振替休日と代休の違いって何?休日出勤前に知りたい割増賃金のルール

振替休日と代休の違いって何?休日出勤前に知りたい割増賃金のルール

休日出勤と言えば、社会人なら誰でも経験する可能性が高いものです。できればしたくないものではありますが、仕事の進行や業種によっては直面することもあるでしょう。

気になることと言えば、「代わりの休みはもらえるの?」ということではないでしょうか。もちろん、労働基準法でしっかりと定められています。そこは安心して休日出勤して下さいね。

ところが、案外分かりにくいこともあります。代表的な疑問としては、「振替休日と代休ってどう違うの?呼び方が違うだけ?」というものでしょう。

疑問を持つ通り、確かに内容は違います。しかし実際、この違いを把握した上で、休日出勤をしている人はどれくらいいるのでしょうか。

振休と呼ばれることもある振替休日と、代わりに休むと書く代休。この2つの違いについて、知識があって損はありません。もちろん、給与についても知っておきたいですよね。

厚生労働省がしっかりとした指針を示していながらも、あまり認知度が高くないと言われるこの違いを、休日出勤の前にぜひチェックしておきましょう。

違いは何なの?振替休日と代休の特徴を知ろう!

まず、振替休日と代休とはどのような違いがあるのでしょうか。どちらも漠然と「休日に働いたので、他の日に休みを取る」というイメージを持つ人も多いことでしょう。基本的には間違いではありませんが、細かい違いがあります。

振替休日と代休の定義
種類 特徴
振替休日 休日と労働日を事前に計画して交換する
割増手当は支給されない
※例外として支給されるケースもある
代休 休日に労働した代わりに後日の労働日を休みとする
割増手当が支給される

単純に言ってしまえば、「振替休日=休日と労働日が計画的に交換されただけ」であり、「代休=休日に出勤した代わりとして後日に休みを取る」となります。

振替休日は会社側が計画的に行う日程変更、代休は突発的な日程変更だと考えておくと分かりやすいのではないでしょうか。

もっと詳しく!振替休日はこんな使い方&割増手当について

振替休日は計画的に行われる種類の休日です。法律では詳細に条件が定められています。以下の条件が揃っていれば振替休日として取り扱うことができるとされ、各企業で遵守されています。

  • 就業規則において振替休日についての規定をしてあること
  • 前もって休日出勤と振替休日の日を指定、労働者に告知しておくこと
  • 休日を指定する際には4週4休確保すること

各社には必ず就業規則があります。その中で、振替休日についての規定が明記されているはずです。改めて就業規則をチェックしてみて下さいね。

そして最も重要だと考えられるのは、前もって労働者に告知をしておくということです。

これは前日の終業時までの告知が義務付けられています。終業時以降の告知では振替休日として扱うことができません。

また、休日を指定する際には、4週4日(4週間のうちに4日の休日を確保する)必要があります。最低でも1週間に1日は休めるように振替休日の日時を設定するという考え方で運用されています。

振替休日は通常の労働日と休日を入れ替えただけなので、割増手当は支給されないのですが、例外として以下のパターンが存在することを覚えておいて下さい。

労働者は基本的に、法定労働時間の中で就労します。法定労働時間は「1週40時間」であり、これを超えた時間の労働には、割増手当が支給されることは有名ですよね。いわば残業代です。

4週4休をベースに、1週間に1日の休日が確保できない日程での振替休日を行った場合(振替休日が週をまたいだ日程になる場合)は、法定労働時間を超えてしまうため、割増手当が支給されます。

代休扱いになるのはコレ!割増手当が必須です!

