履歴書の賞罰とは?書き方の基準とルールを知って悩みを解決!

履歴書の賞罰とは?書き方の基準とルールを知って悩みを解決!

履歴書には様々な記入項目がありますが、その中でもどう書けばよいのか悩む方が多いのが『賞罰』の項目ではないでしょうか?

市販の履歴書には、賞罰の項目があるものとないものがあります。特に最近では、賞罰の記入欄がないタイプの履歴書の方が主流になってきているのが実情です。

したがって、書き方に悩んでしまうのであれば、もとから賞罰の項目がない履歴書を利用してもかまいません。

ただし会社によっては指定の履歴書のフォーマットがあり、その中に賞罰の記入欄が含まれていることもあります。

そこでここでは、賞罰を記載しなければならない方のために、履歴書の賞罰の正しい書き方について、詳しく解説していきましょう。

記入前に知っておきたい!賞罰の定義と基準

履歴書の賞罰の項目に関しては、絶対にこのように書くべき!という明確な基準があるわけではありません。

しかし、一般的にはこのレベルの賞なら書く、この罰の内容なら書かなくてよい…というようなボーダーラインは、ある程度決まっています。

まずはその賞と罰それぞれの定義や一般的な基準を説明していきましょう。

全国レベル以上が基本!?『賞』に記入すべき3つの経歴

賞というのは、何らかの大会で入賞したり、賞を受賞したりと言った、文字通り賞にかかわる経歴のことです。

賞は特に会社に対しての申告義務があるわけではありませんが、自己アピールの1つの要素にはなり得るポイントです。

とはいえ、入賞・受賞経験があれば何でも記入していいというわけではありません。基本的には一定のレベル以上の公的な賞のみが対象です。

具体的には、以下の3つのうちのいずれかに該当するものが、賞として記入するべき経歴ということになります。

  • スポーツや文化活動の全国レベル以上の大会入賞
  • 一般認知度の非常に高い賞の受賞(例:ノーベル賞、芥川賞など)
  • 国や都道府県からの表彰

例えばスポーツの大会であれば、県大会優勝の経歴は書く必要がありません。全国大会や国際大会での入賞レベルまで行けば、賞として記入すべきということになります。

また、国や都道府県からの表彰の例としては、人命救助に関わって警察から表彰を受けるなどのケースが考えられます。

なお、前職で成績優秀で表彰を受けた、特定の業界では認知度の高い賞を受賞したなどの仕事に関する受賞歴をアピールしたい場合は、賞罰欄ではなく、職務経歴書などに記載するとよいでしょう。

記入漏れで経歴詐称扱いのリスクあり!罰に該当するのは?

罰というのも、やはり文字通り、公的に罰を受けた経歴のことを指します。

罰の種類にもいろいろありますが、なかでも有罪判決を受け、なおかつ懲役や禁固刑、罰金刑などの具体的な刑事罰が科された経歴のみを記載するのが一般的です。

したがって、交通違反や交通事故による罰金などの行政罰のカテゴリになるものは記入しなくても問題ありません。ただし酒気帯び運転の結果の事故など悪質な人身事故の場合、刑事罰に相当するので賞罰欄に記載する必要があります。

なお、有罪判決を受けていても、執行猶予がついて実刑を受けなかった場合は、執行猶予期間が終了した時点で刑が消滅したことになるので、罰として記載しなくてもよくなります。

罰の項目に関しては、賞とは異なり、書くべきことをきちんと書いていないとトラブルの原因になることがあります。

会社指定の履歴書で賞罰欄がある場合、経歴を正しく伝える告知義務があるということになります。にもかかわらず、犯罪歴があることをきちんと申告しないと、経歴詐称として内定の取り消しや解雇などの処分を受ける可能性があるのです。

自分に不利な経歴というのは、どうしても隠しておきたいという気持ちがあるものだと思いますが、賞罰欄がある場合は必ず正しく申告するようにしましょう。

もしも今の職場でトラブルがあって、懲戒解雇などの処分を受けた場合、罰の欄に記入する必要はありますか?刑事罰ではないけれど、企業としては重視しそうですよね。
懲戒解雇などの会社から受けた処分は刑事罰ではないので賞罰欄には書く必要ありませんよ。ですが、前職の退職理由が懲戒解雇であること自体を隠し通すのは望ましくないですし、難しいでしょうね。

学生時代の賞と罰は記入するべき?しなくていい?

