履歴書と職務経歴書の違いとは?意外と知らない用途と目的

履歴書と職務経歴書の違いとは?意外と知らない用途と目的

転職活動をしていると、履歴書や職務経歴書の提出を求められます。最初の選考は書類であることから、これらの書類はとても採否に大きな影響を与えるので、きちんと作成したいところです。

一見、履歴書と職務経歴書は似た内容を記載するように見えるのですが、両者はどう違うのでしょうか?

その用途と目的を理解して内容を充実させることで採用担当者にアピールすることも可能ですので、この点はぜひ理解しておきたいところです。そこで、今回の記事では、履歴書と職務経歴書の違いを確認しましょう!

履歴書と職務経歴書は提出の目的や用途が違う!だから両方必要です

採用担当者は、履歴書と職務経歴書をそれぞれ別の目的や用途のために利用しています。そのため、どちらか片方だけを提出すればよいというものではなく、両方提出を求められることが多くなっています。

では、それぞれの書類にはどのような目的があり、どのように使われるのかを確認しましょう。

両者の目的と用途

では、両者の目的と用途を見てみましょう。

履歴書と職務経歴書の目的と用途
項目 履歴書 職務経歴書
目的 基本情報を確認するため これまでの仕事内容の詳細を確認するため
用途 採用後に本人確認書類として保管 書類選考の採否を決めるために使用
面接の際の資料としても使用

履歴書は、採用後にも保管される書類であるため、氏名や生年月日、住所などの基本的な情報を記入します。それに対して、職務経歴書は書類選考の採否を決めるために利用されるので、これまでの仕事内容についての詳細を記入する必要があります。

履歴書は基本情報を確認するため、職務経歴書はこれまでの仕事について確認するものだということですね。主に採否を決めるのは職務経歴書なら、履歴書の方はそこまで気合を入れて考えなくてもいいと思っていいのでしょうか?
採用担当者は、転職者が自分の企業が求める人材なのかを知りたいので、職務経歴書に重きを置いて採否を決めるのは事実です。でも、履歴書の印象も大きく関わりますし、最初に見るのは履歴書ですから、丁寧によく考えて記入する必要があるんですよ。

履歴書と職務経歴書に記入すべきことは?一覧形式でご紹介!

それでは、履歴書と職務経歴書についてより詳しく内容を比較するために、記入すべきことを一覧形式でご紹介します。

履歴書に記入すべき内容

まずは、履歴書に記入すべき内容をチェックしましょう。

  • 氏名・生年月日
  • 現住所・連絡先
  • 配偶者・扶養家族
  • 学歴・職歴
  • 資格・免許
  • 趣味・特技・自己PR
  • 志望動機・通勤時間
  • 本人の希望

履歴書は全て同じものではないので、選ぶ履歴書によって記入する内容が若干違うことがありますが、基本的な情報の記入が必要な点では同じです。

履歴書は市販されていますので、それに従って丁寧に記入するようにしましょう。

職務経歴書に記入すべき内容

次に、職務経歴書に記入すべき内容をチェックしましょう。

  • タイトルと記入した年月日
  • 氏名・住所
  • 職務経歴
  • 職務内容
  • スキル・資格・知識・経験・実績・成果
  • 自己PR
  • 希望職種
  • 志望動機

職務経歴書の方は、これまでにどのような仕事を経験してきたのか、その中でどのようなスキルや知識などを身につけ実績を出してきたのか、それを今後新しい職場でどう生かしたいのかなど、主に仕事に関わる内容について記載するものです。

つまり、職務経歴書は、転職者が転職先の企業できちんと仕事ができることをアピールするための資料だと考えていいわけですね。

その内容をもとに、応募してきた転職者にどのような能力やスキルなどがあるのかを見極め、さらに自社の仕事に合っているかどうかを判断するのが採用担当者の役割です。だから、職務経歴書が採否に大きく関係すると言えるのです。
履歴書と職務経歴書に記入する内容の違いはよくわかりました。職務経歴書では、能力などと合わせて自社に合っているかどうかも見るとのことですが、能力があっても会社に合わないと思われたら採用されない可能性もあるんですか?
その通りなんです。過去の仕事の中で素晴らしい実績を挙げていたとしても、転職先の会社の業務内容と全く関係のない内容だとしたら、採用されない可能性もあります。だから、転職先の企業に合うような能力や実績などをアピールするように気をつけなければいけないんですよ。

履歴書と職務経歴書を用意する際に知っておきたい注意点

最後に、履歴書と職務経歴書を用意する際に知っておきたい注意点について確認したいと思います。

履歴書は購入できるが職務経歴書にはフォーマットが無い!

履歴書は市販されていますので、購入してそれに従って記入することができます。

ですが、統一されているわけでもないので、サイズもA4のものとB5のものがありますし、記入する内容も全ての履歴書で同じではありません。

とはいえ、書かれている内容に従って記入すれば良い点で言えば、それほど書く内容に困ることはなさそうです。

それに対して職務経歴書は、これといったフォーマットが決められているわけではありませんので、自由に作成できます。ですが、自由に、となると逆に難しいですよね。そこで、先ほど挙げた内容に抜けが無いかを確認しながら、採用担当者が読みやすいようにと考えて作ることが大切です。

履歴書と職務経歴書のサイズは統一しておこう!

履歴書のサイズも決まっておらず、職務経歴書のサイズも自由ではあるのですが、この二つの書類のサイズは統一しておくことをお勧めします。

それは、転職者自身が保管する時に便利だということもありますし、また採用担当者からしても見やすいという点でメリットがあるからです。

市販されている履歴書もサイズが違うものがありますし、また職務経歴書は自由に作っていいとなると、つい別々に考えてしまうんですが、後のことを考えるとサイズを統一しておいた方がいいんですね!
書類を保管する際にサイズが違うと折れ曲がったり紛失したりすることもありますよね。それに、採用担当者からしても、二つを合わせて見るのなら同じサイズの方が見やすいですしね。ここで見る人のことも意識する気配りが、転職活動の上では大切なんですよ。

履歴書は基本情報を、職務経歴書は職務経験を詳しく伝える書類です!

以上のことから、履歴書は転職者の氏名や生年月日、学歴や職歴など基本的な情報を確認することを目的として提出を求められる書類だと言えます。

それに対して職務経歴書は、これまでに経験してきた仕事について経歴や能力などを記入し、自分をアピールする材料にできるものだということです。そのため、書類選考の採否にも大きく関わる書類です。

両者の違いをきちんと知って、内容を書き分ける工夫で転職活動に有利になる書類作りをしたいものですね!