未経験から初めて外資系の企業へ転職する前に知っておきたいこと

未経験から初めて外資系の企業へ転職する前に知っておきたいこと

外資系企業と聞くと「高度な英語力が必要」「成果主義」「高給取り」などのイメージが先行して、「未経験での転職はハードルが高そう」と思いますよね。

外資系企業への応募には英語履歴書の作成や英語面接が必要なので、未経験の人はとくに戸惑うことも多いでしょう。

この記事では、外資系企業に転職して後悔しないために、日系企業との文化の違いや注意点、業種別の仕事内容・必要スキルについて解説します。

さらに未経験から外資系企業への転職におすすめしたい、「外資系に強い転職エージェント」も紹介しているのでぜひ参考にしてください。

未経験で外資系へ転職する前に日系企業との違いを理解しよう

そもそも「外資系」とは、どのような企業を指すんですか?
外資系企業について明確な定義はありませんが、一般的には「日本国外の法人や投資家による影響が強い企業のこと」を指します。
影響が強い企業というと?
たとえば外国人投資家がほぼ100%出資して成り立つ企業は「外資系企業」といえます。
なるほど。
外資系の企業に興味はあるのですが、日系企業とは具体的にどのような違いがあるんですか?
外資系と日系企業とでは一般的に、仕事に対する概念が大きく異なります。
仕事に対する概念・・・?
たとえば日系企業は風土や制度を大切にして、組織全体で会社の業績を上げていこうという風潮がありますよね。
ええ。それって当たり前じゃないんですか?
外資系企業は、チーム全体よりも個人の成果を重要視します。

そのため上下関係がフランクだったり、プライベートでの繋がりが薄かったりする傾向にあるんですよ。

では、外資系企業で働くメリット・デメリットについて見ていきましょう。

外資系企業への転職は給料アップが期待できるなどのメリットがある

外資系企業へ転職するメリットは、次のとおりです。

外資系企業に転職するメリット
  • 実力次第で給料アップが期待できる
  • 男女平等に評価される
  • 年齢に関係なく活躍できる
  • 長期休暇が取りやすい

外資系には日系企業のように年功序列制度が存在しないため、仕事の成果次第で給料アップが期待できます。

また個人の評価を大切にする外資系企業は、女性が活躍できるチャンスが多いのも特徴です。

ただ実力主義がゆえに結果を出さないと、減給や降格、解雇のリスクも。

自分の能力がそのまま給料に反映される外資系企業は、仕事に対するモチベーションアップも期待できますね。

さらにチーム全体よりも個人の評価を大切にする外資系企業は、日本のように封建的な「縦社会」ではありません。

そのため職場の雰囲気も風通しが良く、比較的若い社員でも大きなプロジェクトに挑戦しやすいメリットがあります。

上司と部下がファーストネームで呼び合うなど、上下関係がフラットで付き合いやすいのも外資系の大きな特徴です。

「長期休暇が取りやすい」というのは驚きですね。僕の会社なんて、1日の有給ですら取りづらい状況なのに・・・。
日本ではとても考えられませんが、ヨーロッパ系企業の場合、1カ月ほどの有給休暇を取って、その間バカンスを楽しむ人も多いんですよ。

外資系企業への転職は人の入れ替わりが激しいなどのデメリットもある

外資系企業の「給料アップの可能性」「個人の評価を大切にする」といったメリットは、違う角度から捉えると思わぬデメリットにもなり得ます。

では次に外資系企業へ転職するデメリットについて、みていきましょう。

外資系企業に転職するデメリット
  • 給料ダウンの可能性がある
  • 人の入れ替わりが激しい
  • 日系企業に比べ教育や研修制度が充実していない
  • 日系企業に比べ福利厚生が充実していない

