転職活動の期間はどれくらい?平均期間や活動の流れを徹底解説!

転職活動の期間はどれくらい?平均期間や活動の流れを徹底解説!

転職にかかる期間は、3カ月~半年程度が一般的です。

しかし中には長引いたりブランク期間ができたりする人も。

転職期間を長引かせるのはできれば避けたいですよね。

そのためには、転職の目的や企業に求める条件を明確にし、スケジュールを決めておくことが必要です。

この記事では、転職にかかる期間とその流れ、転職期間を短くするポイントを説明します。

転職活動を始めるおすすめの時期や、時間をかけて転職活動をするメリットについても紹介するので、参考にしてくださいね。

転職期間の目安は半年以内!1カ月以内に内定する人も多数

冒頭に書いた通り、転職活動を始めて約3カ月~半年後には転職する人が多いです。

エン転職が利用者に行ったアンケートによると、転職期間が1カ月以内の人は21%、1~3カ月の人が52%、4~6カ月以内の人が17%でした。(2018年11月調べ)

約7割の人が3カ月以内、9割の人が半年以内に転職活動を終えているのです。

またリクルートエージェントでは、カウンセリングから内定までの目安を3カ月に設定。

「多くの人が3カ月以内に転職先を決めている」というのがその理由です。

当社も、転職経験者の20~40代男女を対象にインターネット上でアンケートを行いました。

その結果、転職活動を始めてから内定を得るまでの期間は「1カ月以内」と答えた人が最も多かったです。

実際に転職するまでの期間は3カ月~半年、内定までは1~3カ月以内が目安といえますね。

また、転職期間は年齢に関係する、というデータも。

次の章で見ていきましょう。

転職にかかる期間は年齢が上がるにつれて長くなる

中堅・ベテラン層の求職者は、転職先が決まるまでに時間がかかることが多いです。

厚生労働省の「平成27年度 転職者実態調査」によると、転職活動を始めて3カ月以内に退職する人は20代で最も多く、30代、40代になるにつれ減少しています。

当社が転職経験者を対象に行った年代別アンケートでも、転職先が決まるまでの期間で最も多かった回答は、20代が1カ月以内、30代が2カ月、40代が3~5カ月でした。

年代別 内定までにかかる転職期間

年齢が高くなるほど、転職に時間がかかっているといえますね。

これには、企業側に「若い人より人件費がかかる」「教育に時間やコストをかけられないので、即戦力となるかしっかり見極めたい」などの理由があるのです。

転職者側の選択肢も、特に35歳以上になると年齢制限などで狭まりがち。

その一方で、「住宅ローンがあり年収は下げたくない」「子どもの学校の都合で転勤はしたくない」など、転職先に求める条件は厳しくなり、求人は見つかりにくくなります。

また年齢を重ねるにつれ、「失敗したくない」という思いから応募に慎重になることも。

30代・40代以上の人は、転職がすぐに決まらない可能性も視野に入れ、スケジュールを考えておきましょう。

次の記事では年代別の転職ポイントを紹介。ぜひ参考にしてください。

では次に、年齢に関係なく転職期間が長引く原因やその対策方法を説明します。

転職期間が長引く原因は?短期間で終わらせるポイントを紹介

短期間で内定をもらえる人もいれば、なかなか転職先が決まらず焦る人も。

転職先が決まらない原因には、次のようなことが考えられます。

転職期間が長期化する原因
  • 自己アピールが足りない
  • 企業ニーズを満たせていない
  • 企業に求める条件の優先順位が曖昧
  • やることの期限を決めていない
  • 1社ずつ応募している

