30代でも未経験職種への転職は可能!成功の秘訣・年収まで徹底解説

30代でも未経験職種への転職は可能!成功の秘訣・年収まで徹底解説
せっかく転職するなら、ずっと夢だった仕事がしたいです!まだまだ30代は若いですし、未経験でも大丈夫ですよね。
新卒一括採用主義の日本で、30代の未経験者が採用される仕事なんてあるのかしら。
もちろんありますよ。たとえ未経験であったとしでも、これまでの仕事で培ったキャリアや経験、意欲をアピールすれば、十分に採用される可能性はあります。

30代で未経験の仕事に転職をしたくても、「採用なんてされないのでは」「年収が下がるのでは」そんな不安から転職に踏み切れない人も多いです。

しかし30代で転職をためらうのは、もったいないですよ!

30代の未経験者でも、企業や職種・業種によっては採用されるだけでなく年収をアップさせることも可能。

この記事では30代で未経験職種・業種への転職に成功するためのポイントや、転職可能な職種・業種例、年収アップのコツを紹介します。

30代で未経験職種への転職に成功するポイント

30代の未経験職種・業種への転職に成功するためのポイントは、次のとおり。

  • 転職に重視する条件を絞る
  • これまでの経歴・職歴を洗い出す
  • 転職エージェントで条件に合う会社を探す
  • 面接では実績を武器にしたアピールをする
僕は未経験でも、給与も上がって、残業や休日出勤もなくて、福利厚生が充実していて、家から近くて、ノルマもない楽な仕事だけでOKな会社に転職したいです。
あまりに条件をつけすぎると、見つかるものも見つかりませんよ。絶対に譲れない条件と、妥協できる条件の優先順位づけが大切です。

転職で譲れない条件を絞ったら、これまでの経歴や職歴でアピールできるポイントを洗い出します。

特に管理職などマネジメント業務は、職種・業種が違っても即戦力として評価されやすいです。

実際に30代で未経験職種への転職に成功した人からは、次のような意見が出ました。

・給与は1割未満だがアップした。前職で幅広い業務を行っていたため、即戦力として評価された。(32歳/男性/会社員)

・給与は1割以上アップした。管理職としての人材育成や教育の経験が役に立った。(35歳/男性/会社員)

転職サイトであれば、求人情報に「30代活躍中!」などと記載がある場合、「特に30代を企業が採用したがっている」ということなので狙い目です。

また転職エージェントなら、一般には出ない「非公開求人」も取り扱っているため、より良い条件での転職も望めますよ。

転職エージェントの利用は無料です。ただしエージェントによって得意分野・不得意分野があるため、複数のエージェントを同時に利用するのがオススメ。

転職エージェントについては、次の記事で詳しく解説しています。

30代未経験でも転職できる職種・業種を紹介!

具体的に「30代の未経験者でも転職しやすい職種や業種」というのはあるんでしょうか。
ありますよ。30代の未経験者を、積極的に採用している職種・業種の例を紹介しますね。

30代未経験可の募集が多い職種とは?大手希望なら営業職が狙い目

「30代・未経験可」という募集が多い主な職種は次のとおり。

30代の未経験者でも募集が多い職種例
  • 営業
  • 経営コンサルタント
  • エンジニア
  • 介護
  • ドライバー

多くの業種で必要な営業職なら、東証一部上場の大企業に30代の未経験でも入社できる可能性は大きいです。

他にも需要が大きく人手不足が深刻なエンジニアの場合、30代の未経験者でも一から教育してもらえるので、スキルも身につきます。

エンジニアは特に近年ニーズが高まっているので、その後より条件の良い会社への転職も狙うことができますよ。

ドライバーに関しては、ドライバーと一口に言ってもタクシーやハイヤー、トラック、バスなどさまざま。

東京オリンピックに向け、外国人旅行客の集客にも力を入れている現在の日本では、ニーズが大きいんですよ。

30代未経験可の募集が多い業種を紹介!異業種でもスキルは活かせる

「30代未経験可」の募集が多い業種は次のとおりです。

  • 不動産・建築
  • 広告代理店
  • 自動車販売
  • 介護
  • 保険
  • 教育
  • その他小売・サービス業

30代以上になるとマネジメント経験や営業経験など、前職の経験を買われ異業種への転職が成功することもあります。

グローバル化を進める会社であれば海外ビジネス、コンサルティング会社であれば顧客折衝など、前職の経験が生きる場合も。

その一方、近年では労働者不足により「年齢より意欲を重視する」という企業も増えています。

「年齢不問」と書かれていたり、「40歳まで」などと年齢制限を明確に記載したりと、求人によって表記はさまざま。

「会社がどのような人材を欲しがっているか」を事前にチェックすることが、内定への近道です。

30代で未経験職種に転職すると年収はどうなる?

特に未経験職種の場合、企業側も「この人を雇ってどれだけの仕事ができるのか」というのがわかりにくいです。そのため給与は前職に比べ抑えられてしまうことも。

やはり新しいことにチャレンジする分、給与ダウンは避けられないのでしょうか。
悲観することはありません。企業によっては働きが認められれば、給与アップを見込めますよ!
それには、きっと数年・数十年かかるのでは?
いいえ、企業によっては1~2年で給与アップが見込めるんです。

短期間で給与アップが見込める例として、次の場合があります。

  • 人事制度が柔軟なベンチャー企業で実績を挙げる
  • 昇進・昇格のチャンスが1年に何度もある
  • 業績や働きにより賞与が上乗せされる
転職の最終段階あたりになると、給与の話が出ると聞きました。そのときに給与交渉ができると聞いたのですが、実際どうなんでしょうか。
そうですね。入社後には給与交渉できないことが多いので、交渉するなら転職時に行いましょう。

ただし給与額交渉には、通りやすい企業・通りにくい企業が存在するのも事実。

それぞれ主な特徴を紹介します。

給与額交渉が通りやすい会社の特徴例
  • ベンチャー・中小企業
  • 業務に高度な専門スキルが必要
給与額交渉が通りにくい会社の特徴例
  • 給与制度・体系が固まっている
  • 同じ条件で中途社員を複数人採用した
  • 給与改定をしたばかり
交渉次第で、好きな仕事に転職できて給与もアップするなんて、最高ですね!
確かに給与額の交渉が通りやすい企業もありますが、特に未経験の場合、強気に出すぎてしまうのはNGです。
どうして強気に出てはいけないんでしょうか。せっかくのチャンスだからなるべく高めに設定したいです。
無理に強気な交渉すると「そこまで高額な給与にする価値がない」と思われて、決まりかけた採用が見送られてしまう場合があるんですよ。

せっかくの内定を逃してしまうより、入社後実績を挙げて給与アップを狙うほうがオススメです。

30代でも未経験職種・業種への転職は可能!意欲と職歴をアピール

30代で未経験職種・業種に転職するポイントや、募集の多い職種・業種、年収について解説しました。

人材不足が深刻になるなか、30代でも意欲やそれまでの職歴が認められれば、未経験職種・業種に転職するチャンスは十分にあります。

人によって学歴や職歴、身につけたスキルが異なるため、企業研究でそれらが生かされる求人を見つけて応募することがオススメ。

また気になる年収は、未経験の場合下がる可能性もあります。転職時に強気で交渉すると「そこまでの給与を払う人材ではない」と判断され、採用が見送られる場合も。

年収にこだわる人は、入社後に短期間で給与アップが見込める企業を選びましょう。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
10月23日 21:51 求人更新