40代で転職したい女性必読!経験者のリアルな声と転職成功ポイント

40代の女性が転職を考えるとき、まず気になるのは年齢のことではないでしょうか。

転職は近年「売り手市場」と言われますが、それは20~30代を対象にした話。40代では「転職先がなかなか決まらない」という女性も多いのが現状です。

40代女性が転職するために最も重要なのは、自分の市場価値と企業ニーズとのギャップをなくすこと。

この記事では、40代で転職した女性たちの経験を元に、知っておいてほしい40代女性の転職事情と、必ず行ってほしい転職活動の重要なポイントを紹介します。

40代女性の転職事情その1:年齢がネックになるのは事実

転職したい40代女性がまず気になるのは、年齢の問題。

当社が「40代で転職経験のある女性」に行ったアンケートにも、次のような回答が寄せられました。

・キャリアがあっても年齢だけで落とされてしまう。年齢制限に引っかかってしまって、それだけで応募できない企業が多い。
(40歳で転職/メーカーのカスタマーサポートからメーカー事務)

「年齢のせいでスタートラインにすら立てない」という意見は、とても多かったです。

求人票を見ても、40代女性の転職には次のような厳しい現実が待っています。

それぞれ見ていきましょう。

年齢制限は禁止なはずなのに・・・多くの求人で「例外」を利用

従業員の募集・採用時に年齢制限をつけることは、法律上「原則として」禁止されています。

ただし企業に特定の理由があれば、年齢制限も可能なのです。

募集・採用の際に年齢制限できる理由の1つが、「長期勤続によるキャリア形成を図るため」というもの。

つまり「長い年数をかけて人材を育てたいので、若い人が必要」という訳です。

求人票を見ると、これを理由に「40歳未満」「44歳まで」などの年齢制限をしている求人がかなり多いことがわかります。

「20代歓迎」「30代が活躍中」は、40代以上へのやんわり否定

求人票には、「20代歓迎」や「30代が活躍中」などと書かれているケースも多いです。

これは単に「20代・30代の人が多い」と言っているわけではなく、「このくらいの年代の人に来てほしい」という企業側の希望によるもの。

40代女性が応募しても、経験やスキルなどによほどの魅力がなければ、書類選考の時点で門前払いとなる可能性が高いのです。

人生100年時代も近いと言われる世の中なのに、40代の女性ってそんなに転職が厳しいんですか?

まだ人生の半分以下じゃないですか!

(うわ、なんかすごく怒ってる)
そうですね。残念ながら、今の転職事情は40代女性に優しくありません。

しかし時代とともに変化していますから、良くなる可能性も十分ありますよ。

40代女性の転職事情その2:40代の転職メリット・デメリット

40代女性の転職には、当然メリットもあります。

40代での転職のメリットや転職後にわかるデメリットなどを、アンケート結果から見ていきましょう。

40代で転職することのメリットは何ですか?

40代で女性が転職することには、転職する前と後、それぞれにメリットがあります。

40代女性の転職メリット【転職活動時】
・自分の強みがある程度定まった上で転職できること
(44歳で転職/サービス業界のマーケティングから食品業界のマーケティング)

・人生経験をそれなりに積み、今自分が何を一番必要としているのかだいたいわかっているので、的を絞りやすいこと
(40歳で転職/建築設計で同業他社)

20代前半などの若い頃は、社会人としての経験が浅く、得意分野やスキル、やりたいことが明確になっていないことも。

ある程度の社会人経験を積んだ40代なら、自分の強みや人生に求めるものなども見えてきます。

40代女性の転職メリット【転職後】
・経験があるので、仕事も人間関係もある程度は対応できること
(42歳で転職/通信系の事務から医療系の経理事務)

・新しいことへの挑戦がまだできるという自信がつくこと
(41歳で転職/メーカー営業からITシステムエンジニアへ)

転職した後は、経験で身につけた環境への適応能力や、40代という年齢相応の柔軟性が役に立ちます。

また、転職という新たな挑戦が、40代の自分への自信につながるのです。

40代で転職したことのデメリットは何ですか?

