転職に有利な資格は?新しい仕事に役立つおすすめの資格を紹介!

転職に有利な資格は?新しい仕事に役立つおすすめの資格を紹介!

転職を考えている時、資格があれば有利だという話はたびたび聞きますが、本当なのでしょうか?

この話は事実で、例えば全ての職種に共通して、持っていると役立つ資格があります。意外に思われるかもしれませんが、それは自動車運転免許証です。他にも持っていれば役立つ資格があるのですが、場合によっては資格を持っていても意味が無くなってしまうこともあるので注意が必要です。

では、転職に有利な資格とはどのような資格なのでしょうか。そして、持っている資格やこれから取りたい資格を、最大限転職の際に生かすにはどのようにすればいいのでしょうか。

今回の記事では、転職に有利な、新しい仕事に役立つおすすめの資格について、詳しくご紹介します!

そもそも資格は必要なの?転職と資格の関係を見てみよう!

転職の際に、資格が無いと転職ができないのかというと、そういうわけではありません。例えば医師・税理士・弁護士・危険物取扱者・パイロット・警察官などのように資格が無いと働けないような職種を目指す場合は別ですが、そうではない場合は資格が無いと転職が難しいというわけではありません。

とはいえ、転職の際に資格を持っていれば、当然有利に働くことも多くあります。ですが、場合によってはそれがメリットとならない場合もありますので、特に、これから資格を取ろうと思っている人は知っておきたい点もあります。

そこで、まずは転職と資格の関係について詳しく確認しましょう。

資格はスキルや知識を客観的に示してくれるものです

転職を考える際に資格を持っているかどうか、どのような資格を取ればいいのかということは度々話題になりますが、それはなぜかというと資格があることで転職に有利に働くことがあるからです。

資格は、持っていることで一定のスキルや知識・ライセンスなどを持っていることを客観的に示してくれますし、資格を取るために勉強を続けてきたという姿勢も見てもらうことができます。

そのため、企業としても一つの基準としてわかりやすいので、資格があることが転職に有利に働くと言えるのです。

資格を持っていない場合はどうすればいい?

資格を持っていると転職に有利になることもあると言われると、転職を考えた段階で履歴書に書けるような資格を持っていない、という方は焦りを感じられるかもしれません。ですが、その場合は転職者であるということを生かして、実務経験をアピールすることで乗り切る方法もあります。

企業からしてみれば、すでに働いた経験を持つということがメリットになる場合もあり得ます。そのため、無理に資格を取らなければいけないというものではなく、その場合は資格が必要ではない求人に応募すればいいわけですね。

資格が必要な求人ならそれを持っていないことで応募資格を満たしていないことになりますが、そうでないなら採用担当者としても資格が無いから採用しないということにはなりません。

ただし、そうなると求人の幅が減ることは否めませんので、転職したい先で資格なしでもいいのかどうかはあらかじめ確かめておきたいところです。

目指す職種に関連した資格は持っていると転職に有利!

転職の際に特に有利になるのは、目指す職種に関連した資格を持っていることです。

せっかく資格を取っても、新しく働きたい職場での仕事内容に関係のないものであれば、採用の際に担当者の目に留まることは少ないと考えていいでしょう。

それぞれの企業では、その企業の仕事内容に合った人を採用したいと考えています。そのため、再就職のためにこれから資格を取ろうと考えている人は、目指す職種に関係した資格に絞って取るようにした方が再就職には有利です。

すでに資格を持っている人は、その資格が生かせる職場を選ぶことで資格を持っていることのメリットが生かせます。

逆に、目指す職種に関連した資格以外を履歴書に書いた結果、希望の職種とは違う職種で採用されたという実例もありますので、資格を持っていること自体で採用してもらえることはわかりますが、希望する職種の資格でなければ逆方向に働いてしまう可能性もあることがわかりますね。

様々な分野の資格に手を出し過ぎるとかえってマイナス評価に

資格があった方がいいからといって様々な分野の資格を取ってしまうと、結局のところどこに重点を置いているのか、何が得意なのかがぼやけて、かえって採用担当者からの評価がマイナスに傾いてしまうこともあり得ます。

