仕事が見つからないときの焦りや不安を解消するにはどうすればいい?

仕事が見つからないときの焦りや不安を解消するにはどうすればいい?

「希望の会社が見つからない」「やりたい仕事がわからない」など、仕事がなかなか見つからずに不安や焦りを感じていませんか。

不安や焦りの気持ちを抱えて転職活動をするのは、精神的によくありませんよね。その焦りや不安が、転職活動のジャマをしてしまうおそれもあります。

この記事では、「仕事が見つからない理由とその対策法」や「仕事が見つからないことによる焦りや不安の解消法」を紹介します。

少し気持ちを切り替えるためにも、ぜひ読んでみてください。

「仕事が見つからない」ときの焦りや不安の解消法

仕事が見つからないことによる不安や焦りが続くと、気分が滅入るもの。

しかしネガティブな感情にとらわれると、転職成功も遠のいてしまいます。

まずは、今の焦りや不安な気持ちを少しでも取り除くために、次のような行動をしてみましょう。

仕事が見つからない不安や焦りの解消法
  • 自分を否定せず、認めてあげる
  • 一時的でもいいので、何かで収入を得る
  • 仕事に使えるスキルを磨く
  • 誰かに相談して発散する

それぞれもう少し詳しく説明します。

自分を肯定して、ネガティブな気持ちを和らげる

仕事が見つからないと、「自分はダメな人間なんだ」「もう嫌だ」と自分を否定する感情が芽生えてくることも。

自分を否定して卑下せず、頑張っている自分を認めてあげましょう。

「自分を認める」って、具体的にどうすればいいんですか?
たとえば、自分の長所を思いつく限りたくさんノートに書き出してみるといいですよ。

自分を周りの人間と比べるのではなく、過去の自分と比べるように意識するのも効果的です。

仕事が見つからない不安を、一時収入で解消させる

退職してブランクが長くなると、貯金を切り崩しながら転職活動をすることもありますよね。税金や保険料など、生きているだけでいろんな出費があります。

その状態が続くことを考えると、不安や焦りがより大きくなってしまいがち。

少しでも収入があれば、ストレスも減らせます。単発・短期のアルバイトや在宅ワークなど、一時収入を得ることも視野に入れてみてください。

在宅ワークといわれても・・・。具体的にどのような仕事があるんですか?
データ入力やWebライティング、ロゴデザイン作成などの仕事の募集が多いですね。

「クラウドワークス」や「ランサーズ」などネット上のクラウドソーシングを使えば、けっこう簡単に仕事を請け負えますよ。

勉強のいい機会ととらえ、必要なスキルを磨く

仕事探しだけに集中すると、気持ちがネガティブになりがちです。仕事に役立つ資格の勉強をしたり、本を読んだりして、スキルを磨いておくこともおすすめです。

勉強や読書によって「時間を無駄に過ごしている」ような意識を抜け出せるので、精神的に少し楽になります。

スキルアップのために勉強したことを履歴書や面接でアピールすれば、多少のブランクがあっても納得してもらえる可能性があります。

仕事が見つからない不安や焦りは、誰かに相談して解消させる

不安や焦りの気持ちは、1人で抱え込むとどんどん大きく膨らんでしまいます。気分が深く落ち込めば、転職活動へのモチベーションも上がりませんよね。

そんなときは誰かに話して、ストレスを発散させましょう。

家族や友人に相談したり、SNSやブログなどで自分と同じような状況の人を見つけて情報共有したりするのがおすすめです。

前職の取引先の人や、趣味を通じて知り合った人などにも、「仕事が見つからなくて困ってる」などと相談してみるのもいいですよ。

思わぬコネで就職が決まることだってあり得ます。

「転職フェア」に参加してみるのも1つの手。同じく転職活動をしている人が集まる場に行けば、新たな発見や気持ちの切り替えができる可能性も高いです。

実際に参加したレポを交えて説明した記事もあるので読んでみてください。

