薬剤師が転職に失敗する理由と成功させるためのポイント

薬剤師は募集求人の数も多く、比較的転職しやすい職業といえます。

ただ転職しやすいからといって、間違った方法や考えで転職活動をおこなえば、失敗して後悔することも。

薬剤師の求人には、収入や待遇面において魅力的なものが多いため「本当に自分の理想とする転職先かどうか」を、見極める力が大切です。

当記事では薬剤師が転職で失敗する理由とあわせて、失敗しないための対策方法を紹介しています。

薬剤師専門の転職サイト・エージェントを使うメリットも、載せているので、転職サービスの利用を考えている人はぜひ参考にしてください。

薬剤師が転職で失敗しないために心得ておきたいこと

薬剤師が転職に失敗してしまう、おもなケースは次のとおり。

薬剤師が転職で失敗する5つの理由

それぞれの理由と解決策を、詳しく見ていきましょう。

【薬剤師が転職に失敗する理由その1】仕事がイヤで辛い

薬剤師の働く職場は、さまざまな業種の人と接することが多く、人間関係の悩みを抱えることも多いはず。

また業務ミスや繁忙期などで、仕事がうまくいかない日々が続くこともあるでしょう。

ただ「今の職場が嫌だから」という、マイナスの感情だけで転職すると、失敗してしまう可能性が高いです。

転職すれば「嫌な人間関係」や「忙しい日々」とは、一時的に開放されるかもしれません。

しかしこのような問題は、どの職場でも起こりやすいもの。

「なぜ人間関係がうまくいかないのか」「どうしたらうまく仕事を回せるのか」自分と向き合って、問題解決を目指してみましょう。

「とにかく仕事を辞めたい」という人は、次の記事で紹介する解決策や対処法を参考にしてみてください。

【薬剤師が転職に失敗する理由その2】転職先のリサーチ不足

薬剤師の求人情報は、インターネット上でいくらでも探すことができます。

ただ求人票だけを見て、すぐに転職先を決めてしまうと「こんなはずではなかった」と、後悔することに。

薬剤師の転職活動において、候補となる転職先の入念なリサーチは欠かせません。

転職先の情報収集には、次のような方法があります。

薬剤師が転職前にやっておきたい情報収集
  • 転職先の公式HPをチェック
  • SNSで転職先の評判を調べる
  • 転職エージェントの意見を聞く
  • 直接現場へ足を運ぶ
公式HPでは、なにをチェックすればよいですか?
職場によっては、公式HPで実際に働く社員や仕事内容などを写真付きで紹介しているところもあります。

求人情報に載っていない情報をゲットできるかもしれませんよ。

また転職エージェントを利用して、職場の雰囲気を教えてもらう方法もおすすめ。

現場へ頻繁に訪れる担当者であれば、自分と職場の相性がいいかどうか、第三者からの意見を聞くことができますよ。

転職エージェントを活用するメリットは「薬剤師向け転職サービスの活用で起こしがちな失敗を防ごう」の章で、紹介しています。

【薬剤師が転職に失敗する理由その3】自分自身への理解不足

自分の強みや弱み、向いている仕事などを、理解していないと、転職してもなかなか仕事が長続きしません。

たとえば、重篤な症状の患者が多い、急性期病院の薬剤師には、多くの仕事をこなすための作業スピードや臨機応変な対応が求められます。

いっぽう郊外の小規模な調剤薬局では、在宅医療を通じて、患者一人ひとりとじっくり向き合ってケアできることが大切です。

そのため、時間をかけて患者とコミュニケーションを図ることが得意な薬剤師が、急性期の病院へ転職すると、なかなか現場の作業スピードについていけないケースも。

転職後のミスマッチを少しでも防ぐためには、自分の持つスキルや性格、向いている環境などを理解することがポイントです。

適性を知ることで、自分にぴったりの職場や働きかたを見つけられます。

次の記事を参考に、正しい自己分析をおこなってみましょう。

【薬剤師が転職に失敗する理由その4】高収入だから転職する

「年収が高いから」という理由だけで転職先を決めてしまうと、そのほかの職場事情から、思わぬ結果を招くことも。

時給や年収の高い薬剤師の求人は、給料以外の待遇にデメリットを感じることが多いからです。

高年収の薬剤師求人には、どのようリスクがありますか?
「多忙過ぎてすぐに薬剤師が辞めてしまう」「市街地から車で1時間以上かかる」など、思わぬデメリットが隠れている場合があります。

