育児休業給付金とは?もらえる条件や申請方法をチェックしておこう

妊娠・出産でもらえるお金のなかで、働く女性が知っておきたい「育児休業給付金」。

育児休業給付金は、勤務先で育児休業を取る女性または男性が受け取れるお金です。

産後も仕事を続けることで、育休開始6カ月間は給料の半分以上の金額が給付金として支給されます。

当記事では、産後の職場復帰をサポートする育児休業給付金について、もらえる条件や金額、申請の手続きなどを詳しく解説。

夫婦で育児休業を取ることのメリットも紹介しているので、産後の夫婦の働きかたについて、いま一度考え直してみましょう。

産休中にもらえる「出産手当」や、主婦でも受け取れる「出産育児一時金」を紹介している記事も、あわせてチェックしてみてください。

育児休業給付金とは?子育てと仕事の両立をサポートする制度

育児休業給付金とは、給料のもらえない育児休業中に雇用保険から支給されるお金のこと。

子育てしながら、働く人をサポートするための制度です。

育児休業の期間終了後に、職場復帰を前提とした母親・父親が利用できます。

育児休業給付金は、男性でも受けられるんですね。
ええ。夫婦同時に育児休業給付金を受けることで、さまざまメリットが得られますよ。

夫婦で育児休業給付金を利用するメリットは「育児休業を夫婦が取ることで2つの嬉しい制度を利用できる」の章を、参考にしてください。

育児休業給付金をもらう条件をチェック!パートや派遣もOK

育児休業給付金をもらうには、次の要件を満たさなければなりません。

育児休業給付金4つの支給要件
  • 雇用保険に加入している
  • 育児休業開始日前の2年間に、11日以上働いた月が12カ月以上ある
  • 育児休業中の給料が休業に入る前の8割以下である
  • 育児休業終了後は、職場に復帰する予定である
「育児休業開始日前の2年間」とは、具体的にどの期間のことを指すのでしょうか?
育児休業が始まる日の前日から1カ月ごとにさかのぼって、2年間の期間です。

育児休業給付金をもらう条件

転職して1年未満で育休を取る場合は、どうなりますか?
前職の期間も合わせて、2年間のうち11日以上働いた月を数えましょう。

ただ退職後に失業保険の手続きをしていた場合、前職で働いていた期間は通算できなくなります。

退職・転職後に育児休業給付金をもらう条件

失業手当自体をもらっていなくても、失業給付の受給資格が決定した時点で、前職で働いていた期間は通算できなくなるので、注意しましょう。

パートや派遣、契約社員でも給付金をもらえますか?
ええ。一定の条件を満たせば、パートや派遣、契約社員でも育児休業給付金をもらえます。

パートや派遣、契約社員が育児休業給付金を受けられる、3つの条件は次のとおり。

育休をパート・派遣・契約社員がもらう条件
  • 同じ会社で1年以上雇用されている
  • 1週間の所定労働日数が2日以上
  • 育休期間終了後も契約期間が続く

正社員以外の人が育児休業を取る場合も、育休終了後の職場復帰が前提条件となります。

育児休業を申し出る日から1年以内に、雇用契約の期間が終わってしまうと、育児休業給付金はもらえません。

「自分は育休を取得できるのか」「どのくらいの期間可能なのか」不安な場合は、会社の人事・総務で事前に確認しておきましょう。

育児休業給付金はいくらもらえる?支給金額を計算してみよう

育児休業給付金の支給額は、育児休業前に支払われた賃金をもとに算出します。

では月給20万円の人が、10カ月間の育児休業を取得した場合に、もらえる金額を算出してみましょう。

育児休業給付金の算出手順
(月給20万円で10カ月間育休を取得)

1育休開始前の6カ月の給料を180で割って「休業開始賃金日額」を求める
(20万円 ✕ 6カ月) ÷ 180 = 6,666円
※1円未満は切り捨て
2「休業開始賃金日額」に1カ月の支給日数(30日)をかけて「賃金月額」を求める
6,666円 ✕ 30日 = 19万9,980円
3「賃金月額」をもとに、期間ごとの支給額を求める

休業開始から6カ月間は賃金の67%、7カ月目から職場復帰するまでは賃金の50%が支給されます。

「育休開始から6カ月間」「育休開始から7カ月目以降」それぞれ、支給額の求めかたを見ていきましょう。

育休開始から6カ月間の支給額
19万9,980円 ✕ 67% = 13万3,986円
13万3,986円 ✕ 6カ月 = 80万3,916円
育休開始7カ月目から職場復帰までの支給額
19万9,980円 ✕ 50% = 9万9,990円
9万9,990円 ✕ 4カ月 = 39万9,960円

2つの期間の支給額を合算すると、育児休業給付金の総支給額は120万3,876円(80万3,916円+39万9,960円)となります。

育休開始前の6カ月間でもらったボーナスも含めますか?
年に4回以上支給される賞与は、賃金として計算に含められます。

年に3回以下支給される賞与の場合は、6カ月間の賃金に含めず計算しましょう。

育児休業給付金はいつまでもらえる?条件クリアで延長もできる

育児休業が取得できる期間は、原則として「子どもが1歳になる誕生日の前日まで」。

そのため育児休業給付金も、子どもが1歳になる日の前日まで受け取れます。

友人の会社では、3年くらい育休をもらえたそうです。

その場合は、給付金も3年間受け取れるのでしょうか。

なかには、育児休業を3年ほど取得できる企業もあります。

ただ特別な事情がない限り、子どもが1歳になるまでしか給付金をもらえません。

育児休業給付金の延長理由として認められるものは、次のとおり。

育児休業給付金を延長できるケース
  • 1歳6カ月になっても保育所に入れない
  • 養育者が死亡した
  • 病気やケガで子どもの養育が困難
  • 離婚などで配偶者が子どもと同居してない
  • 6週間以内に出産予定
  • 産後から8週間経っていない

