なしはNG!履歴書の本人希望欄の正しい例文と書き方を解説!

なしはNG!履歴書の本人希望欄の正しい例文と書き方を解説!

転職活動を始めたら、何はなくとも準備しなければならない書類の代表が履歴書ですよね。おそらく、履歴書の左半分は特に疑問も持たずに記入することができますが、右半分、中でも「本人希望欄」または「本人希望記入欄」には、何を書いたらいいのか迷う方も多いはず。

ここでは、そんな本人希望欄に書くべき内容、書き方のポイント、書いてはいけないこと等をご説明していきます。

履歴書の段階で悪印象を与えてしまわないよう、ぜひこの記事で上手な本人希望欄の記入法をおさらいしておきましょう。

本人希望欄ってどんなもの?何のためにあるの?

本人希望欄は、その名の通り解釈すれば、自分の希望を書くために設けられたスペースです。しかし、どんな希望でもそのまま書いてよいわけではありません。本人希望欄を有効利用するために、まずは、何のためにこのような欄が履歴書にあるのかを知っておきましょう。

本人希望欄とは?

本人希望欄は履歴書によって場所や形式に違いがあります。

「本人希望欄」とだけ書いてあってフリースペースになっているものもあれば、「本人希望記入欄(特に給料・職種・勤務時間・勤務地・その他についての希望などがあれば記入)」と書いてあるものもあり、前者の場合も、欄の意味はもちろん後者と同じです。

このように、実際に入社するにあたって考慮してもらいたい条件を、書類審査の段階で伝えるためのスペースなのです。

条件が合致しているか確認するためにある!

つまり、本人希望欄のもっとも大きな目的は、企業側が求める勤務条件と応募者が働ける条件とがマッチしているかどうかを確認することです。

書類審査を通過して面接で初めて、企業側が求める勤務時間どおりに勤務できないことが分かったりすると、必要な情報を伝達できない人という印象を与えてしまいますし、本来なら書類審査の段階で落とすはずの人のために面接時間を使ってしまったということにもなり得ます。

そのようなミスマッチや二度手間を防ぐために、履歴書に本人希望記入欄があるのです。

転職の場合、入社可能な日なども書く必要があるみたいですが、正直に書いて面接の前に落とされたらイヤですよね。

そんなときは、どうしたらいいんでしょう?

面接まで進んでも、また、採用になったとしても、先方の条件に合った勤務が出来なければ、結局内定取り消しになってしまいます。

それはあまりにも失礼ですし、自分にとっても時間のムダですから、正直に書くべきですよ。

本人希望欄に書く内容と例文を紹介!希望がない場合も要注意!

本人希望欄の意味についてお話してきましたが、では、本人希望欄にて伝えたいことがある場合、何をどのように書いたらいいのでしょうか?また、特に希望がない場合はどうすればいいのでしょう?具体的に見ていきましょう。

本人希望欄に書くこと

先にも触れましたが、本人希望欄に書く項目としては、以下のようなものがあります。

  • 入社可能日
  • 希望する職種
  • 連絡がつかない曜日・時間帯
  • 確実に連絡がつく曜日・時間帯
  • 勤務できない曜日・時間・場所

転職の場合は、在職中の方も多いですから、その場合はいつから入社できるのかをきちんと記入しましょう。

また、在職中は特に連絡がつかない時間が多いため、何度電話しても通じないということがないよう、確実に連絡がつくタイミングを記載しておく必要があります。

複数の職種を同時に募集している企業に応募する際は、希望する職種もこの欄に明記します。

また、事情があって遠方の勤務地では働けない、パートタイムへの応募等で勤務できない曜日があるなどといった場合は、それも記入しておきましょう。

具体的な記入例

では、実際にどう書くべきか、それぞれのケースごとに記入例をご紹介します。

【在職中の場合】
現在、在職中であるため、下記時間帯は電話に出ることができません。
連絡不可時間帯:平日9:00~17:30 
土日は終日連絡可能です
 
入社可能日:平成〇年〇月〇日より就業可能です。
【勤務地に制限がある場合】
 勤務地:母の介護があり遠方での勤務が難しいため、自宅から通勤可能な範囲内を希望いたします。
【複数の職種を募集している場合】
 職種:営業職を希望いたします。
【勤務時間に制限がある場合】
 勤務時間:育児中であり保育園のお迎え時間の関係から、17時以降の勤務が難しくなっております。

このように、希望の項目を箇条書きのように立ててから、希望内容を簡潔に書きましょう。

希望がないときはどう書くべき?

特にこれといった希望がなく、企業の求める条件どおりに働けるというときは、本人希望欄にどのように記入したらよいのでしょうか?

以下のような書き方はNGです。

  • 「特になし」
  • 「ありません」
  • 空欄のままにする

このようにしてしまうと、「手抜き」「雑な人」などという印象を持たれてしまいます。

特に希望がない場合は、「貴社規定に従います」や「貴社規定に準じます」と書きましょう。

履歴書によっては、本人希望欄に「給料」という文言が入っていますが、お給料はいくら以上欲しいといったことは書かない方がいいんですか?

転職だと、前職よりは多く欲しいという人も多いですよね?

そうですね。しかし、本人希望欄には給料や賞与などお金に関することは書かない方が無難です。

待遇については、面接で必ず企業側から出る話題ですから、そのときに伝えるようにしましょう。

本人希望欄には絶対譲れない希望だけを謙虚に簡潔に書こう!

採用担当者が最初に目を通す書類が履歴書ですから、隅々まで好印象を持ってもらえるものに仕上げたいもの。そのためには、本人希望欄に至るまでも、きちんと気を配って記入する必要があります。

入社可能日や勤務時間など、その会社で働くにあたって叶わなければ入社は辞退しなければならないというレベルの希望がある場合のみ、それを謙虚な気持ちで簡潔に箇条書きしましょう。もちろん、希望がない場合も、作法に則った書き方をしてください。

これも重要なビジネスマナーのひとつですから、ぜひこの機会に覚えておいてくださいね!