転職の面接で話すべき長所と短所とは?例文と自分の強みの見つけ方

転職の面接で話すべき長所と短所とは?例文と自分の強みの見つけ方

転職の面接の中で、長所を聞かれたり、長所と短所を合わせて聞かれたりすることがあります。そうは言われてもなかなか思いつかないと言われることもあるでしょうし、また自分が答えようとしている長所や短所が、転職の面接という場で言う内容としてふさわしいのかどうかが気になる方もいらっしゃることでしょう。

実際に、転職の面接という場面を考えると言わない方がいい長所・短所もありますし、また同じ長所を伝えるのでも採用担当者に良い印象を持ってもらえる伝え方と、そうでない伝え方もあります。同じ長所や短所を言うなら、有利な伝え方をしたいものです。

そこで今回は、転職の面接という場で話すべき長所や短所とはどのようなものかを、わかりやすいように例文も合わせてご紹介していきます。

転職面接で長所・短所を聞かれる理由は仕事への適性を判断するため!

転職面接の場合、すでに仕事をした経験を持つ人が来るという特徴があります。そのため、採用担当者は、単純に転職者の性格的な長所や短所が知りたいわけではありません。では、何を目的として長所や短所を聞いているのでしょうか?詳しく確認しましょう。

転職面接で長所・短所を聞く理由

採用担当者が転職面接で長所や短所を聞くのには、以下のことを確かめたいという目的があります。

  • 転職先の企業の仕事に合っているか
  • 仕事に悪影響となる短所はないか
  • 客観的な立場から自己分析ができているか

人それぞれ長所がありますが、職場の仕事内容や雰囲気によっては、その人の長所が十分に生かしきれないことがあります。

例えば、個人の成績を重視する職場に協調性があることが長所だという人が入った場合、その人にはその職場が合わない可能性が高いと考えられます。そこで、採用担当者は、長所を聞くことによって、転職者が自分の企業のニーズに合っているかをチェックしているのです。

次に、短所を聞く場合は、仕事に悪影響になるような短所が無いかを確認しています。例えば、気が短いといった短所を挙げてしまうと、仕事に粘り強く取り組めない、取引先とのトラブルを起こす可能性があるなど、仕事に支障が出ることを感じさせてしまいます。

そして、長所や短所を聞くことには、転職者が客観的な立場から自己分析をできるかどうかをチェックする意味もあります。

客観的に自己分析ができるということは、どうすれば自分の長所が生かせるのか、他人とコミュニケーションを上手く取るにはどうすればいいのかなどを考えるためにも役立ちますので、仕事をする上でも強みになると判断してもらうことができます。

仕事に関係しない長所や短所は言わないように!

転職面接で長所や短所を聞かれるのは仕事への適性などを見るためですから、例えば背が高いことであるなどの、仕事に関係しない長所や短所は言わないというのは大前提です。

これを守らずに面接を受けると、面接の意図をきちんと把握していないと判断され、かなり不利になってしまいます。

転職面接で長所と短所を聞かれるのは、単純に自分の良さやちょっと問題のあるところを伝えることだと思っていたんですが、転職の際の面接だからこそ仕事に関係ある内容を話さなければいけないということなんですね。
そうですね。採用担当者は採用した人が自分の企業で長く意欲的に働いてくれることを望んでいますから、転職者がその企業に合っているか、仕事に支障があるようなことはないかなどをチェックする意味を持って長所や短所を聞いているんですよ。

転職先の仕事に繋がる話を!長所短所を述べる時のポイントと注意点

転職の面接で採用担当者が長所や短所を聞くのには、先ほど確認したような意味があります。それを踏まえて、長所や短所を述べる時のポイントや注意点を考えてみましょう。

どちらも結論から伝えよう!

まず、長所や短所を伝える時には、どちらも結論を先に述べるようにしましょう。そうすることで、何が言いたいのかを採用担当者が分かった上で聞いてくれるので、納得してもらいやすくなります。それによって、プレゼン能力があると判断してもらえますので、採用に良い方向に働くことも考えられます。

また、わかりやすい話にするためにはポイントを絞って話すことも大切です。長くなり過ぎると聞き手も疲れてしまいますので、どんなに長くても3分を超えることがないように注意しましょう。

長所は転職先の企業の仕事に生きる点を1つに絞って述べよう

長所を述べるように言われると、あれもこれもとアピールしたくなるのは自然なことなのですが、転職の面接の場合、たくさん話すと、最もアピールしたいのは何かが印象に残らず焦点がぼやけてしまいますので、長所は1つに絞って述べるようにしましょう。

その際にアピールする長所は、転職先として希望する企業の仕事内容や社風に合わせた内容になっているものにしましょう。

先ほども確認したように、採用担当者は転職者が自分の企業に合っているかどうかという視点からも転職者をチェックしています。そのため、企業の内容に合わない長所を述べると、自分の企業には合わないと判断されてしまい、不採用になる可能性が高まってしまいます。

長所を述べる際は前職でのエピソードを盛り込むと説得力がアップ!