ただ、ここで紹介した方法はあくまで一時的な方法に過ぎません。転職先が決まるまでは、心から安心するのは難しいでしょう。

次は、仕事を見つけるためにどうすればいいかを考えていきます。

「仕事が見つからない」を2つのパターン別に解決

仕事がなかなか見つからない、その状況には主に3つのパターンがあります。

まずは「応募したいと思う求人がない」パターンから見ていきましょう。

仕事が見つからない=応募したい求人がない理由と対処法

「応募したいと思う求人がない」。その原因は次のようなことです。

いい求人が見つからない主な原因
  • 求人の条件を絞りすぎている
  • 転職先に対する明確な希望がない
  • やりたい仕事では求人募集が出ていない
  • そもそも真剣に探していない

対処法を見ていきましょう。

対処法その1:転職先への希望条件に優先順位をつける

まずは、自分にとって絶対に譲れない条件は何か、逆に妥協できるのは何かを考え、優先順位をつけてみてください。

仕事内容や条件を絞りすぎると選択肢がどんどん狭くなり、「これは」という求人がなかなか見つかりません。

逆に漠然と「いい仕事ないかな」と探していると、あちこちに目が行ってしまい、応募を迷っているうちに他の誰かに取られてしまうことも。

残念ながら、すべての希望条件を満たす転職先というのはなかなか存在しないものです。優先順位と、譲れない条件や妥協できる条件とそのラインを決めておきましょう。

優先順位って、たとえばどういうことですか?
仕事内容や自宅からの距離、給料の額や休日の数など、自分が転職先に求める条件を順位付けするんですよ。

前職を辞めた理由、不満の原因を洗い出してみると、優先順位を決めやすくなります。

いま一度じっくりと自己分析をすることも有益です。自分に何ができるか、何をしたいかをはっきりさせましょう。

ちなみに、当サイトが以前行ったアンケートでは、給料面で適当に妥協したことで後悔した人がけっこう多くいました。現状の収支などを考え、現実的な妥協案を決めてください。

対処法その2:応募したい求人が出るまで待つ、あるいは自らアピールも

希望条件に優先順位をつけたり妥協点を決めても、応募したいと思う求人がなくて仕事が見つからないこともあります。

その場合はよい求人が出るのを「待つ」のも1つの方法なのですが、かと言ってぼんやり待っているわけには行きませんよね。

常に求人情報をチェックしつつ、業務の役に立つような勉強をしたり、在職中なら仕事の幅を広げたり、役職などに挑戦したりして、経験とスキルを積み重ねましょう。

失業中なら、職業訓練に通うなどして新たなスキルを身につけるのもおすすめです。

ただ、無職のブランク期間が長くなると、転職に不利になるという現実があります。

ブランクが空いた場合は、その期間を有意義に過ごしたことが企業側に伝わればOK。転職に向けて、スキルを磨きながら準備をしていきましょう。

入りたい企業があるなら、ダメ元で「求人募集はされていないようですが~」と自分を売り込むのも1つの方法。

正社員の募集がなければ、アルバイトなど非正規で入社して正社員を目指す手もあります。その場合は、社員登用の可能性があるかどうかを確かめておいてくださいね。

対処法その3:転職活動へのやる気スイッチをON!まずは行動を

「仕事が見つからない」以前に、「仕事を探す気力がない」という人も少なからずいるのではないでしょうか。

親に急かされたり嫌味を言われたりするのが辛い、という人もいるでしょう。

たしかに、転職活動には大きなエネルギーが必要です。履歴書を書いて、志望動機を考えて、というだけでも大変なのに、不採用になったら自分を否定された気がして、精神的負担がさらに増してしまいます。

しかしお金が底をついてしまったら、さらなる精神的ストレスがかかることに。

ハローワークに行くのでも転職サイトで探すのでもいいですし、転職エージェントのサポートを受けてみるのもいいでしょう。親や知人のコネなど、使えるものは何でも使って仕事を探してみてください。

