営業が辛くて辞めたい!仕事のお悩み別対処法と転職の注意点を解説

営業は、どんな会社にも欠かせない、重要な仕事です。

しかし、常に数字に追われる営業の仕事は辛く、常に「お客様中心」という状況がストレスとなることも。

「営業に行くのが辛い」「営業のノルマがきつすぎて辞めたい」と悩む人も多いですよね。

この記事では、営業の仕事を「辞めたい」と思った時の対処法、転職するなら注意したいポイントを紹介します。

自分に営業が向いているか自信のない人に、向き・不向きについても解説。転職を考えている人、迷っている人も、ぜひ参考にしてください。

「営業を辞めたい」と思うのは、数字のプレッシャーと社内外のストレスが原因

営業の仕事をしていて、「辛い」「辞めたい」「会社に行きたくない」と参ってしまっている人も多いでしょう。しかし、問題を解決したいならその理由を知ることが大切です。

営業経験者が営業を辛いと思う主な理由を紹介します。自分に当てはまるかどうか見てみてくださいね。

営業の仕事が辛い、その主な理由
  • 目標やノルマがプレッシャー
  • 商品・サービスが売れない
  • 顧客との会話が苦手
  • 社内の人間関係がうまくいっていない
  • 勤務時間が不規則
  • 体力的にきつい
  • 残業が多い

この中でも、目標やノルマのプレッシャーに負けてしまう、という人が多いです。

筆者も営業経験がありますが、朝礼や会議のたびに契約件数やノルマの達成率を厳しく言われ、辛い時期もありました。

また、お客メインで動くとなると、自分都合での仕事はできません。

勤務時間が不規則になったり、残業が増えたり、スケジュール管理にも苦労します。

営業が辛くて辞めたくなったときの対処法を、理由別に解説

営業職が抱える苦労はいろいろありますが、対処法もあります。

原因に合わせた対処法を見ていきましょう。

営業が辛いと思う原因

タップすると該当の対処法を説明する章に飛べます。

営業を辞めたいときの対処法:ノルマのプレッシャーが辛いなら考え方を変えてみる

ノルマのプレッシャーに苦しんでいる人は、もしかしたら「数字」に捉われすぎているのかもしれません。

「ノルマ」は言い換えれば「目標」。

「目標を達成するためにはどうしたら良いか」と置き換えて考えると、やるべきことが見えてきます。

課題を把握し、目標達成に必要なことが見えてくれば、ノルマに対する過度な不安も和らぐでしょう。

そこでおすすめなのが、「PDCAサイクル」を取り入れることです。

営業の仕事が進めやすくなる!PDCAサイクル
  • Plan(計画)
    目的や目標を明確にして、具体的な数値や期限を設定します。

    実際に行動することを前提にして計画を立てましょう。

  • Do(実行)
    計画を行動に移します。

    後で振り返りやすいように、具体的に記録しながら進めます。

  • Check(確認)
    計画に対しての行動がどうだったかを確認します。

    問題点ばかりでなく、ポジティブな面にも目を向けて検証します。

  • Act(改善)
    「Check」を基に反省点を改善していきます。

    次の「Plan」に反映する前提で策を練りましょう。

やみくもに進めるのではなく、計画と反省を繰り返すのがおすすめです。

営業を辞めたいときの対処法:売れない時は自分のやり方を見直してみる

「努力しても売れない」「工夫しても成績が上がらない」、そんなときもあります。自分だけで抱え込まず、営業成績がいい先輩などに相談してみましょう。

営業成績のいい人に聞くべきポイント
  • 営業で気を付けていることは何か
  • どんなセールストークをしているのか
  • 取引先とどんな距離感で接しているのか

