転職の面接に名刺は不要!その理由と渡されたときのマナー&注意点

転職の面接に名刺は不要!その理由と渡されたときのマナー&注意点
僕、明後日に面接があるんですけど、名刺も持っていったほうがいいですか?

もらったら自分のも渡さないと失礼ですよね?

転職の面接に、名刺を持っていく必要はありませんよ。

でも、相手から渡されたものを受け取ることはあるかもしれませんね。

この記事では、転職の面接で名刺が必要でない理由を説明します。面接官から名刺を渡されたときのために、受け取りマナーもおさらいしておきましょう。

転職の面接に名刺は不要!渡すべきでない理由を解説

基本的に、転職の面接で面接官が応募者に名刺交換を求めることはありません。

もし相手から名刺を渡されたとしても、こちらの名刺を渡す必要はなく、むしろ渡すべきではないのです。

その理由は、転職活動はあくまで「プライベートなこと」だから。

会社が作る名刺は、その会社の一員として仕事をするときに使うものですよね。身元を保証し信頼を高める、いわば後ろ盾にもなるツールです。

しかし、転職とはつまりその会社を離れること。面接では、個人としての自分を評価され、採用するかどうかを判断されます。

そこに「ある企業の一員」として臨むことは、不適切だと言わざるを得ません。

でも、向こうから渡されのに、こっちは渡さないっていうのは失礼じゃないですか?
いいえ、応募者を「ある企業の社員」として面接するわけではないことくらい、面接官ならわかっているはずです。

逆に、渡すことで常識を知らないと思われてしまう恐れもありますよ。

転職の面接で名刺を渡されたら?受け取りのマナーを解説

自分の名刺を渡す必要はありませんが、相手からは渡されることがあります。

それって、その面接官が非常識っていうことでは?
いえ、そうではないでしょう。

面接官はその企業の一員として面接するわけですから、別におかしなことではありません。

たとえばオフィスでない場所で面接を行ったりするときには、身元を明らかにするために渡される可能性が高いです。

名刺を渡されたら、マナーに則って受け取ってください。

ここで名刺受け取りの手順をおさらいしておきましょう。

名刺受け取りの流れと基本のマナー
①立ち上がる

②両手で名刺を受け取る(手の位置は胸の高さ)
※相手の名前や企業ロゴに指を乗せないように注意

②「頂戴いたします」「よろしくお願いいたします」などの一言を添える

③受け取った名刺に目を通し、名前などを確認する

④「おかけください」と言われたら着席し、受け取った名刺を机の(向かって)左側に置く
※名刺入れがあれば、その上に名刺を乗せる

名刺を受け取るときだけでなく、置くときやしまうときにも丁寧に扱いましょう。

受け取った名刺は、面接中はずっと机の上に置いておきます。面接官が複数いる場合には、名刺を着席順に並べておくのが一般的です。

その場で何かを書き込んだりするのは厳禁ですよ。

名刺の受け取り方1つでも、ビジネスパーソンとしての常識が問われます。

面接では緊張してあり得ないミスをしてしまいがちです。名刺を机の上に忘れないようにしてくださいね。

なお、机がないところでの面接なら、受け取ってすぐに名刺をしまいます。

鞄に直に入れるのは失礼なので、名刺入れに入れるか手帳やメモ帳などに挟んでから鞄に入れましょう。

その際には、「失礼します」と一言言ってからしまうのが好印象です。

転職の面接で名刺を受け取った後に注意しておきたいこと

転職面接で面接官の名刺を受け取ったら、次の2つの点に気をつけてください。

  • 会社の人に見られないように保管する
  • 次回以降にメールや電話をする際、相手の名前をきちんと書く(言う)
  • もらった名刺は、会社関係の名刺とは分けて保管し、特に会社の人の目に触れないようにしましょう。

    取引のない会社の人事担当者の名刺をあなたが持っていると知ったら、転職活動をしていることがバレてしまう恐れがあります。まだ採用されるかどうかもわかりませんし、噂が広まるのも避けたいですよね。

    また、最初の書類提出などの際には、相手の名前がわからないので「採用担当者様」などの呼び名でOKでした。しかし名刺をもらったからには、次回からは「〇〇様」と名指しでやり取りしないと失礼になってしまいます。

    面接後のお礼は名刺をもらっていてもいなくても翌日中までにするのがおすすめ

    名刺をもらったからには、面接後、その方あてにお礼をした方がいいんでしょうか。
    ええ、できれば名刺を受け取ったかどうかにかかわらず、面接後にはお礼のメールをしておくのがおすすめですよ。

    面接のお礼をしなかったからといって、合否に影響があるとは考えがたいです。しかし、時間を割いてもらったことにお礼を言う方が、礼儀やマナーの身についた人だと良い印象を持ってもらえる可能性が高まります。

    面接のお礼は、メールでしておきましょう。電話をすると、さらにその人の時間を奪うことになります。

    内容は、あくまで面接についてのお礼にとどめるのがベストです。

    また、名刺をもらったのですから、先程も述べたとおり担当者の名前をしっかり書いておきましょう。名刺をもらったにもかからず「担当者様」というのでは失礼です。

    お礼ってどのタイミングでするのがいいんでしょうか?
    直後はちょっと不自然なので、できれば面接当日の、相手の会社の営業時間中、あるいは翌日中にしましょう。

    それ以降では「今さら」な感じになってしまうので、しなくてかまいません。

    転職面接に名刺を持っていく必要なし!もらった後も要注意

    転職活動をするのに、名刺は必要ありません。面接で面接官から名刺を渡されたとしても、自分の名刺は渡さなくてOKですよ。

    理由は転職がプライベートなことだから。面接は、会社の一員としてではなく個人として臨むものだからです。

    ただし相手から渡されたら、失礼のないように受け取り、慎重に保管しましょう。また、名刺をもらった以上、担当者の名前を知らないでは済まされません。しっかり覚えてくださいね。

    面接後には、その名刺を見て担当者にお礼メールを送ると好印象。アピールはすでにしたはずなので、ここでは単にお礼にとどめるのが得策ですよ。

    面接は転職の最大の難関。ちょっとした疑問は解決して、自信を持って臨みましょう。

    bg
    arrow
    btn
    あなたの性別は?
    • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
    • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
    • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
    • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
    • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
    12月3日 16:11 求人更新