転職の面接用カバン(バッグ)の選び方と持ち方・置き方マナー

転職の面接用カバン(バッグ)の選び方と持ち方・置き方マナー

転職面接において、カバンは必携です。財布や携帯はポケットに入るからと言って、手ぶらで面接に行ったら即不採用になっても不思議はありません。しかし、カバンを持っていきさえすればいいというものでもなく、転職面接にふさわしい鞄でなければ、やはり印象は悪くなります。

そこで今回は、鞄というアイテムに焦点を絞り、どのようなものが転職面接にふさわしいのか、そして実際の面接の場面では、鞄をどんなふうに持ってどのタイミングでどこに置けばよいのか等について、じっくりとお話していきます。

その場になって「どうすればいいの!?」と焦らないよう、ぜひこの記事にも目を通しておいてくださいね。

転職面接に最適な鞄ってどんなもの?

さっそく、転職面接にはどのような鞄がふさわしいのか見ていきましょう。

鞄とバッグの違い

まず手始めに、鞄の定義、そしてバッグとはどう違うのかについて簡単にご説明したいと思います。今ではどちらもほとんど同じように使われていて、それも間違いではないのですが、違いを知っておくと転職活動の参考になるかもしれません。

鞄とは、漢字を見ると分かるように、厳密にいえば革製のものを指します。ランドセルや学生鞄のように、四角形のようなシンプルな形を基本とした、オフィシャルな場面で決まった用途に使われる本革製のものを、本来は「鞄」と呼ぶのです。

一方、バッグは、形も素材も様々です。デザイン性も高く、カジュアルでおしゃれなものをバッグと呼びます。

つまり、転職面接のようなオフィシャルな場面に最適なのは「鞄」であり、次にお話するように、転職面接には本革製のシンプルな形の鞄がふさわしいというわけです。

転職面接に最適な鞄

転職面接に持っていくべき鞄とは、本革製のものであることをお伝えしました。さらに他の要素も含めて、どんな条件を満たすものが最適な鞄なのかを見てみましょう。

項目 転職面接に適したもの
黒(女性は紺やベージュでも可)
素材 本革(合成皮革・ナイロンでも可)
大きさと形状 ・A4サイズが折らずにすっぽり入るもの
・自立するもの

転職面接に最適な鞄

参照元:アオキ

A4が入る大きさの黒の本革製が、最適な鞄です。

合成皮革でも良いですが、転職の場合は使い込んで風合いが出ていて、かつ手入れの行き届いている本革製のバッグだと、より社会人経験や誠実な人柄をアピールできるのでオススメです。

また、後にお話するように、面接中は鞄を床に置くことになるため、自立するタイプにしておきましょう。

鞄とバッグには、そんな違いがあったんですね。転職面接には、カジュアルなバッグではなく、革製の鞄が最適なんだということがよく分かりました。

A4サイズが入る大きさがよいとのことですが、それより大きい鞄はどうでしょう?

鞄とバッグでは、職人さんや使うミシンの種類もそれぞれ違うんですよ。専用の道具できちんと作られた革の鞄にはバッグにはない気品がありますから、面接官の印象も上がりますよ。

A4サイズより大きいと、嵩張るし少し野暮ったい印象になりますから、避けた方がいいですね。

こんな鞄で行ってはダメ!転職面接にNGな鞄とは?

転職面接に最適な鞄について見てきましたが、では逆に、転職面接にはNGな鞄とはどんなものでしょうか?こちらについても、合わせて知っておきましょう。

こんなカバンやバッグはNG!

転職面接に持って行ってはいけない鞄とは、以下のようなものです。

  • 色が派手なもの
  • 布製のトートバッグ
  • リュック
  • カジュアルでデザイン性の高いバッグ
  • 柄が入ったバッグ
  • ブランドロゴが目立つバッグ
  • サイズが小さすぎる、または大きすぎるもの

基本的に、色柄が派手なものや、カジュアルなもの、おしゃれなものはNGです。

また、高級ブランドの物だと一目で分かるようなバッグも、印象が悪くなりがちですので避けましょう。全体的にはシンプルで、ごく控えめにブランド名が入っている程度なら大丈夫ですが、ブランド名の部分が目立たないように持つのがベターです。

就活生が持つようなカバンでもいいの?

