「ギークスジョブ」の特徴は?知っておきたいメリット・デメリット

「geechs job(ギークスジョブ)」は、フリーランスのITエンジニア向けに案件を紹介するエージェントサービスです。

運営しているのはギークス株式会社で、保有案件数は日本最大級。キャリア相談から案件紹介、アフターフォローまで、無料で受けられます。

すでにフリーランスとして働いている人はもちろん、これからフリーランスになりたいと考えている人にもおすすめのサービスです。

この記事では、フリーランス向け案件紹介サービス「geechs job(ギークスジョブ)」について、サービスの特徴、メリットやデメリット、利用する際の流れなどを分かりやすく紹介します。

矢印
ギークスジョブの公式はこちら
矢印 ギークスジョブの公式サイトへ

「ギークスジョブ」の特徴は?高単価の案件多数、福利厚生も◎

「geechs job(ギークスジョブ)」にはたくさんの特徴・メリットがあります。

「ギークスジョブ」の特徴・メリット
  • 高単価の案件が多い
  • サポート体制が手厚い
  • 雑務を代行してくれるので、仕事に集中できる
  • 福利厚生が豊富で手厚い
  • 勉強会、懇親会を定期的に開催している

それぞれ詳しく解説しましょう。

特徴・メリット【1】高単価の案件が多い

ITエンジニア向けエージェントの中でも、ギークスジョブは高単価な案件の多さに定評があります。

ここで言う「単価」とは、1ヶ月に支払われる報酬額のこと。つまり会社員で言う月収と同じ意味です。

ギークスジョブで案件を検索してみると、単価60〜100万円の案件が主流であることが分かります。能力次第で高収入を得られる可能性は充分にあるでしょう。

実際にギークスジョブを利用したエンジニアの口コミでも、「正社員として働いていたときより年収が上がった」というものが複数見られます。

収入をUPさせたくてフリーランスになった(なりたい)という人に、とくにおすすめです。

特徴・メリット【2】サポート体制が手厚い

ギークスジョブでは基本的に、1人のエンジニアに対し、「営業担当」「カウンセリング担当」「フォロー担当」の3人のコンサルタントがつき、あらゆる角度からサポート・フォローをしてくれます。

クライアント企業との交渉や、商談への同行、キャリアカウンセリングなどをプロにサポートしてもらえるのは、フリーランスとして働く上で非常に心強いことです。

特徴・メリット【3】雑務を代行してくれる

フリーランスは、さまざまな雑務を自分1人でこなさなくてはなりません。たとえば、営業活動、契約書の確認・締結、請求書や領収証の発行、経理など。

ギークスジョブでは、こうしたさまざまな雑務のほとんどを代行処理してくれます。

エンジニアとしての本来の仕事に集中できるので、作業効率のアップにも繋がります。

特徴・メリット【4】福利厚生が豊富で手厚い

ギークスジョブの最大の特徴と言えるのが、福利厚生サービス「フリノベ」の存在です。

「フリノベ」は、ギークスジョブが運営するITフリーランス向けの福利厚生サービスです。

これは現場のフリーランスの声から生まれたサービスで、フリーランスが働く上で「欲しいな」と思うポイントをしっかり押さえた福利厚生システムです。

「フリノベ」では、次のようなサービスが受けられます。

「フリノベ」で受けられる福利厚生の例
  • 健康診断や人間ドックの割引
  • 確定申告の相談、会計サポート
  • 法律相談
  • オンライン学習講座(プログラミング、英会話など)
  • 留学サポート

