失業保険の手続きや申請期間、振り込みまでの流れについて解説します

退職していざ失業保険をもらおうとしたとき、「ハローワークに行く」程度は知っていても、「どう手続きすればいいのか?」、「必要な書類は何か?」と戸惑ってしまう人は多いのではないでしょうか。

失業保険の手続き方法やハローワークに提出する書類は、会社を辞める前にぜひ知っておきたいですよね。

失業保険を受け取るためには、ハローワークに離職票を提出したり、求職活動の実績から失業の認定を受けたりするなど、さまざまな手続きが必要です。

会社を退職してから失業保険が支払われるまでの流れは、次のようになります。

  1. 退職後にハローワークで「求職申し込み」と「受給資格の確認」を行う
  2. 「雇用保険説明会」に参加する
  3. 待期期間(通算7日間)
  4. 給付制限(自己都合退職者のみ)
  5. 失業の認定
  6. 失業保険の支払い

当記事では失業保険が受給されるまでの流れに沿って、失業保険の申請に必要な書類や失業保険がもらえるまでの手順を詳しく解説しています。

失業保険の受給の流れを理解しておくと、必要な手続きをスムーズに進められるので、失業中の生活に対する不安を少しでも減らすことができますよ。

【1】失業保険の手続きに必要な書類をハローワークへ持っていく

失業保険を受給するためには、離職票やマイナンバーカード、雇用保険に加入していたことを証明する書類などが必要です。

この章では失業手当を受けるためにハローワークへ持っていく書類や、ハローワーク初日の流れについて紹介します。

失業保険に必要な書類と失業保険がもらえる期間を知っておこう

失業保険の手続きに必要な書類や持ち物は、次のとおりです。

必要な持ち物
  • 雇用保険被保険者離職票「1」と「2」
  • 個人番号確認書類
  • 身分証明書
  • 写真
  • 印鑑
  • 預金通帳またはキャッシュカード

必要な書類のうち「雇用保険被保険者離職票(1と2)」は、退職して10日前後に会社から送られてきます。

失業保険の手続きに必要な書類の詳細は「失業保険を受給するための必要書類やハローワークに持っていくもの」で詳しく解説しています。

離職票は「1」と「2」両方をハローワークへ提出しなければいけないんですか?
ええ、両方の提出が必要です。

この離職票がないと失業保険がもらえないので、会社から受け取ったら大切に保管しておきましょうね。

あの、個人番号確認書類ってマイナンバーカードのことですよね?

もしマイナンバーカードが手元にない場合は、どうしたら良いですか?

マイナンバーカードを持っていない場合は、個人番号が記載されている住民票またはマイナンバーの通知票でも大丈夫ですよ。

いずれもない場合は、事前に市区町村の役場で再発行してきてくださいね。

失業保険を受給できる期間は原則、退職日の翌日から1年間と定められています。

この期間を過ぎてしまうと失業保険を受け取れないので、退職後は速やかに住所地を管轄するハローワークへ行きましょう。

ハローワークで失業保険の手続きを開始しよう!