専門職やアルバイトをしてきた等の理由で、リクルートスーツやそれに合わせる鞄を持っておらず、今回の転職で初めて就職活動をする方もいらっしゃいますよね。

そのようなケースでは、就活生が使うような鞄が良いのか、あるいは、そもそもそれがどんな鞄なのかピンとこないという方も多いと思います。

新卒の就活生がリクルートスーツに合わせて持つ鞄には、ナイロン製も多いです。

黒のナイロンバッグ

参照元:アオキ

なので、ナイロンバッグには初々しいイメージもあり、社会人としてのスキルを積み重ねているはずの転職者が持つと、やや違和感を覚える面接官もいるでしょう。

ナイロン製のカバンが絶対ダメというほどではありませんし、転職と言っても年齢が若い人や、比較的カジュアルな社風や職種の場合ならアリですが、無難にいきたいなら避けた方がよいでしょう。

数十万円もするような高級ブランドの鞄にも、シンプルで黒いものがありますよね。

持っている人は、せっかくだから使いたくなってしまうこともあるでしょうが、転職面接にはやはりダメでしょうか?

高級ブランドであれば知っている人も多いですから、いくら色や形がシンプルでも、見る人が見たら分かります。

面接官の中にその鞄を見て高級ブランドのものだと分かる人がいた場合、やはり印象は良くないでしょうね。

鞄はどう持ってどこに置くべき?作法を頭に入れておこう!

転職面接にぴったりな鞄が見つかったら、次は面接当日のことも考えておく必要があります。鞄はどのように持つのか、また、面接中はどこに置けばいいのか、そんなところも面接官は見ています。ぜひ、この機会に正しいマナーを知っておきましょう。

鞄の持ち方

鞄を持つのは、基本的に利き手と反対側の手です。

右利きの人なら、左手で持ちます。冬場で脱いでたたんだコートを持つ場合も、鞄と同じ側の手に掛けます。

面接室のドアを開ける動作などは利き手で行うため、いちいち持ち替えずに済むように、初めから利き手と逆側で持っておいた方がスムーズだからです。何かを持ったままの手でドアを開けるのは美しい所作とは言えませんので、ご注意ください。

原則として、ショルダーバッグはNGなので、ショルダーストラップが取り外せるタイプの鞄であれば、外して手持ちするようにします。私服面接なら、きちんと感のあるショルダーバッグであれば業種によっては可ですが、その場合もやはり利き手と反対側の肩にかけましょう。

鞄は床に置くのがマナー

面接室に入り着席を促されたら、「失礼します」と言って会釈をして、立ったまま鞄を椅子の横の床に置きます。

それから、鞄が倒れないことを確認しながら着席しましょう。

鞄は床に置くのがマナー

参照元:アオキ

鞄を椅子にもたれかけさせるのは、きちんとした印象にはならないため、必ず自立する鞄を持っていきましょう。

もしも面接官から、鞄は椅子に置くように指示されたら、その通りにします。椅子の背もたれと自分の間に鞄を置きましょう。しかし、鞄は床に置くものなので、指示もないのに椅子に置くのは大変失礼です。絶対にやってはいけません。

また、テーブルに置く、椅子の背にストラップを引っ掛ける、手に持ったまま座る、膝の上に置くなどもNGですので、覚えておいてくださいね。

指示がない限り、鞄は床に置くべきなのですね。

ショルダーストラップは、男性向けのビジネスバッグにもよくついていますよね。肩から掛けた方が楽ですが、やはり外した方がいいのですか?

資料などがたくさん入っていると重いですから、途中まではストラップで肩から掛けていてもいいですよ。

ただし、面接会場に入る前にストラップを外して、鞄の中にしまっておくのがマナーです。

転職面接には黒の本革製の鞄が最適!持ち方や置き方にも注意!

鞄は面接室の中まで持って入るものですし、面接官の視線が自然と向くアイテムです。持ち方や置き方も含め、どんなものを持ってきたのかを見られていることを意識して、転職面接に最適な鞄を選びましょう。

もっともオススメなのは、A4サイズが余裕で入る黒の本革製というシンプルなものです。転職面接ですから、きちんと手入れされたのが分かるような革の風合いが出ている鞄なら、社会人経験をアピールできてなお良いですね。

もちろん、派手なバッグやリュックはNGです。また、間違っても手ぶらで行かないよう、服装だけでなく鞄のマナーも頭に入れておいてくださいね。