あなたの転職がうまくいかない本当の理由と成功者の意外な共通点

あなたの転職がうまくいかない本当の理由と成功者の意外な共通点

「自分のスキルを活かせる企業に応募しているはずなのに、書類選考で落ちてしまう」

「もう10社も面接まで言ったのに、結局内定を貰えていない」

など、転職活動が上手くいかないと非常にストレスが溜まりますし、自分はそんなに価値のない人間なんだろうか?と落ち込んでしまいますよね。

もちろんそんなことはありません。貴方にはとても価値があるのに、ちょっとやり方を間違えているだけという可能性も十分にあります。

不安な時期だからこそ、そこを乗り越えるために今一度立ち止まって考えてみませんか。

「自分だけ」じゃない!誰でも立ち止まってしまう時期はある

周りが簡単に転職しているように見えて、自分だけが置いていかれてしまうのではないか…そんな不安を抱えている方も多いと思います。

しかし安心してください。貴方だけじゃなく、多くの人が転職に際して同じように感じ、同じように悩んでいるという経験があるんです。

転職活動中に、不安を感じない人はほとんどいない!

こちらのグラフは、転職サイト「マイナビ転職」が行ったアンケートにて「離職後の転職活動中に精神的な辛さを感じる・あるいは感じたことがあるか」という設問をした際の結果です。

離職後の転職活動中に精神的な辛さを感じる・あるいは感じたことがあるか

こちらの設問には、82%の方が「Yes」と答えており、転職活動で辛いを感じる人がほとんどだということがわかります。

具体的な内容としては「収入がないのに支出が増える」「近況を聞かれて答えられない」「自分に合う転職先がない」など様々。思い切って転職しようと踏み出したものの、不安を抱えている人の方が多いと言えそうです。

「必要とされない」と落ち込むのはもったいない!

どうしても転職活動が上手くいかないと、「自分なんて価値がない人間だから就職なんて…」と僻みがちになってしまいます。

しかし、転職出来たということは少なくとも前にいた会社には採用されているわけです。つまり、あなたに価値を見出した企業が必ず1つはあると言うこと。

「その1つが特異だったんだ」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

「どうしてもこの業界に就職したい」と、50代という年齢がハンデになりそうな方が面接に落ちまくりながらも最終的には採用されたというエピソードもありますし、「落ちまくる自分」を受け入れることですっと転職が決まったという女性もいます。

「それはその人たちが努力したからでしょ」と思うかもしれません。ですが、努力はあなたも同じようにしているはず。

それでも上手くいかない…というのであれば、もしかしたら貴方のやり方がちょっと間違っているのかもしれません(詳しくは別トピックで解説します!)。

「間違っているからなんとかしなきゃ!」という焦りだけでは事態は上手く進みません。

「今焦ってもどうしようもない」と一端自分をリセットし、落ち着いて自分を振り返ってみましょう。

転職に1年以上かかる人も珍しくない!

またまた「マイナビ転職」のアンケート結果のグラフになりますが、これは「離職期間」を聞いたものです。

あなたの離職期間を教えてください

いかがでしょうか、一番長いのは「1年以上」!なんとなく周りは3ヶ月~半年もあれば転職出来たなんてイメージがありますが、1年以上掛かる人もとても多いんです。

「3ヶ月経っても転職出来てないから落ちこぼれ」なんて思っていませんか?1年以上かかっても転職出来た人も多いのですから、決して落ちこぼれではないんです!

転職はすぐに完了する、すぐに終わらないと損!というイメージがあったのですが、結構皆さん苦労されているんですね。

自分だけじゃないと思うと頑張れそうです!

上記のアンケートは少々昔のものですが、今と大きく違うことはないでしょう。

転職までの期間は早いに越したことはありませんが、急いで失敗してダメだ…となるくらいなら、一度立止まって自分を見直すことも大切です。

新卒時の就職活動と転職活動、こんなに違う!

