面接の時間に関する疑問を解決(到着時間・時間帯・面接時間の長さ)

面接の時間に関する疑問を解決(到着時間・時間帯・面接時間の長さ)

転職活動をする中で面接を受けることになった場合、すでに書類選考に通っていますから、なおさら慎重になりますよね。そうなると、面接に関して様々な疑問がわいてくるのも当然のことです。

面接に関して気になることの一つとして、時間にまつわることがあります。どれくらい前に面接会場に到着していればいいのか、面接の開始時刻に間に合いそうにない時はどうすればよいのか、面接が長い・短いといった面接時間が採否に影響するのかなど、考えられる疑問は多くあります。

そこで、面接の時間にまつわる疑問を解決するために、よくある疑問とそれに対する回答をまとめてご紹介しています。面接が不安だとおっしゃる方は、ぜひ参考にしてみてください。

面接が行われる時間帯に関するよくある疑問と回答まとめ

面接を受けるためには、面接の日程を設定する所から始まります。日程の決め方としては、企業から面接時間の候補が伝えられ、その中から転職者が可能な日程を選ぶこともありますし、逆に転職者の方から面接希望の日程を提案するように求められることもあります。

そこで、まずは面接に出向く前段階として、面接が行われる時間帯に関してのよくある疑問とその回答をまとめてご紹介します。

Q.面接が行われることが多い時間帯は?

A.面接が行われることが多い時間帯は、転職先として希望する企業の平日の勤務時間内です。そのため、企業からはその時間帯を指定されることが多いですし、また転職者の方から時間を提案する場合は、その時間を目安に提案をすることをお勧めします。

また、企業によっては、現職に在籍したまま転職活動を行う転職者に配慮して、18時くらいからと遅めの時間を指定するところもあります。

Q.面接時間を自分で提案する際は何時頃を指定すればいい?

A.面接時間を自分から提案する場合、企業の勤務時間内のうちから複数の時間を提案するのが一般的です。

ただし、転職者が現職に在籍したまま転職活動を行う場合、昼間の時間を指定することで悪影響が出ることがあるので注意が必要です。なぜなら、以前は在職したまま転職活動を行うことは現職の企業に対する裏切り行為と考えられて、印象が良くなかったからです。

現在は容認される傾向にありますが、企業によっては現職に在籍したまま転職活動を行う人が平日の昼間に面接の希望をすることに良い印象を持たないことがあります。それを嫌う企業とそうでない企業の割合は、半々くらいだと考えられています。

この見分けは転職者には難しいので、自分から面接日程を提案する必要がある場合、夜の時間帯(18時~19時ごろ)を指定した方が無難です。また、転職エージェントに登録すると企業の特徴を見分けた上で面接時間の相談に乗ってもらうことができますので、登録を検討してみてもいいですね。

通常、面接は転職先の企業の勤務時間内に行われることが多いのはわかりました。でも、現職に在籍したまま転職活動をする場合は、企業によってはその時間に面接を希望することを良く思わないところもあるんですね。
現職に在籍しながらの転職活動を容認するところもあれば、そうでないところもあるのが事実なので、面接時間の設定が採否に悪影響を与える可能性があります。在籍したまま転職活動をする人は、面接時間の設定に特に気をつけたいものです。

到着時間はいつ?間に合わない時は?面接会場に行く際の疑問を解決!

面接の日程が無事決まったら、面接会場に行って面接を受ける段階になりますが、その際にもいろいろ気になることはありますよね。

Q.面接の受付に行くのは開始時間の何分前が理想的?

A.面接の受付に行く理想的な時間は、面接開始の5分~10分前です。指定された時間よりもあまりに早く到着すると、採用担当者が別の仕事をしていたり、面接の準備をしていたりすることが考えられます。

早く行くとやる気を見せられるのでは、と思われるかもしれませんが、仕事をしている側からすれば時間通りの方がその日に立てたスケジュール通りに仕事ができて助かります。そのため、早く着き過ぎてしまうと、相手に対する配慮ができない人と判断される可能性もないとは言えません。

そのため、会場近くに早く着いた時でも、すぐに会場に行くのではなく時間を見計らって面接開始時間の5分~10分前になって受付をするよう気をつけましょう。

Q.面接会場への到着時間は開始時間の何分前が理想的?

A.面接会場に到着する時間は、面接開始時間の10分~15分前を目安にしましょう。受付を面接開始時間の5分~10分前に済ませられるようにすることを考えると、会場にはそれより少し前に着いていた方が安心だからです。

とはいえ、面接会場をよく知らない場合は道に迷うことも考えられますし、また遠方であれば途中で電車の遅延があったり実際に出向いてみたら思ったよりも到着に時間がかかったりということもあり得ます。バスやタクシーを利用しても、渋滞に巻き込まれることが無いとは言えません。

そのようなことが想定される場合は、余裕を持って面接会場付近に向かいましょう。会場付近に到着するのは、どれだけ早くても問題ありません。会場付近に早く到着した場合、お店に入るなどして時間を潰し、早過ぎない時間になってから面接会場に向かうようにしてみましょう。

Q.面接開始時間に遅れそう!そんな時はどうすればいい?

