔軟に働くことはできないけど、諸手当や賞与はほしい」という人にとっては嬉しいですね。

また契約社員には、雇用期間が5年を超えた場合は無期契約となる「無期転換ルール※」があります。

無期転換ルールとは

有期労働契約から、無期労働契約に転換できるルールのこと。

平成25年4月1日の労働契約法改正により、企業と労働者の間で有期労働契約が5年を超えて更新されたとき、労働者からの申し込みがあった場合に適用されます。「5年ルール」と呼ばれることも。

「無期転換ルール」は契約期間に関するルールなので、業務内容や給料が変わることはほとんどありません。

契約社員という雇用形態のまま、契約期間を気にせずに働き続けることができますよ。

もちろん契約社員から正社員を目指すこともできます。正社員を目指す場合は、正社員への登用実績があるかどうか確認しておくとよいでしょう。

次にデメリットを見てみましょう。

契約社員のデメリット
  • 正社員と比べて、給料が低く設定されていることが多い
  • 必ず正社員になれるわけではない
契約社員は、正社員と同じような業務内容にもかかわらず、給料は低いことが多いです。正社員として雇用される可能性はありますが、必ずしもなれるわけではありません。

正社員になれるかどうかは、会社の募集要項や契約内容を確認してくださいね。

派遣会社のサポートが受けられる!派遣社員のメリット・デメリット

派遣社員は、派遣会社からのサポートを受けて就業できます。仕事に関する悩みや、希望条件を相談しながら勤務先を決めたい人におすすめですよ。

では派遣社員のメリットを見ていきましょう。

派遣社員の一般的なメリット
  • 派遣会社が派遣先を紹介してくれる
  • 派遣先との待遇交渉は、派遣会社が代行してくれる
  • いろいろな会社で働ける
  • 仕事内容が選べる
  • 期間限定で働ける

派遣社員は、派遣会社が派遣先を紹介してくれたり、仕事の悩みや相談に乗ってくれたりします。

派遣会社のサポートがあるのはこころ強いですよね。

派遣会社で派遣先を紹介してもらう際は、勤務条件や派遣先を選択することができますし、未経験の職種に挑戦して自分の適性を見極めることもできますよ。

派遣先によっては高時給な職場もあるので、月によっては正社員より給料が高くなる場合も。派遣先を選ぶときにチェックしてみるといいですね。

派遣社員には、契約社員のような無期雇用になるルールはないんでしょうか?
じつは、派遣社員にも契約社員と同じ「無期転換ルール」が適用されるんです。派遣社員の場合はこれを「無期雇用派遣※」と呼びます。
無期雇用派遣とは

平成25年4月1日以降に開始した契約期間が5年を超えたとき、派遣社員が希望すれば、無期の労働契約に転換することができる制度。

「無期雇用の派遣社員」と「通常の派遣社員」の違いは、「派遣会社との雇用期間に定めがあるかどうか」です。

無期雇用派遣は、派遣会社と「無期雇用の契約」を結びます。派遣契約期間に関係なく、派遣会社に採用された時点で雇用関係が成立。

派遣先で仕事するという働き方は通常の派遣社員と変わりませんが、派遣先との契約が終了した後も、雇用を継続したまま次の派遣先を紹介してもらえます。

無期雇用派遣なら、自分で次の派遣先を探さなくてもいいんですか?
はい。派遣会社が次の派遣先を提供してくれるので、探す手間がかかりません。派遣期間が空くことがあっても、給料は月給制なので支払われますよ。
収入が安定するのはうれしいです~!
ただし、派遣会社が指定した派遣先に勤めることになります。もちろん、新しい職場で困ったことがあったら派遣会社にフォローしてもらえますよ。
通常の派遣のように、自分で職場を選ぶことはできないんですね・・・。派遣社員から正社員を目指すことはできないのですか?
派遣社員から正社員になるには、「紹介予定派遣※」という制度があります。
紹介予定派遣とは

最長6カ月の派遣期間が終了した後、派遣社員と派遣先企業の双方が合意すれば、正社員として雇用されるという制度。

紹介予定派遣には、派遣社員として一定期間働くことで、実際の仕事内容や職場の雰囲気が分かるというメリットがあります。

未経験や経験の浅い方でも仕事に就けるチャンスがあるので、派遣社員から正社員を目指したい人におすすめですね。

次に派遣社員のデメリットも見てみましょう。

派遣社員のデメリット
  • 交通費が出ない
  • ボーナスがない
  • 同じ会社での派遣契約は最長3年で終了する
  • 時給制のため、毎月の収入が変動する

派遣社員として働く場合の注意点は、契約社員と同じく雇用期間に制限があることです。

1つの仕事を長く続けたい人にとって、雇用期間に制限がある派遣社員は不向きと言えます。

交通費やボーナスはまず出ませんし、同じ企業への派遣契約期間は最長3年で終了します。

雇用期間に定めがある派遣社員は、長いキャリアを積みたい人には不向きかもしれません。

正社員に近い待遇で働きたいのであれば、契約社員がおすすめです。残業代も出ますし、会社によってはボーナスの支給もあります。

派遣会社のサポートを受けて就業したいのであれば、派遣社員がよいでしょう。派遣期間が終了しても別の派遣先を紹介してもらえますし、時給によっては正社員より給料が高くなることもあります。

契約社員か派遣社員か、ライフプランに合った選択を

この記事では、契約社員・派遣社員に関して、それぞれの違いやメリット・デメリットを紹介しました。

契約社員と派遣社員は、正社員と違って雇用期間に定めがあります。また契約社員は直接雇用ですが、派遣社員は派遣会社との契約です。

「正社員のようにボーナスや交通費がほしい」と考えるなら契約社員、「派遣会社のサポートを受けて、いろいろな場所で働きたい」なら派遣社員がおすすめです。

結婚や出産などを考えたとき、将来のライフプランに合わせて仕事を選びたいですよね。

契約社員・派遣社員それぞれの違いをしっかり理解して、自分にぴったりの働き方を見つけましょう。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月23日 21:50 求人更新