【男女別】転職面接の靴の選び方と前日までのチェックポイント!

【男女別】転職面接の靴の選び方と前日までのチェックポイント!

面接において意外とよく見られている部分と言えば、足元です。靴を見ればその人が分かるとも言われていますから、転職面接にはそれにふさわしい靴を選ばなければ、マイナスイメージを持たれることにもなりかねません。

それでは、転職面接に最適な靴とは、どのようなものなのでしょうか?今回は靴を中心に、靴下やストッキングなども含めた足元について、どうすれば好印象を得られるのかをご説明します。

前日から準備を怠らず、頭のてっぺんからつま先まで気を抜くことなく、誠実な人柄をアピールできるように清潔感のある靴で面接を乗り切りましょう!

転職面接に履いていくべき靴とはどんなもの?男女別に紹介!

まずは、転職面接に適した靴とはどんなものか、基本を知っておきましょう。

男性編

まずは、男性の靴から見ていきましょう。面接に最適な靴の条件とは、以下の通りです。

項目 転職面接に適したもの
黒・こげ茶
素材 本革(表革)
形状 紐付きのもの
靴下 黒でふくらはぎ程の丈のもの

転職の面接に最適な男性の靴

参照元:アオキ

男性のフォーマルな靴は、本革かつ紐付きが原則です。

紐付きであれば、ストレートチップやUチップ、あるいはプレーントゥなど、どんなデザインの革靴でも大丈夫です。しかし、革靴でも紐のないローファーやスリッポンは避けましょう。また、仮に営業職であっても、スニーカーなどはもっての外です。

色は黒がもっとも無難ですが、こげ茶でも問題ありません。ただし、明るい茶色は面接には少々派手な印象になってしまうので避けた方がよいでしょう。

また、靴下に白を選ぶ男性も意外といらっしゃるようですが、ビジネスシーンに白の靴下はNGです。必ず黒で、くるぶし丈やハイソックス以外の、一般的な丈の靴下を選びましょう。

女性編

では次に、女性が転職面接に履いていくのにふさわしい靴について見てみましょう。

項目 転職面接に適したもの
黒・紺
素材 本革(表革)
形状・ヒールの高さ ・パンプス
・ヒールの高さは5cm~7cm程度
・シンプルな飾りならOK
ストッキング 肌の色に近いベージュ

転職の面接に最適な女性の靴

参照元:アオキ

女性も、やはり素材は革製で、黒のパンプスが最適です。足の甲にストラップがついていてもかまいませんが、オープントゥやサンダルなどはNGです。靴下ももちろんNGですので、必ずストッキングを着用してください。

女性はヒールの高さに悩むことも多いかと思いますが、5cm前後で自分がもっとも歩きやすい高さで、細すぎないヒールを選びましょう。

あまり高すぎるヒールはNGですが、新卒ではないので7cm程度までならOKです。

また、女性の場合はヒールがあるため、どうしても歩くときにカツカツと音がしがちです。多少はやむを得ませんが、できるだけ静かに歩けるものを選びましょう。

靴の見た目だけでなく、歩く時の音にまで気を配らなくてはならないのですね。ヒールでも音を立てずに歩くコツってありますか?

それから、私服面接の場合も、やはり女性は黒のパンプスでなければなりませんか?

サイズが合っていないと音が大きくなることがあるので、パンプスはしっかりとフィッティングして選びましょう。大きいようなら中敷きなどで調整してもいいですね。

私服面接の場合は、シンプルな形のベージュやグレーの靴でも良いでしょう。

こんなところも見られてる!靴のすみずみまで気を配ろう!

どんな靴を選べばよいのかについてお話しましたが、「シンプルな黒の革靴なら持ってる」という方も多いですよね。もちろん、手持ちの靴で最適なものがあるなら、それを転職面接に履いていってもかまいません。

しかし、いくつか気を付けるべきポイントもありますので、それも併せて知っておきましょう。

汚れや傷などがついていないかチェック!