40代で転職することの最大のデメリットは「年齢がネックになること」。

ただし「転職すること」を目的にしていると、転職後がイメージできず、入社後に違和感を覚えてしまうこともあります。

・人間関係を新しく構築しなければならないこと。年下の人に指導を受けなければならないこと。
(41歳で転職/看護師で別の職場)

年下の上司や先輩ができるのは想定内のこととして、謙虚に柔軟に対応しましょう。

・自分に合っていない会社に転職した場合、次の転職が難しいこと。短期間での転職は社会的評価が下がる。
(40歳で転職/金融系の接客からメーカー事務)

今回のアンケートでは、40代が転職可能なギリギリの年代だと考えている人が多かったです。

それならば一層、転職して後悔するのは避けたいですよね。

次の章では、40代の女性が転職に後悔しないための重要なポイントを紹介していきます。

40代女性の転職成功には「絶対に欠かせない」4つのポイントを紹介

40代で転職経験のある女性に「40代は転職に不利だと思いますか」というアンケートをとったところ、約半数の人が「(不利・有利)どちらとも思わない」と回答しました。

「経験や能力が認められたり、企業の求める人材と自分の希望条件が合えば、40代女性が転職に成功する可能性は十分にある」と考える人が多いのです。

40代の女性が転職を成功させるには、次の4つのポイントをおさえた転職活動をしましょう。

40代女性の転職活動に重要な4つのポイント

この中のどれが欠けても、希望どおりの転職ができなかったり、転職して後悔したりする原因になり得ます。

「失敗したらまたすぐに転職すればいい」と簡単にいかないのが、40代女性の転職の厳しいところ。

成功のためのポイントを、具体的に見ていきましょう。

40代女性の転職成功ポイント1:キャリアの棚卸しと自己分析

「キャリアの棚卸し」とは、これまでの経験やスキルを洗い出し、自分の強みを明確にすること。

40代女性の転職では、「やりたいこと」はもちろん、「自分に何ができるか」をはっきりさせることがより重要です。

経験した仕事の内容だけでなく、「その仕事で何を得たか」「課題をどう解決したか」「どんなことにやりがいを感じたか」などを思い出してみてください。

頭の中を整理するために、紙に書き出すのがおすすめです。

キャリアの棚卸しをすることで、自分の強みや希望が明確になりますよ。

40代女性の転職成功ポイント2:自分の市場価値と企業ニーズの把握

給料や役職など「自分に対する会社の評価」が不満で転職したい人もいるでしょう。

でも、転職先で自分の思う「正当な評価」が得られるとは限りません。

40代の転職には、自分の市場価値を知ることも重要です。

たとえば大企業に長く勤めている場合、会社の資金力や経営状態が良いために、他の企業より待遇面で恵まれているという事実に気がつかないことも。

また、A社では評価された実績が、B社では「できて当然」として評価されないなど、企業によって人事考課の基準も異なります。

客観的な自分の市場価値を知るには、次のような方法がおすすめです。

市場価値を知る方法・手段
  • 「適正年収」を判断できるインターネット上のツールを使う
  • 転職サイトに登録し、「スカウト機能」を使う
  • 求人にどんどん応募してみる
  • 転職エージェントに登録する

