産休前の給料から『出産手当金』がいくらもらえるのか計算しよう

産休中は有給休暇を利用しない限り、ほとんどの会社では給料が発生しません。

出産のために会社を休んで、給料が出ない期間は「出産手当金」を受け取れます。

いくら出産手当金をもらえるのか、産休前12カ月間の平均月給から計算することが可能です。

当記事では、出産手当金のしくみや手当を受ける条件、計算手順について詳しく解説しています。

育休中にもらえる「育児休業給付金」や、主婦でも受け取れる「出産育児一時金」について、紹介した記事も併せて参考にしてください。

出産手当金とは?産休で給料をもらえない女性のための給付金

出産手当金とは、出産のために会社を休んで、給料をもらえない期間に受けられる制度のこと。

働く女性が安心して出産を迎えるために「会社が加入する社会保険」から支給されます。

出産手当金を受けられるのは、いつからいつまでの期間なのでしょうか?
出産手当金は「産前42日」と「産後56日」のうち、給料を支払われなかった期間に受けられます。

出産手当金がもらえる期間

さらに産前・産後の休業期間中は、社会保険料の支払いが免除されます。

産休中の保険料免除によって、将来の受取年金が減額されることはありません。

保険料の免除を受けるには、勤務先を通しての申請が必要です。

産休開始直前になって慌てないためにも、事前に会社の担当部署で確認しておきましょう。

産休中に出産手当金をもらう条件を確認!パートや派遣もOK

出産手当金の支給を受けるための条件は、次のとおり。

出産手当金がもらえる3つの条件
  • 被保険者である本人が出産する
  • 妊娠4カ月以上の出産※である
  • 産休中に給与の支払がないこと
※早産・死産(流産)・人工妊娠中絶を含む
夫の社会保険の扶養に入っている人でも、出産手当金を受けられますか?
残念ながら、家族の社会保険の扶養に入っている場合は、出産手当金を受けられません。

出産手当金は会社で加入する社会保険(または組合健保)の被保険者が、出産のため仕事を休んだ場合に受けられる制度です。

そのため家族の扶養に入っている人や、国民健康保険の加入者は対象外となります。

パートや派遣、契約社員の場合、会社の社会保険に入っていれば、出産手当金を受けられますよ。

また産休中に有給休暇を取って会社を休んだ場合も、期間中の給料が支払われることになるので、出産手当金を受けられません。

ただ休んだ期間に支払われた給与の日額が、出産手当金の日額よりも少ない場合は、給与の差額を給付金として受け取れます。

出産手当金の日額については、次の章でチェックしていきましょう。

産休前12カ月の給料から出産手当金がいくらなのか計算しよう

出産手当金は産前産後の休業中、給料が支払わらない場合、1日につき賃金(標準報酬日額)の3分の2相当額が支給されます。

標準報酬日額とは、残業代や各種手当を含めた月給の平均(標準報酬月額)を30日で割ったもの。

標準報酬月額は、4月~6月の平均給与をもとに1~31等級のなかで区分され、保険料や年金額を計算するときの基準として用いられます。

では標準報酬月額20万円の人が産前・産後の休業期間にもらえる、1日あたりの出産手当金を算出してみましょう。

「標準報酬月額がよく分からない」という人は、産休開始前12カ月間もらっていた月給の平均額を当てはめて、計算してみてください。

出産手当金の計算手順(標準報酬月額20万円)

1「標準報酬月額」を30日で割って、「標準報酬日額」を算出する
20万円÷30日=約6,666円
2「標準報酬日額」に3分の2をかけて、1日あたりの出産手当金を算出する
約6,666円✕(2/3)=約4,444円
産休中に支払われた給料の日額が「1日あたりの出産手当金」よりも少ない場合は、1日あたりの出産手当金と支払われた給料の差額が支給されます。
31日あたりの金額に支給日数をかけて、出産手当金の総支給額を算出する
約4,444円✕(産前休42日)+(産後休56日)=約43万5,512円

出産手当金の支給日数は、出産日を基準に「出産日以前42日間※」「出産日後56日間」を合わせた期間のことです。

※多胎妊娠は98日間

もし出産予定日より遅れて産まれた場合は、予定日より遅れた日数も合わせて出産手当金を受けられます。

出産予定日より遅れて産まれた場合の出産手当金の支給期間

出産予定日より遅れて産まれた場合は、遅れた日数分多く出産手当がもらえますよ。

産休開始前より12カ月間支給された、給料の平均額が20万円の場合、もらえる出産手当金の総額は約43万5,512円となりました。

ただし、この金額はあくまでも、おおよその目安です。

きちんと自分がもらえる出産手当金を算出したい人は、正しい「標準報酬月額」を調べて、計算式に当てはめましょう。

「標準報酬月額」は会社の社会保険(または組合健保)を担当する、人事労務の部署で教えてもらえます。

出産手当金はいつもらえる?支給日や申請手順をチェック

出産手当金はいつもらえますか?

これからお金が必要になるので、なるべく早く受け取りたいです。

提出書類に不備がなければ、最短で申請2~3週間後に、指定口座へ振り込まれますよ。

出産手当金の振込日は、申請して約2週間~4カ月後。

「出産手当支給決定通知書」が自宅に届いてから、指定した口座へ給付金が振り込まれます。

出産手当金の申請は産前分、産後分をまとめてすることはもちろん、複数回に分けておこなうことも可能です。

ただ申請する際は、毎回事業主の証明が必要になるため、産前・産後分をまとめて申請するケースが多い傾向に。

ここでは、出産手当金を産前・産後分まとめて申請する手順を紹介します。

出産手当金を申請する方法

【1】産休前に職場から支給申請書をもらう
【2】産後、申請書に振込口座や出産日等を記入
【3】病院で医師の証明欄を記入してもらう
【4】申請期間経過後※申請書を職場へ提出

※産後57日目以降
出産手当金の支給日は、人によってばらつきがあります。

振り込まれるまでの期間にかかるお金は、事前に準備しておくと安心です。

産休前に出産手当金のしくみや計算方法などを知っておこう

出産手当金とは、出産のために会社を休んで、給料が支払わられない期間中にもらえるお金のこと。

「社会保険の被保険者である」「妊娠4カ月以上の出産である」などの、支給要件を満たせば、申請後に給付金を受け取れます。

出産手当金をいくらもらえるのか、産休前12カ月もらっていた給料の平均額から計算することが可能です。

きちんと出産手当金の支給額を計算したい場合は、会社の人事労務で「標準報酬月額」を調べてもらいましょう。

出産手当金は申請して、早ければ2、3週間後に指定口座へ振り込まれます。

ただ場合によっては振込まで2~4カ月かかるなど、支給日にばらつきがあることは、事前に理解しておきましょう。

※記載の情報は2018年11月現在のものです。
bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月14日 22:33 求人更新