転職面接の逆質問は内定のチャンス!印象を上げる具体例とポイント

転職面接の逆質問は内定のチャンス!印象を上げる具体例とポイント

転職の際の面接で、ご自身をアピールするチャンスが「逆質問」です。会社側から「何か質問はありますか?」と問われた際が、大チャンスのときなのです。

そのチャンスを上手く活かせれば、内定に一歩前進することは間違いないでしょう。ですが「どんな質問をしたらいいのだろう?」と思ってしまいますよね。

そこで、逆質問のチャンスを活かせることができるポイントを、詳しくお伝えしたいと思います。

どんな質問をすればご自身のアピールができ、会社に好印象を持ってもらえるのか、そんなポイントを整理しました。

転職が成功するよう全力でサポートさせて頂きますので、ぜひご参考にしてくださいね。

逆質問がなぜチャンスなのか!?やる気をアピールしてイメージアップ

先ずは、逆質問が転職の面接の中で、なぜチャンスとなるのかをお伝えしましょう。

転職者の方の場合、社会人1年生ではありませんよね。人により転職までの経歴は様々ですが、社会の中で人と係わり、仕事をしていたことについては変わりませんでしょう。

面接だけで全てを見抜くことは不可能!だからこそ意見を聞きたい!

面接だけで全てを見抜くことは難しいことですが、面接官の方は、会社の中でも人間観察能力に卓越している社員の方です。

ですから、逆質問の時に「どんな質問をしてくるだろう?」と、面接官の方もワクワクしているのですよ。

  • 面接官の方もワクワクして、質問を待っている!
  • 面接の中で最もイメージアップを図れるとき!

このような状況だからこそ、面接の中での逆質問はイメージアップができ、好印象を持ってもらえるチャンスの時なのです。

記事内でも触れていますが、逆質問の時間は面接官の方はワクワクして、質問を待っているのです!

ですから、転職される方も逆質問を楽しめるようにしておくことが、大切になってきますね。

逆質問をチャンスにする方法を、順番にお伝えしていきます!

では、ここから転職者の方が逆質問をチャンスにつなげる方法を、順を追ってお伝えしていきたいと思います。

とりあえず、目次的なものをご用意しました。次の順番で、応援情報をお伝えしていきますね。

  • ステップ1:イメージダウンになる逆質問について
  • ステップ2:逆質問のときに備えるための心構えについて
  • ステップ3:やる気をアピールする逆質問のポイント
  • ステップ4:自分の長所をアピールする逆質問のポイント
  • ステップ5:聞きづらい勤務状況への逆質問のポイント

この順番で、できるだけ判りやすくポイントを押さえて、お伝えしていきます。

私も真剣に伝えていきますので、しっかり読んで頂きたい!

本当にそう願っていますからね。

ステップ1 気をつけて欲しい!イメージダウンになる逆質問とは!?

最初に、これだけはどうしても避けて欲しい、イメージダウンとなる逆質問の内容をお伝えします。

ここは、しっかりマスターしておいて欲しいことなので、良く把握しておいてくださいね。

転職先の会社情報はしっかり把握!会社の基本情報を聞くのはNG!

転職先の会社情報は事前にしっかり把握しておくことが大切です。しっかり把握したからこそ、その情報を確認するような逆質問は避けて欲しいですね。

面接官の方は、ワクワクして待っているのですから、当たり前の質問でがっかりさせないようにしましょう。

  • 御社の事業内容はどんな状況なのか教えてもらえますか?
  • グループ企業にはどんな会社があるのでしょう?
  • 御社の企業理念にある、社会に貢献とはどのような行動なのでしょう?

このような質問は、基本的なことなのでせっかくのチャンスを、自身で潰してしまっています。

まとめると、「転職先の会社のホームページに記載されている情報を、単純に質問しない」ことが、ポイントですね。

自身のない質問や会社の福利厚生・給料などの質問はNGです!