成果報酬の外資系企業では、ある程度の成果を出さないと前職よりも給料が下がってしまう恐れがあります。

また仕事の成績が下がるとボーナスが出なかったり、最悪解雇されてしまったりすることも。

外資系企業で高収入をキープし働き続けるには、常に自分の能力を向上させる努力や意志の強さが必要だということを知っておきましょう。

外資系企業では、結果を出せなければ年収の高い役職者から順に解雇されます。

そのため上司がコロコロ変わることが多く、それに伴って仕事のやり方もどんどん変えなくてはならなかったりするんです。

また人材育成を大切にする日系企業と比べて、「即戦力」や「実績」を重要視する外資系企業では教育体制や研修制度があまり充実していません。

外資系の場合「自己責任で行動できるのが当然だ」と考えられ、入社当初にしか仕事のやり方を教えてくれないことも。

転職後は先輩からの指示を待つのではなく、自分で仕事を進めていく行動力や素早い判断力などが必要となります。

新しく入ったばっかりなのに、必要最低限のことしか教えてもらえないなんて・・・。

きちんと仕事を覚えられるかどうか不安です。

外資系は日系企業のように、社員を組織全体で育てる文化がありませんからね。

しかし自分で率先して行動することによって、「ビジネスを通じて大きく成長できるチャンス」でもあるんですよ。

また外資系企業は、住宅手当や家族手当などの各種手当が支給されないケースがほとんど。

じつは外資系企業の給料が日本の企業に比べて1~2割ほど高いのは、日本でいう福利厚生の手当分もすべて含まれていることが多いからなのです。

ただ前職よりも年収が大幅にアップすれば、たとえ福利厚生がなくても今まで通りの生活を問題なく送れるケースも少なくありません。

外資系企業の求人広告を見るときは給料の額だけではなく、福利厚生などの手当があるのかどうかも確認しておきましょう。

未経験から外資系へ転職するときの3つの注意点

日系企業と外資系企業の仕事に対する考え方の違いが明らかになったところで、未経験から外資系で働く際の注意点も知っておきましょう。

じつは「年収アップを期待して外資系へ転職したけど、社風にうまく馴染めず早期退職してしまった」というケースも多いんです。

失敗を避けるためにも、外資系企業に転職する前に、次のような要素が自分にあるかどうかを見てください。

外資系へ転職するときの注意点
  • 異文化への環境適応力が必要
  • 職種や職場によっては英語力が必須
  • 自律的な働き方が求められる

それぞれの注意点について、詳しく説明します。

外資系への転職には異文化を受け入れる・なじもうとする適応力が必要

日系企業から外資系へ転職する際に一番大切なのは、日本とは違う外資系ならではの文化を受け入れる順応性です。

たとえば外資系企業では「こんな対応では失礼だ」「今後は会議に出なくていい」などと、物事をはっきりストレートにいう傾向があります。

上司や先輩から指摘される度に傷ついたり、「自分は嫌われているのではないか」と、落ち込んだりしていては身が持ちません。

どんなにキツイ言葉をかけられても、「文化の違い」だと割り切って仕事に取り組むぐらいの図々しさが必要です。

外資系への転職にはある程度の語学力が必要

外資系企業といっても顧客や社員がほとんど日本人である場合、業務であまり英語を使う機会はありません。

とはいえ本社にいる上司とのコミュニケーションをとったり、マネージャークラスまで昇進したりする場合には、ある程度の英語力は必須です。

具体的に、どのくらいの英語力が必要なんでしょうか?
求められる英語力は仕事内容や職場によってさまざまですが、「ビジネス文書の作成」や「電話対応」が問題なく進められる程度の英語力は必要でしょうね。
僕、TOEICの点数には自信がありますよ、頑張って勉強しましたから。
たしかにTOEICの点数も大切ですが、それよりも「実際に英語で読み書きやコミュニケーションができるか」が肝心なんです。

外資系への転職には自律的な働き方が求められる

外資系企業では、即戦力となる中途採用の雇用が一般的です。

そのため日系企業のように「新卒から時間をかけて人材育成をする」という考え方ではありません。

外資系で働くためには、自らが考えて行動できる自律性が必要です。

では自分に自律性があるかどうかチェックしてみましょう。次の項目に当てはまるものが多いほど、自律的な行動ができる人といえます。

自律的な行動ができる人の特徴
  • 現在の目標が明確である
  • 仕事の役割や目標を理解している
  • 他メンバーとの関係性や役割を把握している
  • 今の仕事が将来のキャリアにどう役立つかわかる
  • 仕事の状況を評価して調整や修正ができる
自律的な行動ができる人は「自分の行いが周りの人や仕事にどのような影響を与えて、どう貢献しているのか」を常に考えています。