収入面を考慮するのも大切ですが、もっとも重要なのは、転職してから仕事を長く続けられるかどうか。

転職したての時期は、一時的に収入ダウンしますが、仕事を続けるうちに前職の収入を上回るケースはよくあります。

職場環境や仕事内容、勤務時間などの条件もきちんと確認し、納得したうえで、転職先を選ぶようにしましょう。

薬剤師の年収について、次の記事で詳しく紹介しています。

【薬剤師が転職に失敗する理由その5】転職活動に問題がある

「退職後に転職活動する」「とにかく求人サイトで探し回る」などと、転職活動自体に問題があると、失敗しやすい傾向に。

無職の状態で、転職先がなかなか決まらないと、精神的な焦りに追われて、転職活動にも支障を来たしてしまうことがあるからです。

また、しらみつぶしに求人サイトを探し回っているだけでは、本当に自分の理想とする職場に出会える可能性が低くなります。

転職の成功率を上げるためにも、転職活動の正しいやり方や手順をマスターしましょう。

薬剤師の転職活動のおおまかな流れ
  1. 自己分析をおこなう
  2. 転職活動の計画を立てる
  3. 薬剤師業界の動向をチェック
  4. 薬剤師の求人を探す
  5. 履歴書や職務経歴書の作成
  6. 気になる求人に応募する
  7. 面接
  8. 内定
業界の動向チェックは、どのようにおこなえばよいですか?
薬剤師専門転職サイトのコラムを見たり、大手転職サイト主催のイベントに参加したりして、薬剤師の転職事情を知っておきましょう。

業界の動向を把握することで、あらゆる視点から自分にぴったりの転職先を探すことが出来ますよ。

「転職の流れ」「転職までの期間」について、次の記事で詳しく解説しています。

薬剤師向け転職サービスの活用で起こしがちな失敗を防ごう

厚生労働省によると、平成30年3月の医師・薬剤師等における、有効求人倍率は5.35倍。

薬剤師の転職はまだまだ売り手市場であり、ほかの業種に比べて求職者が転職先を選びやすい状況です。

この転職に有利な状況を活かして、自分の理想とする働きかたを実現させましょう。

そんな薬剤師の転職を成功させるための、大きなポイントは転職サイト・エージェントのサービスを上手く活用すること。

薬剤師に特化した、転職サイト・エージェントには、次のようなメリットがあります。

薬剤師用転職サイト・エージェントのメリット
  • 転職の悩みにアドバイスをくれる
  • 希望に合う求人を提案してくれる
  • 履歴書や面接の指導をしてくれる
  • 条件交渉を代行してくれる
  • 職場の雰囲気を教えてくれる
  • 転職後もフォローしてくれる
「条件交渉」では、どのようなことを代行してくれるのですか?
求職者に代わって、担当キャリアアドバイザーが転職先との給与交渉をおこなってくれるサービスです。

年収や勤務時間などの条件交渉は、自分ではなかなか言いづらいもの。

大きなプレッシャーのかかる交渉は、転職サイト・エージェントの担当者に頼んでおけば、安心してほかの転職活動に専念できますよ。

薬剤師専門の転職サイト・エージェントの選び方や、利用するメリット・デメリットについて、次の記事で詳しく紹介しています。

転職サイト・エージェントのサービスは、すべて無料で利用できます。
薬剤師の転職活動に、ぜひ役立ててください。

薬剤師が転職に失敗する理由から転職の成功術を学ぼう

薬剤師は求人倍率が高く、比較的転職しやすい職業です。

ただし誤った方法や考えで、転職活動をおこなえば、失敗して後悔することも。

薬剤師が転職に失敗する理由には「情報収集不足」「自己分析ができてない」など、あらゆるケースがあります。

転職の成功率を上げるには、求人票以外の情報を徹底的に調べたり、自分の傾向を理解したりすることが大切。

さらに薬剤師専門の転職サイト・エージェントを利用することで、転職活動において、たくさんのメリットが得られます。

薬剤師の転職を成功させるためにも、正しい転職活動のしかたを理解して、便利な転職サービスを積極的に利用しましょう。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月14日 22:34 求人更新