【チェックリストあり】転職活動の面接で必要な持ち物一覧

【チェックリストあり】転職活動の面接で必要な持ち物一覧

転職活動をする際に、実際に企業の担当者と会う面接は重要な位置を占めます。もちろん、面接の際にはどのようなことを話すのかも重要ですが、そのためには事前の準備も欠かせませんし、その場で何かあった時にすぐに対応できるように持ち物にも気を配らなければいけません。

それだけに、面接の時に何を持って行ったらよいのか不安に思うこともあるのではないでしょうか。

実際に、持って行くのを忘れると転職活動に悪影響が出る物もありますし、持って行かなくても直接困ることはないけれど、社会人としては持っておきたい物もあります。さらに、あると役立つ便利な物もあります

そこで、今回の記事では、転職活動の面接の際に必要な持ち物を一覧にしてご紹介しますので、事前にチェックして不安に思うことなく面接を受けられるよう確認してみてください!

これだけは絶対に忘れないで!面接の際に必要な持ち物リスト

では最初に、面接の際に必要な持ち物を、いくつかの種類に分けてリスト形式でご紹介し、なぜそれが必要なのかを確認したいと思います。

絶対に忘れてはいけない物

企業に面接に行くのは採用してもらうことや自分の目指す企業に合っているのかを確かめることが目的ですから、選考に関わる物を忘れるわけには行きません。そこで、これだけは絶対に忘れてはいけないという物からご紹介します。

  • 応募書類と募集要項のコピー
  • 企業から提出を求められた物
  • 本人確認書類
  • 筆記用具
  • 印鑑
  • 携帯電話やスマホ
面接は、職務経歴書や履歴書、エントリーシートなどに記載した内容を元に行われるものです。そのため、記入した内容と違うことを言ってしまうと、信用が得られなくても仕方がありません。そこで、自分が面接を受ける企業に対してどのようなことをアピールしたのかなど、直前で見直せるようにしておきましょう。

募集要項も、企業がどのような働き方を求めているのかなどを確認する資料となりますし、また転職する上で自分がどのような働き方を希望するのかを確認する意味でも手元に用意しておきたいものです。

健康診断書が必要である、デザイナー関係やクリエイター関係の職を目指す人はポートフォリオの提出を求められることがあるなど、企業が提出を求める物がある場合もありますので、それも合わせて確認して用意する必要があります。

面接を受けに来たのが本人かどうかを確認する上で、運転免許証などの本人確認書類の提出が求められることがありますので、これも忘れず用意しておきましょう。

筆記用具は、当日書類の記入を求められたり面接官からの連絡事項を書きとめたりするために必要です。印鑑については、後ほど詳しく確認しますのでここでは省略します。

携帯電話やスマホは、何らかの事情で時間通りに面接会場につけなくなったなどの緊急連絡用にも必要ですし、地図アプリなどを入れることで面接会場に迷わずにつけるようにする手段としても使えて便利です。

合わせて、何かあった時のために緊急連絡先を確認しておくことも忘れないようにしましょう。

社会人として持っておきたい物

次に、社会人としては持っておきたい物をご紹介します。

  • 腕時計
  • ハンカチ・ティッシュ
  • 折りたたみ傘

普段は携帯やスマホで時間をチェックしている人でも、面接の場でそれをやってしまうとビジネスマナーに反すると思われたり、ゲームなどをしているのではないかと疑われたりするきっかけになるので、腕時計を持参するようにしましょう。

ハンカチやティッシュは説明の必要はないと思いますが、会場に向かう時に急に天候が変わった時に備えて折り畳み傘も持っておくことをお勧めします。バッグやスーツが濡れていたら、良い印象を持ってもらうのはちょっと難しいですよね。

あると便利な物

では最後に、絶対に必要とは言えませんがあると便利な物をご紹介します

  • 面接を受ける企業のパンフレットやプレスリリースなど
  • クリアファイル
  • 現金
  • 面接会場の地図
  • 携帯電話やスマホの充電器
  • 眼鏡拭きや靴磨き
  • デオドラント用品や歯磨きなど
  • 予備のストッキングや化粧品(女性の場合)

面接を受ける企業のパンフレットなどを持っていると、その企業が何に取り組もうとしているのかなど情報が得られるので、面接に生かせます。クリアファイルは、提出を求められた書類が曲がったり汚れたりしないためにも役立ちますし、配布された資料を持ち帰ることもできるので重宝します。