そして何よりも、高い目的意識をもって仕事を進めているんです。

業種別からみる外資系企業の仕事内容や必要なスキル

一口に「外資系企業」といっても、業種や職種で必要となるスキルは異なりますよね?
ええ。日系企業でも同じことが言えますが、外資系企業を業種別に見ると仕事内容や年収、求められる能力はずいぶんと異なります。

では外資系の業種別から仕事内容や必要スキル、年収にどんな違いがあるのか見ていきましょう。

次の項目から「外資系金融」「外資系メーカー」「外資系IT」について、仕事内容や必要スキル、年収の目安を紹介していきます。

外資系企業のなかでもトップクラスの年収!外資系金融業界

外資系金融業界は大きく分けて、「投資銀行」「証券会社」「クレジットカード会社」「保険会社」に分類されます。

その中でも就活生や転職者に人気の高い「投資銀行」の業務内容は、おもにM&A(買収や売却)の仲介業務や有価証券の売買取引、資産運用などです。

外資系金融企業に向いている人
  • 株式や為替のしくみ、経済史など経済に関する深い知識や興味のある人
  • 「MBA(経営学修士)」「公認会計士」「税理士」の資格を持つ人
  • TOEIC 860点以上の英語スキルを持つ人

大手外資系金融の場合、新卒でも年収が800万円を超えることも。

ただしそれだけ激務であり、日本経済に大きく影響するほどの大金を動かす責任が伴います。

自分の提案次第で顧客に大きな金銭的損害を与えるリスクがあるため、プレッシャーに弱い人は押しつぶされる可能性も。

外資系金融企業に転職する場合は、強い精神力や前向きで積極的な姿勢が必要です。

職種によっては英語力を求められない「外資系メーカー」

外資系メーカーには医薬品、化粧品、自動車、食品、アパレルなどさまざまな企業があります。

おもに国内で有名な外資系メーカーは「P&G Japan」「ユニリーバ・ジャパン」「ネスレ日本」「日本ロレアル株式会社」などです。

ほかの業種と比べると年収はやや低いですが、仕事の精神的負担は金融やコンサル系よりも軽いと言えます。

外資系メーカーに向いている人
  • そのメーカーの商品に興味のある人
  • 責任感や使命感の強い人
  • コミュニケーションをとることが好きな人

外資系メーカーでも顧客や社員の大半が日本人の場合、業務で英語を使う機会はほとんどありません。

またアパレルブランドなどで働く販売職の場合、語学力が必要となることはほとんどありません。

そのため、英語力がなくても外資系企業へ転職できる可能性が高いと言えます。

ただ英語での会話がまったく必要のない部署であっても、社内の書類は英文でやりとりされるケースが多いです。

英会話ができなくても、最低限の読み書きはマスターしておきましょう。

最新の技術やスキルが身につく「外資系IT企業」

外資系ITにはソフトウェア・ハードウェア開発、Web制作会社、ソリューション系のITサービスなど、さまざまな企業があります。

IT企業では技術の進歩が非常に速く、新たなサービスやビジネスモデルがどんどん開発されているんです。

とくにアメリカ系の企業では、日系企業よりも最新テクノロジーが多く生み出される傾向があります。

そのため「世界最先端の技術に触れられる」というのが、最大の魅力です。

しかし新たなサービスの出現により、企業が衰退するリスクや敵対的買収などのリスクも大きい業界といえるでしょう。

外資系IT企業に向いている人
  • アプリケーションや製品などの専門的知識を持つ人
  • PM(プロジェクト・マネジメント)能力が高い人
  • 海外エンジニアと英語でコミュニケーションがとれる人

