看護師派遣のメリット・デメリット!おすすめの派遣会社も紹介

「派遣として働くメリットってなに?」「注意点がないか気になる・・・」と、派遣で働くか悩んでいませんか?

派遣には、「高時給で柔軟な働き方が可能」「人間関係のトラブルに巻き込まれづらい」などのメリットがあります。その一方で「研修がほとんどない」「経験・年齢に応じて給料が上がらない」などのデメリットも。

当記事では、派遣看護師のメリットとデメリットを解説。

また派遣に対応している看護師向けの転職サイト6社の特徴を、一覧で解説します。

「派遣で働くか迷っている」「看護師にはどんな派遣会社があるの?」と考えている人は、ぜひ当記事をご覧ください。

看護師が派遣として働くメリット!4つのポイントをチェック

この章では、派遣のメリットを紹介します。おすすめの派遣会社を先に知りたい人は「おすすめの派遣会社」の章へ進んでくださいね。

派遣看護師とは、派遣会社のスタッフとして、派遣先となる病院・施設で働く看護師のこと。

雇用契約を結ぶ相手は、派遣会社です。給料の支払いはもちろん、社会保険・福利厚生などの加入手続きも、派遣会社が行います。

派遣看護師には、次のようなメリットが。

派遣看護師のメリット

それぞれのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

【派遣のメリット1】派遣はパートよりも時給が高い!

派遣はパートと比較して、時給が高いと言われています。では実際にどれくらいの差があるのか、求人情報をもとに調査しました。

「パート」と「派遣」の時給を比較
地域 パート看護師の時給 派遣看護師の時給
東京 1,200~2,100円 1,600~2,200円
大阪 1,400~2,100円 1,500~2,100円
名古屋 1,200~2,000円 1,500~2,100円
福岡 900~1,600円 1,200~2,200円

最低時給は「パート」の方が低く、最高時給は「派遣」の方が高いことがわかりますね。

ただ大阪に限っては、派遣とパートの最高時給が同じです。

派遣だとボーナスはありませんが時給が高いため、フルタイムなら年収は正社員と大きく変わらないんですよ。

【派遣のメリット2】希望に合った働き方が可能

派遣の大きなメリットは、希望にあった働き方ができること。「週2~3日だけ働きたい」「空いた日だけ働きたい」など、家庭やプライベートを重視したい人に向いています。

派遣の期間は、1日単位~3年までと幅広いです。

また1日単位の仕事は「単発」や「スポット」と言われ、空いた時間に働くことが可能。副業としても人気です。

ただ単発で働くには、次の条件があるので注意してくださいね。

単発派遣で働く条件
  • 年収500万円以上である
  • 世帯年収500万円以上である※
  • 雇用保険適用外の学生である
  • 60歳以上である
※主たる生計者でない場合

単発派遣について詳しくは、看護師専門の転職サイト「スーパーナース」の記事で解説しています。

あの、派遣だと健康保険や年金って、どうなりますか?
「週の所定労働時間が正社員の4分3以上」「契約期間が2カ月を超える、または超える見込みがある」という条件を2つとも満たせば、加入できますよ。
福利厚生はどうなりますか?
派遣スタッフには派遣会社の福利厚生が適用されます。派遣会社の多くは福利厚生を用意していますが、登録の際はチェックするようにしましょう。

また派遣会社によっては「看護師 賠償責任保険」の保険料を負担するところもありますよ。

でも有給はもらえないんじゃないですか?
いえいえ、勤務条件を満たせば派遣スタッフも有給が発生するので安心してください。

【メリット3】勉強会や委員会は出席しない傾向・サービス残業もなし

派遣スタッフは派遣会社が仲介するため、しっかりと残業代や深夜手当が支払われます。

勤務先は、勉強会などで発生する給料を負担に感じるという背景も。

そのため派遣スタッフは、勉強会や委員会には出席しない傾向にあるのです。

勉強会や委員会の負担、そしてサービス残業がなくなるのは、派遣のメリットです。

【派遣のメリット4】人間関係のトラブルを避けやすい

「派遣される」という意味では、派遣スタッフは外部の人間とも言えます。また働く期間も決まっているので、勤務先の職員と一定の距離を置くことが可能。

そのため派遣スタッフは、人間関係のトラブルに巻き込まれにくいのです。

「人間関係のトラブルに関わりたくない」という人は、派遣という働き方を選択肢にいれるといいでしょう。

派遣看護師にはデメリットも!働く前に知っておこう

この章では、派遣のデメリットを解説します。

派遣看護師のデメリット

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

【派遣のデメリット1】医療機関で働くには条件あり!