企業としては自分の職場で働いてもらう時にその人が得意なことを生かしてもらいたいわけですから、あれこれありすぎるとどれも中途半端なのではないかと思われても仕方がありません。やはり資格は、自分が就きたい職業のイメージを持って、それに合ったものを選んで絞って取る方がいいわけですね。

転職のためには資格をたくさん持っておく方が有利なのかと思っていましたが、就きたい職種に合わせて絞った方がいいんですね。でも、履歴書に書ける資格が少ないと転職は難しいのではないかと不安なんですが、大丈夫ですか?
履歴書に書く資格は少なくても大丈夫です。企業は、自分の企業で働いてくれる時のことをイメージして採用を行いますから、大切なのは資格をたくさん持っていることよりも、その企業に合った資格を持っていることなんですよ。

これがあると有利!転職の際に取っておきたい資格一覧とその理由

転職を考える場合、今までと同じ職に就きたい方もいらっしゃれば、そうではなく違うことに挑戦してみたい方もいらっしゃることと思います。

そこで、それぞれの場合に合わせて、どのような資格を取っていると有利なのかを詳しく見ていきましょう。

普通自動車運転免許証

最初に少しお話しましたが、普通自動車運転免許証はどのような職種を目指すのかにかかわらず、ぜひ持っておきたい資格です。

直接運転が関係ないような職種でも、運転免許証が応募資格として挙げられていることは多くありますので、実際に必要とされていることもよくわかります。

直接仕事に運転が関係すると言えば、営業職などがあります。営業職であれば顧客のところに出向く際に自動車の運転は必須ですし、不動産関係なら現地に行って案内することもありますので、免許証が必要な理由はわかりやすいと思います。

また、一見直接は関係ないように見えても、仕事上自動車の運転が求められる場面はいろいろと考えられます。例えば事務職で言うと、社内での仕事以外に書類の提出のために官公庁に出向いたり、金融機関に行ったりということもありますよね。

それから、公共交通機関での通勤が難しい場所に職場があるという理由で運転免許証が必要になることもあります。通えないと働けないわけですから、仕事上の事とは別の理由で運転免許証が必要になることもあります。

運転免許証を持っていないというだけで応募資格を満たすことができないこともありますので、何らかの事情があって運転免許証を取れないと言われるのでなければ、ぜひ取得しておくことをお勧めします。

実務経験に直結していて転職先の仕事内容にも関係する資格

先ほどもお話しましたが、企業から考える転職者を採用するメリットは、すでに実務経験があるということです。

これまで違う分野で働いていた人であっても、働いたことがあるということ自体をプラスに取ってもらえることもありますが、これまでに同じ分野の職場で働いたことがあるとなると、多くのことをわかっているのでなお即戦力となることが期待されます。

そのため、これまでに実務経験があるのなら、それに直結する資格を持っていると実務経験があることに加えて客観的に習熟度も合わせ持っていることが証明できます。その資格が転職先の仕事内容にも関わっていれば、転職の際により有利になります。

この記事をご覧の皆様の職種はそれぞれ違うため、これに関しては具体的な資格名を挙げることができないのですが、これまで働いていた職種と同じ職種を希望する方の場合、実務経験に直結した資格を取るとよいでしょう。すでに持っている人は、面接の際にそれも合わせてアピールしたいものですね。

これから転職したい職種に直結した資格

これまでに実務経験がある分野とは違う仕事に就きたい場合は、これまでの実務経験に直結する資格を取っても意味が無いことになります。そのような場合は、これから転職したい職種に直結した資格を取ることで、その分野に関する知識があることを客観的に示すことができます。

ただし、職場によっては資格よりも実務経験が重視されることもあることは知っておきたいところです。

多くの職業で必要とされる取っておくと有利な資格一覧

これまでと同じ職種の仕事を考えているのではなく、さらに具体的にまだ希望が決まっていないけれど今後転職に有利になるように何らかの資格を得ておきたいという人の場合、多くの職場で必要とされる資格を取っておくほうが再就職先が見つけやすくなります。

