転職面接で女性が選ぶべきスーツとは?インナーと服装マナーに注意!

転職面接で女性が選ぶべきスーツとは?インナーと服装マナーに注意!

転職活動で書類選考を通過したら、面接にこぎつけた喜びも束の間、何を着て面接にいけばいいのか悩んでしまうことも多いですよね。

特に女性の場合は、どんなスーツにすべきかのみならず、パンツでもいいのかスカートの方が好まれるのか、さらにはインナーには何を着ればより好印象なのか等、迷い始めたらキリがないほどです。

そんなお悩みにお答えすべく、今回は女性にとっての転職面接に最適な服装についてお話します。転職面接を控えている女性の方々は、どうぞ参考にしてくださいね。

転職面接で女性が着るのに最適なスーツとは?

面接と言えば、スーツで行くのが大原則です。そこで、まずはどんなスーツを選べばいいのか、基本的なところを押さえておきましょう。

転職面接に合うスーツの条件

女性が転職面接に行くときに最適なスーツの条件とは、以下のようなものです。

項目 転職面接に最適なもの
黒・紺・ベージュ・グレーなど
無地またはピンストライプ程度の派手すぎないもの
ボタンの数 一つボタン・二つボタン・三つボタンいずれもOK
スカートの丈 座った時に膝から5cm以内に収まるもの

転職面接で女性が着るのに最適なスーツ

参照元:アオキ

ベーシックな色が基本ですが、女性の場合は男性よりも明るめのスーツでも大丈夫です。

黒や紺もいいですが、ライトグレーのようなちょっと明るいスーツも爽やかで素敵ですよ。

ただし、柄についてはやはり無地かピンストライプ程度の、ごく控えめなものにしておきましょう。

スカート丈も、短すぎず長すぎることもない膝丈で、座った時に膝から5cm以内になるようにします。生地やウエストのサイズなどで座った時の丈が微妙に変わるので、購入の際には必ず座った状態を確認しましょう。

パンツスーツでもいいの?

パンツスーツも立派なビジネススーツの一種ですから、転職面接に着て行ってももちろん問題ありません。特に、営業職などの活発に動くタイプの職種に応募した場合は、パンツスーツの方がより適性をアピールできるでしょう。

しかし、職種によってはスカートの方が無難というケースもあります。

たとえば、事務系や秘書、受付などの職種の場合、清楚な女性らしさや控えめな雰囲気があった方がより好印象となり、そのためにはスカートの方がおすすめです。

もちろん営業職でもスカートで問題ありませんし、迷ったらスカートにしておくとよいでしょう。このように、職種に合わせて選ぶか、または、自分をアピールするという意味で、より似合う方を選ぶというのもよい方法です。

女性は、男性よりも多少は華やかな色のスーツにしてもいいんですね。

どんな色にしようか迷ってしまいますが、色の選び方に何かコツはありますか?

派手ではない色の中で自分に似合うものを前提として、スーツの色に季節感も取り入れるといいですね。

たとえば、夏なら水色のインナーにライトグレーのスーツを合わせると、清涼感があって印象アップにつながりますよ。

リクルートスーツで転職面接に行ってもいいのか知りたい!

転職ということはすでに社会人経験があるわけですから、リクルートスーツを持っているという女性も多いですよね。手持ちのスーツがあるのだから、転職面接にもこのリクルートスーツを着ていきたいというのは、ごく自然な気持ちです。

でも、新卒ではないのにリクルートスーツを着ることにためらいが生じることもありますよね。実際のところ、転職面接にリクルートスーツを着て行ってもよいのでしょうか?

リクルートスーツとビジネススーツの違い

誰もが当たり前に「リクルートスーツ」という言葉を使っていますが、この言葉の正確な定義をご存じですか?

実は、リクルートスーツに厳密な定義があるわけではないんです。

リクルートスーツといえば、「学生が就職活動のときに着るスーツ」「黒や紺の地味なスーツ」というイメージですよね。これは、実際その通りで、加えて言うならば安価な生地で大量生産しているので、ビジネススーツに比べると価格が低いという特徴もあります。

とはいえ、絶対にビジネススーツの方が高いというわけでもないですし、リクルートスーツのような色のビジネススーツだって当然あります。したがって、リクルートスーツとビジネススーツに確たる違いがあるわけではありません。

転職面接にリクルートスーツはOK?

