転職活動にかかる費用はどのくらい?「お金がない」で焦らぬために

転職活動にかかる費用はどのくらい?「お金がない」で焦らぬために
転職活動にお金なんてかかるんですか?

ハローワークだって転職サイトだって無料だし、応募するのにもお金なんていらないですよね?

そうなんですけど、転職活動って意外にお金がかかるものなんです。

中には生活費や貯金が底をつき、焦って転職先を探したために、入社してから後悔してしまう人も。

この記事では、転職にかかる費用について掘り下げていきます。参考にしてください。

転職活動にかかる費用の目安は?環境や状況で大きく違う

こないだ会社を辞めた先輩に聞いた話では、転職活動で50万円くらい使ったそうです。

転職活動の何にそんなにたくさんのお金がかかるんですか?

転職活動にかかる費用は、人によってまったく異なりますよ。

その方は、たとえば社宅から引っ越したとか、住居関連でもお金が必要だったかもしれませんね。

転職活動にかかる費用は、状況や環境による個人差がかなりあり、数万円程度という人もいれば、50万円以上かかったという人も。

転職活動を在職中にするか退職後にするかによっても、大きく異なります。

転職活動中の出費、予想していないだけに痛手となることも

まず、働きながら転職活動をするのにも、次のようなことにお金を使います。

転職活動中の主な出費
  • 履歴書やボールペンなどの文具
  • 必需品の買い物や面接の交通費
  • 外出時の飲食代
  • 面接用のスーツや靴、カバンなど
  • 理美容院代
  • 履歴書用の写真代
  • 四季報、SPI対策などの参考書籍
  • 書類送付の郵便代
  • 資格取得のための費用

資格取得以外の費用をざっと計算してみたところ、低く見積もって合計2万数千円でした。

交通費が高い人、買う必要のある物が多い人、品質重視で高いものを買う人などはもっと高く見積もっておいてください。

応募する企業の数が多いほど、そして転職活動が長引くほど、費用はかさみます。

交通費は微々たるものと思いがちですが、転職では何社も面接に出向く人も多く、その都度必要です。

また、面接の時間に遅れそうになりタクシーを利用することも。UターンやIターンなど遠方への転職であれば、新幹線や高速バス、航空機の利用もあり得ます。

履歴書や職務経歴書は、応募が一社でも書き損じたら書き直しは必至。たいていは複数の企業に応募するため、枚数もその分必要となります。

写真は、駅などの自動撮影機やコンビニの証明写真なら数百円。しかし「プロの撮影なら補正も可能でデータも受け取れる」と写真館で数千円の費用をかける人もいます。

そのほか、面接前にカフェで時間を潰したりもして、意外と出費がかさむのです。

企業によっては、入社前3カ月以内の健康診断書の提出が求められるケースも。

費用が自己負担だと言われた場合、医療機関によって5,000円~10,000円の検査料が必要となります。

転職活動にこんなに色んな費用がかかるなんて、考えてもみませんでした。
そういう人は多いです。でも、費用についても考えておけば、飲食費やタクシー代などの余分な出費は押さえられたかもしれませんね。
でも、転職は新しいスタートなんだから、ケチケチしたくないです。

履歴書の写真は完璧なものにしたいし、新しい靴で自信を持って面接に臨みたいわ。

ええ、だからこそ、転職に備えて貯金もしておくことが必要なんですよ。

転職活動中の出費、退職したら生活費が重くのしかかることに

退職後に転職活動を始める人もいますよね。その場合、上で紹介した出費が必要となる前に、次のようないわゆる「生活費」も大きな負担となります。

退職後に必要となる生活費など
  • 家賃・住宅ローン返済
  • 食費
  • 電気・ガス・水道などの光熱費
  • インターネット接続料、通話料
  • 国民健康保険料、国民年金保険料
  • 住民税、所得税

このほか、UターンやIターンなど転居を伴う転職の場合や、社宅を退去する場合は、家賃だけでなく引越代や、敷金や礼金、仲介手数料などの初期費用も必要です。

また、こういった費用や金額は、一人暮らしか家族との同居か、独身か既婚か、子どもがいるかどうかなど、環境によっても大きく異なります。

ちなみに、総務省による家計調査の結果、単身世帯の消費支出(2019年)は1カ月平均で「163,781円」でした。

一般的な転職活動の期間は3カ月~半年。生活費だけで50万円~100万円ほどかかることになるのです。

退職したということは、それまであった定期収入が途絶えるということ。それまで普通にまかなえていた出費が、給料が入ってこなくなった途端に大きな負担となります。

体調不良やケガ、冠婚葬祭など、想定外に起こることへの備えもしておくのがおすすめです。

また、転職後すぐに給料が入るわけではありません。

そのため入社後1カ月程度の生活費も必要ですし、試用期間中は給料が低くてそれだけでは生活できないケースもあります。

あのー、退職したら失業手当がもらえるんじゃなかったですか?

それで少しはまかなえますよね?

いえ、すぐにはもらえませんよ。

失業手当は、自己都合による退職だと3カ月は給付制限があるので、それ以降にならないとお金は入ってこないんです。

退職したら、国民保険や国民年金に加入することになり、保険料も会社負担がなくなるので高くなります。

年金については免除制度もあるので勉強しておきましょう。

ただ、転職がなかなか決まらなかったり、病気やケガなどで働けなかったりする場合には、各種給付金などの対象とならないかも確認してみるのがおすすめです。

こちらの記事を参考にしてください。

転職活動の資金不足が転職の失敗・後悔を招くおそれがある

転職活動に必要な資金は、人それぞれの状況によって大きく異なります。できるだけ多くの貯金があると安心なのはまちがいありません。

在職中の転職活動なら、収入が確保できるので、貯金がない人でも節約などでまかなえますし、金銭面での不安なく活動できます。

一方で退職後の転職活動には、転職にかけるお金よりもまず、生活費が重くのしかかります。

収入が途絶え、貯金が減っていく生活が続くと、先行きへの不安や焦りは予想以上の精神的負担に。

いくつもの企業に応募しても書類選考すら通らない、面接まで行っても落とされる、といった日々が続くと、転職先を妥協せざるを得なくなるのです。

また、「とにかく早く転職先を決めたい」という「焦り」も後悔を生む原因の1つ。

焦って転職先を探すことが求人情報の見落としや企業の情報収集不足につながり、「こんなはずじゃなかった」という後悔を生んでしまうのです。

「給料はこれくらいでもまぁいいか」と妥協し入社したところ、その金額は成績トップの人のモデル収入で、実際はもっと低かった、仕事内容も思っていたのと違った、なんてことになりかねません。

転職するなら、転職には予想以上にお金がかかることも念頭に置き、資金を貯めておく、在職中に転職活動を始めるなどしましょう。

転職活動の長期化を防ぐには、転職エージェントの利用もおすすめです。効率よく自分に合った職場を見つけましょう。

妥協しない転職のためには資金計画も忘れずに!

転職活動にどれくらいお金がかかるのか、考えても見なかった、という人も多いのではないでしょうか。

たしかにハローワークも転職サイトもお金はかかりませんが、書類だの服装だのと、転職には何かとお金が必要になります。交通費もあなどれません。

特に退職後には、生活費の心配も加わって焦りや不安を生んでしまいます。

焦って妥協せざるを得ない状況に追い込まれると、転職先選びを間違えて後悔することに。

あらかじめ計画を立てて必要となる資金を想定・用意し、転職活動に取り組むのがおすすめです。そうすれば、安心して納得のいくまで転職先探しができますよ。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
7月8日 20:54 求人更新