それから、何の問題も無く面接会場に辿りつければいいのですが、道に迷うことも考えられますし、電車やバスが遅延するなど思いもよらぬことが無いとは言えません。そのような時に備えて、現金を持っておけばタクシーで会場に向かうなどの対策が取れます。

また、道に迷わないようにするために面接会場の地図を持っておき、万が一何らかの事情で遅れそうな時に連絡できるよう緊急連絡先を把握しておく必要があります。連絡をするためには携帯やスマホが欠かせませんが、充電が切れてしまうと連絡の取りようがありませんので、充電器も合わせて持っていると安心です。

意外に思われるかもしれませんが、薬も持っておくと便利なものです。例えば花粉症の人ならアレルギー用の薬、緊張で胃腸の調子を崩しがちな人は胃腸薬、頭痛が起こりやすい人の場合は鎮痛剤というように、薬を持参していることで万が一にも備えられますし、薬を持っているという安心感から精神的にも落ち着けます。

眼鏡拭きやデオドラント用品などは、清潔感を持たせ印象を良くするために役立つものです。面接では身だしなみもチェックされますので、不潔な印象を持たれたりだらしなさを感じさせたりすることが無いように、見た目や匂いに気をつけたいものです。

女性の場合はストッキングの伝線や化粧崩れなどがあれば印象が悪くなるので、それにも備えられるように準備をしておきましょう。

面接で絶対に必要なものを忘れてはいけないのは、僕でもよくわかります。それ以外にも、折り畳み傘や薬、デオドラント用品など直接面接に関係なさそうなものも持って行っていいということですね!
面接では様々なことが想定されますから、必要だと思うものは持っておいた方がいいですね。突然の雨や体調が悪くなることなどが想定されるのであれば、折り畳み傘や薬を持っていることで安心感が生まれ、余裕を持って面接に臨めますよ。

ボールペンだけでなくシャーペンも必要?用意するべき筆記用具とは

ここからは、注意が必要な持ち物について詳細を確認します。それが、筆記用具です。筆記用具と言われれば、ボールペンを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんし、シャーペンを思い浮かべる方もいらっしゃることでしょう。

そこで、筆記用具として具体的に何を持って行くべきなのか、ご紹介します。

ボールペン

面接の際に書類に記入する必要が出てくることは十分に考えられますし、また面接官から伝えられた内容をメモする際にも消えることのないボールペンがある方が安心ですので、ボールペンは必須です。

ボールペンにも水性ボールペンと油性ボールペン、それからゲルインクのボールペンがありますが、それぞれの特徴は以下の通りです。

インクの種類 特徴
水性 書き心地が良く疲れにくい
インクが乾きにくいので文字がにじむことも
油性 速乾性・耐水性があり書類が汚れにくく字も消えにくい
粘度が高いので書きにくい
長期間使わないと固まることも
ゲルインク 油性・水性両方のメリットを持つ
インクが減りやすい

これを基に考えると、お勧めなのは油性ボールペンまたはゲルインクのボールペンだと言えます。水性ボールペンで書いた文字は水に濡れると消えたり擦れて書類が汚れたりしやすいので、文字が消えにくい油性ボールペンの方が書類を書くには向いています。

ただし、油性ボールペンは長期間使わずにいるとインクが固まってしまうこともあるので、事前に書けるかどうかをチェックしたり複数持って行ったりした方が安心です。その点を考えると、両方のメリットが生かせるゲルインクのボールペンでもいいですね。

絶対に避けるべきなのは、消せるタイプのボールペンです。

消せるボールペンの文字が消えるのは、ある温度以上になると透明になるインクを使っているからです。となると、提出した書類が車内やコピー機の近く、暖房の側などに置かれることで文字が消える可能性があるわけです。

提出した書類の文字が消えてしまっては意味がありませんから、消せるタイプのボールペンは転職活動にはふさわしくないと言えます。

シャーペンと消しゴム

面接の際に、抜き打ちで筆記試験が行われる可能性もありますので、その際にボールペンで受けるのは難しいですよね。そのため、ボールペンのみではなく、シャーペンと消しゴムも持参しておいた方が安心です。

手帳

面接官からの連絡事項を記入する際にも重宝しますし、また次の面接の日程の相談があった場合にもすぐに対応しやすいことから、手帳を持参しておくことをお勧めします。

一言で筆記用具とまとめられていると、人によってイメージするものが違う可能性がありますよね。だから、具体的に何を持って行けばいいのか、詳細を知っておくことが大切なんですね。
いいところに目を着けましたね。筆記用具と言われると、ボールペンさえあればいいと思ってしまう人もいますが、テストが行われる可能性もあることを考えるとシャーペンや消しゴムもあったほうがいいことがわかります。