「フリノベ」を活用すれば、「確定申告って何をしたらいいか分からない」「独学でもっとスキルアップしたい」といった悩みを解消することができます。

「フリノベ」を利用するためには、ギークスジョブに登録後スキルチェックを行い、本登録に至ることが必要となります。

特徴・メリット【5】勉強会、懇親会を定期的に開催している

ギークスジョブでは、フリーランスITエンジニア向けの勉強会(セミナー)や懇親会を定期的に開催しています。

フリーランスの悩みの1つが「孤独」です。仕事や収入について、「気軽に相談できる仲間がいない」と悩むフリーランスは多いもの。

ギークスジョブの勉強会や懇親会を活用すれば、似た立場の人と知り合い、横のつながりを作ることも可能です。

フリーランスには人脈も大事。多くのフリーランスが、第一の仕事の獲得方法として「人脈」を挙げています。

登録はこちらから簡単にできますよ。

矢印
ギークスジョブの公式はこちら
矢印 ギークスジョブの公式サイトへ

「ギークスジョブ」のデメリットは?利用する際の注意点4つ

たくさんのメリットがある「ギークスジョブ」ですが、利用にあたって注意しておきたいポイント(デメリット)もいくつかあります。

「ギークスジョブ」利用の注意点
  • 未経験者には向かない
  • 在宅・リモートOKの案件は少ない
  • 地方の案件が少ない
  • マージンの割合が非公開

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

注意点【1】未経験者には向かない

これはギークスジョブだけでなく、エンジニア向けのエージェントサービス全般に言えることですが、「実務未経験でもOK」という案件はあまり多くありません。

そもそも企業がフリーランスに仕事を外注するのは、求められる成果を挙げられること、つまり即戦力としてのスキルを持っていることが大前提です。

フリーランスは、基本的に実力勝負の世界。案件を紹介してもらうためには、一定の実務経験とスキルが不可欠です。

未経験の場合は、「プログラミングスクールなどで実力をつける」「会社員として実務経験を積む」「ランサーズやクラウドワークスで軽めの案件からチャレンジしてみる」といった方法がおすすめですよ。

注意点【2】在宅・リモートOKの案件は少ない

ギークスジョブで紹介してくれる案件は、その多くがクライアントの社内に出向いて作業するものです。

在宅ワークやリモートワークが可能な案件はあまり多くないので、そうした働き方を希望している場合は、他のエージェントとの併用を検討しましょう。

注意点【3】地方の案件が少ない

2020年9月現在、ギークスジョブの対応エリアは、関東(東京中心)、関西(大阪中心)、名古屋、福岡がメインです。

案件のほとんどが都市部に集中しているため、上記以外の地方で仕事を探す人は、他のエージェントサービスとの併用をおすすめします。

注意点【4】マージンの割合が非公開

マージンとは、エージェントが受け取る仲介手数料のことです。

エージェントは、このマージンを受け取ることにより、エンジニアへの案件紹介をはじめとするサービスを無料で提供することができます。

エージェントによってはマージンの割合が公開されている場合がありますが、ギークスジョブは非公開です。

もちろん、非公開だからと言って法外なマージンを要求されるわけではありませんが、念のため契約前に案件ごとのマージンを確認しておきましょう。

「ギークスジョブ」利用の流れ。まずは簡単エントリーから!