長所を述べる際、前職での具体的なエピソードを盛り込むようにすることで、転職者の長所が仕事に生かせることを印象付けることが可能です。また、前の職場の上司や同僚などから言われた言葉をもとに自分の長所を説明するのも、説得力のある長所の述べ方です。

それをもとに、新しい職場で自分の長所をどのように生かしたいのかをまとめて述べると、説得力のある話になります。

短所を短所で終わらせない前向きな話し方を心がけよう

短所の述べ方には、かなり気をつけなければいけません。最初に確認したように、採用担当者は仕事に悪影響となる短所がないかをチェックしています。そのため、明らかに業務の支障になると思われるような短所を述べるわけにはいきません。

また、短所を短所のまま終わらせるような言い方をすると、短所があることをわかっていながらそれをどうにかしようとする気が無いのかと思われてしまいます。

そのため、短所を述べる際には、仕事に悪影響だと思われるような短所を述べないことと合わせて、短所を克服するためにどのようなことに取り組んできたのかについても伝えることを忘れないようにしましょう。

長所も短所も、新しく始めたい仕事に生かせるか、逆にその仕事の妨げにならないかという観点から考えて話せばいいんですね!採用担当者が何を見ているのかがわかったので、それに合わせて考えることができそうです。
その通りですね。採用担当者は転職者が自分の企業に合っているかなどを見るために面接をしていますから、仕事に生かせるような長所を述べたり前職でのエピソードを交えたりすることで、新しい仕事の役に立てると思ってもらうことがポイントです。

長所や短所が思い浮かばない!そんな時に試すべき方法をご紹介!

どのような内容の長所や短所を述べればいいのかはわかったけれど、自分の長所や短所が何かがいまいちわからない…、そうなると困りますよね。そこで、自分の長所が思い浮かばない場合に試したい方法をご紹介します。

第三者の視点に立ってみよう!

最初にもお話したように、採用担当者は転職者が客観的な立場から自己分析ができるかどうかをチェックしているため、他人の視線に立つことで見つかることがあります。そこで、以下のようなことを考えてみてください。

  • 友達や先生、親などに褒められたり叱られたりしたことはないか
  • 前の職場で同僚や上司に褒められたり注意されたりしたことはないか

これらの他人からの目線を通すことで、自分の長所や短所を見つけるきっかけにするという方法です。

実際に友達に聞くことができれば、もっと考えやすくなりますね。突然聞くのは聞きにくくても、就職活動の面接で必要だから、と理由を伝えて聞いてみれば、友達なら教えてくれるのではないでしょうか。

ただし、転職活動をしていることが良く見られるとは考えにくいので、いくら仕事に関連することだとはいっても、現職の上司や同僚に聞くのは避けましょう。

これまでの経験をもとに考える

次に、これまでの経験をもとに考える方法もあります。部活や趣味、仕事上のことなど何でもいいので、長く続けられたことや頑張ったこと、夢中になって取り組めたことなどを考えます。その中で、なぜ長く続いたのか、なぜ頑張ったのかなどの理由を考えていけば、その中から長所が見つかることもあります。

短所を見つける場合は、逆に続かなかったこと、頑張れなかったことなどを中心に考えるといいですね。

自分の経験を振り返る中で独自性のある文章を考えよう!

長所や短所は、人それぞれ違います。そこで、これまでの経験をしっかり振り返ることによって、自分なりの文章を考えることができます。

一般的な話ではなく、これまでの経験に基づいて考えることによって、転職者独自の長所や短所を考えたいものです。

長所や短所が見つからない時は、今までの経験の中から何かないかを探せばいいんですね。人に聞くと第三者からの意見なので納得しやすいですし、これまでに長く続けられたりしたことは印象に残っているので、考えやすい気がします。
長所や短所、と考えると難しくなってしまうかもしれませんが、普段の経験の中で自分のいいところやちょっと気をつけた方が良さそうなところを見つける、と考えると肩に力が入らない状態で考えることができますね。

考えた長所や短所は面接で通用する?チェックする時のポイントまとめ

転職面接の対策にと長所や短所を考えてみたけれど、どうも自身が持てないということもありえます。そのような時は、以下のようなポイントをもとに、考えた長所や短所が問題ないかをチェックしてみてください。

長所と短所に矛盾はありませんか?

長所と短所が矛盾していると、自己分析がきちんとできていないということになってしまいます。

そのため、最初にチェックしなければいけないのが、長所と短所に矛盾がないかということです。

極端な例ですが、長所として落ち着いてじっくり考えることができることを挙げ、短所として気が短いことを挙げると、どちらが本当なのかがわかりませんよね。そのため、短所と長所に矛盾が生じていないかを確認しておくことが大切です。

仕事につながる内容が言えていますか?