「DODA」や「パソナキャリア」などの転職サイトには、いくつかの質問に答えることで、適正な年収を査定してくれるツールが用意されていることも。

また、転職サイトのスカウト機能を利用するのもおすすめです。どんな業界・企業から何通のスカウトが来るかで、自分にどんなニーズがあるかがわかります。

希望に合う求人があれば、どんどん応募してみるのも1つの手。

書類選考に通過するかどうかでも、自分の市場価値は見えてきますよ。

自分では客観的に判断できないという人は、転職エージェントを利用するのもおすすめです。

転職エージェントなら、キャリアアドバイザーがプロの目で客観的にアドバイスをしてくれますし、転職に関するあらゆる相談に乗ってもらえます。

おすすめの転職サイト、エージェントをまとめた記事もあるので、参考にしてください。

ただし、場合によっては転職エージェントへの登録を断られてしまうことも。

複数のエージェントに断られた場合、スキルや経験が「企業のニーズに満たない」と判断された可能性も高いです。

自分の市場価値が予想より低そうな場合は、まず「本当に転職すべきかどうか」を検討し直すことが必要かもしれません。

また、企業がどんなスキルや能力、経験を求めているかの把握も重要なポイント。

40代女性としての自分の市場価値が「企業のニーズに合うかどうか」が、成功のカギなのです。

40代女性の転職成功ポイント3:希望の条件へのこだわりすぎは禁物

転職する際は、「この先の人生をどう生きていきたいか」「そのためにはどんな働き方をしたいか」をよく考え、希望条件を明確にすることが必要です。

しかし40代女性にとっては、希望へのこだわりが転職成功の妨げとなる可能性も。

40代の転職が決まらない原因の多くは、企業が求める人材と求職者の間にギャップがあること。

「希望の条件での仕事が見つからない」ケースも多いです。

自分の市場価値を考慮して、希望条件だけに固執しすぎないよう気をつけましょう。

40代女性の場合、年齢というハンデがある上に自分の希望に固執しすぎると、転職の可能性をより狭めてしまいます。

長く転職活動した結果、決まらずしかたなく妥協して転職し、「もっと早く妥協しておけば、もっといい条件もあったのに」なんて後悔してしまう人もいるんです。

100%希望に合う転職先を探すのは困難、と考えたほうがよいかもしれません。

40代女性の転職成功ポイント4:異業界&異業種は難易度が高い

企業が転職者に求めるのは即戦力。ということは、必然的に経験者が優遇されます。

つまり40代女性が転職するにも、仕事が見つかりやすいのは同じ業界・同じ職種です。

同業界・同職種で見つからない場合は、「違う業界の同じ職種」で探してみましょう。

同じ職種であれば、業務に大差がなかったり、スキルが役に立ったりする可能性も。

知らない業界への転職なら、あらかじめ業界について調べておきましょう。

業界研究について詳しくは、こちらの記事で紹介しています。

もっとも難易度が高いのは「異業界・異職種」への転職、つまり未経験の業界で、未経験の仕事に就くことです。

異業界・異業種での転職では特に、どの業界でもどの職種でも使える共通の知識や経験、スキルをアピールするのがポイント。

たとえば管理職やリーダーとしての「マネジメント経験」は、多くの企業が40代女性に求めるスキルの1つです。

問題解決能力や自主性なども求められますね。

20代・30代にはない、「社会人経験の長い40代ならでは」の売りを武器にしましょう。

転職しやすい業界ってあるんでしょうか?
建設業や運輸業、IT業界や介護業界などは人材不足なので、未経験でも受け入れられやすいと言えますね。

この記事では、40代の女性に的を絞って、転職成功に欠かせないポイントを説明しています。

しかし業界研究や企業研究などは、年齢に関係なく大切なポイント。

企業研究の方法については、こちらの記事で詳しく説明しているので参考にしてみてください。

また、40代で無職になるのは金銭的、心理的リスクが大きいので、在職中に転職先を決めるのがおすすめです。

失業中に職業訓練に通えば、勉強しながらお金ももらえるんですよね?
職業訓練は、よほど学びたい、仕事に役立てられるものでなければおすすめできません。
どうしてですか?
企業によっては、「職業訓練に通う=失業保険目当てで働く意欲がない」とマイナスに受け取られるおそれもあるんです。

在職中、退職後の転職については、こちらの記事も参考にしてください。

このほか、転職経験者の声をまとめた成功ポイント、失敗や後悔を防ぐポイントについては、こちらの記事で紹介しています。


40代女性の転職には、現状の把握や事前準備が欠かせない 

40代女性にとって、転職のハードルは高いのが現実です。成功させるには、事前の情報集めや準備が欠かせません。

40代の転職は、自分の市場価値を客観的に知り、応募先のニーズとのギャップをなくすことが大切。

経験やスキルを過大評価せずに求人を選び、自分に何ができるかをアピールしてください。

40代では書類選考になかなか通らなかったり、面接で落とされたりして、落ち込むこともあるかもしれません。それでも焦らず前向きに、どんどん応募しましょう。

40代女性である筆者からは、転職先を在職中に決めることも強くおすすめします。40代で無職になるのは大きなリスクです。

転職後には柔軟な心で環境に適応し、新たなキャリアを作っていってくださいね。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
9月22日 13:10 求人更新