では次に、実際にギークスジョブを利用する際の流れを把握しておきましょう。

「ギークスジョブ」利用の流れ
  1. エントリー
  2. 個別説明会
  3. 案件の紹介
  4. 商談
  5. 交渉成立
  6. アフターサポート

それぞれ、簡単に説明します。

利用の流れ1.エントリー

公式サイトのエントリーフォームから、必要事項を登録します。

エントリー後、数日以内にコンサルタントから電話またはメールで連絡が来ますので、面談の日程などを決めましょう。

利用の流れ2.個別説明会

専任のキャリア担当コンサルタントと面談を行います。

サービスの説明を受けたり、これまでの経験やこれからの仕事の希望を伝えたりといったカウンセリング、ヒアリングを行います。

選考が通りやすくなる経歴書の書き方などもアドバイスしてもらえますよ。

利用の流れ3.案件の紹介

大手からベンチャー企業までさまざまな案件の中から、希望に沿った案件を紹介してくれます。

実際に働く様子をイメージできるよう、作業環境や企業風土についても具体的に聞いておきましょう。

利用の流れ4.商談

紹介してほしい案件が決まったら、クライアントとの商談へ進みます。

商談当日はギークスジョブの担当者が同行し、自己PRをサポートしたり、案件の詳細を引き出したりする手助けをしてくれるので、安心です。

利用の流れ5.交渉成立

商談が済んだら、契約条件の交渉を行います。

一般的なフリーランスの場合、これらの交渉も自分1人で行う必要がありますが、ギークスジョブが間に入って交渉してくれます。

クライアントとエンジニアの希望条件が合致したら、案件ごとに締結する個別契約書を作成し、正式発注となります。

利用の流れ6.アフターサポート

実際に働き始める案件参画の初日は、ギークスジョブの担当者が現場まで連れて行ってくれます。

また、作業開始後も専任フォロー担当者が定期的に状況をヒアリングしてくれるので、不安の解消に役立つでしょう。

契約の終了を希望する場合は、次回の案件受注に向けて、参画中の案件と並行した営業活動をスタートしてくれるので、仕事が途切れがちになるリスクも低くなります。

「ギークスジョブ」の基本情報。運営会社、登録者の年齢層は?

ギークスジョブの運営会社など、基本的な情報も見ておきましょう。

「ギークスジョブ」の基本情報
運営会社 株式会社ギークス
登録会員数 15,000人以上
年間契約数 11,606件
(2019年4月から2020年3月の実績)
公開求人数 1,550件(2020年9月現在)
※他にも非公開案件あり
登録者の年齢層 20〜30代がメイン
拠点 東京、大阪、福岡、名古屋

公開求人数は、時期によっても大きく変わります。

紹介されたら受注しなくてはいけないということもなく、キャリア相談を受けるだけでもOK。まずは気軽に登録してみてくださいね。

「ギークスジョブ」以外にも多数!おすすめのIT系エージェント

案件紹介エージェントは、ギークスジョブ以外にもたくさんあります。特徴もそれぞれ異なるため、人によって「合う」「合わない」もあるでしょう。

また、担当者との相性がイマイチだったり、たまたま案件が少ない時期に当たったりすることも考えられます。

そこでおすすめなのは、複数のエージェントに登録することです。

成功しているフリーランスは、多くの場合、複数のエージェントを併用しています。

ここでは、ギークスジョブ以外にもおすすめのITエンジニア向けエージェントをご紹介しておきましょう。

エージェント名 大まかな特徴
レバテックフリーランス
・認知度が高く情報収集能力も高い
・常駐型フリーランス案件が多い
・一都三県、愛知、関西、九州メイン
Midworks
(ミッドワークス)
・保有案件数が多い
・保険などの保障が手厚い
・還元率80%以上、単価も公開
PE-BANK ・全国主要9都市に拠点あり
・共同受注契約で契約内容がオープン
・委託税理士による確定申告サポートあり
Crowd tech
(クラウドテック)
・全国エリアの案件あり
・企業からの高評価で報酬上乗せあり
・「クラウドワークス」が母体
FOSTER
FREELANCE
(フォスター
フリーランス)
・非公開案件が全体の90%
・1996年よりサービスを継続
・東京23区の求人がメイン
FREE-DA ・ゲーム・Webサービス・金融に強い
・事故などに備えた保険あり
・即払い可能(支払いサイトが1日)
furien
(フリエン)
求人数が多い
・全体の45%が高額案件
・対象エリアは全国
PROseet
(プロシート)
・週2からの仕事も可能
・東京23区内の求人が9割超
・「ランサーズ」グループが運営
※情報はすべて2020年9月時点のもの。セミナーやイベントはオンラインなどで開催

自分に合った働き方や案件を見つけやすくするため、気になるエージェントにはぜひ複数登録してみてくださいね。

ITエンジニアは「ギークスジョブ」で高収入・効率アップを叶えよう!

「geechs job(ギークスジョブ)」は、フリーランスのITエンジニア向けの案件紹介エージェントです。

高単価な案件も多く、首都圏や大阪・名古屋・福岡といった都市部を中心に、常駐案件を豊富に取り揃えています。

都市部に出勤するスタイルの仕事を探しているエンジニア、とくに「収入アップしたい」「営業や経理、書類作成の手間を省いて仕事に集中したい」といった人には、とてもおすすめです。

ただし、在宅・リモートワークや地方での仕事を探している人、未経験の人にはあまり向いていません。そういった人は、他のエージェントサービスとの併用を検討してみてくださいね。

※掲載の情報は2020年9月現在のものです。
bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月20日 11:39 求人更新