ツアーコンダクターの仕事内容とは?メリットやデメリットも解説

ツアーコンダクターは、ツアー参加者の安全・快適な旅行をサポートするのが主な仕事。旅の印象を左右する、重要な存在でもあります。

単に旅行に同行するだけではなく、旅行前にも旅行中にもやるべきことはたくさんあり、気も抜けません。

この記事では、ツアーコンダクターの主な仕事内容などを紹介します。ツアーコンダクターになりたい人は、仕事のやりがいやメリット、デメリットが何かも知っておきましょう。

同行だけが仕事じゃない!ツアーコンダクターの仕事内容とは

ツアーコンダクターというと、「団体ツアーに同行する人」ということは知っていても、具体的に何をしているのかは知らない人も多いですよね。

ツアー出発前、ツアー中とその後の2つに分けて紹介していきます。

ツアーコンダクターの仕事その1:ツアーの事前準備

ツアコンの仕事は、旅行前から始まります。まずは事前準備段階から見ていきましょう。

ツアーの事前準備
  • 旅行先の情報収集
  • ツアー客リストの確認
  • 航空券などの発券、確認
  • 宿泊先と食事やスケジュールを確認
  • 立ち寄り店(食事、土産店)の確認
  • 観光地の滞在時間のチェック

添乗するツアーが決まったら、出発日前日までに旅行会社に出向いて打ち合わせをします。

打ち合わせでは、旅行行程などツアーの内容について説明を受けたり、参加者のリスト、必要書類などを受け取ったり。

ツアーによっては、すべての参加者に「あいさつコール」をし、不安や心配事がないかなどを聞いたりもします。

このとき「連絡不可」のお客様に間違って連絡しないように気をつけなくてはなりません。

連絡不可のお客様って?
家族に内緒の「訳アリ」旅行に行く人もいます。そういう人には、旅行会社側から連絡してはダメなんです。

電話しては行けない人については、事前に旅行会社から教えてもらうはずですよ。

電話では、参加者から現地の気候や服装、持ち物などについて聞かれることも。すぐに答えられるようにしておくことも大切です。

ツアーコンダクターの仕事その2:ツアー開始から終了まで

いざ旅行が始まったら、気を抜く時間はなくなります。具体的には次のようなことを行います。

旅行行程中に行う仕事
  • ツアー参加者と名簿の照らし合わせ
  • 注意事項などの説明
  • スケジュールの随時確認
  • 集合場所・時間の周知、人数確認
  • 訪問する施設などへの連絡
  • ホテルのチェックイン/アウト
  • トラブルが起きていないかの確認
  • トラブル時の対応

当日は待ち合わせ場所に早く行って参加者を待ち、受付をします。全員が揃ったら、注意事項などを伝えます。

海外旅行なら、出入国手続きなどの説明も必要ですし、チェックインや手荷物検査、搭乗手続きなどもサポート。

ツアー中は、常に参加者全員がいるかどうか、行程どおり、時間どおりに進んでいるかなどを確認しながら進めていきます。

海外では特に、ドライバーが行き先を間違えたりすることもあるので、バスで走行中でもどこへ向かっているのかしっかり把握しておかなくてはなりません。

観光地ガイドの仕事が抜けていませんか?
観光案内はツアーコンダクターの仕事ではなく、ガイドのお仕事ですよ。

添乗員はガイドはしないのが一般的。ツアーガイドがバスに同乗する場合もあれば、現地ガイドとして観光地別のガイドが案内することもあります。

ホテルに着いて解散してから、あるいは自由行動日であっても、ツアーコンダクターはゆっくり自分の時間を過ごせるわけではありません。

ホテルチェックイン時にはWi-Fiのパスワードを聞かれたり、海外なら日本への電話のかけ方について聞かれたり、観光地や「◯◯が買える店」などの質問を受けたり。さまざまな要望を言われる可能性があります。

また、ツアー中に体調が悪くなる人がいたり、予定外のところでトイレに行きたい人が出てきたり、飛行機が遅れたり、道が渋滞して進めなかったり、スリなどの被害に遭う人がいたり。

旅行中にはあらゆるトラブルが起こる可能性があり、ツアーコンダクターはその都度冷静に対処しなくてはいけません。

海外では現地の都合で急な予定変更をさせられたりすることもあるので、時には現地の人と権利を主張したり交渉したりする必要もあります。

そのほか、参加者の思い出づくりのため、ツアー中に訪れた観光地やレストラン、食べたものなどを手書きでまとめ、旅の最後に参加者全員に配ったりするツアーコンダクターもいますよ。

ツアーが終わったら、必要経費などの精算を行い、作業報告書を提出します。

ツアーコンダクターの所属や添乗する旅行の種類について

ツアーコンダクターは旅行会社の社員だと思っている人もいるかもしれませんが、そうではないケースがほとんどです。

ツアーコンダクターは、主に次のような形態で働いています。

ツアーコンダクターの主な働き方
  • 添乗員などを扱う派遣会社に登録
  • 旅行会社・旅行代理店に所属
  • フリーランスとして業務委託

最も多いのは、派遣会社に登録し、ツアーコンダクターとして旅行会社に派遣されるケース。添乗するツアーが決まるたびに、旅行会社と打ち合わせをします。

企業の社員旅行や業界団体などのグループ旅行では、その仕事を請け負った旅行会社・旅行代理店の営業社員が、添乗員として同行することが多いです。

ツアーコンダクターが添乗する旅行の種類にも、次のような違いがあります。

ツアーコンダクターが同行する旅行の種類
  • 国内パッケージツアー
  • 海外パッケージツアー
  • 日帰りバスツアー
  • 修学旅行
  • 社員旅行、グループ旅行

