転職の面接で私服を指定された!最適なオフィスカジュアルとは?

転職の面接で私服を指定された!最適なオフィスカジュアルとは?

新卒者でも転職者でも、面接に行くときの服装といえば当然スーツですよね。しかし、中には「面接には私服でお越しください」と指示を出す企業もあります。こんなとき、どうすればいいのか迷ってしまう人も多いはず。

面接にふさわしい私服を考えるときのキーワードとして、「オフィスカジュアル」や「ビジネスカジュアル」があります。これらの言葉はずいぶん一般的になりましたが、具体的にはどんな服装のことを指すのでしょうか?また、両者に違いはあるのでしょうか?

ここでは、そんな疑問にお答えしながら、面接にふさわしい私服についてご紹介します。

なぜ面接に私服を指定する企業があるのか

まずは、面接に私服で来るよう求める企業はどんな業界に多いのか、そして、私服を指定する意図はどこにあるのかという辺りからお話を始めましょう。

私服で面接をする業種

「面接には私服でお越しください」という企業は、どんな業種に多いのでしょうか?

  • アパレル系
  • IT系
  • ベンチャー系
  • 出版・広告・マスコミなどのクリエイティブ系
  • メーカー・製造業

これらの業界や職種では、私服での面接も珍しくありません。お堅いイメージではなく、自由な発想が必要な職種に多いと言えますね。

企業側の意図とは?

企業が私服面接に込める意図とは、以下のようなものです。

  • 社風に合うかチェックしたい
  • リラックスした普段の姿を見たい
  • 私服のセンスを見たい
  • 応募者への気遣い
アパレル系ならファッションセンスを見るという意味合いも強いですが、多くのケースでは、私服で普段の雰囲気を見たうえで、社風に合う人物かどうかを判断したいという意図があります。

また、私服でリラックスした状態なら、より円滑なコミュニケーションを取りやすく、人物像が分かりやすいという意図もあるでしょう。

製造業など、入社後にスーツを着て仕事をすることがない職種なら、スーツを購入する等の負担をかけないようにという応募者への配慮ということも考えられます。

スーツで行ってもいいの?

特に指定がない場合は、面接にはスーツで行くのが常識です。では、「私服で」という指定がある場合も、やはりスーツで行っていいのでしょうか?

その答えは「NO」です。

先にお伝えした通り、企業側は一定の意図があって私服で来るよう求めているのですから、その指示に従わないのはマイナス評価となってしまいます。

在職中の転職希望者の場合、スーツで仕事をした後で面接に行きたいということもありますよね。やむを得ない場合は仕方がありませんが、志望度の高い企業ならば着替えを持参してでも、面接には私服で臨むことをおすすめします。

面接に私服を指定されたら、スーツを着て行ってはいけないのですね。

では、「私服でもかまいません」というような、ちょっとあいまいな指示のときは何を着ていけばいいのでしょうか?やはり、私服の方がいいのですか?

スーツでも私服でもいいという指示ならば、やはりスーツの方が無難ですね。

私服で行きたい場合でも、男性はネクタイ、女性も襟付きのシャツを着けるなど、ビジネスカジュアルの中でもよりかっちりした服装がベターです。

オフィスカジュアルって何?面接にふさわしい私服とは

私服面接には、「オフィスカジュアル」や「ビジネスカジュアル」と言われる服装が最適です。でも、それって具体的にはどんなものなのでしょうか?

オフィスカジュアルとビジネスカジュアルの違い

クールビスの普及により、オフィス内でもカジュアルな服装がよく見られるようになってきました。しかし、カジュアルと言っても、仕事に差し支えがない程度にきちんとしているのが常識です。