自分の営業スタイルを見てもらったり、セールストークを聞いてもらったりするのも効果的です。

同僚を相手にセールストークするのは、ちょっと気恥ずかしいです・・・。
同僚であれば、同じ苦労を知っているはず。

新しい気づきを得るチャンスと考えて、力を借りましょう。

営業を辞めたいときの対処法:顧客との会話が苦手なら「ネタ」を用意しておく

人見知りでもないのに、「客が相手だと会話が途切れてしまう」という人もいます。

ゼロから話を膨らませるのが苦手なら、普段から話の「ネタ」を探しておきましょう。

話のネタとなる情報収集方法
  • 相手の良いところをメモしておく
  • ホームページをこまめに見て、商品や会社の取り組みを知っておく
  • 取引先を訪れたら、オフィスの雰囲気や社員の様子を観察しておく

普段から相手や相手の会社をリサーチして、情報を集めます。

集めた情報を会話のネタに使う時には、「相手が喜ぶ話題を選ぶ」「具体的に褒める」のがポイントです。

褒め方の例
「Aさんっていくつも案件を抱えてらっしゃるのに、メールのレスポンスが速いですよね。いつも助かっています」
「ホームページに新商品の情報が出ていましたね!話題になりそうですし、私も個人的に使ってみたいです」
「御社はいつも社内の雰囲気が明るいですよね。皆さん話しかけてくださるので、いつも伺うのが楽しみです」

褒められて嬉しくない人はいません。「そんなふうに思ってくれているんだ」「ちゃんと見てくれてるんだ」と喜んでもらえるので、ぜひ口に出して伝えましょう。

営業を辞めたいときの対処法:苦手な人には必要以上に近づかない

ストレスの原因は、お客やノルマだけとは限りませんよね。

仕事を辞めたくなるほど苦手な人がいる場合は、その人との良好な関係を諦めるのもひとつの方法です。

接する機会を減らすだけでも、ストレスが軽くなりますよ。

苦手な人との距離の取り方
  • 必要以上にコミュニケーションを取ろうとしない
  • 連絡事項はメールやチャットで伝える
  • 出社、退社、ランチなどのタイミングをずらす

営業の仕事は、成績のアップダウンやノルマの達成・未達成がつきまとうもの。

誰かの機嫌が悪かったりチーム内がギスギスしたりと、小さな波風が起こりやすい環境です。

そういう場合は割り切って、自分の気持ちの切り替えに専念しましょう。

ただし、合わないからと無視をしたり極端に避けたりするのはNGです。

大人として常識の範囲内で、一定の距離を保ちましょう。

営業を辞めたいときの対処法:勤務時間が不規則で辛いなら上司に相談をする

営業担当者は、顧客のスケジュールに合わせて勤務時間を変えることもあります。

出勤日と休日を入れ替えたり、時には退勤後に取引先に寄らなければいけなくなることもあるでしょう。

不規則な勤務状態が続くと、他の仕事との調整もしにくくなりますし、プライベートの予定も立てられませんよね。

不規則な勤務が続くとストレスが溜まるだけでなく、体調を崩すおそれもあります。

勤務時間について不満があるなら、退職を考える前に一度上司に相談してみましょう。

担当の変更や他部署への異動など、退職せずに問題が解決できるかもしれません。

営業の働き方は、職場や営業スタイルによっても大きく異なります。

新規飛び込みやルート営業、対個人か対企業かによっても、向き・不向きがあるもの。

「今の会社は辞めたいけど、営業の仕事自体は嫌いじゃない」という人は、転職も視野に入れましょう。

働き方や営業スタイルについては「内勤営業」「ルート営業」の記事も参考にしてください。

営業の仕事に向いている人、向いていない人、それぞれの特徴を解説

どんな仕事にも向き・不向きはあります。営業に向いている人、いない人とはどんな人か、それぞれの特徴を見てみましょう。

営業の仕事に向いている人

営業には、商品をアピールしたり、客の機嫌をうかがったりニーズをくみ取ったりすることが不可欠。

そのため、次のような人が営業向きと言えます。

営業に向いている人の特徴
  • コミュニケーション能力が高い
  • 気持ちの切り替えが上手
  • 自分で考えて行動できる
  • 臨機応変に対応ができる
  • 目標に向かってコツコツ努力できる