転職の面接で長所や短所を聞かれるのは仕事に関係してのことですから、仕事につながるような内容が言えているかどうかも確認しておかなければいけません。

ただ長所だけを述べるのではなく、その理由に仕事に繋がるような具体的なエピソードなどが入っているか、短所が短所のまま終わっていないかをチェックしましょう。

短所に関しては、業務上悪影響があると思われるような内容は挙げず、改善点が合わせて述べられるような内容を挙げることが大切です。短所の身を述べて改善点が無いというようなことが無いように、合わせて考えているかどうかも確かめましょう。

聞かれているのに答えないということは無いとは思いますが、短所がないという回答は自己分析ができていないことを採用担当者にアピールしてしまうので、避けましょう。

不安な時は転職エージェントを利用する方法も!

自分でいろいろ考えてみようと思ってもどうしても不安という方は、転職活動を始める際に転職エージェントに登録しておくと、様々な相談に乗ってもらうことができます。

そのようなサービスを利用して転職活動をするのも、一つの方法ですね。

言われてみれば確かに、って思いました。長所と短所、と分けて考えていると、時に矛盾する内容が出てくることがありますよね。これはきちんとチェックしなければいけませんね。それから、仕事につながる面接だということも忘れないようにしたいと思います。
同じ人でありながら、長所と短所が矛盾するというのはちょっと考えにくいことです。最初は長所・短所だけを考えたとしても、後からそれに矛盾が出ていないかどうかを考えることで、きちんと自己分析ができるということですね。

話す時はどんな感じになる?イメージ作りのために例文を見てみよう

それでは、実際に長所や短所を話す場合にはどんな感じになるのか、イメージしやすくなるように例文を見てみましょう。

例文1:真面目なことを長所として取り上げる人の場合

それでは、真面目さを長所として取り上げる人の場合の例文をご紹介します。

私の長所は、真面目なところです。人との約束ごとや仕事の上で守るべき納期やルールは、徹底して守ることができます。前職での業務の上でも、企画書の提出期限や納期など、仕事上決められた締め切りに遅れたことは一度もありません。

締め切りを守るためには、余裕を持った仕事が必要だと考えます。そのため、期限の2日前には終わらせておくようなスケジュールで仕事を進めています。そうしておくことで、急な仕事が入った時にも、慌てずに対応することが可能だと思っているからです。

そのおかげで、仕事の確実さに対して上司からお褒めの言葉を頂いたことがあります。

短所は、時に柔軟性に乏しくなる場面があることです。先に入った仕事を重視し過ぎるあまり、その仕事が形になるまで別の仕事に目を向けずにいたところ、そちらの方が納期が先で間に合わせるために急がなければならなくなったこともあります。

そこで、一つの仕事に目を向け過ぎることなく、納期をもとに取りかかるべき順番を整理するなど自分なりの優先順位をつけて仕事をすることで、以前よりもスムーズに確実に仕事を進められるようになりました。

長所と言える具体例や、短所を補うための工夫などが盛り込まれていますね。

例文2:責任感があることを長所として取り上げる人の場合

次に、責任感があることを長所として取り上げる人の場合の例文をご紹介します。

私の長所は、責任感を持って物事に取り組むことができることです。一度やると自分で決めたことに対しては、粘り強く長期間に渡って取り組むことができます。

前職でも、任せられた仕事では売上目標を達成することを目指して、地道に取り組んでまいりました。売上目標になかなか届かなくても、同僚と協力しながら諦めることなく取り組んだ結果、売上目標に対して160%の実績を達成しました。

短所は、仕事に熱心に取り組むあまり時間を忘れて熱中してしまうことです。そこで、時間管理を意識するように心がけたところ、以前よりも計画的に仕事を進めることができるようになりました。今後、集中して作業をすることと、時間管理を意識することを両立させることが私の目標です。

具体的な数値を出すことで長所を印象付けるのと共に、それが短所でもあると伝えることで、短所と長所に矛盾が生じない内容になっていることがわかります。

まずは結論から言って、それから長所についてはそれを印象付けるようなエピソードや数字を入れると説得力が出るということですね!短所については、それをカバーするために何をしてきたのかを伝えることが大切なんですよね。
採用担当者が聞きやすいように、結論から言うのが基本ですね。エピソードや数字があると相手も納得しやすくなりますし、また短所を短所で終わらせない前向きさと自己分析力も、転職活動の上では重視されますよ。

転職の面接では仕事への適性も見られる!仕事に関する内容を伝えよう

転職の面接では仕事に対する適性を見るために長所や短所を聞かれますから、長所を述べる時には前職での経験を盛り込んで伝えることで説得力が増すことを意識して伝える内容を決めたいですね。

短所を考える時には、長所と矛盾しないことを意識しながら、短所を短所で終わらせないように、それをカバーする努力をしていることを合わせて伝えることも必要です。

長所や短所が思いつかない時には、これまでに人から言われたことや自分が取り組んできたことなどを思い浮かべて、そのなかから考えていくと見つけやすくなります。