【男女別】転職面接での髪型マナー!好印象を与える髪型とは?

【男女別】転職面接での髪型マナー!好印象を与える髪型とは?

転職を成功させるには、書類でスキルやキャリアをアピールする必要があるのはもちろんのこと、面接においても好印象をゲットしなければなりません。

見た目から受ける印象は非常に大きな割合を占めるため、服装だけでなく髪型も転職面接にふさわしいものにしたいですよね。そこで、転職面接で好印象を与える髪型とはどんなものなのか、男女別に考えていきます。

髪型は服装に比べて準備不足に陥りがちですから、転職を考え始めた段階から面接を見据えて髪を伸ばす、あるいは切る等、意識し始めるのもいいでしょう。ぜひこの記事をその際の参考にしてくださいね。

【男性編】転職面接にふさわしい髪型とNGな髪型をチェック!

まずは、男性について、転職面接にふさわしい髪型、逆にNGな髪型とはどんなものなのかご紹介します。

こんな髪型ならOK!

男性が転職面接に行く際の適切な髪型は、以下のようなものです。

  • 眉毛や耳が隠れないように短く整える
  • おでこを出す
  • 黒髪

男性が転職面接に行く際の適切な髪型

参照元:AFLOAT

清潔感があって爽やかな短髪が、面接にふさわしい髪型です。

前髪はあってもかまいませんが、おでこが見えた方が清潔感や親しみやすさが増すので、前髪を横に流すなどして少しでも額を出すのがオススメです。

また、男性の場合は特に、髪の色は黒髪一択と考えた方がよいでしょう。カラーリングした髪の男性に対して、不真面目な印象を抱く面接官も少なくありませんので気を付けましょう。

転職面接にNGな髪型とは

では逆に、転職面接にはふさわしくない髪型とは、どんなものでしょうか?

  • 長髪
  • 明るい茶髪や金髪
  • パーマ
  • ツーブロックなどのデザイン性の高い髪型
  • ガチガチにスタイリングした髪型
  • 表情が分かりづらい髪型
男性では、このような髪型はNGです。面接官は複数いて年代も様々ですから、保守的な考えをする人がいても何の不思議もありません。そのような相手には、茶髪やパーマなどは非常識と捉えられます。

また、長髪や整髪料をたくさん使ってセットした髪は、どんなにシャンプーしていても不潔な印象を与えかねません。

前髪が目にかかっているなど、面接で話すときに髪が気になってしまうようなものや、デザイン性の高い髪型も、オシャレではありますが面接にはNGです。

ビジネスマンにはツーブロックの人もよくいますが、面接にはNGだなんて意外と厳しいんですね。

面接には、茶髪はダメなんですね。元々茶色い髪の人は、どうすればいいんでしょう?黒く染めた方がいいのでしょうか?

顔立ちが日本人なのに明るい茶色の髪だと、たとえ地毛であっても染めていると勘違いされてしまいかねません。

自己PRなどに含めてうまく説明できればいいですが、志望度の高い企業の場合は、染めた方が無難ですね。

【女性編】転職面接で好印象を得られる髪型とNGな髪型とは?

では次に、女性の髪形について、転職面接にふさわしいものとそうでないものを見てみましょう。

面接におすすめの髪型

女性の場合、髪型のバリエーションが多いので、特にどうすべきか悩んでしまいがちですよね。転職面接にふさわしい髪型の条件としては、以下のものが挙げられます。

  • 黒髪
  • 長い髪はまとめる
  • 前髪が目にかからないようにする
  • 眉毛とおでこの一部や耳を出す

女性が転職面接に行く際の適切な髪型

参照元:アオキ

髪の長さ自体はショートでもミディアムでもロングでも良いのですが、ミディアム以上の長さの場合は、お辞儀をするたびに髪が垂れてきてしまわないようゴムなどでまとめるとよいでしょう。

真後ろでひとつに束ねるのが基本ですが、位置が低いと老けて見えますし、ポニーテールくらい高いと子供っぽくなるので、やや高めの位置で結ぶか、ハーフアップがおすすめです。

その際、後れ毛はつくらないようにします。

前髪も目にかからないようカットするか、ヘアピンで留めます。より無難な髪型にしたければ、サイドの髪も耳にかけて清潔感を感じられるようにするとよいでしょう。

転職面接にNGな女性の髪形

では次に、女性の髪形の中で転職面接に向かないものを見てみましょう。

  • 明るい茶髪
  • 強いパーマ
  • ボサボサ(ゆるふわ系)の髪
  • 目が隠れる長さの前髪
  • ぱっつん前髪
  • サイドや後ろの髪をすっきりまとめていない髪型