A.時間に遅れることは、採用したとしても仕事の面でも時間にルーズなのではないか、期限を守れないのではないか、なとど採用担当者にイメージさせることになり、かなり不利だと言えます。

そのため、早めに会場周辺に到着して近くで待機しておくなどの工夫は必須なのですが、それでも電車の遅延が長引いたり予想以上の渋滞で身動きが取れなくなったりすることも考えられます。

そんな時には、別の交通手段が使えないかを確認した上で、それでも無理なら企業に必ず電話連絡を入れましょう。

その際には遅刻する理由や到着予定時刻を伝え、遅れても面接をしてもらえるのか、後日改めた方が良いのかといった指示を仰ぎましょう。もちろん、理由が何であれ、遅れることに対しての謝罪の言葉を忘れてはいけません。

最も問題なのは、何も言わずに面接開始時間に遅れることです。事前に連絡を入れることで、採用担当者からの印象も変わります。ただし、遅刻した理由が寝坊などとなると、いくら連絡を入れたとしても挽回が難しいので、くれぐれも注意したいところです。

採用担当者は別の仕事もしているわけですから、遅れるのはもちろん、早く着き過ぎるのも迷惑になる可能性があるんですね。会場近くには早めに着くようにして、受付が面接開始時間の5分~10分前になるよう気をつけたいと思います!
それが一番安心な方法です。自宅から近くよく知っている場所なら気にする必要はなくても、知らない場所や遠い場所に行く場合は何らかの事情で遅れる可能性も想定した方がいいです。何らかの事情で遅れる時は、必ず連絡を入れましょうね。

長い・短いは採否に関係ある?面接時間にまつわる疑問一覧

それでは、実際に面接を受ける際の面接時間にまつわるよくある疑問と、それに対する回答をまとめてご紹介します。

Q.転職の際の面接時間の平均はどれくらい?

A.一般的に言えば、面接時間の平均は30分~1時間程度です。

ですが、企業によって面接時間にばらつきが多いのは確かです。面接を受ける人数が多ければ一人のために裂ける面接時間は必然的に少なくなりますし、たまたま話し好きの人が担当者だった場合などには予想以上に面接が長くなることがありますので、それも納得できる話です。

実際に、中途採用者の面接時間を企業にアンケートで聞いた結果があるのですが、7割5分程度の企業が30分~1時間程度だと答えています。

30分以内と1時間~1時間30分程度と答えた企業がそれぞれ1割程度、中には1時間半以上かけるという企業も少数ですがあります。

それから、面接と同時に試験や会社説明会が行われることもあるので、その場合はもっと所要時間が長くなります。

Q.面接時間が長い・短いは採否に関係がある?

A.面接時間が短いと不採用、長いと採用の可能性が高いといったイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、実際のところはあまり関係が無いというのが結論です。

先ほど面接時間について確認したことからもわかるように、企業によって面接時間の設定が違いますし、またその日たまたま担当者にとって外せない仕事が控えているために面接時間が短くなったというようなこともあり得ます。

ただし、面接時間が5分程度となると、残念ながら採用は難しいと言えます。これだけの会話で転職者について知ることは難しいと考えられるので、面接をしている中で何らかの理由で不採用が決まり、これ以上時間を掛けていられないと判断されたと考えるのが妥当です。

Q.面接が終わってすぐ帰っても大丈夫?

A.たとえば現職の仕事の半休を取って面接に出向いているなどの理由で、面接が終わってすぐに帰っていいのかどうかが気になる方もいらっしゃることでしょう。

基本的にはすぐに帰っても大丈夫なのですが、面接後に試験などがあることもありますし、他部署での適性があって担当者が変わって面接が行われることもあることから、面接後はスケジュールをある程度あけておいた方が安心です。

また、面接時間の平均を見ると1時間半以上の面接を行っている企業もあります。

となると、平均的な1時間程度で面接が終わると思っていたのに、面接自体が長引くことも考えられますので、ギリギリのスケジュールを組むと面接に集中できなくなる可能性もあります。そういった意味でもスケジュールには余裕を持たせたいものです。

極端に面接時間が短くない限り、面接時間が長いから採用、短いから不採用といったことはあまり関係が無いんですね。そういったことを気にしなくていいと思えば、面接の内容にも集中できそうです。
面接時間は企業の都合で左右されることもありますから、それが採否に関係するとは考えにくいので安心してください。それよりも、面接後のスケジュールに余裕を持たせて、面接が長引いても試験などがあっても集中できる体制を整えることが大切ですよ。

面接時間を気にするより指定時間少し前に到着する配慮の方が大切!

ここまで、面接の時間にまつわるよくある疑問とその回答をご紹介してきましたが、その内容を踏まえて、面接を受ける際には以下のようなことに気をつけるべきだと言えます。

  • 当日は面接の受付が5分~10分前に済ませられるよう会場に出向く
  • 遅刻しそうな時は必ず連絡を入れる
  • 面接時間の長い・短いは気にしない
  • 面接後のスケジュールに余裕を持たせておく

受付をするのは早過ぎても遅過ぎてもいけませんので、早めに着いた場合は時間を潰すなどの工夫をしつつ、できるだけ指定時間に合わせて企業を訪問することが大切です。

面接を受ける時は、面接時間の長さによって合否を心配することよりも、面接に集中できる状態を作るためにスケジュールに余裕を持たせておくことも忘れないようにしたいものです。