失業保険を受給するためには失業手当の申請ではなく、「求職の申請」が必要です。

失業手当をもらう場合「積極的に仕事を探している」という意思が条件となるので、その意思があるという証明をしなければなりません。

まずはハローワークで、「求職申込書」という用紙に必要事項を記入しましょう。

求職申込書には、学歴や職業訓練等の受講歴、希望する仕事や条件などを書き込みます。

求職申込書を記入したら窓口で離職票や身分証明書、通帳などを提出・提示すると、受給資格があるかどうかの認定が行われます。

求職申込書に記入する内容や、内容の詳細は「ハローワークで受け取る失業保険を受給するための必要書類」で詳しく解説していますよ。

このとき職員から退職理由や受給資格の有無を確かめるために軽い質問があるので、退職の経緯などの事実を正直に伝えましょう。

本来は「会社都合の退職」なのに、離職票に「自己都合の退職」と記載されていた場合は、ハローワークで正直に事情を話すようにしましょう。

会社都合と自己都合のおもな判断基準については、次の記事で詳しく解説しています。

受給資格の認定手続きが終わると、「雇用保険受給資格者のしおり」や「ハローワークカード」をもらってこの日は終了です。

雇用保険受給資格者のしおりは、次回行われる「雇用保険受給資格説明会」で必要になります。

ハローワークカードは、今後ハローワークへ行く際に必ず持参してください。

【2】失業保険について学ぶ「雇用保険受給説明会」に参加する

ハローワークで受給資格の認定手続きをして1~2週間後、「雇用保険受給説明会」に参加します。

ちなみに「雇用保険受給資格説明会」の日時は、ハローワーク初日に伝えられます。

説明会では映像や担当者による講義を通じて、失業保険の正しい受け取り方や、就職活動の進め方などについて学びます。

受給説明会は指定された日の参加が必須ですが、どうしても参加できない事情がある場合は、ハローワークに説明会日時の変更を相談しましょう。

受給説明会の日には「雇用保険受給資格者証」と、「失業認定申告書」が渡されます。

それぞれの書類名と用途は、次のとおりです。

雇用保険受給説明会の日にもらえる書類とその用途
書類名 用途
雇用保険受給資格者証 失業保険の受給資格を証明する書類
失業認定申告書 失業の認定を受けようとする期間中に行った、求職活動を記入する書類

これらの書類は今後ハローワークで失業の認定を受ける際に必要なので、なくさないように注意しましょう。

【3】失業保険の受給資格決定日から7日間の「待期期間」がある

ハローワークに離職票を提出し、求職申告書を記入した日のことを「受給資格決定日」といいます。

この受給資格決定日から「失業状態にあった日」が通算7日間ないと、失業保険の給付金を受け取ることができません。

この7日間に短期バイトぐらいはしてもいいですよね?
いえいえ、これは「待期期間」といって、失業者が本当に失業状態であるかどうか様子を見るための期間なんです。

もし待期期間中にアルバイトなどを行った場合は、その日数分の待期期間が伸びてしまいますよ。

【4】失業の認定を受けるために「認定日」は必ずハローワークへいく

7日間の待期期間が終わったら、最初の失業認定を受けるため「初回認定日」にハローワークへ行きましょう。

「初回認定日」の日付は、求職の申し込みをした日から4週間後の平日と決められています。

自己都合退職の場合は、待期期間後さらに3カ月の給付期限があります。詳しくは次の章で説明します。

初回認定日はこの期限内に定められているので、絶対に忘れないようにしてください。

また「初回認定日」以降も原則として4週間(28日)に1回、指定された「認定日」にハローワークへ行って、失業の認定を受ける必要があります。

認定日にハローワークへ提出する必要書類は、次のとおりです。

失業の認定に必要な書類
  • ハローワークカード
  • 失業認定申告書
  • 雇用保険受給資格者証
  • 係員より指示された書類

認定日はハローワークに必要書類を提出して、求職活動の実績が認められるかどうかの確認をしてもらいます。

「失業認定申告書」には、前回の認定日からその認定日前日までの間に行った求職活動の内容を、事前に記入しておきましょう。

求職活動の例
  • ハローワークが行う職業相談や職業紹介
  • 求人への応募や面接など
  • 公的機関が行う企業説明会や職業相談
  • 就職支援講習・セミナーや職業見学への参加
  • 再就職のための国家試験や資格試験の受験
もし体調不良や企業の面接などで「認定日」にハローワークへ行けなった場合、ほかの日に振り替えることは可能ですか?
病気や面接などのやむを得ない理由がある場合は、「認定日」の変更が可能です。

