面接で適切なコートとは?たたみ方や置き方など入室マナーにも注意!

面接で適切なコートとは?たたみ方や置き方など入室マナーにも注意!

転職面接を受けるときの服装には何かと思い悩むものですが、特に冬場はスーツやネクタイなどの基本アイテムに加えて、防寒具についてもどうすればいいのか迷ってしまいがちですよね。

どんなコートが面接に適しているのかといったコート自体についての疑問はもちろん、どのタイミングで脱ぐべきなのか、また、脱いで手に持ったコートは面接室でどこに置けばいいのか等、言われてみれば何が正解かわからないことも多いものです。

冬に転職面接に行くことになった方は、ぜひこのようなコートにまつわるマナーについても頭に入れておきましょう。そうすれば、その場になって焦ってしまうこともなく、面接に集中できますよ。

面接に着て行ってもいいコートとはどんなもの?

まずは、コートそのものについてお話します。転職面接に適したコートの条件とは、どのようなものなのでしょうか?

おすすめはトレンチコート!

基本的にコートを着たまま面接官に会うことはないため、スーツやネクタイ、インナーなどに比べたら、コートについてはそれほど深く思い悩む必要はありません。

男女ともに、黒やベージュなどのベーシックな色の無地で、形もシンプルなコートなら大丈夫です。

スーツの上に着るわけですから、それなりにきちんとしたデザインでなければ合いません。なので、スーツに合うコートを選べば、自然に面接にも適したものになるはずです。

特におすすめなのは、トレンチコートです。

面接に最適なトレンチコート(女性)

参照元:アオキ

定番の黒や紺、ベージュのトレンチコートなら、どんな業種や職種の転職面接に着て行っても間違いないでしょう。

面接に最適なトレンチコート(男性)

参照元:アオキ

トレンチのほかにも、チェスターコートやステンカラーコートなども、転職面接に適したコートです。

ただし、男性の場合は、スーツの上着がコートの裾から出ないよう、短すぎる丈のコートは避けてください。

こんなコートはNG!

では逆に、転職面接には適さないコートとはどんなものでしょうか?

  • 色が派手
  • 柄が入っている
  • 裏地が派手
  • ファーがついている
  • ダウンコートやダウンジャケット
  • ダッフルコートやピーコートなどデザイン性の高いもの
これらは転職面接にはNGです。トレンチコートにはピンクや赤などもありますが、形がシンプルでも色が派手なものは適しません。そして、色が地味で無地でも、ダッフルコートのような形がプレーンではないものもNGです。

スーツで通勤している方々の中には、ダウンコートやダウンジャケットを着ている方も多いですが、これはカジュアルなアイテムなので面接には避けてください。

黒やベージュのシンプルなコートなら誰でも持っていそうですから、そのようなものがあれば手持ちのものでも良さそうですね。

トレンチコートは生地が薄くてちょっと寒いイメージがあるのですが、何かいい解決策はありますか?

ライナーと呼ばれる取り外し可能な裏地がついたものを選ぶと、気温に合わせて調節できますし、秋口から春先まで着られて便利です。

トレンチコートが寒ければ、ウール素材のチェスターコートなどにすれば暖かいですよ。

コートはどんなタイミングで脱ぐべきか?

面接に最適なコートが見つかったら、いざ面接先へ向かいましょう。でも、その前に、いつどんなタイミングでコートを脱げばよいのか、しっかり頭に入れておいてくださいね。

建物に入る前に脱ごう!

ご存知の方も多いと思いますが、コートは防寒着なので、建物の中でも着たままでいるのはマナー違反となります。したがって、建物に入る前に、玄関の外でコートを脱ぎましょう。

玄関先で立ち止まってコートを脱ぐときにも、周りに配慮して出入りする人たちの邪魔にならない位置で脱ぎましょう。

ちなみに、面接終了後にコートを着るタイミングも、やはり建物の外に出てからです。面接官や企業の人の目に触れないところまで歩いてから着るようにしましょう。

脱いだコートはスマートに畳むべし!

建物の外で脱いだコートは、その場で立ったまま畳んで片方の腕にかけます。

畳み方は、以下の通りです。

①コートの両肩に内側から手を入れる
②入れた手を表側が内側になるように折る
③前身頃を後身頃に合わせて重ねる
④上下を二つに折って、腕にかける

これだけだと難しいですが、動画で見ると分かりやすいのでぜひご参照ください。

カバンを持ちながら立ったままでコートをきれいに畳むのは、意外と難しいものですので、ぜひ事前に練習しておいてくださいね。

畳んだコートはどこに置くの?

受付などでコート掛けやハンガーの場所を案内されることもあるので、その場合はそれに従ってコートを掛けましょう。

そうでない場合、入室するまではコートを腕にかけたままにします。しかし、椅子に座ったらそのコートをどうすればいいのでしょうか?

正解は、「カバンの上に置く」です。

畳んだコートはカバンの上に置く

参照元:アオキ
二つ折りにして腕にかけていたコートを、さらにもう一回折って4つ折りにして、床に置いたカバンの上に置きます。カバンやコートによっては、うまく上に置けないこともありますが、その場合はカバンに掛けるようにして置いてもよいでしょう。

これも、カバンを倒したりコートが落ちたりしてあたふたしてしまわないよう、事前に練習しておくことをおすすめします。

コートは裏向きに畳むのですか!?裏地が見えてしまうと失礼な気がしますが、大丈夫なのですか?

もしも表向きに畳んでしまったら、面接官にマイナス評価を下されてしまうのでしょうか?

コートの表面には、ホコリや雨などがついていることがあり、それを訪問先に持ち込まないためにも裏向きに畳むのがマナーです。

裏地を見せても全く失礼ではないですが、派手な裏地はNGですよ。

面接官によっては気にしない人もいるでしょうが、非常識と思われないためにも裏返すのがベターです。

コートはシンプルなものをスマートに取り扱おう!

転職面接には、地味な色のトレンチコートやステンカラーコートが最適ですが、建物に入る前に脱ぐため、面接官にはコートを着ているところは見られません。なので、色や形がシンプルなコートがあれば、わざわざ面接用に新調する必要はありません。

より注意すべきポイントは、コートをどう畳んで、どこに置くかということです。これは面接官の目に触れる所作ですから、正しく表地を内側にして折り畳み、鞄の上に置くというマナーを知っておいた方がよいでしょう。

これがスマートにできれば、かなり好印象を与えることも可能です。ぜひうまくできるよう練習しておいてくださいね。