新品でない革靴は、意外と汚れや傷などがついていることも多いものです。靴が汚れているとそれだけで「だらしない人」という印象がついてしまうため、このような靴を履いていくのは避けましょう。

また、本革は保管状態が悪いとカビが生えやすい素材でもありますので、必ず事前に靴の状態をチェックしておきましょう。

履いたらホコリや汚れを落としてからクリームを塗って磨くことや、しばらく履かない靴も定期的にシューズクローゼットから出して空気に触れさせることで、革靴は美しく長持ちさせることができます。

このような靴の手入れがきちんとできる人は、とても好印象です。言外に誠実な人柄を伝えることができますので、ぜひ面接には手入れの行き届いた靴を履いていきましょう。

ヒールやかかとがすり減っていないか確認を

靴の上面だけでなく、かかと部分も見られています。また、面接室まで案内される際や面接室を出るときなどには、靴の裏側が見えることもありますので、靴の裏側まで気を抜かないようにしましょう。

たくさん履いた靴は、かかとがすり減っているものです。歩きグセによって、妙な形にすり減っていることもあり、このような靴を履いていくと好感度が一気に下がってしまいます。

特に女性のパンプスは、ヒールに大変傷がつきやすいものです。そして、ヒールの傷はかなり目立ちます。ですから、女性の場合はヒール部分にも問題がないか、よく確認しておきましょう。
靴が印象を左右することも大いにありますから、傷や汚れ、カビなどがある靴は絶対に避けてくださいね。

いざという時に慌てないためにも、日ごろから靴のお手入れをしておきましょう。靴は1日はいたら休ませて、いくつかの靴を交互に履くと長持ちさせることができますよ。

遅くとも前日までに靴の準備を!これだけやっておけば安心!

靴は手持ちのものを使うにしても、新しく購入するにしても、前もって準備しておくことが大切になります。では、どんな準備をすればよいのでしょうか?

前もって修理やクリーニングを

面接で話すことやスーツの準備に追われて、「当日靴を履こうとしたら汚れていた!」なんてことにならないように、できれば前日までに靴の状態をチェックしておきましょう。

手持ちの靴を使う場合、先述のような汚れやカビ、かかとのすり減り等があったら、靴の修理やクリーニングに出すことをおすすめします。

前日までに靴の状態をチェックしよう

靴を送れば修理をして返送してもらえるサービスもありますので、近くにお店がない方は利用してみてはいかがでしょうか。ただし、2週間ほどかかるため、時間に余裕をもって靴の準備をすることをおすすめします。

新しい靴は履き慣らしておく

手持ちの靴に傷やかかとのすり減りなどがあって、修理に出している時間もないときは、新しい靴を購入するしかありません。

少しでもきれいな状態で面接に臨むべく、当日までその靴を履かない人もいるかもしれませんが、これはあまりおすすめできません。

新しい靴は足が痛くなったり、靴擦れができてしまったりするおそれがあるため、事前に使って履き慣らしておくとよいでしょう。

靴を持参して履き替えるのもオススメ!

面接の会場が遠方な場合は、家からずっと革靴で行くと面接前に疲れてしまったり、靴に傷がついてしまったりするおそれもあります。

そんなときは、面接用の靴を持参して、歩きやすい靴を履いて行くのもひとつの手段です。

会場の近くで面接用の革靴に履き替えて、脱いだ靴はカバンに入れるか近くのコインロッカーなどに預けてもよいでしょう。そうすれば、足の痛みや靴の傷が気になって面接に集中できないなんてこともありません。

ストッキングの予備は必須!

女性の場合、ストッキングが伝線してしまった場合に備えて、必ず予備のストッキングを2~3足用意していきましょう。

また、ストッキングの伝線予防として、膝やかかとを日頃から保湿しておくことや、ストッキングを履いたら全体にハードタイプのヘアスプレーをかけておくといった小ワザも知っておくと便利ですよ。

もしも伝線してしまったら、その部分に透明のマニキュアを塗ると、さらなる伝線を食い止めることができます。カバンにマニキュアも入れておくと安心ですね。

靴は新しければ問題ないかと思いましたが、そうでもないんですね。

新しくても歩きやすい靴を選ぶときのポイントは、どんなことでしょう?

歩きやすさのポイントは、靴底の柔らかさです。

高級な靴は靴底にも牛革を使っているものが多いですが、歩きにくいのが難点なので、ゴム底の靴がおすすめです。

紳士服量販店などでは、ゴム底の本革の靴がお手頃な価格で入手できますよ。

転職面接に最適なのは、手入れの行き届いた履きなれた靴!

転職活動中は、書類やスーツなど何かと準備しなければならないものが多いですが、実は靴も事前の準備が必須なアイテムなんです。

黒かこげ茶の本革の靴で、男性は紐靴、女性はパンプスが基本です。そして、男女問わず重要なのは、清潔で手入れの行き届いた靴であるということです。

該当する靴がない場合はもちろん購入してもよいですが、必ず履き慣らしておくようにしましょう。靴には人柄も現れますので、好印象を得るべく靴の準備を万端にしておいてくださいね!