このような場合は必ず事前にハローワークに連絡したうえで、指示を受けるようにしましょう。体調不良の場合は当日の連絡でも大丈夫です。

認定日を変更する場合は、次回来所日に「変更の理由となった事情」を証明する書類が必要です。どのような書類が必要かは、ハローワークの窓口で指示を受けてください。

【5】自己都合退職の人にはさらに3カ月の給付制限がある

7日間の待期期間が経過すると、会社都合退職者はその翌日から「失業保険の支給対象者」となります。

しかし自己都合退職の場合は、待期期間満了(通算7日間)の翌日から、さらに3カ月の給付制限が過ぎないと「失業保険の支給対象者」として認められません。

したがって、基本手当が支給される日も3カ月経ってからとなってしまいます。

自己都合退職と、会社都合退職それぞれの失業保険が支給される流れは次のとおりです。

失業保険が支給されるまでの流れ【自己都合退職の場合】

自己都合退職の失業保険が受給されるまでの流れ

自己都合退職の場合はハローワークで最初に手続きした日(受給資格決定日)から、失業手当が指定口座に振り込まれるまで約4カ月もかかってしまうんです。

失業保険が支給されうまでの流れ【会社都合退職の場合】

会社都合退職の失業保険が受給されるまでの流れ

会社都合退職の場合は、待期期間の翌日から失業保険の支給対象となります。

そのため受給資格決定日から約4週間ほどで、指定口座に失業手当が振り込まれるんです。

会社都合退職の場合も、自己都合退職の場合も「初回認定日」には必ずハローワークへ来所して、失業の認定を受けるようにしましょう。

会社都合も自己都合の場合も、ただ認定日にハローワークへ行くだけでは失業保険の受給資格は認められません。
たしか、ハローワークへ行くまでの間にきちんと就職活動をしていないと失業保険をもらえないんですよね。
ええ、コロン太さんのいうとおりです。

求職活動を行ったか、本当に失業状態にあったかが確認されてはじめて失業認定となり、失業手当を受け取れるのです。

認定日に必要な書類やおもな求職活動についての詳細は、次章で解説します。

【6】4週間に1度、失業認定と失業手当の受給を繰り返す

失業手当が受給されるタイミングは前の章でも説明したとおり、初回認定日から1週間前後になります。

その後は4週間に1度、指定された認定日にハローワークで失業認定を受けて、28日分の失業保険を受け取る、という流れの繰り返しです。

ただし、待期期間満了日~初回認定日までの支給期間は28日間に満たないので、他期間の支給額よりも少なくなってしまいます。

失業保険の認定日と受給日(受給資格決定日が8月下旬の場合)

失業保険の認定日と受給日

あの、失業保険が受給される期間や、受給日に受け取る金額は大体どのくらいなんでしょうか?
じつは失業保険の受給期間や日数、受給額は、退職したときの年齢や退職理由によって、異なるんです。
ええ?退職した日の翌日から1年間、丸々もらえるわけではないんですか?
たしかに失業保険の受給期間は、離職日の翌日から原則1年間と定められています。しかし会社都合退職などの場合は、最長1年と60日です。

さらに退職理由や退職時の年齢などによっては、この期間のうちに支給される日数や金額が90日~360日の間で変わってくるんですよ。

失業保険の給付日数や基本手当日額については、「★失業保険 金額」で詳しく解説しています。

失業保険の手続きや流れを理解してスムーズに給付金を受け取ろう

会社を退職してからおこなう失業保険の手続きは、慣れないので不安を感じる人も多いはずです。

しかし失業保険の必要書類や、手続きの流れをある程度理解していれば、失業に対する不安も少しは軽減されます。

失業保険の受給期間は退職日の翌日から原則1年間と定められているので、退職後はすみやかにハローワークでの手続きが必要です。

また、自己都合退職の場合は3カ月間の給付制限があるので、会社都合退職よりも失業保険をもらえるまでの待期期間が延びてしまうことを覚えておきましょう。

失業保険の流れをマスターすれば、スムーズに給付金を受け取れるだけでなく、転職活動のスケジュールも立てやすくなりますよ。