転職活動の際、知っておきたい知識のひとつが「新卒の就職活動との違い」です。

今転職活動をしている方の中には、初めての転職で「新卒の就職活動の時と転職活動ってどう違うのかよくわからない」という方もいるでしょう。

同じ「就職」のための活動とはいえ、その中身は結構違うもの。

もしかしたら、転職がうまくいかない原因は新卒の時の就職活動のやり方をそのまま今もしてしまっているからかもしれません。

「実務経験」がかなり重要視される

転職活動と就職活動の違いの代表、といってもいいでしょう。

就職活動の場合、当然ながら新卒なのでアルバイトはあっても社員として働いた経験はゼロの人の方が多いはずです。

しかし、転職活動の場合はすでに新卒として会社に入り、一定の期間「社会人」として働いてきた期間、つまり「実務経験」が必ずあるはずです。

中途採用をかけている企業が知りたいのは、「その人が前職でどのような実務を積んで来たか」です。

中途採用は即戦力を求める傾向が高いので、前職で身につけた技能や資格などがかなり重要視されます。

求められるスキルが高い、前任者に準じるところがある

当然ながら中途採用に応募出来る人はすでに社会人経験をしている人なので、求められるスキルがポジションによって明確に定められていることも多いです。

また、前任者が持っていたスキルを要求されることもあり、新卒採用に比べると条件が厳しい傾向にあるといっていいでしょう。

面接は「これからの希望」よりも「自分の経験」のアピール場

となると、面接の時の質問や対応も変わってきます。

就職活動の場合、学生時代にやって来たことをアピールし、それを就職して活かしたい…という形での自己PRが多かったはずです。

しかし転職活動の場合は、これから企業に入ってどうしたいか…という展望よりも、前職でどのような仕事をし、どのような立場でいたか、どのような経験をし、技能を身に着けたか。

そしてその技能をどのように転職先で活かそうと思っているのか…をしっかりとアピールしないといけません。

「御社に入って○○がしたい」というふんわりとした展望ですと中途採用の意味がなく、面接で落とされてしまう可能性が上がります。

タイミングはいつでも、選考期間も短い

新卒採用と中途採用の一番大きな違いは「期間」でしょう。

中途採用は年間を通して「この時期に!」というものが決まっておらず、欠員が出る・出た時に応募がかけられるため、いつチャンスが転がっているかわかりません。

また、新卒採用は先行までの期間が約1年と長く、面接などの結果もかなり間を置いて通知されることが多いですが、中途採用の場合は面接後1週間以内に選考結果が出ることも珍しくありません。

そのため「内定を貰っても前の会社を退職するまでに時間がかかる」と、内定を取り消される可能性もありますので計画的な転職活動が必要になります。

同じ就職のための活動とはいえ、新卒と中途だとかなり違うんですね。

きちんと意識しないと失敗の元になりそうです。

そうですね。特に企業が転職の方に求めるのは「即戦力かどうか」です。

実務経験をしっかりとアピールすることが大切です。

貴方にも当てはまる?転職活動が上手く行かない理由とは?

転職活動に悩んでいる方も多く、かつ新卒の就職活動と転職活動の違いを解説してきました。

もちろんこれらの違いはわかっている、だけど転職活動が上手くいかない…という方も少なからずいるかと思います。

そこでこのトピックでは、「転職活動が上手く行かない理由」を解説していきます。

もちろんこれらに当てはまっていても転職できるかと思いますが、あなたの転職活動にブレーキをかけている可能性も十分にあるんです。

「スキルがないから転職しづらい」はウソ!?

「スキルがないから転職は厳しい」「だから資格を持っておくことで転職に有利になる」という考えの人は多いかと思いますが、実はそれは大きな誤解なんだとか。

資格を持っていたとしても、それを実際の業務で利用していなければあまり意味がなく、資格がどうこうよりも実務経験の方がずっと大事なんです。

上手く行かない理由…とはちょっとずれるかもしれませんが、「スキルがないから応募できない」「スキルがないから落ちる」というのは、募集内容に必須スキルがない限りは特別大きな落ちる理由にはならない、と思っていいでしょう。

逆に「スキルがないけど応募してみようかな」と思ってもいい、ということですよね。

転職の場合、未経験は非常に厳しい道と捉えて

「未経験可」という募集も中にはありますが、これは非常に厳しい道です。

新卒採用の場合は、誰もが未経験ですし、企業側も新人を1から育てていくという覚悟を持っていますので未経験でも問題なくスムーズに就職出来ることもあるのですが、中途採用の場合は話が違います。

未経験であっても前職の経験を活かしどのように働くことが出来るか、いかに早く戦力になることが出来るか…をアピールしないと「これなら新卒でいい」と不採用になるケースもあるでしょう。

目的がいつの間にか変わっている…なんてことはない?

