転職の面接で腕時計をすべき理由と好印象になる時計の選び方

転職の面接で腕時計をすべき理由と好印象になる時計の選び方

転職をお考えの方に、立ちはだかる最大の難関が「面接」です。

元サラリーマンの方でも、働いていた環境が様々であり、その時の癖はなかなか抜けるものではありません。

特に腕時計については、スマホを時計代わりに常用している方や、防水型のゴツゴツしたタイプを使用している方もいるでしょう。

キャラ好きの女性もいるでしょうから、生活習慣で使用している腕時計も、それぞれの好みとなります。

会社の面接では、常識的な作法が慣習として存在するのも事実です。ここでは、その作法の内「腕時計の作法」について、詳しくお伝えしていきます。

転職をスムーズに成功させる秘訣の一つとして、ぜひ知っておいてくださいね。

腕時計は必要と考えた方がいい。理由は面接官は団塊の世代の後継者。

先ず、転職の面接の際に腕時計が必要か、不要なのか。と言うことについてですが、答えは「腕時計はあった方がいい。」のです。

その理由は、現在の各会社の面接官、特に採用決定権限を持っている役職の方は、団塊の世代から社会の常識を仕込まれた年代の方が行いますからね。
  • 面接に係る会社の方は40歳代から50歳代が多い
  • 転職を希望する年齢層も幅が広い
  • だからこそ「面接の作法」が存在する

会社に合わせることも、面接に合格する重要ポイントです。

腕時計はなぜ必要なのか?スマホを嫌う面接官も存在するから。

面接時に腕時計をしていなかったら・・もしかしたら面接官からこんな質問をされるかも知れません。

「君は腕時計をしていないようだが、時間の確認はどうしてるの?」

その質問に対しての模範回答は、次の言葉です。

  • 面接時に時間を気にしないよう、外しています。
  • 本日は時間を気にせず、面接に集中したく外しています。

あくまでも、面接に集中したいからと言うことを強調すべきですね。

「いつもスマホで確認しているので、腕時計は持っていません。」

この答えは正直すぎてNGでしょう。面接官の中には、スマホジャンキーと受け取る方も少なくないのですから。

企業の面接官は、会社の財産として人選をしてるので、「面接の作法」が守られているかが重要なポイントとなるのです。

ここでは「腕時計の作法」を、しっかり身につけて欲ほしいと思ってます。

面接先でいきなり試験。ポケットでバイブが鳴れば面接落ちする。

今度は、もし時計がなかった場合、面接で困るケースをお伝えしましょう。また、スマホ厳禁であることも、併せてお伝えしますね。

面接中に常識問題の試験が開始される。時間経過が判らない。

例えば、面接後に一斉に常識問題の試験が開始されるケースもあるのです。

  • 面接時にいきなり筆記試験をするケースもある。
  • 腕時計がないと時間経過が判らない。
  • スマホ使用は絶対禁止。

このような緊急事態も予想すれば、転職の面接時には腕時計は必須だと言えるでしょう。

面接時にスマホのバイブが鳴り続けるのはアウトです。

スマホを持っていないと落ち着かない方の割合は、なんと5割以上の数字に上ります。

仕事でスマホを利用する人には、マナーモードにしていない人もいるかもしれません。

しかし面接前にはバイブレーションがならないマナーモードに設定しておきましょう。

僕、仕事でお客さまから緊急の電話が掛かってくることがあるので、バイブレーションにしてます!危ないところでした!

在職中の人はとくに仕事の連絡がないかスマホが気になってしまう人もいるでしょう。しかしいつ面接官に声を掛けられても良いように、待ち時間にスマホを触っていることがないようにしてくださいね。

面接で話したいこと、確認したいことはメモを用意しておきましょう。

腕時計なら何でもOKじゃない。シンプルで目立たない腕時計がベスト

では、腕時計をしていればなんでもOKと言う訳ではありません。冒頭にお伝えしたとおり、目立つ腕時計は全てNGです。

目立つ時計がなぜNGなのか。面接官の視線が時計に行ってしまう。

ここでは、かつて会社で採用決定者の立場で面接官をしていたKさんの意見を参考に、なぜ目立つ時計がNGなのかを、解説しましょう。

  • スポーツ系の腕時計はとにかく目立つ。
  • 全体の色が金色だと不快に感じる。
  • キラキラした時計は小さくても目立ってしまう。
  • 服装がスーツだと、時計が特に目立ってしまう。
  • 面接官の視線が自然に腕時計に行ってしまう。
  • まともな意見を言っても疑うイメージを持つ。

