転職の面接で私服を指定された!最適なオフィスカジュアルとは?

転職の面接で私服を指定された!最適なオフィスカジュアルとは?

新卒者でも転職者でも、面接に行くときの服装といえば当然スーツですよね。しかし、中には「面接には私服でお越しください」とあえて伝えてくる企業もあります。こんなとき、どうすればいいのか迷ってしまう人も多いはず。

転職のケースで言う「私服」とは、Tシャツやトレーナーなどでは当然なくて、いわゆる「オフィスカジュアル」や「ビジネスカジュアル」と言われる服装のこと。

聞いたことがあったり、何となくはわかるけど、具体的にどんな服装なのかはわかりにくいかもしれません。

そこでこの記事では、私服で面接に行く場合の服装のおすすめなどについて紹介していきます。

女性の場合は、女性の私服についての記事がありますのでそちらも読んでみてください。

なぜ企業は面接なのに「私服でお越しください」と言うのか

従来は、面接の服装と言えば「スーツ」一択でした。しかし近年では面接に「私服OK」という企業が増えましたよね。

私服での面接を行う企業はどんな業界に多いのか、そして、私服を指定する意図はどこにあるのかを見ておきましょう。

私服で面接をする企業に多い業種

「面接には私服でお越しください」とする企業は、次のような業界に多く見られます。

  • アパレル系
  • IT系
  • ベンチャー系
  • 出版・広告・マスコミなどのクリエイティブ系
  • メーカー・製造業

共通するのは、お堅いイメージではなく、自由な発想が必要な業界や職種。そこで働く社員たちも、比較的自由な服装で仕事をしています。

しかし最近では、金融関連でも私服での面接を実施している企業もあります。

私服面接を行う企業側の意図とは?

企業が求職者を面接に私服で呼ぶのには、次のような意図があります。

  • 気軽に応募してほしいという心づかい
  • リラックスした普段の姿を見たい
  • 自社に合う人材かをチェックしたい
  • 私服のセンスを見たい

まずは、面接だからといって大げさにかしこまって緊張することなく来てほしい、という企業側の心づかい。

製造業など、入社後にスーツを着て仕事をすることがない職種の場合、面接のためだけにスーツを購入する必要のないように、という応募者への配慮があるでしょう。

同時に、普段の応募者の姿を見ることで、自社の事業内容や雰囲気、他の社員たちとの相性を見る狙いもあります。

アパレル業界であれば、業務に影響するファッションセンスを見るために私服での面接を行うケースが多いです。

「私服でお越しください」と言われてもスーツで行っていい?

転職活動などビジネスシーンでは、とりあえずスーツを着ておけば間違いない、というシーンは多いですよね。

では面接時の服装に「私服で」という指定がある場合も、スーツで行ってもいいのでしょうか。

その答えは「絶対にダメとは言わないが、やめた方がいい」です。

上で書いた通り、企業側にも意図があって私服で来るよう求めています。それに従わないのは「話を聞かない人」としてマイナス評価となる恐れがあります。

在職中の転職希望者の場合、スーツで仕事をし、その足で面接に行きたいですよね。ですが、志望度の高い企業ならば着替えを持参してでも、面接には私服で臨むことをおすすめします。

どうしても時間が取れないなどの場合は、面接日程を決める時にでもスーツで行くことを予め告げておくのがおすすめです。あらかじめ説明しておけば問題ないでしょう。

ただし、「私服でお越しください」ではなく「私服可」とされている場合は、「スーツの方が好ましい」という意味です。

あえて私服にする必要はないので、スーツがあるならスーツで行きましょう。

オフィスカジュアルって何?面接にふさわしい私服とは

私服面接には、「オフィスカジュアル」や「ビジネスカジュアル」と言われる服装が最適です。でも、それって具体的にはどんなものなのでしょうか。

オフィスカジュアルとビジネスカジュアルの違い

クールビスの普及により、オフィス内でもカジュアルな服装がよく見られるようになってきました。しかし、カジュアルと言っても、オフィスで浮くことなく、仕事にも差し支えがない程度のカジュアルさでないといけません。

そのような、仕事中に着ていても違和感のない私服を、「オフィスカジュアル」や「ビジネスカジュアル」といい、あえて使い分けるなら次のような違いがあります。

  • オフィスカジュアル:社内で仕事や来客の対応ができる私服
  • ビジネスカジュアル:取引先など社外への訪問もできる私服

ただ、どちらも同じ意味で使われることも多いです。

面接に最適な私服「オフィスカジュアル」とその具体例

面接にも行ける私服「オフィスカジュアル」の大まかなイメージとしては、「ベーシックでシンプル」であり、「清潔感があること」です。

具体的なアイテムとしては、次のようなものがあります。

性別 アイテム
男性 ジャケット、襟付きシャツ、コットンパンツ、革靴
女性 ジャケット、ブラウスかシャツ、スカートかパンツ、ストッキング、パンプス

業種や社風によっては、カーディガンやポロシャツでもかまいませんが、不安な場合はジャケットとシャツにしておけば間違いありません。

どのアイテムも、白・黒・紺・グレー・茶色などのベーシックな色を選びますが、シャツやブラウスといったインナーは白や水色などの明るめの色が無難です。

いくら「カジュアル」でも、こんな服装はNG!

「私服」とは言え、次のようなカジュアル過ぎる服装は「TPOがなっていない」と見なされます。

  • デニム
  • TシャツやVネックなど、襟のないトップス※
  • 丈の短いパンツや膝上丈のスカート
  • 派手な色・柄
  • デザイン性の高い服
  • 革ジャンやスカジャンなどジャンパー類
  • 目立つアクセサリー
  • スニーカー
  • サンダル
  • ヒールの高すぎる靴

「襟のないトップス」については、ジャケットの中に着るならOKの場合も。また、女性なら、カットソーやブラウスなどで襟のないものでも問題ありません。

「私服でいい」と言いつつも、ダメなアイテムがたくさんあるんですね・・・。

ちなみに「派手な色・柄」とありますが、チェックはどうですか?

細い線の細かいチェックなら問題ないでしょう。

大きなギンガムチェックやブロックチェック、秋冬に人気のチェックのネルシャツなどは、ちょっとカジュアルすぎる印象です。

あとは、自分よりも身につけているものが目立つことのないように意識してみてください。

なるほど、ベーシックな色のアイテムを組み合わせればいいんですね。

でも、「私服」なのにきちんとしすぎて、逆にマイナス評価になることはないですか?

アパレル系の場合は、関わるブランドなとによってはもう少し個性を出してもいいかもしれませんね。

企業研究をするなどして、どんなテイストのファッションに携わるのかによって決めてください。

私服面接にはスーツより一段カジュアルな清潔感ある服装で

「私服で面接」と戸惑いがちですが、いわゆるオフィスカジュアル、オフィスで浮かない程度のカジュアルな服装で問題ありません。

基本は、シャツにジャケット、コットンパンツ(女性ならスカート)のようなスタイルです。

色や柄はベーシックにして、形はシンプルに。「清潔感」を重視して組み合わせれば、誰でもすぐに最適なオフィスカジュアルスタイルが作れます。

「どうだろう?」と迷ったら、その格好でオフィスにいる自分を想像してみてください。周りから浮かず、初めてのクライアントにも会えるようなら大丈夫です。自信をもって面接に臨みましょう。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
4月13日 12:20 求人更新