育児休業給付金を延長する場合は、会社の担当部署を通して延長申請をおこないましょう。

育児休業の期間中に2人目を妊娠した場合は、どうなりますか?
2人目の産休が始まる日の前日に、1人目にかかる育児休業給付金の支給は終了します。

その後2人目の支給要件をクリアすれば、2人目にかかる給付金を受けられますよ。

育児休業給付金は会社側で申請する!必要書類や手続きの流れ

育児休業給付金の申請は、原則として会社を経由して手続きする必要があります。

本人が希望すれば、直接ハローワークで申請することも可能です。

自分の勤め先を通じて、育児休業給付金を申請する手順や必要書類は、次のとおり。

1出産予定日がわかったら、会社の人事・総務で育休期間について相談する
2育児休業給付金の受給資格が確認できたら、会社から申請書類を2つもらう
・育児休業給付受給資格確認票
・(初回)育児休業給付金支給申請書
3育休開始前に申請書類を記入して、母子手帳や受取口座の通帳の写しと一緒に会社へ提出する
42カ月ごとに、育児休業給付金の追加申請をおこなう
育児休業給付金の申請には、期限があります。

会社で規定された期限内に、必ず必要書類を提出しましょう。

育児休業を夫婦が取ることで2つの嬉しい制度を利用できる

育児休業給付金は、受給要件を満たしていれば、男性でも申請・受給が可能です。

妻が専業主婦でも、夫が育児休業を取得して、給付金を受け取れるケースも。

さらに夫婦で育児休業を取得すると、妻(または夫)のみ取得するよりも、多くのメリットが得られます。

夫婦それぞれが育児休業を取ることで、得られるメリットは次のとおり。

夫婦で育休を取得する3つのメリット

それぞれのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

夫婦合わせて育児休業給付金を延長できる「パパ・ママ育休プラス」

育児休業は原則として、子どもが1歳になるまでの期間しか取得できません。

しかし、夫婦それぞれが育児休業を取得することで、最大1歳2カ月になるまで休業期間が取れます。

夫婦で育休を取ることで、休業期間が延長される制度のことを「パパ・ママ育休プラス」といいます。

パパ・ママ育休プラスのしくみ

夫の育休開始日よりも前に、妻が育休を開始した場合は子どもが1歳になるまでしか育休期間が取れないので、ご注意を。

夫婦で育休を取れば育児休業給付金の給付率67%が最大1年間続く

夫婦それぞれが半年ずつ育児休業を取得すれば、受給期間を半年過ぎても、給付率67%のまま最大1年間の受け取りが可能です。

妻(または夫)のみの場合、休業開始から6カ月間は「賃金の67%」、7カ月目から休業終了までは「賃金の50%」が育児休業給付金として支給されます。

しかし妻の育休が6カ月経過した時点で、夫が育休を取り始めることで、最大1年間「賃金の67%」の給付金を受けられるのです。

育児休業給付金を最大給付率で1年間もらう方法

夫婦で育児休業を取れば、最大子どもが1歳2カ月まで手取り賃金の約8割がもらえることになりますよ。

育児休業を2回取れる「パパ休暇」で産後のママの負担も減らせる

妻の産休中(産後8週間以内)に、夫が育児休業を取ると、妻が育児休業を開始したあとに、夫は再度育児休業の取得が可能です。

このように、夫が育児休業を2回取得できる制度のことを「パパ休暇」といいます。

パパ休暇のしくみ

パパ休暇を使う場合、1度目の育休は産後8週間以内の期間に取得・終了しなければなりません。

会社を休んで男性が育児に参加することに、抵抗を感じる人はまだまだ多い傾向にあります。

職場によっては、男性が育休を取りづらい雰囲気があるかもしれませんが、条件さえ満たしていれば男女ともに育児休業の取得は可能です。

夫婦ともに育児休業を取得すれば、産後の妻の負担を減らせるだけでなく、国からの手厚いサポートも受けられます。

国の制度はできるだけ活用して、少しでも家計や育児にかかる負担を減らしていきましょう。

育児休業給付金のしくみを理解して産後の働き方考えよう

育児休業給付金とは、職場復帰を前提とした人の子育てをサポートするための制度。

受給資格の要件を満たせば、男女ともに育児休業を取得して、育児で働けない期間中の給付を受けられます。

育児休業給付金をもらえる期間は、原則として子どもが1歳になる日の前日まで。

しかし保育所が見つからないなど、特別な事情があれば、最大2歳になるまで受給期間を延長できます。

また夫婦それぞれが育児休業を取得すると、最大子どもが1歳2カ月になるまで、受給期間の延長が可能です。

育児休業給付金のしくみを理解したうえで「産後もこのまま働き続けるのか」もしくは「退職して育児に専念するのか」、いま一度夫婦で話し合っておきましょう。

※記載の情報は2018年11月現在のものです。
bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月14日 22:34 求人更新