  • 面接官に聞こえないような小さい声で質問をする
  • 会社の福利厚生の内容を詳しく聞くのは就職したあと
  • 残業や有給休暇などの質問を繰り返さない

このような逆質問も良くないパターンとなります。面接官にきちんと聞こえる大きさの声で質問するのは基本です。

また、自分自身の待遇を問うような福利厚生の内容と、残業や有給休暇のことは遠回しに聞くのは問題ありませんが、繰り返すのは避けましょう。

  • 前職とは異なる業種ですが、自分にも勤まるでしょうか?
  • ノルマとかあるのでしょうか?もし達成できないとどうなりますか?
  • 御社の福利厚生で利用できる施設は多いのでしょうか?
  • 残業はどのくらいあるのでしょうか?
  • 有給休暇は何ヵ月目から利用できるのでしょう?

前職の退職原因が残業の多さにあった方は、是非聞いておきたい内容もありますが、これについては、聞いてはいけないことではありません。

ただ、言い回しには十分注意する必要があるので、それはこの後でお伝えしますが、何度も同じことを確認するような聞き方はダメということですからね。

先生にお聞きしたいのですが・・

逆質問の時って、有給休暇のことを聞いたらダメなのですか?

わたし達にとっては、とっても重要な部分になるので、どうしても質問してしまうと思うのですよ。

もちろん、その気持ちは良く判りますよ!

ポイントはその質問の仕方、つまり言い回しにあるのです。

この件については、記事の後半で例を挙げて判りやすく説明しますので、少し待っててくださいね。

ステップ2 逆質問のときに備えるための心構えの3つのポイント!

逆質問をする際のイメージダウンとなる内容について理解して頂いた次に、面接までに逆質問でイメージアップしてもらえるための、準備についてお伝えしましょう。

ポイント1 逆質問の内容は、最低でも5パターンは用意しておく!

逆質問をする際には、予めイメージトレーニングは重要ですが、その際にパターンが少ないと、もしかすると、面接官の方からの質問でパターンがなくなってしまう可能性もあります。

そうなると、何を質問して良いか判らなくなってしまうので、質問の内容は最低でも5パターンは用意して、イメージトレーニングをしておきましょう。

  • 逆質問する際のイメージトレーニングは重要
  • 質問のパターンは最低でも5パターン用意しておく

ポイント2 逆質問を促す面接官に合わせたパターンを用意しよう!

「前の会社の時は2人だったから、今回もそれくらいだろう」と、前職の時と同様に考えるのは危険ですよ。

新たな気持ちで面接に臨むのが良いですし、逆質問を促してくる方も一人とは限りませんから、促してこられた方の職務に適応する質問ができればベストとなります。

  • 前職の面接を基準にして逆質問を想定しないこと
  • 面接時に必ず面接官の紹介がされるのでしっかり覚えておく
  • 面接官の表示札が机にある場合は、促した方の立場を確認する
  • 逆質問を促してこられた方に合わせた質問内容がベストになる

ポイント3 言葉のキャッチボールができるコミュニケーションが必要

例えば「私は○○の資格を持っていますが、御社で役立つでしょうか?」との逆質問をした場合、面接官から「残念ですが、我社では役立てることはできないですね」と返されたとしましょう。

ここで「そうですか」で終わってはダメです。「そうですか、ではどのような資格があれば、御社のお役に立てるのかを教えて頂けないでしょうか?」と、キャッチボールできるようにしましょう。
  • コミュニケーションがとれる内容の質問を考える
  • 面接官が一言で終わってしまう内容の質問は避ける
  • 逆質問の答えにさらに逆質問できるようにシュミレーションする

先生、せんせい!?僕ってめちゃくちゃあがり症なんですよ!

面接時の逆質問で、コミュニケーションがとれるかとても心配なんです・・

なんとか、あがり症を治す秘策ってないですか!?

そんなに慌てなくても大丈夫です。治す秘策は知りませんが、あがり症を抑える方法を伝授しましょう。

それは、とにかく何回も頭の中でシュミレーションすることです!こればかりは、誰も代わってあげれませんからね・・

シュミレーションが完璧だと思ったら、私が相手になって特訓してあげますよ!

ステップ3 やる気をアピールする逆質問、3つのポイント!

ここでは、やる気をアピールする逆質問についてのポイントを、3つお伝えしますね。

あまりにも自己主張が強いと「協調性のない人物かも・・」と思われてしまうこともありますので、逆質問を上手く利用することも自己アピールのコツとも言えるのです。

ポイント1 入社後のイメージを具体的に言葉にする逆質問をする!

「どこに配属されるのでしょうか?」この逆質問は良いと思いますか、悪いと思いますか?