Kさんも50歳代の方で、これまでたくさんの面接をされてきたそうですが、面接時の腕時計について絞って聞くと、このように話してくれました。

転職の面接は新卒の面接とは違う。社会的な常識がある前提となる。

さらに、転職の際の面接はハードルを上げるそうです。ですから、いくらスーツ姿で清潔なイメージをかもし出しても、腕時計一つで不採用にしてしまうこともあるそうです。

  • 転職者の面接は、新卒者の面接よりハードルは高い。
  • 社会の常識を身につけている前提で面接に入る。
  • 腕時計一つで印象を悪くすることもある。

全てがそうでないにしても、一つの現実として受け止めてもらえると良いですね。

逆に腕時計が好印象を与えるパターン。シンプルで清楚だといい。

数ある面接の中では、腕時計で好印象となるケースもあるようで、腕時計もリクルートアイテムの一つだと、Kさんも言ってました。

  • 手首にぴったりフィットし、盤面もシンプルな時計。
  • 特に近くに寄った時に、清潔感のイメージがアップする。
  • 少し距離があっても、違和感がないので話に集中できる。

とにかく、シンプルで目立たない。それに加えて、手首にフィットしていることが重要なポイントです。

シンプルな時計でも、手首にフィットしていないと、自然に元の位置に時計を戻すしぐさをしてしまうのです。

このしぐさが、面接官へのイメージを悪くするケースもありますよ。

たしかに身振り手振りで腕時計が動くのはみっともないですね。
普段腕時計をつける習慣がない人は事前に一度はめてみて、サイズが大きいようなら時計屋さんで調整してもらうと良いでしょう。

調整料金の相場は1,000円前後ですよ。

確認事項。具体的にどんな腕時計がイメージアップになるのか。

ここで、転職の面接時にイメージアップとなる腕時計をご紹介しておきましょう。

どんな腕時計がイメージアップにつながるかをまとめましたので、是非ご参考にしてください。

色は黒色・茶系・グレー系でもOK。ピンク・白系は避けた方が良い。

先ずバンドの色ですが、革バンドの場合は、黒・茶系・グレー系がベスト。

リクルートスーツも恐らく黒かグレー系で臨むはずなので、着るスーツとコーディネイトすればいいですね。

逆にピンクや白系のバンドは、スーツよりも目立ってしまうので避けましょう。

  • 時計のバンドは、黒・茶系・グレー系を選択。
  • ピンク系や白系のバンドは避けた方が良い。

では、金属系の場合はどうなのでしょう。金属系では、先の黒や茶系はあまりありませんものね。

  • 金属ベルトの場合、金色が混じってない一色のもの。
  • 重厚感がなく、軽量感を感じさせるデザインのもの。

金属系のベルトの場合は、上記のようにシルバーなど一色で、軽量感のあるベルトを選ぶといいですね。

盤面の大きさは、手首に納まる大きさ。手首いっぱいの大きさはNG。

次に盤面の大きさ、つまり腕時計本体の大きさになりますが、これは自身の手首の大きさに合わせるしかありません。

小さめのものは問題ないのですが、大きすぎるとやはり目立ってしまいます・・

イメージアップのポイントはあくまでも「目立たない。」が基本なので、その辺を注意しましょう。

  • 腕時計本体の大きさは手首に納まる大きさを選ぶ。
  • 手首の大きさと同等の大きさは避ける方が良い。
  • 小さいのは問題なし。(小さすぎるのはダメです)

盤面のデザインは、あくまでもシンプル。そうすれば厚みもOK。

大きさが判ったところで、今度はデザインですね。盤面が貝殻などを使って、少し光沢のあるデザインもありますが、これは避けましょう。

  • 盤面の色は白色を基調に。カラフルなのはNG。
  • 針は長針・短針・秒針のみの3つがベスト。
  • 表示する数字は通常の数字、またはギリシャ数字でもOK。
  • デジタル式の腕時計は厚みが出るので避けよう。

先の大きさと、このようなデザインの腕時計は、厚みもなく、程よく手首にフィットするはずですからね。

私服指定の面接のときに気をつける点はありますか?
スーツのときほどではありませんが、腕時計が目立ちすぎることがないように気をつけましょう。

腕時計がない、シンプルなのは持っていない。そんな方は購入しよう。

さて、今回は転職の面接時に腕時計は必要。とのリクルート情報をお伝えしました。

もし、スマホを時計代わりにしていたり、記事内でのシンプルな時計を持っていない方は、面接用に購入しましょう。

1,000円~3,000円程度の時計でいいのです。ファッションで持つのでなく、あくまでも転職するための、リクルートアイテムなのですからね。

記事内の「腕時計の作法」をご理解頂き、転職内定を獲得できるよう応援していますよ。