キャリアカーバーはハイクラス・次世代リーダーのキャリア支援サイト

キャリアカーバーはハイクラス・次世代リーダーのキャリア支援サイト

転職を考えているけれど、「一般的な転職サイトには希望の仕事がない」「もっと高収入で自分のキャリアが活かせる職場を探したい」という人もいるのではないでしょうか。

そんな人におすすめするのが、リクルートグループによるハイクラス対象の転職サービス「キャリアカーバー(CAREER CARVER)」です。

「ハイクラス」ってどんな人のことですか?
明確な定義はありませんが、一般的には年収が少なくとも600万円以上、企業の経営や管理部門を任されるような人材のことを指します。

この記事では、キャリアカーバーと一般的な転職サイト・エージェントとの違いをはじめ、どんな人に向いているかを紹介します。キャリアカーバーを利用するメリットや注意点も見ていきましょう。

キャリアカーバーは転職支援というより「キャリア支援」を重視

キャリアカーバーはハイクラスに特化しているだけでなく、目指すサポートの形も一般的な転職エージェントと異なるのが特徴。すぐに転職を考えている人だけが対象ではありません。

次世代のリーダー候補となる人材のキャリア形成を、「長期的な目線でサポート」する目的で開設されたのが「キャリアカーバー」です。

公式サイトによると「キャリアカーバー」とは「キャリアを切り拓く人」という意味。

キャリアカーバーが提唱する「かかりつけのヘッドハンター」とともに今後のキャリアを考え作り上げていく、「キャリア支援」のサービスと言えるのです。

いわゆる総合型の転職エージェントは、主に転職を間近に考える人向けのサポート体制。

そのため、すぐに転職する気がない人には連絡がなくなったり、サポート期間を3カ月などと区切られてしまうこともあるのです。

キャリアカーバーをおすすめしたいのは「次世代のリーダー候補」

一般的な転職サイト同様、キャリアカーバーにも、会員登録に年齢制限や条件などはありません。

しかし主体的なキャリア形成をサポートするために、幹部クラスに強いヘッドハンターを揃えている「キャリアカーバー」。

必然的に、利用に向いている人も限られてきます。

キャリアカーバーに最も向いているのは、次の3つに当てはまる人です。

キャリアカーバーに最適な人
  • 年収600万円以上を目指す人
  • 35歳以上
  • キャリアアップに主体的で意欲的な人

キャリアカーバーで検索できる求人の年収は、下は「600万円以上」、上は「5000万円」まで。

もちろん求人情報は随時入れ替わりますが、筆者が確認した地点では800万円から900万円の求人数が最も多く掲載されていました。

年齢については、「次世代を担う経営幹部クラス」ということを考えると、ある程度のキャリアを積んだ35歳くらいからが相応しいと言えます。

次世代のリーダーとなり得るのは、キャリアアップに主体的、つまり今後のキャリアに目的を持ち、何をすればいいのかを自分の責任で判断・行動できる人。

キャリアアップに向けて積極的にチャレンジしたいけれど、「今の会社では難しい」「10年後の明確なプランが描けない」という人には、「キャリアカーバー」の利用をおすすめします。

ちなみにキャリアカーバーでは、開設直前の2014年6月に「次世代リーダーとなり得るビジネスパーソン実態調査」を行っています。

その調査対象は「35歳~44歳で年収750万円~2000万円のビジネスパーソン」。これがキャリアカーバーが当初想定した利用者層であり、利用するかどうかの目安と言えます。

年齢については公式サイトの「転職事例」を見る限り、50代の成功例も多数掲載されています。年齢だけで諦めずに登録してみてください。

ただし長期的にヘッドハンターとの付き合いを続けてきた人のケースが多いので、早めの利用をおすすめします。

「キャリアカーバーは自分には合わないかも」と思った人は、次の記事を読んでみてください。

自分に合った転職サイト・エージェントを利用するのが転職成功への近道です。

キャリアカーバーを利用するメリット3つを紹介

キャリアカーバーが自分に向いているとわかったら、どんなメリットがあるのか知っておきたいですよね。

ここではキャリアカーバーを利用する具体的なメリットを3つ紹介します。

キャリアカーバーを利用するメリット

それぞれ見ていきましょう。

経験豊富な複数のヘッドハンターとコンタクトが取れる

キャリアカーバーに登録しているヘッドハンターは、リクルートと提携している転職エージェントのキャリアアドバイザー(コンサルタント)です。その特徴を挙げてみました。

キャリアカーバーのヘッドハンターはここがすごい!
  • リクルートと提携する約100社、800名以上のヘッドハンターが在籍
  • ハイクラスの転職支援実績が豊富なヘッドハンターを厳選

数の多さだけでなく、「経営幹部クラスの転職サポート実績が豊富」なヘッドハンターが集められていることも大きなポイント。

自分が登録したレジュメに興味を持ったヘッドハンターからスカウトメールが届きます。

複数のオファーが届くので、自分に有益な情報を持っているヘッドハンターに出会える確率も上がります。その結果、転職成功の可能性も大きくなるのです。

キャリアカーバーに登録したら、「一求入魂スカウト」っていうメールが届きました。これは何でしょうか?
「一求入魂スカウト」は、ヘッドハンターが経歴を高く評価した会員のみに送られるメールなんです。キャリアアップのチャンスですから、ぜひ連絡を取ってみてください。

