転職でも重要!履歴書の証明写真で注意すべき意外なポイント

転職でも重要!履歴書の証明写真で注意すべき意外なポイント

履歴書に貼った写真に写る顔は、採用担当者から最初に見られる自分自身です。表情の動きやしぐさ等の情報がない分、顔や髪型、服装などがストレートに第一印象に結びついてしまいます。

したがって、履歴書の証明写真は、少しでも好印象な服装や髪型にしてから撮るのはもちろん、撮影方法や貼り方にも気を配らなければなりません。

そこで今回は、証明写真の上手な撮り方や、注意するべきポイントについてお話します。書類審査を通過する推進力となる最高の証明写真が撮れるよう、参考にしてくださいね。

証明写真の基本的なマナーや注意点を押さえておこう!

証明写真と言ってもパスポートや運転免許証など様々な用途がありますが、履歴書に使う証明写真は採否にかかわることもあるため、撮り方やマナーなどにじゅうぶん注意する必要があります。まずは、そんな基本的な部分から見ていきましょう。

撮影前に知っておくべき注意点

履歴書の証明写真を撮るうえで知っておくべき基本的な注意点は、以下の通りです。

  • 服装や髪型は面接時と同様にして撮影する
  • サイズは縦4cm×横3cm
  • カラー写真を使う
  • 3か月以内に撮影した写真を使う
  • 背景は白・薄いグレー・青のいずれかにする
  • 写真の裏に名前を書いてから貼る

履歴書の証明写真欄は4cm×3cmですので、それに合わせたサイズで撮影しましょう。

履歴書に証明写真を貼る理由は、企業側が応募者の雰囲気を知るためです。なので、どんな人か分かりやすいように3か月以内に撮ったカラー写真を使いましょう。3か月以内であっても、髪型や体型などがかなり変わっているのであれば撮り直してください。

背景はスーツの色によって選ぼう

証明写真を撮るときの服装については次章に詳しくご紹介しますが、写真の背景色も服装に合わせて最適なものを選ばなければなりません。

スーツが黒や紺など濃い色の場合は、上記の3色いずれを選んでも大丈夫ですが、スーツがライトグレーの場合はぼやけた印象にならないよう、青がおすすめです。

スピード写真機では、背景色に赤などを選べるところもありますが、このような派手な色は選ばないようにしてください。

写真館ならカメラマンがスーツの色に合わせて背景色を選んでくれますので、不安な方は写真館での撮影をおすすめします。

写真の裏には忘れずに記名を!

意外と忘れがちなことですが、履歴書に貼る前に証明写真の裏に自分の名前を書くのがマナーです。

企業側はたくさんの応募書類を取り扱うことも多いため、履歴書から写真が]Rがれてしまうこともあります。そんなとき、名前が書かれていないと誰の顔写真が分からなくなってしまい、選考に支障をきたすことにもつながります。

剥がれないようしっかりと貼るのはもちろんですが、万が一に備えて証明写真の裏に記名するのも忘れないようにしてください。

履歴書をメールで送るよう求められたら

近年は、メールに履歴書を添付して送るよう指示されることも増えましたが、もちろん、その際も履歴書には証明写真をつける必要があります。

証明写真付きの履歴書をメールで送るための具体的な方法としては、以下の2通りがあります。

  • Webで履歴書を作成し、写真データを貼りつける
  • 履歴書に証明写真を貼った状態でスキャンする

写真館で証明写真を撮影すると、ほとんどの場合データも購入することができます。そのデータをパソコンに取り込んで、履歴書のWordやExcelのファイルを開き、「挿入」→「図」から証明写真データを貼り付ければOKです。

写真データがない場合は、証明写真をスキャンして自分でデータ化し、Webで作った履歴書に貼ることも可能です。ただし、この場合はサイズ調整が難しいことがあるので、自信がない人は従来通り紙の履歴書に写真を貼って、履歴書ごとスキャンしてPDFなどで送った方が簡単です。
履歴書や職務経歴書を作るだけでも時間がかかりますし、在職中の転職活動の場合は特に、証明写真を撮りに行く時間が取れない人もいますよね。

パスポート用に撮った証明写真などがあったら使い回したくなってしまいますが、履歴書の写真を貼る欄に合わせてカットして使ってはダメですか?

別の用途で撮った写真を履歴書に合わせて切ると、背景のスペースが小さくなりすぎて違和感が出てきます。

たくさんの履歴書を見慣れている採用担当者が見たら、使いまわしたことはすぐ分かってしまいます。何とか時間を作って、新しい写真を撮りに行ってくださいね。

証明写真に最適な服装と髪型とは?ポイントを押さえよう!

履歴書の証明写真に関する基本的なマナーが分かったところで、次は、理想的な証明写真を撮るための服装や髪型について見ていきましょう。また、顔の角度や表情など、意外と印象を大きく左右するポイントについてもお話します。

服装はスーツが基本!