実は意欲を感じさせる言葉なのですが、まだ内定ももらっていない状態で聞くと、面接官の方によっては、悪い印象を与えてしまうこともあります。

「前職は営業職でしたが、もし採用頂いた場合、営業職以外の部署への配属も可能なのでしょうか?」

聞きたい内容は同じだと思いますが、言い回し一つで印象が変わるのがお判りいただけるでしょう。

  • 入社後のイメージを具体的に表現する
  • 「もし採用頂いた場合」と仮定した表現を含ませる
  • 簡単な表現で逆質問を終わらせない

やる気をアピールする逆質問でも、コミュニケーションを大切にするには、具体的な言葉をいくつか含ませて、質問を組み立てると良いですよ。

ポイント2 入社後も会社に対してのやる気を見せる言葉を使う!

転職の方の面接では、逆質問の前に既に「なぜ、この会社を選んだのか」を、問われているはずです。

  • 御社のお力になりたいと考えています
  • どんな業務でも頑張って遂行させて頂く所存です

ニュアンスは違ったとしても、このような言葉はすでに発信しているはずなのです。

ここでのポイントは、採用されたあとでも自分は頑張ります、とのやる気を見せる逆質問を行うことになります。

  • アイデアがあれば、会社に提案することは可能ですか?
  • 自分の経験を活かしたアイデアが浮かべば、上司に相談できるでしょうか?
  • 仕事上の疑問があった時は、直ぐに上司に相談してもよろしいですか?

このような内容の逆質問は「おっ!入社後も期待が持てるぞ」と、好印象を与えてくれるでしょう。

ポイント3 業務について前向きな姿勢を見せる逆質問をする!

面接を受ける会社の概要は、きちんと掴んでいるはずですから、それを前提にお伝えしていきますね。

ホームページや会社のパンフレットなどで、基本的な業務は判っていても、詳しいことまでは知ることはできません。

だからこそ、逆質問の時に次のような内容が活きてくるケースもあるのです。

  • 業務内容をきちんとイメージしたいので、仕事の流れを教えてください
  • 御社の業務の中で最も難しいところは、どんなところでしょうか?
  • みなさんが仕事で心がけていらっしゃることはどんな点でしょうか?
  • 御社で活躍されている社員の方々の仕事ぶりを、少し教えて頂けますか?

このような内容であれば、やる気をアピールできて、イメージアップにつながるでしょう。

先生のさっきのコメントで随分気持ちが楽になりました!ありがとうございます。

ところで「やる気を見せる」との質問も難しいな・・と、思ってます。

先生の、一番のポイントを教えて頂けないでしょうか?

そうですか、そう思ってもらえたなら何よりです!

やる気を見せる一番のポイントは、記事内で伝えたことが全てです。

記事では7パターンの表現方法を紹介しているので、面接を受ける会社に合わせて使い分けると良いですよ。

ステップ4 自分の長所をアピールする逆質問、2つのポイント!

逆質問では、自分の長所を改めてアピールしてもおかしくありません。

ですが、あまり自身の長所ばかり述べるのも良くないので、ここではポイントを2つに絞ってお伝えします。

ポイント1 性格の長所を織り交ぜて逆質問の内容を組み立てること!

ここでお伝えするポイントは、自身の性格の長所を織り交ぜて逆質問の内容を組み立てる、と言うことです。

  • 粘り強い性格なのですが、その他にどんな要素が必要でしょうか?
  • 我慢強い性格なのですが、この性格は業務に活かすことができるでしょうか?
  • 親しみやすい性格なのですが、社内の雰囲気を教えて頂けますでしょうか?

このように性格の長所を織り交ぜて、内容を組み立てるのがベストですね。

ポイント2 謙虚な言葉で締めくくる!自慢話で終わってはダメです!

これは先ほどの3例を読んで頂けると、お判り頂けるでしょう。

「○○でしょうか?」との終わり方にすると、謙虚さを表現することができます。

自慢話か・・と、勘違いされないような組み立て方をすることがポイントとなりますので、ご自身の性格を客観的に整理して、内容を組み立てましょう。

先生もご存じのとおり、私ってついついハッキリ言ってしまう性格でしょう。

この性格をアピールすると、イメージ悪くなりませんか?