たくさんの人と関わる営業の仕事は、コミュニケーション能力が高い人向き。

しかし人付き合いが多いと、中には理不尽な思いをしたり、トラブルに発展することもあります。

そんな時にも気持ちの切り替えができる人、自分で考えて臨機応変に対応できる人が、営業に適しているのです。

また、仕事で結果を出すには努力が欠かせません。目標に向かって粘り強くがんばれる人も、営業職向きです。

営業の仕事に向いていない人

営業に不向きの人の特徴
  • 人と接するのが苦手
  • 清潔感がない
  • 完璧主義
  • プライドが高い
  • ストレスを感じやすい

営業は人を相手にする仕事。人と接するのが苦手な人は、営業には向いていません。

商品を買ってもらうには、営業担当者自身の印象も大切です。清潔感を感じられない人も営業としては失格です。

また、営業は顧客ありきの仕事なので、自分の思い通りにならないことも多々あります。

そのため、完璧主義の人、プライドが高く謙虚になれない人なども営業には不向き。

失敗をクヨクヨ悩んでしまう人にも、営業の仕事は向きません。

営業なんて辞めてやる!会社を辞める前に知っておきたい注意点

「営業を辞めよう」「転職しよう」と決めたら、どんなことに注意して退社や転職活動を進めればよいでしょうか。

ここでは、特に気をつけたい次の2点について説明します。

辞める前に気をつけたいこと
  • 退職の報告はまず「直属の上司」にする
  • 退職理由で不満をぶちまけない
  • 転職先を探す前に自己分析をしておく
  • 年代などによる転職ポイントを把握しておく