振替休日が事前の通知必須となっていることに対し、代休は必須となっていません。全て事前に計画して行われるのが振替休日、とりあえず出勤し、後で代わりとなる休日を決めるのが代休ということになります。

休日出勤の代わりの休みを「事前」に決定するか、それとも「事後」に決定するかで、振替休日なのか代休なのかが変わると考えましょう。

代休の場合、出勤したそもそもの休日に対し、休日労働の対価として、割増手当が支払われます。

企業によっては割増手当を支払うことを嫌がり、本来は代休となるケースでも、振替休日扱いにするように求めてくるかもしれませんが、本来やってはいけないことです。おかしいと思ったら堂々と拒否して大丈夫ですよ。

振替休日と代休ってどう違うんでしょう?呼び方が違うだけなんでしょうか。どちらも同じように休日に出勤して、他の日に休みを取って、割増賃金がもらえるんですよね?
振替休日は事前に出勤日や休む日を決定し、前日の終業時間までに労働者に通知する義務があります。代休は事後に休む日を決定します。

振替休日休日は基本、支給がありません。代休は割増賃金が必ず発生します。

厚生労働省が管轄!法定休日と法定外休日の違いとは

振替休日や代休について考える時、避けて通れないのが法定休日、法定外休日となっています。厚生労働省の管轄となっている内容で、労働者にダイレクトに関わる重要事項です。知っておけば必ず役に立つポイントですよ。

法定休日と法定外休日の違い
休日種類 内容 特徴
法定休日 法律で定められた休日 1週に1日の休日を設けること
4週で4日の休日を設けること
法定外休日 各企業等の労使間で定められた休日 法定休日以外の休日を指す

法定休日は、週に1日、月に4日となっています。労働基準法で定められている項目ですので、この日数を下回る休日数は違法となり、経営者側に罰則が適用されます。法律を守る会社であれば必ず休むことができるでしょう。

法定休日そのものを何曜日に設定するかは、企業や労使の判断に任されています。業種によって休日が違うのもそのためです。

法定外休日とは、法定休日以外に設定された休日を指すことになります。例えば土日が休みの会社の場合、土曜日を法定休日とすれば、日曜日は法定外休日という扱いになるのです。

休日出勤をする時には、法定休日か法定外休日かによって、割増賃金についての考え方が変わって来ます。次項で少し詳細に見てみましょう。

法定休日の出勤はどうなるの?気になる賃金のこと

法定休日の場合でも、振替休日による出勤でない限り、割増賃金が発生します。法定休日、法定外休日では、この割増率が違うことをご存知ですか?

法定休日の割増手当(休日出勤手当)の計算は、以下のようになっています。

  • 基準賃金×労働時間×1.35=法定休日の割増賃金

ポイントは「1.35」です。法定休日における割増手当を計算する場合、この数値が割増率となります。労働基準法で定められていますので、気になる人は改めて労働基準法について調べてみて下さいね。

法定外休日の割増率はこちら!就業規則を要チェック!

では、法定外休日に出勤した場合の割増率はどれくらいになるのでしょうか。法定休日の出勤では1.35でしたが、法定外休日はやや低い割増率となります。

  • 基準賃金×労働時間×1.00(or1.25)=法定外休日の割増賃金

見た瞬間、「1.00と1.25のどっちなの!?」と混乱する人もいるかもしれません。この数値は、法定内労働であるか、法定外労働であるかで違ってきます。

簡単に言ってしまえば、週に40時間未満の労働時間であれば1.00、40時間以上の労働時間であれば1.25が適用されます。

法定内労働、法定外労働は、こちらも労働基準法で詳細に定められています。また、各企業の就業規則でも説明されていることがほとんどです。休日出勤をする前に改めてチェックし、理解を深めておいてはいかがでしょうか。

同じ休日出勤でも、法定休日と法定外休日で割増率が違うんですか!?例えば代休なら、全部の休日出勤が同じ計算だと思ってました!

具体的にはどんな計算方法になりますか?休日が法定か法定外かはどう判断するんですか?

労働厚生省の規定により、法定休日は1.35、法定外休日は1.00か1.25の割増率です。法定外の場合、週に40時間を超えるか超えないかで割増率が選択されます。

休日の種類は各企業の就業規則に記載されています。

これってOKなの?法律知識を味方につけよう!