「パッケージツアー」とは、パンフレットや広告などで募集されている旅行のこと。不特定多数の人に告知して参加者を募るものです。

一方、修学旅行や社員旅行などでは、参加者は特定の団体に限られます。

上の章で説明した仕事内容は、この旅行の種類によっても異なります。

旅行の目的などによって、より細かな準備が必要となることもあるのです。

国内での添乗か海外への添乗かは、まず持っている資格によって決まります。

国内で日帰りなのか宿泊なのかなどは、希望によって決めることもできますよ。

ツアーコンダクターの資格については、「★資格の記事(作成中)へのリンク」を読んでみてください。

ツアーコンダクターの仕事のやりがいは「感謝や喜びの声」

ツアーコンダクターの仕事には、次のようなやりがいがあります。

ツアーコンダクターの仕事のやりがい
  • お客様に「楽しかった」と言われたり、役に立って感謝されたりすること
  • 無事にツアーが終わったときの達成感
  • 経験を積むことで得られるスキルアップ

ツアーコンダクターが最もやりがいを感じるのが、お客様の「ありがとう」「楽しかった」などの声です。

ツアーコンダクターの気配り1つで、旅行がスムーズにいくかどうか、参加者全員が旅行を楽しい気分で終えられるかが違ってきます。

お客さんに喜んでもらえると、添乗員冥利につきますよね。

人気のツアーコンダクターになると、「その人が添乗するなら行く」という参加者もいるほどです。

また、「ツアーにはトラブルがつきもの」とも言われます。

その覚悟が大きく、責任感を強く持って仕事に臨む人ほど、無事にツアーが終えられたことへの達成感も大きく感じらるのです。

難しいお客様に上手く対応できたり、トラブルへの対応に慣れてきたりすることで、ツアーコンダクターとしてのスキルアップが実感できることもあります。

ツアーコンダクターならではのメリットは「お得感」

ツアーコンダクターには、やりがい以外に、旅行に関わる仕事ならではの次のようなメリットがあります。

ツアーコンダクターのメリット
  • いろんな観光地に無料で行ける
  • マイレージが貯まる
  • 免税店で割引が受けられる
  • 各地でサービスを受けることがある

ツアーコンダクターは、仕事とはいえさまざまな観光地に無料で行けるというメリットがあります。

添乗員としての腕を磨き評価が上がれば、なかなか行けないレアな旅行先や、高額で贅沢なツアーに同行できる可能性も。

また、ヨーロッパなど遠くの行き先への添乗が多いほど、マイレージが貯まりやすいのもメリットの1つです。ただし、利用する運賃などによってはマイルの積算対象外となる場合もあります。

免税店での買い物には、「旅程管理主任者証」の提示で割引サービスを受けられることもあります。

また、観光先の業者にとってツアーコンダクターは「(お金を使ってくれる)旅行者をたくさん連れてきてくれる人」。

行った先でちょっとしたサービスが受けられることもあります。

辛いことも多い!ツアーコンダクターの仕事のデメリット

ツアーコンダクターの仕事は、体力的・精神的ともに負担の大きい仕事でもあります。

主なデメリットには、次のようなことが挙げられます。

ツアーコンダクターのデメリット
  • ツアーに対するクレームを参加者からダイレクトにぶつけられる
  • 理不尽な理由で責められることもある
  • ツアー中は気を抜けない
  • ツアーによっては拘束時間が長く、体力的にも厳しい
  • 収入が安定しない

ツアーコンダクターの最も大きな精神的負担の1つに、「参加者からのクレーム」があります。

旅行の企画をするのは自分ではなくても、ホテルが気に入らない、食事がまずい、土産店に行く回数が多い、観光地に着いたのが夜で何も見えない、など、参加者からの不満は多いもの。

また、「添乗員は何でもしてくれるのが当たり前」と思っている人もいます。

通常のサービスでは「冷たい」と受け取られることも。

大人数を相手にすることもあり、気づかないうちに一部の人に不満を持たれることもあるのです。

クレームは旅行中に直接言われることもあれば、旅行会社へのアンケートに書かれることもあります。

いろんな要望に応えたりトラブル解決のため走り回ったりしても、努力が報われるとは限らないんですね。
そうですね。お客さんは「無事に終えられて当然」という意識で参加しますからね。

それだけツアーコンダクターが「旅行のプロ」として高く信頼されているということでもあります。

体力的な面でも、海外での添乗の場合は特に、朝早くから夜遅くまで添乗業務や確認業務、参加者のサポートなどに追われ、労働時間も長いので楽ではありません。

また、収入の面でも、ツアーコンダクターの多くが派遣社員やフリーランスのため、添乗するツアーの本数などによって大きく左右されます。

収入面に関しては、ツアーコンダクターに限らず、旅行業界全体が他業界に比べて低いという事情もあります。

ツアーコンダクターの給料については、「★ツアコン給料(作成中)」の記事もよんでみてくださいね。ツアコンへの転職を考える人は、「★ツアコン転職(作成中)」の記事もぜひ。

ツアーコンダクターの仕事は楽しくもあり大変でもある

ツアーコンダクターという仕事は、「タダで旅行に行けてラッキーだし楽しそう」と思っている人も多いかもしれません。

しかし、参加者全員が旅を安全・快適にできるよう、ツアーコンダクターがすべき仕事はたくさんあります。

参加者からの感謝やねぎらい、「楽しかった」などの声で努力・工夫が報われ励みになる一方、クレームに悩まされることも。

拘束時間の長さなど体力面や収入面でも、ツアーコンダクターは恵まれた仕事とは言えません。

旅行が好きなだけでなく、人にも「楽しんでほしい」という気持ちが強い人、精神的にも体力的にもタフな人には、ツアーコンダクターはおすすめの仕事です。

 

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月12日 22:12 求人更新