そのような、仕事中に着ていても違和感のない私服を、オフィスカジュアルとかビジネスカジュアルといい、使い分けるとするならば以下のような違いがあります。

  • オフィスカジュアル:社内での仕事や来客の対応ができる私服
  • ビジネスカジュアル:取引先など社外への訪問にも対応できる私服

つまり、よりカジュアル度の高いものがオフィスカジュアルであり、転職面接にはビジネスカジュアルの方が適していると言えます。

しかし、この2つの言葉はほぼ同じ意味として使われることも多く、私服で面接に行く際にもオフィスカジュアル程度の服装で大丈夫です。

面接に最適な私服とは

面接にも行ける私服「オフィスカジュアル」というのはどんなものなのか、具体的なアイテムとしては以下のようなものがあります。

性別 アイテム
男性 ジャケット、襟付きシャツ、コットンパンツ、革靴
女性 ジャケット、ブラウスかシャツ、パンツかスカート、ストッキング、パンプス

業種や社風によっては、カーディガンやポロシャツでもかまいませんが、不安な場合はジャケットとシャツにしておけば間違いありません。

どのアイテムも、白・黒・紺・グレー・茶色などのベーシックな色を選びますが、シャツやブラウスといったインナーは白や水色などの明るめの色が無難です。地味になりすぎないように、うまく色を組み合わせましょう。

こんな服装はNG!

いくら私服と言っても、カジュアル過ぎる服装は避けなければなりません。

  • デニム
  • TシャツやVネックなど、襟のないトップス
  • 派手な色柄
  • デザイン性の高すぎる服
  • 革ジャンやスカジャンなどのジャンパー類
  • 帽子や目立つアクセサリー
  • スニーカー
  • サンダル
  • ヒールの高すぎる靴

これらのアイテムは面接にはNGです。自分にとっては普段着だとしても、面接には避けるのが賢明です。

特にデニムは休日ファッションの代表格ですが、シャツでもパンツやスカートでもNGです。

オフィスカジュアルとビジネスカジュアルには、それほど大きな違いはなく、社内や社外でお客様に会っても失礼のない程度の服装ということですね。

色はベーシックなものが良いみたいですが、面接の場合は無地でなければいけませんか?

女性なら、白いブラウスに同色の刺しゅう模様やリボンなどの装飾程度は、あってもかまいません。

男性でも、シャツに細いストライプや細かいチェック柄が入る程度なら、問題ないでしょう。

派手でなく、人に不快感を抱かせない服装なら大丈夫です。

面接にふさわしいオフィスカジュアルの実際とは

ここまでを踏まえ、「これを着ておけば大丈夫!」という、面接にふさわしいオフィスカジュアルなコーディネートをご紹介します。どうにも迷ってしまった方は、ぜひ参考にしてくださいね。

男性編

まずは、男性にぴったりのオフィスカジュアルからご紹介します。

面接にふさわしい男性のオフィスカジュアル

参照元:アオキ

水色のシャツにネイビーのジャケット、ベージュのチノパンという、定番中の定番といったオフィスカジュアルスタイルです。これなら、どんな職種でも悪目立ちすることはありません。

女性編

次は、女性に最適なオフィスカジュアルです。

面接にふさわしい女性のオフィスカジュアル

参照元:アオキ

女性の服装は男性よりも幅が広いため、迷うことも多いと思います。先にも触れたとおり、パンツスタイルでも特に問題ないのですが、営業職など活動的な職種でない場合はスカートにした方がより無難です。

女性の場合は、きちんとした雰囲気のトップスであれば、必ずしも襟がついていなくても大丈夫です。

ベーシックな色とアイテムを組み合わせれば、自ずと転職面接にぴったりのオフィスカジュアルになりそうですね。

きちんとしすぎていて、逆にマイナス評価になることはないでしょうか?

面接で私服のセンスを見たいと考えている企業、特にアパレル系ではここで紹介した服装は地味過ぎると思われることもあるかもしれませんね。

パンツやスカートの丈や色などに流行を取り入れたり、失礼にならない程度に自分らしさを表現するアイテムを身につけるのも良いでしょう。

私服面接にはスーツより一段カジュアルな清潔感ある服装で!

私服で面接と言われても困ってしまいがちですが、オフィスカジュアルと言われる服装で問題ありません。

シャツにジャケットを羽織り、コットンパンツ(女性ならスカート)というのが基本です。ベーシックな色の無地を組み合わせれば、誰でもすぐに転職面接にも最適なオフィスカジュアルスタイルが作れます。

不安ならば、そのままの恰好で仕事をしても失礼ではないか、きちんとした清潔感があるかをチェックしてみてください。スーツ以外でこの基準が満たせる服装なら大丈夫です。自信をもって私服面接に臨みましょう!