学生時代の受賞歴や犯罪歴など、賞罰に該当する経歴がある場合、それも賞罰欄に記載するべきなのか悩むところですよね。

一般的には、賞に関しては学生時代の経歴を記載する必要はありません。社会人になってからの公的な入賞経験のみを書くのが望ましいでしょう。

自分の長所などのアピールポイントと絡めたい学生時代の受賞歴があるのであれば、趣味・特技欄など他の項目に記載することをおすすめします。

一方、罰に関しては、刑事罰を受けた経歴があるのであれば書いておいた方が間違いないでしょう。学生時代のことだから…と書かずにおくと、後で万が一そのことが知れてしまったときに経歴詐称扱いを受けるリスクがあります。

ただし、未成年の時に犯した罪は刑事罰ではなく、行政罰に該当するので、罰の欄に書く必要はありません。また、懲役刑であれば刑期満了から10年、罰金刑であれば支払いから5年が経過すると、法的に刑の効力が消滅し、慣例として告知義務がなくなるとされています。
刑事罰を実刑として受けていても、時間が経ってれば申告しなくていいなんて驚きです。後から知られてしまったら、やはり経歴詐称になりませんか?
この問題に関しては、法律的に刑が消滅したものについては告知義務がないと実際に過去の裁判において判例が出ています。ただ、まったくトラブルにならないとは残念ながら言い切れないので、不安なら罰の欄に記載しておいた方がよいでしょう。

こう書けばOK!履歴書における賞と罰の記入例を紹介

賞と罰それぞれの定義と基準がわかったところで、実際に履歴書の賞罰欄をどのように記入したらよいのかという例をそれぞれご紹介しましょう。

まず賞の記入例です。

平成○○年〇月 第×回○○国際ピアノコンクール 特別賞受賞

                           以上  

次に、罰の記入例です。

平成○○年〇月 器物損壊罪にて罰金刑

                           以上  

賞と罰、いずれの場合にも、年月と賞や罰の名称は省略せず正しく記載するようにしましょう。

なお、賞も罰も特に記載することがないという場合には、『なし』と書いておいて問題ありません。

賞罰欄がない履歴書、賞罰の経歴を書く必要はある?

賞罰欄がない履歴書を利用する場合、わざわざ賞罰を記入する必要はありません。

とはいえ、罰に該当する経歴があると特に、書かなくて本当に問題ないのかと不安になるかもしれません。

しかし実際には、賞罰欄のある履歴書を使用するように指定されていないのであれば、罰に関する告知義務はなかったものとみなされる可能性が高いので、経歴詐称として扱われる可能性は低いでしょう。

犯罪歴を申告せずにいることにかえって不安を感じるようであれば、あえて賞罰欄のある履歴書を利用するのも1つの方法ではあります。

賞罰欄も履歴書の他の項目と同様、略語などは使わず正しく記載するようにしましょう。何も書くことがなければ『なし』と記載するだけでよいですよ。また、賞罰欄のない履歴書なら賞罰を記載する必要はありません。

トラブルの原因になり得る!?賞罰欄の書き方をマスターしよう

市販の履歴書には賞罰欄があるものが少なくなってきているということもあり、転職活動をしていても賞罰について書く機会というのは案外少ないものです。

だからこそ、会社指定の履歴書などで急に賞罰の項目が出てくると戸惑ってしまいますよね。

賞罰欄の書き方には明確な決まりはありませんし、さほど難しく考える必要もないのですが、罰に該当する経歴に関しては、きちんと書くようにしないと想定外のトラブルを招くこともあります。

必要になった時のために、賞罰欄の基本の書き方はしっかりマスターしておきましょう。