転職の面接でネイルはNG!マイナス評価の理由と基本マナー

転職の面接でネイルはNG!マイナス評価の理由と基本マナー

転職活動に取り組む女性の方にとって、ファッションというのは意外と難しい部分です。

新卒の就職活動ならともかく、それなりの社会経験を経た女性がリクルートスーツに白シャツでは違和感がありますし、髪色もそのためだけに暗くする必要があるのかどうか…と悩むところですよね。

そんな転職活動のファッションの中でも、特に悩ましいのがネイルではないでしょうか?

もはやジェルネイルも一般的となり、ファッションの一部としてネイルを日常的に楽しんでいる方は少なくないと思います。

ただ、転職活動となると、ネイルを普段通りにしていくのは考え物です。爪というのは体全体で見ればとても小さなパーツですが、面接でイスに座った状態では膝の上に置いた手元は意外と目立ちますし、書類などを記入する時にも案外見られているものです。

そんな転職活動の時のネイルに対する考え方と、基本のマナーについて、ここでは解説していきましょう。

基本NG!転職の面接でネイルをしない方がいい2つの理由

結論から言ってしまいますが、転職の面接にネイルをしていくのは基本的にNGです。

ネイルは日常的に取り入れている女性にとっては、身だしなみの一環であり、欠かせないものになっているかもしれません。ネイルをしている方が、女性としておしゃれに気を遣っているという考え方もあるでしょう。

しかし転職活動をしているとき、特に相手と1対1かそれに近い状況で話をする面接の場では、ネイルは場にそぐわないファッションとして扱われる可能性が高くなります。場合によっては、ネイルが原因で面接官からの評価がマイナスになってしまうこともあり得るのです。

転職の面接にネイルをしていかないほうが良いと言える理由は大きく分けて2つあります。

  • ビジネスシーンに不適切と判断される可能性が高い
  • 業種や職種、社風に合わないと判断されるケースがある

以下にもう少し詳しく説明していきましょう。

ネイル1つで印象が変わる!?ビジネスシーンにネイルは不適切

転職の面接という場においては、相手、つまり面接担当者に自分をどう思わせるか、どのような印象を与えるかということが何よりも重要になります。

その点、ネイルというのは、本人にとっては身だしなみ・おしゃれという意識があっても、面接担当者が同じ印象を受けるとは限りません。

むしろ、人によっては華美に感じたり、清潔感に欠けるという印象を受けることもあるでしょう。

あるいは、面接の場というTPOをわきまえていない、面接に対してやる気がないので普段通りのネイルをしてきていると判断されてしまうかもしれません。

ネイルというのは、日常的に取り入れていない人にとっては不必要なファッションととらえられがちなものです。そのような人によってとらえ方が大きく異なるものを身に着けていくことは、転職の面接という重要なビジネスシーンにおいては不適切と言わざるを得ないでしょう。

マナーではなくルール違反になることも…ネイルNGの業種・職種

ビジネスマナーとしてではなく、そもそもルールとしてネイルがNGになるケースも想定されます。

例えば人や食品に直接触れることがある医療・介護職や飲食業、接客業といった業種ではネイルを施した長めの爪は衛生的ではないとして禁止されることがほとんどです。また、公務員や金融機関などの比較的規律の厳しい職場でも、ネイルはまだまだ認められにくい風潮があります。

業種や職種による制約がなくても、社風としてネイルがNGになっている企業もあるでしょう。

そうした社内的にネイルをすることが認められないところを受ける際には、面接の段階でもやはりネイルをしていくのは避けるべきでしょう。

とは言え、業種・職種ならともかく、社内の雰囲気としてネイルがNGかどうかというのは、面接の段階ではわからないことですよね。だからこそ、転職の面接にネイルをしていくことは総じておすすめできないのです。

転職活動の時のファッションってけっこう悩ましいんですよね…。特にネイルなんて、大人の女性としてはちゃんとしていった方が好印象なのかなぁなんて思ったりもするんですけど、どうなんでしょうか?
基本的には、転職の面接に行くときにはネイルはしていかないほうが良いですね。ビジネスシーンでは必要以上のおしゃれは不適切にとらえられがちです。それに業種や職種、社風によっては社内的にネイルがNGなケースもありますから。

どうしてもネイルをしたい!転職の面接で許されるネイルとは

普段からネイルをしていると、ネイルを施していない素の爪でいることの方が落ち着かないということもあるかもしれません。また、爪が薄かったり弱かったりしてネイルをしていた方がきれいに見せやすいという人もいるでしょう。

そのように何らかの理由で、どうしても転職の面接に行く際にもネイルをしておきたいというのであれば、最低限ネイルの色や質感には配慮が必要です。

転職の面接に施していっても大きな影響を与えにくいネイルと、逆に面接の結果にさえ影響しかねない不適切なネイルについて、以下に詳しく例を挙げてみましょう。

●OKネイル●

色…淡いピンクやベージュなど、できるだけ肌馴染みが良くナチュラルに見えるカラー・クリアタイプ

質感…目立ちすぎない程度のツヤがあるもの

柄…単色・無地

長さ…指先から2~3ミリ出る程度に短めにそろえる

●NGネイル●

色…ビビッドな原色・寒色

質感…強い光沢があったり、逆にマットすぎるもの

柄…複数のカラー使い(マーブル・フレンチ含む)・アート・ストーン

長さ…指先から5ミリ以上出ている

明らかにネイルをしていると一目見てわかるものは避け、ぱっと見でわからないくらいのシンプルでナチュラルなネイルに抑えておいた方が、転職の面接の場では受け入れられやすいでしょう。

とは言え、シンプルでナチュラルなネイルであれば面接でしていても問題ないという保証はないので、その点は注意が必要です。

すぐには取れないジェルネイル…隠してごまかすのは可能?

