履歴書と職務経歴書の志望動機の違いは?正しい書き分けを解説します

履歴書と職務経歴書の志望動機の違いは?正しい書き分けを解説します

転職活動中に応募したい企業が見つかったら、まずすべきことは「応募書類の作成」です。

企業との最初の接点となる書類選考、その材料となる履歴書と職務経歴書は、心と力を込めて書きましょう。

書類作成で苦労する箇所の1つが「志望動機」の欄。履歴書と職務経歴書の両方に志望動機を書くのか、書くとしたら両方の内容は全く同じでいいのか、悩む人もいますよね。

この記事では、履歴書と職務経歴書の志望動機について、どのように書くべきかを解説します。

職務経歴書にも志望動機を書くべき理由と書き分ける方法

「職務経歴書」とは、これまでの仕事の経歴を書くものですよね。だから志望動機は書かなくてもいいと思う人もいるでしょう。

職務経歴書は、書式から自分で作成する人も多いもの。「志望動機」の欄を作らなければいいと言えば確かにそのとおりで、必ずしも書く必要はありません。

それでも当サイトでは、志望動機も職務経歴書に書くことをおすすめします。

この章では、職務経歴書に志望動機を書いたほうがいい理由と、どう書けばいいのかについて説明しますね。

職務経歴書にも志望動機を書くのがおすすめな理由

志望動機は履歴書に書いたから、もう書かなくてよくないですか?履歴書を見ればわかることですよね?
いえ、そんなことはありませんよ。職務経歴書にも志望動機を書くことをすすめる理由は、2つの大きなメリットがあるからです。
職務経歴書に志望動機を書くメリット
  • 履歴書に書くよりも長い文章で詳細に記入できる
  • 職務経歴と結びつけてアピールしやすく、相手にも伝わりやすい

履歴書の志望動機欄は小さいので、文字数がかなり限られます。要約して書くものの、書き足りなかったり、肝心なところを抜いてしまったり、ということになりがちです。

その点、職務経歴書なら自分でフォーマットを作ることもできるので、ある程度のスペースを確保することが可能。きちんと伝えることができます。

フォーマットから自分で作る場合は、職務経歴を書いた最後に「志望動機」の項目を作って書きましょう。これまでの経験やスキルを自分でも見つめ直した上でなら、志望動機も説明しやすくなりますよ。

「転職してこうなりたい」という自分の目的と、今まで積んできた経験を「次の仕事にどう活かしたくて」転職するのか、そこを重点に置いて書いてみてください。

書いているうちに、志望動機が自己PRにすり替わってしまう人がたくさんいます。「志望動機」と「自己PR」は別モノですので要注意ですよ。

履歴書と職務経歴書の志望動機の書き分け方

職務経歴書に志望動機を書く理由の1つが、より詳細に、長い文章を記入できるから。

つまり、職務経歴書に書く志望動機は、履歴書に書くよりもより具体的にすることができますし、そうするのがおすすめです。

内容って、かぶってもいいんですか?
ええ、もちろん。志望動機がバラバラだと信憑性が低くなります。「内容は同じで、職務経歴書はボリュームアップ」、それが基本です。
書類 書き方
履歴書 簡潔に要点だけをまとめて書く
職務経歴書 これまでの経歴と、そこで得たスキルを次の会社でどう生かしたいかを具体的に書く

より伝わりやすく説得力のある志望動機にするには、仕事での具体的なエピソードを加えるのもおすすめです。

たとえば、

「前職でこんなことがあって、それをきっかけにこう考えるようになった。今の会社ではそれが叶わず、それが叶う貴社への転職を希望するようになった」

という流れであれば、自然ですし、どうしてその会社に転職したいのかが伝わります。「こんなことがあった」「こう考えるようになった」の部分を、自分の状況に置き換えてみてください。

まず職務経歴書から書いて、それを短く要約したものを履歴書に書くと志望動機が書きやすいかもしれませんね。そうすることで、内容に矛盾がなく、それぞれの書類に応じた志望動機を記載することができます。

志望動機は応募書類の中でも重要な項目の1つ!省略はNG

一口に「履歴書」といっても、市販のものを使うこともあれば、自分でフォーマットを作る人もいるでしょう。

志望動機を書くにあたって、次のような疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。

Q:履歴書と職務経歴書、どちらかの志望動機を省略してもいい?
Q:省略して、「履歴書に記載」「職務経歴書に記載」などとしてもいい?

それぞれ見ていきましょう。

履歴書と職務経歴書、どちらかの志望動機を省略してもいい?

結論から言えば、答えは「NO」。

ただし、職務経歴書をフォーマットから自作する場合には、「志望動機」の欄を作らないことは可能です。その場合はもちろん、履歴書には志望動機をしっかりと記入しましょう。

記入欄がある市販のフォーマットを使うなら、必ず記入してください。

志望動機は、企業が採用可否を判断するのに最も重要な項目の1つ。空欄で出すと、「手を抜いている=入社への意欲が低い」と見なされてしまいます。

空欄でなく「履歴書に記載」「職務経歴書に記載」などすればいい?

こちらも、答えは「NO」です。

転職において、企業と自分とは同等だと考える人もいますが、応募の際はあくまで「お願いする側」だと認識しておくのが賢い考え方です。

「履歴書に記載」「履歴書参照」などと書くと「手抜き」と見なされますし、「職務経歴書に記載」「職務経歴書に同じ」などと書くと、相手に「そこを見ろ」と言っているようなもので、失礼にあたります。

履歴書に志望動機が書ききれない場合は、履歴書には要約した短い文章を書き、職務経歴書には詳しく書きましょう。

履歴書の志望動機欄の最後に、「詳細は職務経歴書に記載いたします」という一言を添えるのも親切ですね。

志望動機は「履歴書は簡潔に、職務経歴書では詳しく」が正解!

転職先に提出する書類は、第一印象を決める大切なものです。マイナスイメージを持たれないように、どちらの書類にも志望動機をきちんと書くことをおすすめします。

双方の志望動機が同じになるのは当然のことです。とはいえ、全く同じ内容では入社への意欲が伝わりません。

内容は同じでも、履歴書には簡潔に短めの文章でまとめ、職務経歴書には詳しく具体的に、エピソードなどを加えて書くのがベストです。

書き分けに自信がない人、志望動機がそもそも薄い人は、職務経歴書のフォーマットは自分で作るか、志望動機欄のないものを使うのがおすすめです。ただし、面接に進めたならば必ず聞かれるので、答えはちゃんと用意しておきましょう。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
1月20日 00:01 求人更新