そこで、多くの職場で必要とされる資格の例を挙げて見ていきましょう。

  • MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
  • ITパスポート試験
  • 日商簿記検定
  • 中小企業診断士
  • 社会保険労務士
  • 宅地建物取引士

MOSは、マイクロソフト社が行っている資格試験で、ワード・エクセル・パワーポイントなどが使えることを示す資格です。現在では多くの職場でパソコンが使われていますので、幅広い職場で求められる資格です。

ITパスポート試験は、ITに関係する基礎知識を持っていることを示す国家資格です。経営戦略・情報管理・情報技術という3分野から試験が成り立っていて、様々な企業内で求められる機会が増えていますので、持っていることで転職に有利になる可能性が高いと言えます。

日商簿記検定は、転職の際の求人条件として提示されていることも多い資格で、会計に関する知識を持っていることを示すことができます。1級から3級までありますが、2級以上を求められることが多いので、2級以上を持っていると転職に特に有利だと言えます。

中小企業診断士とは、経営コンサルタントに関する唯一の国家資格で、ビジネスに関する知識を幅広く持っていることを持っていることを示すことができます。この資格は難易度が高い資格でもあるので、資格取得のために粘り強く取り組めるということも合わせてアピールすることが可能です。

社会保険労務士とは、年金・社会保険・労働問題などに関する知識を持っていることを証明できる資格です。高齢化社会に伴いニーズが多くなっているので、今後持っていると転職に有利に働きます。転職の際の求人条件として提示されていることも多くなっています。

宅地建物取引士は、建築関係や不動産関係の職に特に役立つ資格で、不動産取引業界においては、5人に1人の割合で事務所にこの資格を持っている人を置くことが法律によって義務付けられているので、求人が幅広くあり実用性も高い資格だと言えます。さらに、比較的取りやすい資格であることも知られています。

資格ではありませんが受けておくと転職に有利な試験

これは資格ではないのですが、英語力をアピールできるTOEICやTOEFLも受験しておくと有利です。国際化社会となった現在では、英語に関するスキルを持っていることは職種を問わず転職の際に有利に働くことが多いと言えます。

日本企業ではTOEIC、外資系の企業ではTOEFLが重視される傾向にありますので、目指したい再就職先に合わせてどちらを受けるのかを決めましょう。

資格にも種類がある!信用度が高いものを優先して取ろう

資格にも、以下のように種類があります。

資格の種類 特徴
国家資格 法律によって定められた資格
社会的な信用度とニーズが高い
取得が難しい物が多い難点も
公的資格 公益法人・民間団体などが試験を実施
文部科学省などの関係省庁や大臣が認定する資格
国家試験に準ずるので公的に通用する
民間資格 民間団体・企業が独自で認定を行う資格
知名度・評価の高い資格もあるがそうでないものも
法律で定められている資格ではない

資格を取るなら、転職に有利になる物を選びたいものです。そこで、国家資格か公的資格なら、転職の際にどのような資格を持っているのかをわかってもらいやすくなりますので、有利です。

民間資格を取得するなら、その資格がどれくらい知られているのか、新しく就きたい職にどのように生かせるのかをきちんと把握したうえで取得する必要がありますね。

転職する時のアピールポイントは、まずはこれまでの実務経験なんですね!その上で、それに繋がる資格を取ったり、一般的に多くの職場で求められる資格を取ったりすることで、転職により有利になると考えていいわけですね。
実務経験があることは、転職者ならではのアピールポイントです。それを生かすには、その経験と関係のある資格が一番です。ただ、他の職種に移りたいならそうもいきませんから、新しい仕事との関連性を考えて取る資格を選びたいところですね。

希望の職場で働く時、どのような資格が必要?調べ方を詳しくご紹介!

