履歴書は手書き、職務経歴書はPCでの作成がおすすめ!その理由とは

履歴書は手書き、職務経歴書はPCでの作成がおすすめ!その理由とは

転職活動に欠かせない履歴書や職務経歴書。第一関門となるこれらの書類は、作成に気をつかいますよね。

まず気になるのが、履歴書や職務経歴書は手書きするべきなのか、それともパソコンで作成するべきなのか、ということ。

どっちが好印象なのか、適切なのか、多数派なのか、迷ってしまいますよね。

結論から言えば、手書きでないと、あるいはPCでないとダメ、ということはありません。

しかし当サイトでは、履歴書は手書き、職務経歴書はPCで作成するのをおすすめします。その理由などを具体的に見ていきましょう。

履歴書は「どちらかといえば」手書きがおすすめ!その理由やメリットとは

応募に必要な書類として「履歴書および職務経歴書」などとは書いてあっても、「手書き」か「パソコンでの作成」かを指定する企業は少ないでしょう。

指定がないのは、つまり「どちらでもいい」ということ。

ただ「それでは困る!」という人に、当サイトは履歴書を手書きにするのを推奨します。

理由は、手書きにすることで次のようなメリットがあるからです。

履歴書を手書きにするメリット
  • 丁寧に書くことで、礼儀正しい印象が伝わる
  • 手間をかけたことで、誠意も伝わりやすい
  • 文字がキレイな人はそれもアピールにできる

ビジネス文書にはPCの利用が当たり前となった現在でも、お礼状など、より重要な内容や相手への文書は、礼儀として手書きにする、という人も多いです。

手書きとPCとで手間を比べたら、断然PCの方が楽ですよね。書き損じても簡単に書き直せますし、データを保存すれば共通部分は使いまわしも可能です。

それをあえて手書きにすることは、その企業を「手間をかける価値がある重要な相手」と見なし、誠意を見せることでもあるのです。

また、文字には人柄が表れるといいますよね。上手・下手とは違い、文字の大きさ、勢いなどに個性が出るものです。

もちろん、美しい書き文字が役立つ仕事もあります。誤字なく正確な文書が書けるかなどの判断材料にもできるので、手書きを歓迎する採用担当者もいます。

でも、文字が見づらかったり、小さすぎたり、丁寧でなかったりすると印象が悪くなってしまいます。

相手が読みやすい大きさで、落ち着いて丁寧に書きましょう。

ただし、この場合の手書きとは「黒のボールペン・万年筆などによる手書き」のこと。

鉛筆やシャープペンシルで書くのはNGです。消せるボールペンも、正式な文書では使わないのが礼儀ですし、ストーブの近くなどに置いておくと文字が消えてしまうのでおすすめしません。

職務経歴書はパソコンでの作成がおすすめ!その理由とは

一方、職務経歴書はパソコンで作成することをおすすめします。

職務経歴書は、履歴書よりも文字数・情報量が大きいですよね。読みやすさを考えると、圧倒的にパソコンでの作成に軍配が上がります。

その他、職務経歴書をパソコンで作成することにはこんなメリットが。

職務経歴書をPCで作るメリット
  • 採用担当者が読みやすい
  • 作業効率が高い
  • データを手元に残せる

パソコンで職務経歴書を作る一番のメリットは、自分の側にあるかもしれません。

下書きをするのも楽ですし、間違いを直したり、文章の順序を入れ替えたり、大幅に内容を変えたりすることも、パソコンなら短時間ですぐにできますよね。

手書きだと、一字でも間違えればまたイチからやり直し。修正はできません。

また、手書きで文字を書くのは疲れるものですが、パソコンであれば疲れもかなり軽減できます。

さらに、パソコンならデータの保存も簡単です。控えとして取っておけるほか、別の企業への応募書類作成にも応用ができ、時間も手間も省けます。

相手には「読みやすさ」という大きなメリットのほか、応募者のパソコンスキルもある程度わかるというメリットがあります。

でもさっき、手書きの方が丁寧さが伝わるし礼儀としてもいいって言ってましたよね?
手書きのよさや礼儀は、履歴書だけ手書きにすれば十分伝わりますよ。

職務経歴書は、何より読みやすさを考えることが大切です。

履歴書を手書き、職務経歴書をPCで作成することで、手書きとパソコン、それぞれの良さを活かすことができます。

むしろ、職務経歴書を手書きにしてしまうことで、「作業を効率化できない」「要領が悪い」などと悪い方に推察されてしまう恐れもあるのです。

履歴書は手書きでもPCでも、コピーの提出のは厳禁!

履歴書って、応募先ごとに何度も書かなくちゃいけなくて大変ですよね。

どうせ内容は同じなんだから、コピーしてもいいですか?写真はちゃんと変えます。

いえいえ、履歴書のコピーなんて絶対にダメですよ!

相手にコピーだとわかれば、手書きした意味がなくなります。

手書きの履歴書(職務経歴書も)のコピーを企業に提出するのは絶対にやめましょう。

明らかに使い回しだとわかる応募書類では、その会社への入社意欲は伝わりませんし、礼儀を欠く行為です。

礼儀もわきまえていない、入社意欲も怪しいというのでは、不採用でも不思議ではありません。

コピーをするくらいなら、手書きでなくパソコンで作成する方がおすすめです。

職務経歴書はテンプレートなどを使って見やすく工夫しよう

初めて転職をする人だと、職務経歴書を書くのも初めてですよね。

履歴書にはJIS規格のようにある程度の定型の書式がありますが、職務経歴書の書き方に決まりはありません。

まったくの白紙から、読みやすく、かつ必要情報が網羅された職務経歴書を作成するのは難しいもの。市販の用紙か、ネット上などで手に入るテンプレートを利用するのがおすすめです。

職務経歴書の用紙を入手する方法としては、主に次のパターンがあります。

  • ネット上でテンプレートをダウンロードしてプリンター・コンビニなどで印刷する
  • Amazon、楽天市場などのネット通販で購入する
  • 書店・文具店など店頭で購入する

パソコンで職務経歴書を作成するなら、フォーマットもネット上で入手するのがおすすめ。

ワード形式やエクセル形式のテンプレートがネット上でたくさん見つかります。

その中から、自分の経歴やスキルをアピールしやすいもの、見やすくレイアウトされたものを選んでください。

パソコンでの文書作成に慣れている人なら、そういったテンプレートを参考に、オリジナルで見やすい職務経歴書を作るのもよいですね。

手書きにする場合は、市販の用紙を使いましょう。

履歴書は手書き、職務経歴書はPCがおすすめ

応募書類の作成は、転職活動に欠かせないもの。

いくつもの企業に応募する場合、何度も書くことになります。手書きだと書き損じのたびに書き直したりして、書き終えた頃にはくたびれてしまう・・・なんてことも。

履歴書も職務経歴書も、手書き・パソコン作成のどちらでも間違いではありません。

ただ、履歴書で礼儀や誠意、熱意を見せ、職務経歴書はわかりやすくPCスキルもさりげなく伝える、というのが当サイトのおすすめです。

採用の合否は些細な理由で決まってしまうこともあります。鉛筆書きやコピーの提出などはもってのほか。手書き・パソコンどちらにしても、丁寧に心を込めて作りましょう。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月3日 16:03 求人更新