外資系IT企業の場合、年棒の増加率が低いため、昇進してもあまり給料に変化がありません。

ただ、ノルマ達成時の報奨金などの「インセンティブ給」が年収に占める割合は多いです。

成果を出す人と出さない人では、たとえ同じ役職でも年俸に大きな差が出ることもあります。

なんだかやっぱり、未経験で外資系へ転職するのは無理じゃないかなって思えてきました。
まあ、簡単とは言えませんね。

しかし「学歴不問」や「未経験歓迎」の外資系求人もたくさんありますよ。

外資系の求人って、どこで探せばいいんでしょうか。
未経験での外資系企業への転職は、専門の転職エージェントを活用するのがおすすめです。

未経験だからこそ外資系に強い転職エージェントを活用しよう

外資系企業では、応募者の英文履歴書を求めたり、外国人面接官による英語面接を実施したりするケースも多いです。

外資系専門の転職エージェントを利用すれば、「英文履歴書(英文レジュメ)」や「英語面接」の対策やサポートをおこなってくれるんですよ。

ここでは外資系企業へ転職する際に活用したい、転職エージェントのメリットを紹介します。

外資系への転職に強い転職エージェントも紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

外資系に強い転職エージェントを利用するたくさんのメリット

外資系企業の求人に強い転職エージェントを利用すれば、次のようなメリットが得られます。

外資系に強い転職エージェントを利用するメリット
  • 外資系企業の非公開求人を紹介してもらえる
  • 社風や仕事のスタイルを事前に教えてもらえる
  • 英文レジュメや英語面接の対策をしてくれる
  • キャリアプランを一緒に考えてくれる
  • 自分に見合った求人を紹介してくれる
英文履歴書や英語面接のサポートは、外資系未経験者にとって嬉しいサービスですね。
外資系未経験の人はとくに英文レジュメや、英語面接の対策に戸惑うことが多いですからね。

転職エージェントを活用して、ぜひ転職成功のノウハウを学んでいただきたいです。

日系企業だけじゃない!外資系に強い転職エージェントを紹介

外資系企業は社風や仕事のスタイル、人間関係などが日経企業と大きく異なることがあるため、企業に精通したエージェントの利用がおすすめです。

外資系企業への転職におすすめしたいエージェントとその特徴は、次のとおり。

外資系企業への転職でおすすめしたい転職エージェント
転職エージェント エージェントの特徴
JAC Recruitment
(JACリクルートメント)
・高収入やハイクラス案件に強い
・各業界や業種に特化したコンサルタントが所属
・ネイティブコンサルタントによるバイリンガル支援
リクルートエージェント ・外資系求人数は業界最大級
・オフィスが各地域にある
・外資系転職専門のキャリアアドバイザーが所属
type転職エージェント ・首都圏エリアの求人数が多い
・外資系IT業界や営業系の求人に強い
・転職した利用者の7割以上が年収アップに成功
BIZREACH(ビズリーチ) ・高年収求人が多い
・ハイクラスに特化した転職サービス
・外資系専門のヘッドハンターによるオファーの可能性あり
JACリクルートメントの「バイリンガル支援」とは、具体的にどのようなサービスなのでしょうか?
日本人ではなくネイティブコンサルタントによる英文履歴書や、英語面接対策などの転職支援サービスです。
外国人コンサルタントに英語力をチェックしてもらえるのは、心強いですね。
ええ。ネイティブによる語学力チェックは信頼性が高く、外資系への転職希望者からも評判がいいんですよ。

転職エージェントの選び方や活用テクニックについては、次の記事を参考にしてください。

外資系企業の文化を理解して転職を成功させよう!

外資系と日系企業の違いや外資系企業へ転職するときの注意点、業種別の仕事内容、おすすめしたい転職エージェントについて紹介しました。

チーム全体よりも個人の成果を大切にする外資系企業への転職は、たとえ未経験でも高年収やスキルアップが期待できます。

ただし「成績によっては給料ダウンのリスク」「日系企業よりも福利厚生が充実していない」などのデメリットがあることも。

転職して後悔しないためにも外資系企業の文化を理解して、自分が社風に馴染めるかどうか見極めることが大切です。

外資系企業に転職するなら、この記事で紹介した外資系に強い転職エージェントを活用してください。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月23日 05:39 求人更新