「辞めたい気持ち」だけで転職活動していると、目的が定まらず長引きがち。

短期間で終えるためには、次の点に気をつけてください。

転職活動を短くするポイント

それぞれ詳しく見ていきましょう。

転職期間を短くするポイントその1:自己分析・企業研究をしっかりする

転職先が決まらない理由としては、「自分をアピールできていない」「企業が求める人物像に合わない」「志望動機が曖昧」などが挙げられます。

これらを解決するためには、自己分析・企業研究が必須。

まずは、自己分析で自分のアピールポイントを明確にしましょう。

内定を得るには、説得力のある自己アピールが必要です。

自己分析のやり方は次の記事を参考にしてください。

また、企業研究も欠かせません。情報を集め、企業ニーズを把握しましょう。

その上で、自分の経験・スキルがどう活かせるか、会社にどう貢献できるかをアピールしてください。

企業研究については、次の記事で詳しく説明しています。

転職期間を短くするポイントその2:転職先の条件に優先順位をつける

転職活動を始めるときには、転職先を選ぶ軸をはっきりさせておくべきです。

「転職先を選ぶ軸」とは、譲れない条件や妥協できる条件、条件の優先順位のこと。

それが曖昧だと、候補が見つかっても応募に踏み切れず、転職期間が長引いてしまいます。

軸を決めるには、まず転職の理由や目的をよく考えてみてください。

それから、転職先の企業に求める条件を洗い出しましょう。

条件ならたくさんあります。「やりたい仕事ができる」「給料アップ」「残業なし」「福利厚生の充実」。あとは・・・。
ちょっと待ってください、コロン太さん。条件が多すぎます。すべてを満たす転職先なんて見つからないですよ。

条件には優先順位を決めてください。

最優先の条件を軸に求人を探し、他の条件にはこだわりすぎないほうが転職先は見つかりやすいです。

妥協できる条件は、どこまで妥協できるかも考えておいてください。

給料の額を妥協して後悔する人も多いです。

現在の支出などから妥協できるラインを決めることをおすすめします。

転職期間を短くするポイントその3:大まかなスケジュールを立てる

転職活動を始める前に、「やること」と「その期限」を明確にしましょう。

あらかじめ流れを把握し、スケジュールを立てると効率よく進められます。

大まかな流れは次のとおり。

転職活動の流れ
  1. 自己分析・企業分析
  2. 求人情報のチェック
  3. 応募書類作成・送付
  4. 面接
  5. 内定
  6. 労働条件の確認・雇用契約
  7. 退職手続き・引継ぎ
  8. 入社

転職期間中の流れ

「自己分析は〇日までにやる」「応募書類を△日までに準備」などのように、具体的な期日を設定しましょう。

「退職時期は繁忙期を避ける」のが社会人としてのマナーですよ。

転職に有利なタイミングについては、次の記事で紹介しています。

転職期間を短くするポイントその4:積極的に応募する

「もっといい求人があるかも」「気になる求人だけど自分には無理」などと、応募をためらっていませんか?

希望条件をほぼ満たしている求人があれば、積極的に応募してみましょう。

それも転職期間を短くするポイントです。

面接で会社の人と直接話をする中で、会社への理解が深まることも多いもの。

ためらわずチャレンジしてみてください。

面接で「この会社は自分に合わない」と思ったら、その時点で辞退してもいいんです。

転職期間を短くするポイントその5:並行して複数企業に応募する

1社に応募して選考結果を待ち、ダメなら他を探す、というやり方は非効率的。

書類選考や面接の結果を待つ間に他社にも応募しておけば、内定までの時間を短縮できます。

また、選考結果を待っている間に、狙っていた他社の募集が終了してしまうことも。

チャンスを失わないためにも、気になる求人には並行して応募してみてください。

不採用通知が届いても、応募中の企業が他にあれば、気持ちを切り替えやすいです。

転職活動で掛け持ちは当たり前のこと。気にする必要はありません。

複数応募は、応募書類の作成や面接の準備が大変そうです・・・。
そうですね。でも、応募書類は何度も作成するうちに内容が洗練されるメリットもあります。

面接も、慣れると自分を出せるようになりますよ。

面接日程を調整できるか不安です。
それなら転職エージェントを活用してみてください。

キャリアアドバイザーが面接の日程調整の代行をしてくれますよ。

転職エージェントについては、次の記事を読んでみてください。

1カ月以内に転職活動を終えた人の中には、20社に応募したという人もいました。(当社アンケート結果)