看護師の派遣はもともと禁止されていましたが、2003年から少しずつ緩和されました。

とはいえ「医療機関」で派遣看護師として働くには、2019年現在も条件があります。

まず労働者派遣事業がどこを「医療機関」と定めているのか見てみましょう。

医療機関(労働者派遣事業上の定義)

病院/助産所/介護老人保健施設/
医療を受ける人の居宅で行われるもの

「医療機関」で派遣として働く条件は、次のとおり。

「医療機関」で派遣が認められる条件
  • 紹介予定派遣※
  • 産前産後・育児・介護休業の代替
紹介予定派遣とは

派遣社員として一定期間(最大6カ月)働いたあと、派遣社員と派遣先の希望が一致した場合、直接雇用に切り替えられる制度のこと。

この条件のいずれかに当てはまれば、医療機関で派遣として働くことが可能です。

また次のような「医療機関でない職場」は、条件に関わらず派遣が認められています。

「医療機関でない職場」は条件なしで働ける
  • 特別養護老人ホーム
  • 有料老人ホーム
  • デイサービス
  • 社会福祉施設(障害者支援施設など)
  • 保育所
ここで挙げたのは、あくまでも一例です。医療機関以外であれば、紹介予定派遣」「育児・介護休業」でなくても、派遣職員として働けますよ。

また「訪問入浴介護」や「介護予防訪問入浴介護」は、医療を受ける人の居宅で行う業務ですが、派遣が許可されています。

当サイトには「看護師の病院以外の職場」を解説した記事もあるので、チェックしてみてくださいね。

【派遣のデメリット2】同じ職場で働けるのは最長3年まで!

派遣は法律で「最長3年」という期間制限ルールが、「労働者」と「派遣先」それぞれに決められています。

そのため派遣スタッフが同じ職場で働けるのは、長くても3年です。

また派遣先にも期間制限ルールがあり、前任の派遣スタッフが居た場合、後任の派遣スタッフは3年働けないケースも。

せっかく気に入った職場でも、3年以上は働けないんですね。
はい。また最長3年と言っても、「育児・介護休業の代替」として働く場合、実際の派遣期間は1年~1年半ということも多いんです。
そうなんですか・・・。
もし同じ病院で働きたければ、正職員やパートなどの「直接雇用」に切り替えるという方法もありますよ。もちろん職場(派遣先)の了承が必要です。
なるほど。ちょっと面倒ですね。
ウサギーヌさん(汗)。

それなら先に紹介した「紹介予定派遣」という働き方はどうでしょう?

直接雇用を前提に、派遣社員として一定期間働けますよ。双方の希望が一致した場合、直接雇用に切り替えられるんです。

同じ病院でも、別の「課」などに移動すれば3年を超えて働くこともできます。

【派遣のデメリット3】研修はほとんどない傾向!即戦力が求められる

職場にもよりますが、派遣は即戦力を求められることが多いです。

派遣看護師は、ある程度の能力・経験を持っていることが前提。そのため研修は行わない傾向にあり、教育体制も万全とはいえません。

もちろんわからないことがあれば、都度質問はできますが、手取り足取り教えてくれる、という環境は期待しないようにしましょう。

派遣って、スキルや経験に自信がない人はできないですか?
職場を選べば大丈夫ですよ。能力や経験に自信がないことを、あらかじめ派遣会社に伝え、自分に合った職場を見つけましょう。

【派遣のデメリット4】経験や年齢は給料に反映されない!賞与もなし

派遣の時給は、年齢や経験によってあまり変わりません。

そのためキャリアを積んでいっても、時給は上がらないことが多いのです。

また派遣はボーナス(賞与)もありません。この点は正職員と派遣の大きな違いです。

「ボーナスがほしい」「経験や年齢を給料に反映したい」という人は、派遣よりも直接雇用を選んだほうがよいでしょう。

派遣看護師におすすめの転職サイト!派遣会社6社の特徴一覧

この章では、派遣に対応している看護師専門の転職エージェントを見ていきましょう。

派遣会社によって、取り扱う求人案件や福利厚生などは異なります。

2つ~3つほど登録して、自分に合った派遣会社を見つけてくださいね。では派遣会社6社の特徴を一覧で紹介します。

転職サイト名をタップすると、詳しく解説している記事へ移動しますよ。
看護師向け派遣会社6社の特徴
転職エージェント名 特徴
看護roo!
(カンゴルー)
・対応エリアは関東と関西のみ
・利用者の約8割は派遣が初めて
・看護賠償保険に無料で加入
看護のお仕事 派遣板 ・求人は関東・東海・関西に集中
・派遣先の約8割は介護施設
・求人の約半数が紹介予定派遣
MCナースネット ・単発の派遣求人あり
・リゾート地の派遣求人あり※
・給与の前払い可能
ナースパワー ・単発の派遣求人あり
・リゾート地の派遣求人あり※
・健康診断や予防接種などあり
スマイルナース ・ポイントサービスあり
・健康診断などあり
・厚労省が優良派遣事業者に認定
スーパーナース ・単発の派遣求人あり
・求人は訪問入浴とデイサービスが多い
※※都市圏や離島などの病院に期間限定で派遣

転職エージェントの選び方については、次の記事で解説しているのでぜひご覧ください。

次の記事では、7サイトをランキング形式で紹介しています。

また看護師求人は、総合型の転職サイトに掲載されていることも。合わせてチェックしてみましょう。

派遣として働くならメリット・デメリットの両方を知っておこう!

派遣はパートよりも時給が高く、柔軟な働き方ができるのがメリット。

また勉強会などは出席しない傾向にあり、プライベートの時間を圧迫されません。派遣会社が間に入るため、残業代や深夜手当などもしっかりついて安心です。

また派遣スタッフは外部の人間ということもあり、人間関係のトラブルに巻き込まれにくいというメリットも。

ただ、「ずっと同じ職場で働きたい」「年齢や経験によって給料を上げてほしい」という人に、派遣は向きません。また派遣は即戦力が求められるため、しっかりとした研修は行わないことも多いです。

派遣として働く場合は、メリットだけでなくデメリットも知っておきましょう。

※掲載の情報は2019年6月現在のものです。