上記の通り、リクルートスーツとビジネススーツにはっきりとした違いはなく、面接官も100%違いを見分けられるわけではありません。つまり、転職面接にリクルートスーツを着ていっても特に問題はないのです。

しかし、「転職面接にリクルートスーツはNG」という話もありますよね。これはなぜかというと、リクルートスーツにはやはりフレッシュなイメージがあるため、ある程度年齢を重ねた転職者が着ていると、違和感があったり頼りない印象を与えたりすることがあるからです。

女性の場合は、控えめな方が好印象を得やすいという部分もあるため、20代後半~30代前半くらいまでならリクルートスーツでも良いですが、それ以上の年齢で転職をする場合はビジネススーツがベターでしょう。

リクルートスーツを着ていくときの注意点

リクルートスーツを着るのは就活以来という女性も多いかと思います。そのため、体型が変わっていてサイズが合わなくなっていたり、シミや汚れ、においがついていたり、シワができていたりすることもあります。

当日になって慌てないためにも、事前に着用して鏡でチェックし、サイズが合っているか、形が古臭くなっていないか等を確認しておきましょう。

また、できればクリーニングに出して、清潔な状態のスーツで面接に臨めるようにしておきましょう。

年齢が若い転職希望者なら、リクルートスーツでも問題ないというのは助かりますね。

実際リクルートスーツで面接に行く場合、同じような服装の女性と差をつけるために工夫できることってありますか?

「誰が着ても同じ」というのがリクルートスーツですから、転職面接でライバルが多そうなときは、インナーをカラーや装飾のあるものにして、周りとの差をアピールするとよいでしょう。

スーツのインナーはどんなものが最適なの?

女性のスーツのインナーは、男性のシャツに比べて選択肢が多い分、迷ってしまいがちです。転職面接の際にスーツのインナーとして最適なのは、どんなものなのでしょうか?

転職面接にふさわしいインナーとは

男性の場合はスーツのインナーはシャツでなければなりませんが、女性の場合はシャツ・ブラウス・カットソーのうち、どれを着てもOKです。

ただし、色やデザインがシンプルなもので、清潔感のあるものでなければなりません。スーツの色に合わせて、暗くなりすぎないよう白や薄いピンクや水色などがおすすめです。

女性の転職面接にふさわしいインナー

参照元:アオキ

ただし、キャリアをアピールしたい人が黒や紺のスーツに白のシャツを合わせると、リクルートスーツのようで初々しく見えてしまうのでご注意ください。

女性らしさを表現する装飾はあってもかまいませんが、たっぷりとしたフリルやレース等、華美なものは避けましょう。

フォーマルウェアを取り扱うお店にインナーも売られていますから、店員さんに相談しながら選ぶのもよいですね。

きちんとした雰囲気を出せれば、手持ちのインナーを使っても大丈夫ですよ。

転職面接ならビジネスカジュアルやワンピースでもいいの?

転職は新卒の学生とは違いますから、必ずしもスーツではなくてもいいのでは?と考える女性もいらっしゃるかもしれませんね。スーツよりも堅苦しくない、ビジネスカジュアルやオフィスカジュアルで転職面接に行ってもよいのでしょうか?

指定がなければスーツが原則!

求職活動をしていると、応募先から「面接には私服でお越しください」という案内を受けることがあります。この場合は、スーツではなくビジネスカジュアルやオフィスカジュアルといった服装で行く必要があります。

しかし、このような服装の指定がない限り、面接にはスーツで臨むのが常識です。新卒の面接ではないにしても、相手がスーツなのに面接を受けに来た側が平服では大変失礼です。たとえ面接官がカジュアルな服装だったとしても、同じにする必要はありません。

「私服で」という指定がないのであれば、必ずスーツを着用していきましょう。

ワンピースも避けよう

先述の通り、「私服で」「オフィスカジュアルで」等の案内がない限りは、スーツ以外はNGと考えた方がよいです。

「ワンピースにジャケットを羽織れば、スーツじゃなくてもきちんとした服装になるのでは?」とお考えの女性もいらっしゃるかもしれませんが、ジャケットを着たとしてもワンピースは原則として避けた方がよいでしょう。

アパレル系など比較的自由度の高い業種に応募した場合、その企業やタイミング、スキルなどによってはワンピースで面接に行って内定が出ることもあるでしょう。しかし、面接に適した服装としてスーツに勝るものはありませんので、志望度の高い企業の場合は特にスーツをおすすめします。
書類は万端でも、面接にスーツ以外で現れたら、面接官をがっかりさせてしまいます。

状況によっては、その非常識さを問題視されて不採用になることもあり得ますから、決して独断でカジュアルな服を着て行かないようにしてくださいね。

女性の転職面接にはスーツと清楚なインナーを身につけよう!

新卒ではなく転職、しかも服装の選択肢が幅広い女性の場合、面接に何を着ていけばいいのか迷うものです。しかし、それほど難しく考える必要はありません。

お伝えしてきたように、シンプルで清楚な雰囲気のインナーにスーツを合わせるのが、女性の転職面接にふさわしい服装です。

特に指定がない限りビジネスカジュアルなどはNGですが、年齢や職種によってはリクルートスーツでもかまいません。どんなスーツが社風や職種に合うのか、アピールしたいのはどんなことか等を考慮し、自分に合った服装で面接に臨みましょう。