探すなら真剣に探すことが大切。適当に探すと、決まったとしても転職後に「こんなはずでは」と後悔する可能性が高いです。

こちらの記事で、未経験や社会人経験のない人向けの転職支援サービスを紹介しています。20代の人はぜひ利用してみてください。

転職エージェントを利用すれば、自分に合った求人の紹介や履歴書の添削、面接のアドバイスまですべて無料でやってくれますよ。

仕事が見つからない=応募資格を満たせないときの対処法

転職は自分の希望と企業のニーズが合致してこそ成り立つもの。応募資格を満たせなければ、採用されないのは当然とも言えます。

応募したい企業があるのに、応募資格を満たしていない。その場合は、応募資格を満たす自分になるか、諦めるか、もしくはダメ元で応募してみるかの三択です。

もちろん、応募条件を満たすスキルや経験を身につけることが最善・最適な方法。しかし、他に特筆できるスキルや役立つ経験があるなら、採用される可能性もあります。

仕事は未経験だけど業界には精通している、コミュニケーション能力には自信がある、リーダー経験があるなど、その会社で役立てられそうなスキルがあるなら、そこを具体的にアピールし、入社への強い意欲を表した応募書類を送ってみるのも1つの方法です。

仕事が見つからない=応募しても採用されない原因とは

応募しても採用されない。それには次のような原因が考えられます。

選考に通らない主な原因
  • 転職の目的がはっきりしていない
  • 自分の強みを把握できていない
  • 応募先のニーズを満たしておらず、他に役立つスキルもない

まずは、転職の目的がはっきりしていない場合。目的がはっきりしないと、志望動機もぼんやりとした内容になりがちです。そのため、入社への意欲が低いと見なされ、採用を見送られてしまう恐れがあります。

なぜ転職したいのか、転職してどうなりたいのか、目的をはっきりさせておきましょう。

次に、自分の強みが何かをわかっていない場合。何が「ウリ」となるのかを把握していないと、自己アピールが不十分になる可能性が高いです。

自分の経験とスキルを洗い出し、アピールできるものをいくつか探しましょう。

わからない場合は、周りの人に聞くか、転職エージェントに相談してアドバイスをもらうのが近道ですよ。

応募先のニーズと自分のスキル・経験がマッチしていないことは、残念ながら転職には致命傷となります。

自分のスキルや経験を生かせるだけでなく、企業側が求める人材としてのニーズを満たすかどうかも、応募するかどうかの判断基準としましょう。

スキルや経験が足りないことを承知の上で応募するなら、前の項でも述べたように不足分を補う別の能力(コミュニケーションやリーダーシップなど)と強い入社意欲をアピールしてください。

仕事が見つからなくても、焦りは禁物。とにかく早く転職先を決めたいがために、条件などに妥協しすぎてしまい、入社後に後悔する人も少なくないのです。

最も避けたいのは、いわゆるブラック企業に入社してしまうこと。焦りや不安があっても、転職目的や希望条件の軸はぶらさないようにしましょう。

まずは仕事が見つからない焦りや不安な気持ちを解消させよう

「仕事が見つからない」その事実だけで頭がいっぱいになってしまうと、不安や焦りでネガティブ思考になりがちです。

まずは、ネガティブ思考を少し和らげるべく、自分を肯定したり、知識やスキルアップのために勉強したりしてみてください。

応募したい企業がない人は、まず転職目的をはっきりさせ、条件に優先順位をつけましょう。転職先に完璧を求めている人は、「これは許せる」といった妥協ラインを決めることをおすすめします。ただし給与面での妥協はほどほどに。

転職では、自分の希望も大事ですが、企業のニーズに合う人材であることが不可欠です。

その点を意識して、焦らず仕事を探すようにしてください。

転職エージェントを利用して、求人紹介のほか、相談や書類の添削、面接対策のアドバイスをしてもらうのも1つの方法です。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月29日 22:59 求人更新