前髪を斜めに流すと眉毛やおでこが見えて好印象なのですが、その前髪が頻繁に落ちてくるようでは、採用担当者も自分も気が散ってしまいます。

サイドや後ろの髪が垂れてくる場合も同様です。このような髪型の女性は、ゴムやピンでまとめましょう。

業種や職種によって違いもある

明るすぎるカラーリングや強すぎるパーマは、転職面接には向きません。とはいえ、女性の場合はワンカール程度のパーマや明るすぎない茶髪であれば、許容範囲という企業もあります。

たとえば同じ「ゆるふわ」系スタイリングも、美容業界やアパレル系であればオシャレで好印象につながることもあれば、金融系などではボサボサ頭とみなされることもあり得ます。

このように、どの程度まで許されるのかは企業によって大きく異なりますので、応募先の業種や職種を考慮して各自で判断するようにしましょう。

ゆるふわ系はかわいいし人気のヘアアレンジですが、面接には不向きなんですね。ふわふわさせていないで、きっちりまとめるのが面接での髪型マナーというわけですね。

ということは、髪を巻くのもNGですか?

巻いた方が毛先のおさまりが良い場合、多少は巻いてもかまいません。しかし、カールがあまり強くならないようにしてくださいね。

ゆるふわヘアは、外国では寝起きのまま来たと思われることもあるくらい、だらしなく見える恐れのある髪型だそうですよ。

これも知りたい!ボブやシュシュはNGってホント?

女性の場合は、ヘアスタイルについて普段から悩める方も多いですが、転職面接となるとなおさらですよね。

転職をお考えの女性の中には、ボブはNGと聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、これって本当なのでしょうか?また、ヘアアクセサリーはどの程度までOKなのでしょうか?

ボブはNGなの?その理由は?

ボブとは、長さは肩より短く、段が少ない髪型のことで、小顔効果があって可愛らしく見えるので女性に人気の髪型です。

しかし、ボブは子どもっぽく見えてしまい、スーツに似合う髪型とは言えません。また、後ろで結べない長さで、面接でお辞儀をするたびに髪が前に流れてしまうことになります。このような理由から、ボブは面接には適さない髪型だと言われているのです。

ヘアアクセサリーは何が最適?

髪をまとめるときは、黒やこげ茶などの暗い色のゴムで結びます。しかし、そのままゴムが見えた状態で面接に行くのは避けましょう。やはり黒や茶などのシンプルなバレッタでゴムを隠すと印象がアップします。

普段シュシュを使って髪をまとめるという女性もいますが、シュシュはたとえ地味な色味であってもNGです。

シュシュ自体がカジュアルなアイテムなので、面接の服装と合わなくなりますし、違和感を持つ面接官も多いので避けましょう。

転職面接で髪につけるアクセサリーは、ゴムでもピンでもバレッタでも形や色がシンプルなものにするのが原則です。キラキラしているものや派手なもの、色は地味でも形が奇抜なものはNGです。
ヘアアクセサリーはシンプルなものが原則ですが、ゴムだけというのもまた質素すぎてダメなんですね。

それにしても、ボブが面接にはNGだなんて、急に髪は伸びないですし、ボブヘアの人はどうしたらいいんでしょう?

前髪があると顔の面積が狭くなって、ますます子供っぽくて消極的な印象を与えますから、ピンで留めてピンをトップの髪で隠すなどして、額を出すといいですね。

清潔感のあるショートヘアでも大丈夫ですから、カットに行く時間があれば切るのもひとつの手です。

転職面接の髪型は清潔感が第一!額を見せて印象アップ!

髪型は見た目の中でも非常に重要な要素であり、スーツや靴などを完璧にしても、髪型が不適切なら一気に台無しになってしまうほど、印象を大きく左右します。ですから、転職面接の際も、髪型にはじゅうぶんに注意して臨みましょう。

男女問わず最も大切なことは、清潔感です。不潔でボサボサな髪は論外であり、女性ならば長い髪はスッキリまとめて爽やかなヘアスタイルにしましょう。茶髪やパーマなども、カジュアルな業界でない限りは避けた方が無難です。

ポイントは、前髪を切るか横に流す等して、額と少なくとも片方の眉毛を見せることです。そうすることで親しみやすさや積極性を印象づけることができ、内定へ一歩近づくことも可能ですよ!