管理できないほどたくさん応募するのは問題ですが、できる範囲で複数に応募することをおすすめします。

効率よく転職活動をするには、先に退職した方がいいでしょうか。
いえ、安易に退職しないほうがいいですよ。

次の章で「在職中と退職後の転職活動はどちらがいいか」見ていきましょう。

在職中の転職がおすすめ!収入が途絶えないのがメリット

働きながら転職活動をするか、先に会社を辞めるか、迷う人もいるでしょう。

退職後は転職活動に時間をかけられますし、すぐにでも入社可能です。

でも筆者は、在職中の転職をおすすめします。

理由は、在職中なら収入が途絶えないので、お金の心配をせずに転職活動ができるから。

生活費だけでなく、転職活動そのものにも意外とお金がかかるものです。

退職して収入がない上に期間が長引くと、焦りや不安から冷静に転職先を選べなくなる恐れがあります。

「働ければどこの会社でもいい」と、よく検討せず入社し、「想像と違った」と短期間で辞めていく人もいるんですよ。

転職活動とお金については次の記事を参考にしてください。

すでに転職期間が長引いて焦っている人には、次の記事がおすすめです。

退職後の転職活動は、僕みたいな小心者にはリスクが高そうですね・・・。でも仕事と両立できるかなぁ?
時間のやりくりが不安な人は、転職エージェントを活用してください。

求人の紹介だけじゃなく、面接日程の調整などもしてくれるんですよ。

次の記事で、おすすめの転職エージェントを紹介しています。

ここまでは、転職活動を短期間で終わらせることをメインでお伝えしてきました。

しかし、一般的な転職期間が半年以内であっても、それが自分にとってベストとは限りません。

次の章では、転職期間をじっくり設けることのメリットを紹介します。

転職期間にこだわらず、納得できる転職先を見つけるのが重要

すぐに転職すべき理由がなければ、応募したい求人を待つのも一つの手。

その場合、転職サイトのスカウトサービスが便利です。

経験やスキル、希望条件を登録しておくと、企業からスカウトメールが届くんですよ。

長く転職活動していると、登録を消されちゃうんじゃないですか?
転職エージェントと違って、転職サイトにサポート期限はありません。

自分のペースで活動したいなら転職サイトの利用がおすすめですよ。

仕事が忙しい人や年齢の高い人は、あらかじめ長期間かかると想定し、余裕のあるスケジュールで取り組むほうが、焦らず活動できるでしょう。

在職中であれば、お金に困ることもありません。

長期間かけて転職活動をするのには、次のようなメリットもあります。

転職期間を長く取るメリット
  • 妥協せずに求人を選べる
  • 多くの企業を見て自分に合う転職先を選べる
  • 自己分析や企業分析がじっくりできる
  • 計画的に資格取得などができる

長い時間をかけて転職活動をする一番のメリットは、「妥協せず自分に合う転職先を選べること」。

当社のアンケートでも、時間をかけて満足できる転職を実現した人がいました。

転職活動に時間をかけたのがよかった。休みが前職より増えることが条件で、希望にあう求人が出るまで探した。1年ほどかけた。(32歳男性)

自分にとって大事な条件を曲げずに根気良く探し続け、希望通りの働き方ができる会社に勤めることができた。(34歳女性)

転職先が早く決まっても、相性や条件の合わない会社では意味がありません。

重要なのは、自分が満足できる転職をすること。

そのためには、転職期間にこだわりすぎないことも大切です。

時間をかけて考えているうちに「転職しない」という結論が出ることもあります。

自分の環境を見つめ直すよいきっかけになりますよ。

自分にとってベストな転職期間で、満足できる転職を実現しよう

この記事では、転職にかかる期間や流れ、長引かせないポイントを説明しました。

転職期間は3カ月~半年程度が一般的です。

しかし年齢に比例して転職期間は長くなりがち。30代・40代の人はそれを念頭において計画を立てましょう。

転職期間を短くするには、自己分析・企業研究をして企業ニーズに合う自己アピールをしてください。

「条件の優先順位をつける」「スケジュールを立てる」「複数企業に積極的に応募する」ことも重要です。

転職は在職中がおすすめ。仕事との両立が不安な人は転職エージェントを活用してください。

時間をかけて転職活動をするメリットもあります。期間にこだわりすぎず自分が満足できる転職を目指しましょう。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
7月23日 14:47 求人更新