証明写真を撮るときの服装は、面接と同じ基準にします。つまり、スーツ着用が基本です。新卒ならリクルートスーツですし、転職の場合も第二新卒くらいの年齢であれば、リクルートスーツでもかまいません。

しかし、ある程度のキャリアを重ねた転職者の場合は、それをアピールできるようなスーツを着るのもおすすめです。

男性は黒や紺などの濃い色のスーツが最適ですが、女性は黒・紺などのベーシックな色だけでなくライトグレーもオススメです。お堅めの業種でなければ、男女ともに派手ではないピンストライプが入ったスーツもよいでしょう。

スーツの下に着るインナーは、男女ともに顔色が明るく見える白がオススメです。ただし、女性は胸元が開きすぎているシャツやブラウス、男性はボタンダウンシャツや派手なネクタイを合わせるのは避けてください。

もちろん、シャツやスーツにシワや汚れがあったり、よれよれだったりするのはNGです。写真だから分からないだろうなどと考えず、きれいな服装で撮影しましょう。

髪型は顔がよく見えるようにしよう

では次に、証明写真向けの髪型について見ていきましょう。これも、やはり面接のときと同じで、清潔感があり顔がはっきり見える髪型であることが大切です。

男女ともに、おでこや、少なくとも片方の眉を出すと好印象です。

髪の長い女性は、背中側に垂らすか後ろでひとつに結び、襟元に髪がかからないように注意してください。男性も、寝ぐせと判別しがたいゆるふわヘアなどは避け、きちんとセットするようにしましょう。

写真では気づかれない程度の茶髪なら大丈夫ですが、色が明るすぎる場合は、業種によっては黒くしてから撮影することをおすすめします。

あごの引きすぎに注意!

普段写真を撮るとき、小顔効果や目が大きく見える効果を狙ってあごを引く癖がある方も少なくないかと思います。証明写真でも、あごを軽く引くとよいのですが、意外と多いのが顎の引きすぎで表情がきつく見えてしまうケースです。

あごを引きすぎるとカメラを下から見る格好になるため、目元がきつくなり、睨んでいるように写ることもしばしばです。

なので、あごはあくまでも軽く引き、口角を少しあげて柔らかい表情で撮影しましょう。

私も写真を撮るときはついあごを引いてしまいます。引きすぎにならないように気をつけなければいけませんね。

履歴書の写真を撮るときはスーツが基本とのことですが、履歴書の証明写真を撮ったときと同じスーツを面接に着て行ってもいいのですか?

写真館なら、顔の角度や表情もアドバイスしてもらえるので安心ですね。

履歴書の証明写真と面接が同じ服装でも、まったく問題ありませんよ。ただし、清潔感があってきちんとしている服装であることが前提です。

証明写真はどこで撮るのがベスト?それぞれの料金も知りたい!

証明写真を撮る場所やツールはいろいろありますが、履歴書に貼る証明写真は、どこで撮影するのがベストなのでしょうか?それぞれの撮影料金の相場とともにご紹介します。

写真館がベスト!

証明写真を撮るとき、選ぶべき方法の順位は以下の通りです。

1位:写真館
2位:証明写真機(スピード写真)
3位:デジカメを使って自分で撮影
4位:スマホやアプリを使って自分で撮影
5位:プリクラ

このように、やはり写真館でプロに撮影してもらうのが、もっとも美しく好印象の証明写真が撮れるオススメの方法です。

駅や商業施設などによくあるスピード写真の機械を使いたい方もいらっしゃるでしょうが、これは自分で撮影しなければならないため、良い写真になるとは限りません。転職先に出す履歴書に貼る場合、マナー的にはギリギリOKですが、あまりおすすめはできません。

3位以下の自分で撮影する方法は、運転免許証やパスポートなどに使うならまだしも、履歴書に貼る証明写真の撮影手段としてはNGです。また、スナップ写真を切り抜いて貼るのも大変失礼です。

その証明写真を見られた瞬間、書類審査で落とされても何の不思議もありませんので、絶対に避けてください。

お値段の相場は?

履歴書の証明写真は、写真館か証明写真機で撮影すべきことをお伝えしました。でも、何社にも応募する場合などは特に、証明写真にかかる料金も負担になり得ます。そこで、それぞれのお値段の相場をご紹介しておきます。

撮影方法 料金の相場
写真館
(ヘアメイク付き・後日受け取り)
1枚あたり800円~1,000円程度
(料金例:10枚8,600円)
写真館
(ヘアメイクなし・即日仕上げ)
1枚あたり400円程度
(料金例:4枚 1,300円)
証明写真機 1枚あたり150円程度
(料金例:5枚 700円)

ご覧のように、やはりスピード写真機が一番お手頃になっています。その場ですぐに受け取れるので、時間がないときやお財布に余裕がないときには利用してもよいでしょう。

しかし、写真館ならプロのヘアメイクやライティングが付き、修正などもしてもらえるところもあるので、お値段は高くなりますが、写真の出来は最高のものとなるでしょう。入社意欲の高い会社の履歴書には、写真館の証明写真を使うとよいですね。

就活向けのサービスパック料金を設定している写真館もたくさんありますので、お近くの写真館の情報をチェックすることをおすすめします。

一番いいのは、やはり写真館ですね。でも、すぐに写真を受け取れないこともありますし、お金もかかりますね…。

やむを得ず街中でスピード写真を撮るときは、どんなことに注意したらいいですか?

スピード写真機を使うときは、白いハンカチやノートを膝に置いて反射させると、明るい顔色の写真が撮れますよ。

写真をカットするときは、ななめになったり切り込みが入ったりしないよう、慎重に切ってくださいね。はさみよりも、定規とカッターを使った方がきれいに切りやすいですよ。

履歴書の証明写真は清潔感のある姿を写真館で撮るのがベスト!

転職の選考で重要なのは面接や職務経歴書と言われていますが、履歴書の証明写真だってあなどれません。写真一枚で第一印象が作られますし、マナー違反の証明写真を貼ってしまえば、それだけで不採用が決まることもあります。

髪型や服装を整えて撮ることはもちろん、背景色や表情などにも気を配り、できればプロのカメラマンのいる写真館で撮影してもらうことをおすすめします。

貼り方や写真の裏に記名する等、ちょっとしたマナーを守ることも忘れず、自分にとって最高の証明写真を貼った履歴書で、書類審査を突破しましょう!