転職の面接で腕時計をすべき理由と好印象になる時計の選び方

転職の面接で腕時計をすべき理由と好印象になる時計の選び方

転職活動で立ちはだかる最大の難関が「面接」です。

面接では服装や髪型には気をつけるものの、腕時計ってどうなんだろう?と思う人もいるのではないでしょうか。

腕時計に強いこだわりがある人、スマホで代用している人、プライベート用とは使い分けている人など、人それぞれに使い方も異なりますよね。

この記事では、転職活動で知っておくべき「腕時計の作法」について説明します。

腕時計1つで印象が大きく変わる可能性があります。ぜひ読んでみてください。

転職面接では腕時計をしていこう!その理由とは

「転職の面接には腕時計をしていく方がいいのか」、その問いへの答えは「イエス」。

それには、次のような理由があります。

転職面接に腕時計をしていく理由
  • 面接に遅れずに済む可能性が高い
  • 面接室に時計がない可能性がある
  • 面接の途中や最後に筆記などのテストがあるかもしれない
  • 面接官に与える第一印象がいい
  • 面接官に時間への意識の高さを示すことができる

スマートフォンでも時間はわかりますが、その都度カバンから取り出して見なくてはなりません。うっかり面接開始時間を過ぎていた・・・なんてことは絶対に避けるべきです。

面接の途中でカバンをごそごそしたり、机の上にスマホを置いておいたりすれば、「非常識な人」で印象が決まってしまいます。

それに、スマホの電源は面接前に切っておくのがマナーです。

マナーモードも、着信のたびにバイブ音がなるのでNG。面接に集中しましょう。

腕時計をしていれば、面接時間をうっかり過ぎてしまう可能性が減らせるだけでなく、面接中でもさり気なく時刻を確認できます。

中には面接途中で筆記試験などが行われることもあります。その場合は、カンニング防止のため、スマホの電源は切るように言われる所も多いです。

それに、腕時計をしている方が、「時間を守る」という社会人としての基本が身についていることを示せます。

面接官には真面目でお堅い人も多く、「ビジネスマンは腕時計くらいするのが当たり前」という考えの人も。

第一印象で腕時計がないのに気づかれてしまえばマイナスポイントになりかねません。

面接にしていく腕時計はシンプルで目立たないのがベスト

腕時計には、いろんなタイプのものがありますよね。人それぞれ趣味嗜好が違うように、選ぶ腕時計も人によって大きく異なります。

がしかし、面接では個性を出さず、無難に行くのが得策。次のような腕時計がおすすめです。

面接におすすめの腕時計の特徴
  • 目立たない厚みのもの
  • 色は黒やシルバーなど落ち着いたもの
  • 文字盤・バンドともシンプルなデザイン
  • 手首のサイズにぴったり合っているもの

面接にしていく腕時計には、アクセサリー要素の少ない「無難」なものが適しています。

「時間を知るための道具」として最適なものを身に着けていきましょう。

アラームや時報などで音が出るタイプのものは、面接前に必ずオフの操作をしておいてください。

僕の腕時計、こだわりのあるお気に入りなんですよね。

シンプルなデザインの腕時計なんて持ってないんですけど、買わなきゃいけないんですか?

そうですね。かなり安い腕時計も売られています。面接でしか使わないと割り切って、好みではなくても買うのがおすすめですよ。

転職は人生をも変える重大な局面です。必要経費だと考えましょう。

面接当日に時計を忘れたときも、買った方がいいですよね。
ええ、そうですね。「忘れました」なんて言わないほうがいいに決まっています。

面接当日に買うのであれば、時刻合わせやサイズ合わせがすぐにできるものを選んでください。

こんな腕時計は悪印象!避けるべき時計の特徴とは

おすすめの腕時計とは逆で、アクセサリー要素が強く目立つものは面接には向きません。

個性や自己主張が強いことは、必ずしも悪いことではありません。しかし面接では、「TPOをわきまえていない」「空気が読めない」「マナーを知らない」などと良くない印象を持たれがち。

次のような時計しか持っていない場合は、誰かに借りたり、面接用に購入することをおすすめします。

面接で避けた方がいい腕時計
  • スポーツ系などスーツに合わないもの
  • スマートウォッチ
  • 金色・赤色・ピンク色など目立つ色
  • ラインストーンや宝石でキラキラしたもの
  • 見た目がゴツいもの
  • 文字盤が大きすぎるもの
  • キャラクターもの
  • サイズがぶかぶかなもの

面接官の視線がついつい腕時計にいくような腕時計はNG。

ものによっては、不真面目・だらしないといった印象を持たれてしまいます。

スマートウォッチは、時計以外の機能があるため筆記試験がある場合は使えません。

ただ、時計メーカーやファッションブランドの面接なら、そのブランドの腕時計を身に着けることで効果的なアピールができる可能性もありますね。
デザインはともかく、サイズが合っていないくらい問題ないのでは?
いえ、動くのでつい触ってしまったり、腕を動かすたびにカチャカチャと音がなったりして、面接に支障が出るおそれがあります。
でも、さすがに「腕時計が派手だったから不採用になる」なんてことはないですよね?
それだけで決まるとは考えにくいですが、ないとは言い切れませんよ。

最初の印象が良くないと、その印象に引っ張られる可能性がありますしね。

他の応募者とどちらか決めかねる、という場合、腕時計の印象が決め手となって落とされることだってあり得ます。

腕時計や服装、髪型など、面接では外見の印象も大切です。外見で勝手な判断をされないためにも、面接にふさわしい服装や持ち物で臨みましょう。

シンプルで目立たない腕時計は面接に必須のアイテム

面接では、腕時計も重要なアイテムです。印象を良くするためにも、自分が時間をしっかり把握するためにも、シンプルな腕時計を身に着けていきましょう。

ポイントは「目立たないこと」です。

面接では、ファッション性は二の次・三の次と考えるようにしてください。

面接のためにわざわざ買うのも・・・とためらうかもしれませんが、それで印象が良くなり、いい就職先に採用されるなら安いものではないでしょうか。

値段が高いものを買う必要はないので、面接前日までに準備しておくことをおすすめします。

 

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月30日 15:08 求人更新