キャリアカーバーでは求職者側からヘッドハンターの指名もできる

キャリアカーバーでは、求職者側がヘッドハンターを検索することも可能です。

会員登録後にログインすると、ヘッドハンター個人の検索ができます。担当業種や経験年数などから条件検索するほか、表示順に一人ひとり見ていくことも可能です。

個人の詳細ページには自己PRや経歴、実績が記載されており、「相談する」というボタンからメッセージを送ることができます。

ヘッドハンターには何を相談してもいいんですか?
大丈夫ですよ。もちろん転職に関することにしてくださいね。

今後のキャリアについて相談したり、求人紹介を依頼したりできます。

でも、そういうメッセージを書くのが苦手なんですよね・・・。
相談や依頼のテンプレートがあるので、メッセージは簡単に作れますよ。
ヘッドハンターって、面接対策などはしてくれないんでしょうか?
ヘッドハンターによりますね。不採用が続いた場合など、必要に応じてアドバイスをしてくれるヘッドハンターもいます。

キャリアカーバーなら年収アップの期待大

キャリアカーバーの求人検索画面では、年収が最低「600万円」なので、それ以上の年収が見込める求人から探すことができます。なかには「上限なし」という求人情報も。

業務経験やスキルなどによっては、高収入の転職先を狙える可能性も高いです。

また、キャリアカーバーでは業務委託による「顧問求人」のスカウトサービスも行っています。

「顧問」て何ですか?
経験や知識を活かして、企業からの相談を受けたりアドバイスしたりする人のことです。
なるほど。その「顧問」を募集する求人があるんですね?
ええ。キャリアカーバーなら顧問求人のスカウト登録もできるんです。経験が企業のニーズに合えば、スカウトが届きます。

売り手市場の現在、マネジメント層の確保が難しく、特に人材育成の面で顧問のニーズが増えています。「働き方改革」により、複業が可能な企業も増えてきました。

顧問になれば、別の企業の業務にも関わることで収入が増えるだけでなく、将来の可能性も大いに広がります。

ところで、キャリアカーバーを使うデメリットは何かありますか?
人によっては、紹介してもらえる求人がないかもしれません。

キャリアカーバーは特にハイクラス専門なので、求められる経験やスキルのハードルが一般的な転職エージェントよりも高いと言えますね。

キャリアカーバーを利用する際に気を付けたい2つのこと

キャリアカーバーに会員登録するときは、次の2つに気をつけましょう。

キャリアカーバー利用上の注意点
  • 登録するレジュメは詳細に記入する
  • ヘッドハンターにはすべて正直に話す

どちらもハイクラスの転職を探す人には常識的な内容ですが、あらためて説明していきます。

レジュメはできるだけ詳細に記入すること

名前や住所などはもちろん、学歴や職歴など登録事項はいろいろあるので、記入するのが途中で面倒になってしまうかもしれません。

しかしできるだけ詳細に記入して、自分をアピールしてください。

ヘッドハンターにとっては、レジュメの登録内容があなたを判断する唯一の材料です。

そこで興味を持ってもらえなければ、実際の自分がどんなに優秀でも、どんなに自分に合う仕事があっても、紹介してもらえないおそれがあります。

ヘッドハンターにはすべて正直に話すこと

前にもお伝えしたように、キャリアカーバーの特徴は「ヘッドハンターが長期的なキャリアの形成をサポートしてくれる」こと。

それを可能にするには、ヘッドハンターとの信頼関係を築くことが何より重要です。

これまでの経歴や退職の理由など、面接官にはいいづらいことでも、ヘッドハンターには正直に打ち明けましょう。

正直に話すことで信頼関係を築けるだけでなく、この先のキャリアをどうしていくかをより深く掘り下げて考えることができるようになります。

見栄を張ったり嘘をついてしまったりすると、それを貫き通すために本音が言えなくなってしまうことも。

その結果、自分が目指す方向とは違う転職先を紹介されてしまったり、ヘッドハンターとの信頼関係が築けなかったりするのです。

ヘッドハンターからの情報やアドバイスを最大限に活用して、理想のキャリアプランを実現させてください。

企業の管理部門やエグゼクティブなど、ハイクラス転職に特化したサイトは他にもあるので、併用するのもおすすめです。

ビズリーチ」「JACリクルートメントは高年収や外資系・海外の転職におすすめ!」の記事も読んでみてください。

キャリアカーバーでさらなる高収入とキャリアアップを目指そう

キャリアカーバーは、一般的な転職エージェントとは少し異なる特徴を持っています。

まずはハイクラスに特化していること。経営責任者クラスの求人が多く、さらなる年収アップやキャリアアップが見込めます。

キャリアカーバーは今後のキャリアを長期的に形成するための支援サービスであり、一時的な転職サポートだけではないということも大きな特徴です。

経営幹部クラスの転職に強い複数のヘッドハンターからスカウトが受けられたり、興味のあるヘッドハンターには自分からコンタクトが取れるのもキャリアカーバーを利用するメリット。

キャリアカーバーに登録する際には、レジュメをできるだけ詳しく登録し、ヘッドハンターとの信頼関係を築いて上手く活用してください。

※掲載の情報は2018年3月現在のものです。
アナタに合った職場が見つかります
おすすめ転職サイト
転職者の年収アップを実現!専任のプロが徹底サポート!独占求人情報も掲載中
  • アナタの適職をプロがアドバイスします
  • @typeだけに掲載される独占求人情報アリ!
  • 年収・待遇の交渉も専任のプロが代行
詳細記事へ
公式サイトを見る
詳細記事へ
公式サイトを見る