印鑑はなぜ必要?持参すべき理由と押印を求められた際の注意点

転職活動をしている中で、企業から印鑑を持参するようにと求められることがあります。これには理由があり、多くの場合正当な理由で使用されるのですが、注意すべき点もありますので、詳細を確認しましょう。

印鑑の持参が必要な理由

印鑑の持参が必要な理由は、以下の通りです。

  • 交通費支給のため
  • 健康状態を申告する際に捺印するため
  • 個人情報の扱い上必要であるため
  • その場で採用が決まった場合に書類に捺印するため

面接を受ける企業によっては、交通費を支給してもらえる場合もあります。その際には印鑑がなければ処理ができませんので、印鑑が必要になります。

また、面接では健康状態の申告を求められることもあります。これは、既往症や精神疾患の経験などについて聞く内容のものです。

さらに、職務経歴書や履歴書などが個人情報に当たるため、その利用に承諾したことを表すための署名や捺印が必要になることもあります。

最後に、その場で採用が決まって契約書への捺印を求められる場合です。いい人材だと認められれば、他の企業に行ってしまう前に契約を結んでもらえることもあるということですね。

その場で採用が決まる場合に注意が必要!

捺印を求められる場合で注意しなければいけないのは、先ほど挙げた印鑑が必要とされる理由のうち、その場で採用が決まった場合です。

というのが、募集要項と違う条件での契約を求められたり、希望の職種と違う職種での契約を迫られたりする場合も無いとは言えないからです。

契約内容が募集要項に書かれている内容と同じで、いい人材だと認められて契約を結ぶ場合は当然のことながら問題が無いのですが、最初に思っていたのと条件が違う場合は、残念なことですが面接を受けた先の企業に問題があると言わざるをえません。

その場合は、面接の際に募集内容と違う条件を持ち出されることも多くあります。せっかく転職するなら、自分の希望に合う職場に転職したいですよね。そこで、その場で契約を結ぶ場合は、面接の内容に不自然な点はないか、契約書類の内容が希望と異なっていないかをしっかり確認してから契約を結ぶようにしましょう。

印鑑を持って行かなければいけない理由の多くは正当なものなので安心しましたけど、その場で契約をする時に募集の際と条件が変わることもあるなんて!驚きました。そんなことがあることも知っておいて、気をつけないといけないということですよね。
そうなんです。多くの企業は正式な理由で印鑑の持参を求めているので、持って行くべきです。でも、企業によっては無理やり契約を迫るために印鑑を持参させることもあるので、契約書類の内容をしっかり確認して、納得してから捺印することが大切なんですよ。

指示に従うことが大切!企業からのメールのチェックは必ずしよう

ここまで、転職活動の面接の際に必要な持ち物を確認してきましたが、最後に忘れてはいけないことを確認しておきましょう。それが、面接前に再度企業からのメールを必ずチェックするということです。

メール内で持ち物が案内されていることも!

企業から送られている面接案内のメールには、面接時の持ち物が記載されていることがありますので、面接の日時や会場にばかり意識が向くことが無いよう、面接に臨む前に再度チェックしておきたいところです。

面接案内のメールでは、つい日時や面接会場な度に目が向きがちですけど、詳細を読んで持ち物が書いていないかをきちんと確認しておくことも大切なんですね。面接の前日にはもう一度チェックすると安心ですね!
面接は会場に行かなければ受けられないものなので、どうしても意識がそっちに向いてしまいますよね。そこで少し落ち着いてメールの詳細を確認すると、持ち物などの大切な案内が入っている場合もあります。前日のチェック、確かに役に立ちますね!

チェックリストとメールを活用して面接時には忘れ物をしないように!

以上のように、面接時に絶対に忘れてはいけないものから、あると便利なものまであります。

忘れ物をすると企業担当者からの印象はどうしても悪くなってしまいますし、また忘れ物をしたことで自身も動揺してしまってせっかくの転職活動が上手くいかなくなることも考えられますので、万全の準備で臨みたいものです。

そこで、今回ご紹介したチェックリストをもとに、面接時に忘れ物をしないよう事前チェックをしてみてくださいね!

合わせて、企業からの面接案内メールも熟読し、必要なものを見落とさないようにすることも大切です。