【転職者向け】学歴はいつから?履歴書の学歴の正しい書き方!

【転職者向け】学歴はいつから?履歴書の学歴の正しい書き方!

履歴書を作成する上で必ず記載しなければならない「学歴」。

転職者の履歴書は、新卒時に作成するものや、アルバイト・パートの面接を受ける時に作成するものとは少々違うポイントもあるんです。

履歴書はその人の第一印象といっても過言ではありません。「デキる転職者だな」と思わせるような学歴欄を作成するポイントをご紹介します!

基本的な学歴の書き方!高校卒業~大学(院)卒業まででOK

一番ベーシックと言える学歴の書き方は以下の通りです。

学歴・職歴
学歴
平成13年 4 東京都立○○高等学校 普通科 入学
平成16年 3 東京都立○○高等学校 普通科 卒業
平成16年 4 ○○大学 ○○学部 ○○学科 ○○専攻 入学
平成20年 3 ○○大学 ○○学部 ○○学科 ○○専攻 卒業

学歴は高校入学から記載するのが一般的です。履歴書の場合、職務履歴書を別途添付する必要があるものの、学歴と職歴をまとめて記載する必要があるため、あまり学歴で場所を取っていると職歴が入らない!…ということも起きますからね。

当然ですが、高校は「高等学校」と正式名称で記載しましょう。また、コースがある場合(普通科・商業科など)はそれもきちんと記載するようにしてください。

大学・大学院は学部・学科・専攻を忘れずに記載します。大学院を卒業した場合「卒業」ではなく「修了」と記載しましょう。入学時は「入学」で問題ありません。

また、自分が学んでいたことや卒業論文が志望する企業に近い(活かせると判断した)場合、卒業論文のテーマなどを大学卒業の次の行に簡単に記載しても構いません。

基本はこの形で問題ありません。

中学校卒業後専門学校や専修学校に入学した場合は、中学校卒業(入学)からの記載でもいいでしょう。

大学を休学・退学した場合の学歴欄の書き方は?

短期の休学であれば記載の必要はありませんが、長期の休学である場合記載したほうがよい、とされています。

もちろん短期でも休学に理由があり、そこをアピールしたいのであれば記載しても問題ありません。

学歴・職歴
平成16年 4 ○○大学 ○○学部 ○○学科 ○○専攻 入学
平成18年 5 病気療養のため平成19年3月まで休学
平成21年 3 ○○大学 ○○学部 ○○学科 ○○専攻 卒業

このように書いてもいいですし、もっと丁寧に書くのであれば「○○大学 ○○学部 ○○学科 ○○専攻 休学」「○○大学 ○○学部 ○○学科 ○○専攻 復学」と2行に分けて記載してもよいでしょう。

対して、学校を中退した場合はきちんと記載する必要があります。

学歴・職歴
平成16年 4 ○○大学 ○○学部 ○○学科 ○○専攻 入学
平成18年 3 ○○大学 ○○学部 ○○学科 ○○専攻 中途退学

経済的な事情により中途退学

「中退」は略称ですので正しくありません。きちんと「中途退学」と記載しましょう。その際、理由も簡潔に記載しておけば担当者に伝わりやすいです。

浪人期間や留年期間が1~2年程度であれば記載する必要はありません。

ただし、浪人中に通っていた予備校は学歴として記載出来ませんので注意して下さいね。

学生時代に留学した際の学歴欄への記載はどうするの?

留学期間が1年未満ですと学歴として認められませんので、学歴欄に記載することは出来ません。

1年以上の場合は留学期間、留学した国、学校名を記載します。

学歴・職歴
平成16年 4 ○○大学 ○○学部 ○○学科 ○○専攻 入学
平成18年4月から平成19年10月まで フランス国 ○○大学に留学
平成21年 3 ○○大学 ○○学部 ○○学科 ○○専攻 卒業

短期留学経験をアピールしたい場合は、自由記入欄や自己PR欄に記載しましょう。

留学は日本以外の国で様々な経験をしたというアピールになります。

留学しても外国語を取得できなかったから…と記載しないのはもったいないですよ。

こういう時はどうすれば?転職時の学歴Q&A

ここまで履歴書の記載例とともにポイントをご紹介してきましたが、それだけではカバー出来ない様々な疑問があるのも事実です。

このトピックでは、「学歴欄に記載すべき項目」や「学歴欄の書き方のポイント」といったもうちょっと細かい部分をクローズアップ。

「これは書くべきなの?」と悩んでいた方もこれを読めばスッキリするかも!?

浪人や留年した際、学歴に書いておくべき?

1年浪人して予備校に通ったり、1年単位が足りず留年してしまった…というケースでは学歴に記載すべきかどうか迷う方もいると思います。

しかし、どちらのケースであっても、特別記載する必要はありません。

年数を計算すればわかることですし、特別珍しいことでもないからです。

履歴書の年号は和暦と西暦どっちがいいの?

和暦(平成~)、及び西暦(2000~)どちらでも構いません。

ただし「履歴書内の年号は和暦と西暦で統一する」、「和暦を使用する場合はH20といった略称を使用しない」ことが重要です。

1行目に「2000年4月」と記載し、2行目に「〃年6月」と記載するような省略の仕方や、「同上」と記載することも避けましょう。

中途採用と新卒採用で学歴の書き方に違いはあるの?

新卒採用の際は学歴は中学校卒業から記載するのが一般的でしたが、転職者のような「中途採用」の場合、職歴を記載する必要もありますので、高校入学から書くようにしましょう。

職歴が長いなど収まりそうにない場合、高校卒業からの記載でも問題ありませんが、採用時に地頭の良さを見るためにどこの高校へ行っていたかをチェックする担当者もいるようですので、大学入学からの記載にするのは避けたほうがいいでしょう。

職業訓練校で学んだことは学歴に記載出来るの?

職業訓練校で学んだことを「学歴」に記載すべきか、はたまた「職歴」に記載すべきか悩んでいる方は多いです。

実際様々な意見があり、キャリアカウンセラーや転職エージェントの間でも意見の相違が多く見られ、「学歴に書くべき」と言う人もいれば「職歴に書くべき」という人もいます。

ミスをしたくない!と考えるのであればどちらにも書かないのが正解。

自己PR欄や自由欄に職業訓練校に通っていたことを記載し、かつ何の知識を得たのかを併記しアピール材料にするのがベストかと思われます。

上の質問にはないですが、一度働いて再度大学に通ったような「学歴の間に職歴がある」方はどのように記載すべきなんでしょう?
もちろん学歴と職歴で分けて記載するべきです。

働いていた時期のブランクが長いことを心配されているのかと思いますが、職歴と照らし合わせればきちんと理解できますので、全く問題はありませんよ。

見やすい学歴欄を作ってスマートな印象を残そう!

表記を(職歴欄と)統一し、省略せずに記入する。

学歴は高校入学から記載し、必要な(アピール出来る)情報があれば合わせて記載する。

これだけで見やすい学歴欄が作られるだけでなく、より志望する会社に寄り添った学歴欄を作ることが出来ます。

たかが履歴書と言ってしまえばそれまでですが、その人の様々な情報を得ることが出来るのも履歴書です。

ポイントをきちんと押さえて、「こいつデキるな」と思わせるようなスマートな印象を残せる学歴欄を作りましょう!