セルフネイルではなくサロンでジェルネイルを施しているという場合、取りたいと思ったときにすぐに取ることができません。

面接の日程が急に決まった時などは、どうしてもサロンで除去する時間が取れないということもあるでしょう。そのような場合には、ジェルネイルの上から塗れるカモフラネイルと呼ばれるグッズを使ったり、単純にベージュのマニキュアを塗って隠すという方法があります。

ただ、いずれの方法をとるにしても、ある程度厚みと色のあるジェルネイルを隠せるほどに塗り重ねれば、かなりこってりとした濃い質感のベージュになってしまいます。素の爪であるように見せることは難しいどころか、かえって目立ってしまう可能性もあります。

あまりにも爪の様子が不自然だと、面接担当者が気をとられて話の内容がおろそかになってしまうということにもなりかねません。

また、その場限りでネイルを隠して取り繕おう・ごまかそうとしているという風にみられて、良くない印象を与えてしまうこともあり得ます。

そうしたリスクを考えると、ジェルネイルを隠すというのはあまり賢明な方法とは言えません。転職活動中はできるだけジェルネイルはお休みして、すぐにオフできるマニキュア程度にしておいた方が安心です。

実は私、爪が薄くて割れやすいので、補強も兼ねて普段はずっとジェルネイルをしているんです。できれば面接にもネイルをしたまま行きたいんですけど、どうしてもダメですか?
そういうケースもあるんですね!よほどシンプルなものであれば、面接の場でも受け入れられやすいかもしれません。すぐにオフできないジェルネイルの場合、カモフラネイルなどで上から隠すという手もありますが、かえって目立ってしまうこともあるので難しいところですね。

ネイルよりも素の美しさが重要!好印象を与える爪と手とは

身だしなみや清潔感をアピールするという意味では、ネイルを施すよりもむしろ、素の爪を美しくケアすることの方が効果的です。

きれいに適度な長さに切りそろえられて、ひび割れなどのない自然に整えられた状態の爪なら、どんな年代・性別の人にとっても好印象を与えやすくなります。

普段から保湿やマッサージをこまめにして、健康的な美しい素爪を維持しましょう。特にジェルネイルやマニキュアを日常的に施していると自爪が傷みやすくなってしまうので、面接の日程が決まっていれば、早めにオフして丁寧にケアすることをおすすめします。

また、爪だけでなく手の美しさも重要になります。と言っても、形や大きさの問題ではもちろんありません。

手元が乾燥してカサついていたり、指先がささくれていると、それだけで清潔感がなく、身だしなみに気を遣っていないように見えてしまいます。

こちらも日常的に保湿ケアをして、面接前にもハンドクリームを塗るなどして万全を期しましょう。なお、面接前に使用するハンドクリームは香りが強く残りやすいものは避けた方が良いでしょう。

冒頭でもお伝えした通り、面接の際には案外手元を見られているものです。身だしなみの一環として、素の状態で美しい爪と手を保つことに気を配るのはとても重要なことなのです。

転職の面接で好印象を与えたいなら、ネイルに力を入れるよりも、むしろ素の爪や手を美しく見せることの方が効果的ですよ。保湿などのケアを十分にして、清潔感のある美しい手元を維持しましょう。

転職先でネイルを続けられる?面接時にチェックしたい女性社員の手元

ネイル好きな女性であれば、面接の際にネイルをしていくかどうかは別として、入社してからは気兼ねなくネイルを楽しみたいと思うものですよね。

ただ、職場でネイルが許されるかどうかという細かな情報を入社前に入手することは、なかなかできません。上でもご紹介したような業種・職種によって明らかにNGになるというケース以外では、事前に職場のネイル事情を確かめることは難しくなります。

とは言え、転職先のネイル事情を知る方法がないわけではありません。

面接や会社訪問などの場に女性社員がいれば、その人の手元をさりげなくチェックしてみてください。そこから社内的にネイルがありなのかなしなのか、ありならどの程度のデザインまで許されそうなのか…というように、ある程度の傾向を読み取ることができます。

ただし人によっては、社内的にはあまり望ましくないのに個人的に派手なネイルを押し通している…なんていうケースもないとは言えません。できれば1人だけではなく、複数の女性社員の手元を確認しておきたいところです。

面接のときはしょうがないけれど、入社したらやっぱり今まで通りネイルを続けたいんです!転職先のネイル事情を知る方法ってないでしょうか?
面接や会社訪問などの場で女性社員の手元をさりげなくチェックしてみると、ネイルがOKかどうかある程度の傾向を読み取ることができますよ。できれば複数の女性社員を確認してくださいね。

人生を決める転職活動…何気ないネイルが結果を変えるかも

転職の面接でネイルがNGな理由についてご紹介してきました。

たかがネイルくらいで面接の結果が変わるかもしれないなんて大げさと思うかもしれませんが、就職・転職の面接では一見ささいとも思えるような要因が結果を決めてしまうことは珍しくありません。

ほとんど同じ評価の人が2人いたとして、1人は派手(と面接担当者が思うような)ネイルをしていたから、もう1人の方を採用するということがないとも限らないのです。

転職活動は人生を決める、とてもとても重要な局面です。少しでもマイナスに転びかねない要素は、極力排除しておきたいものですよね。

できることなら、転職活動、特に面接の際にはネイルをせずに挑むことをおすすめします。