ここまで、転職の際に取っておくと有利な資格をご紹介しましたが、仕事の内容には様々な物があり、特殊な資格が必要な職業などもあります。また、そうではなくても、自分が希望する職種でよく求められる資格もありますよね。それを事前に知っていると、安心感があります。

さらに、資格を持たない状態で転職を考えるなら、それでもいいのかどうかをチェックしておく必要がありますね。

そこで、希望の職場で働きたい時に必要な資格の調べ方をご紹介します。

転職先で役立つ資格の調べ方

転職先で必要な資格や持っていると役立つ資格を調べたい時には、実際の転職サイトを活用する方法がお勧めです。例えば希望の職種が決まっている人は、実際の求人をチェックしてどのような資格が求められるのかを見てみるとイメージしやすいですね。

ひとつ例を挙げてみますが、調理やシェフなどを希望する場合は、応募資格として以下のようなパターンがあります。

  • 調理師免許があること
  • 普通自動車の運転免許証があること
  • 実務経験が3年以上あること・実務経験があること
  • 調理ができること
  • 経験やスキルを考慮
  • 料理に興味があることが条件、経験やスキルは問わず
  • 人物重視・意欲重視・面接重視

このように、調理をするのだから調理師免許が必要だとする企業もあれば、料理には直接関係のない普通自動車の運転免許証が求められることもあります。

さらに、実務経験の年数が求められたり年数の指定はなくても実務経験が求められたりすることもありますし、実務経験が必要とまではいかなくても経験やスキルを考慮するという場合もあります。

中には、実務やスキルなど一切問わずやる気を重視するような採用方法をする企業もあるということですね。

ということは、調理師などの業種を目指す場合は調理師免許か普通自動車の運転免許証が求められることが多いと推測できます。

このように、具体的に調べてみるとわかりやすくて便利です。

必要な資格が取りたい!方法は?

実際に調べてみて、必要な資格を持っていないから転職のために資格を取りたいという場合には、どのようにすればよいのでしょうか。資格の取り方には、以下のように様々な方法があります。

  • 通信講座の受講
  • 専門学校などに通う
  • 書店で販売されているテキストで勉強する

気をつけなければいけないのが、取りたい資格によっては実地研修が義務付けられていることもあるなど、詳細の条件を確認してから資格を取るかどうかを決めなければいけないということです。

仕事をしながら転職先を探している場合、実地研修が難しいこともあるかもしれませんよね。そうなると、せっかく勉強したのに資格を取るところまで行きつけなかったというようなことも起こりえますから、詳細を確認してから資格を取得するかどうかを決めたいものですね。

教育訓練給付制度を使って資格を取る方法も

資格を取る際には、教育訓練給付制度という制度を利用して資格を取る方法もあります。

これは、この制度を利用する意思表示をする、必須の課題を標準学習期間内に提出するなどの条件をすべて満たす人が、厚生労働大臣が指定する講座を受けて修了すれば、終了までに支払った学費の20%かつ上限10万円までが支給されるという制度です。

この制度を利用して資格を取ることで、学費の軽減ができます。ですが、条件によっては支給が受けられないこともありますので、内容を事前に確認しておくようにしましょう。

転職したい職種でどんな資格が必要なのか、転職サイトを活用すれば事前に調べることができるんですね!これは安心です。必要な資格が見つかったら、資格の取り方を考えることも大切なんですよね。
事前に必要な資格を知っておけば、どの資格を取得すればいいのかがわかりやすくて便利ですよね。資格は専門学校や通信講座などいろいろな方法で取れますから、取り方を考えるのと共に資格を取るための条件も確認しておいた方がいいですよ。

転職先の仕事内容に直結する資格は取っておくと転職に有利!

転職する際に資格を生かしたり新たに資格を取得したいと考えている人にお勧めの、取っておくと転職に有利になる資格は、転職先の仕事内容に直結する資格です。

その資格を用いた仕事をした経験があり、さらに転職後も同様の仕事を続ける場合、実務経験があることでさらに有利になると考えられます。

転職先についてのイメージがまだなく、何らかの資格を取って転職に有利になるようにしたいとお考えの場合、自動車運転免許証をはじめ、多くの職場で必要になると考えられるMOSや日商簿記検定などを中心に取得する資格を選ぶといいですね。

いずれにしても、取得した資格は使えないと意味がありませんので、持っている資格を生かせるような転職先を選ぶことが大切です。