それぞれ見ていきましょう。

退職意思はまず直属の上司に伝えるのが、円満退社のコツ

退職の意志が固まったら、最初に報告するのは「直属の上司」です。

他の人から上司の耳に入った場合、「そんな話は聞いていない」「報告の順番が違う」と、上司の機嫌を損ねてしまいます。

直属の上司より上の役職の人に先に知られてしまうと、上司の管理能力が疑われる可能性もあるのです。

円満に退社するためにも、報告の順番は守りましょう。

僕は係長が大嫌いなので、直接話すのも嫌なんです。

別に不機嫌になられても構わないので、係長を飛ばして課長に言いにいこうかな。

コロン太さん、気持ちはわからなくもないですよ。

でも、そこを我慢するのが社会人です。筋は通さないと、コロン太さんが非常識な人になってしまいます。

退職理由によっては、「正直に伝えすぎない」のがおすすめ

上司から退職理由を聞かれたら、「どうしてもやりたい仕事があって、辞めるのは今しかない」など、将来に向けたポジティブな理由を挙げるのがおすすめです。

退職理由を上司に聞かれても、「どうせ最後だし」と開き直って文句を言うのはやめましょう。

会社を悪く言われて、気分を害さない上司はいません。無駄に敵を作る必要はないのです。

退職後にも、新しい仕事で元上司や同僚と関わる可能性もあります。関係を悪化させないよう心がけましょう。

また、不満を打ち明けた結果「その不満を解消すれば辞めないよね」と引き止められ、スムーズに退職できなくなるおそれもあります。

職場の同僚に聞かれた場合も同様ですよ。

営業は特に、チーム一丸となって取り組む仕事。

現場の士気を下げないよう、最後まで配慮を忘れずに行動しましょう。

転職先を探す前に、必ず自己分析をして失敗・後悔を防ぐ

転職活動に欠かせないのが「自己分析」です。

自己分析なんて、就活のときにやりました。またやるんですか?
自己分析は、転職のたびに行う必要がありますよ。

でないと自分に合わない仕事に就いてしまったりして、後悔のもとです。

まずは営業として働いてよかったこと、辛かったことを紙などに書き出してみましょう。

すると「営業の仕事から完全に離れたいのか」、それとも「営業スキルを活かした仕事に就きたいのか」、自分の希望が明確になってきます。

働く上で自分が何を重視しているのかも見えてきますよ。

また、営業の仕事で成し遂げたことや、それまでのプロセスも振り返ってみてください。

自分の強みをまとめてみると、「希望を叶えるには今の自分に何が足りないか」も見えてきます。

営業を辞めるのに、20代前半って早すぎますか?
安易に辞めるのはおすすめしませんが、20代前半なら転職にも「第二新卒」枠が狙えます。

自分に足りないスキルを把握し、身につける努力をしましょう。

30代あたりなら、社会人経験が別の職場で役立つことも。

新たなジャンルへの挑戦も、まだ間に合う可能性が高い年代です。

30代でも未経験職種への転職は可能!成功の秘訣・年収まで徹底解説」の記事も参考にしてください。

転職先を選ぶ際は、年齢、営業歴、ライフステージの変化、勤務地など、現状だけでなく数年後の将来を想定して選ぶのがコツです。

営業を辞めたい、っていう女性も多いと思うんですけど・・・。
女性の場合は、男性よりも年齢制限で転職先の選択肢が少なくなりがちです。

結婚や出産なども考慮して、どういう働き方をしていきたいか考えてみましょう。

30代の転職は可能?女性は不利?転職に成功するポイントなどを解説」の記事も読んでみてくださいね。

営業を辞めて何をする?転職するのにおすすめの職種

営業を辞めるとして、どんな仕事に転職すればいいのかわかりません。

何かおすすめの仕事、紹介してくれませんか。

向いている仕事というのは、人によってさまざまです。

失敗を防ぐためにも、しっかり自己分析をして、自分で選ぶのがおすすめですよ。

ここでは、一般的な転職先としておすすめする職種を紹介します。

営業から転職するのにおすすめの職種
  • 一般事務
  • 営業事務
  • 商品開発・企画
  • 広報・宣伝
  • エンジニア

3つに分けて説明します。

営業から「一般事務」への転職

「数字に追われたくない」「社外の人と接するのも苦手」という人におすすめなのは、「一般事務」の仕事。

給料は営業職より低いですが、売上目標や顧客対応に追われるストレスからは解放されます。

勤務時間・休日がはっきりしているので、プライベートを優先させたい人にはぴったりです。

ただし、デスクワークで1日中椅子に座っているのが無理、という人には事務の仕事はおすすめできません。

また、一般事務の求人は若い人でないと見つからないかもしれません。

営業から「営業事務」「商品開発」「エンジニア」「広報・宣伝」

営業で培った能力を活かしたいなら、「営業事務」「商品開発」「エンジニア」「広報・宣伝」といった職種もおすすめです。

「営業事務」は営業社員をサポートする仕事。

営業経験者なら営業社員のニーズや必要なサポート、仕事の辛さがわかるので、的確なサポートができる可能性大。頼れる存在となるでしょう。

また、同じ業種の「商品開発・企画」は、ユーザーのリアルな声、反応を肌で知っている営業社員なら、活躍できる可能性大です。

商品・サービスの魅力を消費者や社員に向けて発信する「広報・宣伝」の仕事も、営業経験が活かせる仕事の1つ。

コミュニケーション能力、プレゼン能力、行動力などを役立てることができます。

営業から「エンジニア」など技術系職種への転職

ユーザーのニーズを把握するのが得意な人は、「エンジニア」の仕事でもそのスキルを活かせる可能性が。

技術系の職種は、常に客の顔色を伺ったり、ノルマに追われたりする必要がありません。

その代わり、エンジニアなど技術系の仕事は、専門的なスキルを身につけたり、勉強し続けたりする必要があります。

「営業の仕事の何が辛いのか」がわかると解決の糸口が見えてくる

営業と一口に言っても、個人相手や企業相手、飛び込みやルート営業などいろいろな種類があります。何を辛いと感じるかは、人それぞれ。

「営業を辞めたい」と思ったら、まずは「営業の何が辛いのか」をはっきりさせることが大切です。

「辛い」「辞めたい」と感じた時こそ、自分の心に耳を澄ませて、解決の糸口を探しましょう。

とは言え、ストレス状態を無理に我慢し続けて、体や心に支障をきたすのは避けたいところ。

「営業は自分には向いていない」「これ以上がんばれない」と思ったら、転職も積極的に考えてみてくださいね。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月11日 12:07 求人更新