そんなことはありませんよ!ハッキリ言ってしまう性格を、上手く表現すればいいのですから。

「良く竹を割ったような性格と言われます。疑問点があれば先輩方に遠慮なく質問させてもらって良いですか?」

このような言い回しに組み立てると、良いと思いますね!

ステップ5 聞きづらい勤務状況への逆質問をするポイントは3つ!

ここでの逆質問は、はっきり言ってハードルは高い内容になってきます。ですが、転職する方は、前職で長時間残業であったり、休みをもらえなかったりなど、嫌なことがあって転職を決意された方もいらっしゃるでしょう。

聞きたいことは聞いた方が良いのですが、あくまでも内定をもらうのが第一の目標ですから、上手な逆質問の内容としなければいけませんね。

ポイント1 深く突っ込む内容にしない!遠回し、遠慮気味な内容で!

前職で嫌なことがあったからと言って、はっきり聞きたいことでも、深く突っ込んでしまうのはいけません。

上手な逆質問とは、遠回しに、そして遠慮気味な内容とすることがポイントなのです。

  • 体力には自信がありますが、御社の平均的な残業時間はどのくらいですか?
  • 深夜残業になった場合、仕事をやりきるために仮眠室などあるのでしょうか?

上記の例では「体力に自信・平均的・残業時間」の3つのワードで、表現を工夫しています。

「体力に自信」のワードは、残業しても大丈夫ですよ。との印象を持ってもらうことで、遠回りを始め「平均的」とのワードで、遠慮気味に逆質問の内容を組み立てています。

また「残業」と2文字でなく「残業時間」の4文字にした方が、単語が和らいだ表現になりますからね。

あと、前職で深夜残業で会社に寝泊りするのが嫌だった場合などでは「仮眠室はありますか?」とのワードを使えば、和らいだ内容になるでしょう。

ポイント2 休日のことを聞く時もダイレクトには聞かないこと!

会社の休日については、誰もが気になるところでしょう。応募内容に週休2日とあっても、土日が完全に休みでない会社もあります。

休日のことを逆質問するときは、次のような内容にすると悪いイメージを持たれることはないと思います。

  • 休日はカレンダーどおりでしょうか?御社独自の休日体制がありますか?
  • 繁忙期が年末年始やゴールデンウイークに重なることはあるのでしょうか?
  • 部署では交代制で休日を取る場合もあるのでしょうか?

一度、面接官になった気持ちで上記の逆質問を受けて見てください。決して嫌な印象を受けることはないと思いますが、どうでしょうか・・

ポイント3 転勤を気にするなら先ず支店や営業所数を把握しておく!

聞き難い逆質問の中に、転勤に関しての内容もありますね。転勤が多すぎて嫌になって転職する方にとっては、正に鬼門の質問になってきます。

ですが、次のような内容で逆質問をすれば、穏やかに内容を把握することができますよ。

  • 御社の支店は全国に20ヵ所ありますが、転勤のサイクルはどれくらいですか?
  • 今は一人暮らしですが、転勤などは期間が定められているのでしょうか?
  • 前職では転勤が多過ぎて退職となりました。御社では転勤は多いですか?

最初の2つの例は、すんなりご納得頂けたと思いますが、最後の内容については「そんなこと聞いたらダメでしょう」と感じた方も多いと思います。

これは、あくまでも前職で転勤が理由で退職した方専用です。退職の理由をはっきりさせておかないと、もし就職できたとしても同じ状況だったら、転職した意味が無くなってしまいますからね。

ですから、あえてこのような逆質問も必要と思い、例として挙げさせてもらいました。

ここでのポイントは、あくまでも直球的な質問は避けることです。

特に最後の例は、記事内でも触れているとおり、転勤が嫌で転職を考えている方専用だと言うことをお忘れなく!

転職者が面接時に行う逆質問はチャンス!イメトレは必ず行おう!

面接時の逆質問は当然ドキドキするものです。ですが、逆に面接官の方はワクワクして質問を待っているのですよ。

転職者の方が面接時に行う逆質問は、チャンスの時なのですからね。

そんな転職者の方たちへ、応援する気持ちを真剣に込めて、逆質問のパターンや各ポイントをお伝えさせて頂きました。

本記事が、逆質問のイメージトレーニングのパターンに役立つことを、心から祈っています。