転職活動のきっかけが「今の会社は休みがなかなか取れないから、きちんと休みが取れる会社に転職したい」だったとしましょう。

しかし募集内容を見ているとだんだんと「お給料が高いからここがいい」「昔ここに応募しても採用してもらえなかったからもう一度…」「ここなら家から近いからよさそう」など、当初の転職目的とズレた企業を探し始めることも少なくありません。

なぜ転職をしたいと思ったでしょうか。持っているスキルを活かすためなのか、もっと待遇がいいところに行きたいからなのか。

色々と募集を見ているといつのまにか転職の目的がブレてしまうことがあります。

ブレてしまうと面接などでも上手くアピールできず不採用が続いたり、入社しても「こんなはずじゃなかった」と後悔することも。

「どのような会社に転職したいと思ったのか」は絶対に忘れてはいけない「転職の芯」と言えます。

面接時にきちんとアピールは出来ている?

人となりを知るのに大切な「面接」ですが、上手にアピールを出来ているでしょうか。

新卒採用との違いにも記載したように、転職の場合は前職でどのような経験をしてきたかが非常に重要です。

かつ、「企業が質問してきた意図に答えられているか」が大事です。これは非常に難しいですが、企業の立場に一度自分が立って考え、質問の意図を図ろうとすることが非常に大切です。

転職に失敗しやすい方は、面接で「企業の目線になれていない」「企業と自分の考え方が合っていない」「キャリアパスの考え方が出来ていない」という判断をされることが多いです。

自己アピール文や履歴書を客観的な目線で読み、「ここが弱い」と思ったら直すなどしてしっかりと事前準備をしておきましょう。

転職活動の方法にこだわりすぎていない?

転職活動の方法は様々です。「転職サイト」や「スカウトサイト」はもちろん「ハローワーク」などなど…。

しかし、中には「このサイトしか使わない!」という方や、「この業種にしか応募しない!」「結果が出るまでは1企業への応募のみ!」など、自分で「縛りプレイ」をしてしまっている方も少なくありません。

当然ながら転職サイトだけでも扱っている募集は全然違いますし、業種によっては専門サイトがあることも。

こだわらずに様々な方法を利用し、自分が行きたいと感じる企業を探すことが大切です。

上手く行かない理由…耳が痛いです!

ついこだわってしまったり、面接で上手く答えられなかったり…やっぱり転職って難しいんですかねえ…

こだわることは悪いことではありませんし、面接も「相手の立場に立って考える」ことを忘れなければ絶対に落ちる、なんてことはありません。

大切なのは「やっぱりこれだから自分はダメなんだ」と落ち込まないことですね。

自分の価値を他人に見つけてもらう「転職エージェント」

「自分の価値がわからない」「どこで転職活動が失敗しているのかわからない」という方にオススメなのが、「転職エージェント」です。

転職のプロがあなたが自分で見つけていなかった強みを見つけてくれる可能性がありますし、職務経歴書や履歴書、面接のチェックも行ってくれます。

また、自分では全く考えていなかった業種や職種を紹介してもらえることも。

客観的に判断しアドバイスをしてくれるので、新たな自分の強みを見つけることが出来るかもしれません。また、不安な時に相談も出来る点も嬉しいですね。

確かに客観的に自分の転職活動を見てくれる転職エージェントはかなり頼りになりそうです。

しかし、転職エージェントの方と合わないな…と思ったらどうすればいいんでしょう。

その際は、担当者の変更が可能ですので安心してください。

また、複数社の転職エージェントにお願いするのもひとつの方法ですね。

不安になったら見直しを。転職エージェント活用も

ついつい上手くいかないと「自分がダメだからではないか」と考えてしまいがちです。

しかし、たまたま希望していた業種ではなく、別の業種ではあなたがとても必要とされているかもしれません。

あなたが強みとして考えていない部分が、実はとても強みになっていて、アピールしていないのがもったいない!となっていたかもしれません。

不安になったら立ち止まり、自分を冷静に見直してみましょう。また、客観的な意見やアドバイスをくれる転職エージェントを利用するのもいいでしょう。

あなたを必要としている企業は必ずありますので、前向きな気持ちで転職活動を頑張りましょう!