法定休日、法定外休日における出勤は、それぞれ詳細な違いがあることが分かりました。また、賃金の割増についても、今度は法定内労働か、法定外労働かで変わってくるケースも考えられます。

労働基準法で定められているとはいえ、隅々まで理解している人は多いとは言えないでしょう。働いている中で、休日に関わる勤務について、様々な疑問が生じるのは当然のことです。

その中でも、多くの人は一度は考える疑問をピックアップしてみましょう。法律が関わって来るので面倒だと思うかもしれませんが、知っておいて決して損はありません。快適な労働のためにも、ぜひ目を通してみて下さいね。

まさか違法!?休日出勤なのに手当が出なかった時のこと

「休日出勤したのに休日出勤手当が出ませんでした。これは違法じゃないんですか?」。こんな疑問を聞いたことはありませんか?またはあなた自身、このようなケースに直面したことがあるかもしれません。

  • 休日出勤手当が支給されるのは代休扱いの時!
  • 振替休日扱いの時には基本的に支給されません!

前述した通り、事前に通知があり、振替休日扱いで休日出勤をした場合には、基本的に休日出勤手当が支給されることはありません。単純に他の労働日と法定休日を交換しただけだからです。

あなたが振替休日扱いで休日出勤をしたのであれば、手当が支給されないのは法的に問題がないということになります。

しかし、以下のケースは違法となります。

  • 事前に振替休日扱いの通知がなかった(代休扱いとなる)
  • 振替休日扱いでも週に40時間を超えた労働をした

前日の終業時間までに通知がなかった場合や、結果として週に40時間を超える労働をすることになった場合、企業側には法的に割増手当を支給する義務が生じます。

上記のケースにあてはまる経験をしたのであれば、違法な扱いとして、担当部署などに相談してみると良いでしょう。

振替休日にする?代休にする?労働者が選べるのかどうか

振替休日と代休は、そもそも性質が違います。どうせ休日出勤をするのなら、割増手当がもらえる代休の方が良いですよね。しかし、会社から振替休日のために事前通知をされた場合、代休に変更することはできるのでしょうか?

  • 就業規則によっては休日種類の優先順位がある
  • 多くの企業では振替休日が優先されている

どの企業でも、就業規則が定められていることでしょう。改めてチェックしてみると気が付くかもしれませんが、休日の優先順位が記されているのではないでしょうか。

ほとんどの会社の就業規則では、「振替休日>代休」とされています。つまり、休日出勤をする場合には、振替休日を企業の方針として優先したいということです。そのため、事前通知には神経を使っています。

実際のところ、就業規則で優先順位が定められているので、「振替休日を代休にする!」と労働者側が一方的に選択することは非常に難しいと考えられます。

話の分かる会社ならその限りではないかもしれませんが、一般的には難しいと言えそうな項目ですね。ただし、以下のケースでは例外となります。

  • 事前に通知がなかったのに、振替休日にするよう求められた時

本来は違法なのですが、会社の体質によっては、事前に振替休日のための通知がなかったにも関わらず、経費削減のため、本来は代休にすべき休日出勤を振替休日扱いにするように求めてくるかもしれません。

あなたがそれに不満を持たなければそれで構わないのですが、不満であれば代休を取る権利があります。個人での対応が難しければ、労組などに相談してみて下さいね。

割増賃金が出ないのは違法ですか?振替休日だと出る時と出ない時があるって言うから不安です。

あと、振替休日と代休を自分で選ぶことはできるんでしょうか…代休なら確実に割増賃金が出るから、そっちを選びたいんです。

条件を満たしたのに割増賃金が支払われないのは違法です。振替休日でも、週40時間を超えた労働時間分に支払われます。

振替休日と代休は振替休日が優先されますので、会社の就業規則で確認してみて下さい。

法律は労働者の味方!しっかり理解で確実な休日を!

あなたが考えている以上に、振替休日と代休に関する項目は複雑だったと感じたかもしれません。法定休日、法定外休日の概念に加え、法定内労働や法定外労働までが関わって来れば、少々面倒だと思うことは当然でしょう。

とはいえ、大まかな項目を覚えておけば、最低限の権利を確保することが可能なのではないでしょうか。就業規則によっては詳細が変わっているケースもありますので、ぜひ照らし合わせてみて下さい。

何かと複雑な項目ですが、知らなければもったいない分野でもあります。あなたの労働に対する正当な報酬を得るためにも、できるだけ法律知識を身につけておきたいものですね。