履歴書の健康状態の書き方と正しい記入例(良好、既往症、通院中など)

履歴書の健康状態の書き方と正しい記入例(良好、既往症、通院中など)

市販の履歴書の中には「健康状態」と記載する欄があります。

健康状態を聞いてどうするの?と思う方もいると思いますが、きちんと業務を行えるかどうか判断するためにチェックされる項目のひとつです。

とはいえ、どのように記載すべきなのかわからない…という方もいるのではないでしょうか?

さりげなく希望やアピールも出来る「健康状態」欄。きちんと書き方をマスターし、より履歴書のクオリティをアップしましょう!

履歴書の「健康状態」欄の意味は?きちんと記載すべき?

履歴書の中に「健康状態」として記載する部分がありますが、これはどのような意味を持っているのでしょうか。

きちんと記載するべきなのか、この健康状態欄から採用担当者は何を知ろうとするのかを知ることで、意外にも健康状態欄は履歴書の中でも重要なピースであるということがわかるかもしれません。

「健康状態」欄を見て、採用担当者は何を判断する?

履歴書の健康状態欄をチェックするのは、当然ながら「業務をする上で支障がないかどうかを判断するため」です。

重い病気を患っていたり、業務に支障が出るような状態(例えば肉体労働なのに持病の腰痛があり重いものが持てない、など)では採用したくでも採用出来ない…というケースもあります。

とはいえ、現在持病があるからといって採用されないということはありません。

持病があったとしても人柄などが魅力的であれば配慮してくれる企業も中にはあります。あくまで「実際の業務への配慮が必要かどうか」を判断するための材料のひとつと思っておけばいいでしょう。

ただ、健康な人であればそれをアピール出来る場所でもあります。

健康状態にウソを書くのは絶対にNG!

現在持病があり通院している、業務に支障が出るのに「正直に書いたら採用されないかも」と思い、健康状態を「良好」と書いてしまう…。

気持ちはわかりますが、絶対にそんなことはしてはいけません。

企業によっては採用後、「健康診断書」の提出を求めることがあります。これは履歴書に記載した健康状態と診断結果に齟齬がないかを確認するためです。

仮に齟齬があった場合(さらにそれが故意だと分かった場合)は内定取り消しや懲戒解雇の対象となることも。

健康状態欄に限りませんが、履歴書にウソを書くのは絶対に避けましょう。

履歴書によっては健康状態欄がないものも?

「健康状態を書くのは悩む」「どう書いていいかわからない」という方もいるでしょう。

書き方については次からのトピックでしっかりとご紹介しますが、「書くのが面倒!」という方はそもそも健康状態欄がない履歴書をセレクトすることをおすすめします。

履歴書といっても意外と記入内容に差があり、こちらのタイプではしっかりと健康状態欄があることがわかりますが、

健康状態欄がある履歴書

こちらの履歴書は健康状態欄がありません。

健康状態欄がない履歴書

健康状態を書きたくない方はこのようなタイプの履歴書を選べば面接の中で聞かれることはあるかもしれませんが、記入する必要はありません。

健康状態欄で「病欠が少なそうか」「突然休みを取ることはないだろうか」を判断するための材料にするんですね。

健康状態欄がない履歴書を使っても何も言われないでしょうか?

特別問題はないでしょう。

仮に健康状態が知りたいのであれば「健康診断書」の提出を求められると思います。

現在健康状態に問題がなければ、基本「良好」でOK!

それでは早速、履歴書の健康状態欄にどのように記入すればよいかを見ていきましょう。

現在健康で、かつこれまで大きな病気などをしていない人であれば「良好」と記載すればそれでOKです。

…が、「自分はこんな感じだけどそれでも良好で書けるの?」という疑問を持つ方もいると思いますので、どこまでのラインを「良好」として記載することが出来るのか、もう少し詳しく見ていきましょう。

こんな人でも「良好」と書いて大丈夫

現在健康で、これまでも特別大きなケガや病気をしたことがない方は「良好」と書けばOKだと触れました。

しかし、

  • 以前そこそこ大きな病気をしたことがある
  • 薬を飲まないといけない持病がある
  • 身体が弱くて風邪を引いて休んでしまうかも…

など、正直「良好です!」と断言出来ないような場合、どう書くべきなのだろう…と悩んでしまいますよね。

しかし、このようなケースでも「良好」と書いて問題ありません。

「現在業務に支障がない健康状態」の方であれば健康状態欄に「良好」と記載することが可能なんです。

ですので

  • 以前病気などが原因で退職したことがある(現在は完治している)
  • 風邪を引きやすい(一時的な体調不良になる)
  • 以前ケガや病気をしたが、現在は完治している
  • 薬を飲めば業務に支障がない
  • 業務に影響がない持病がある(花粉症、鼻炎など)
  • 月経痛がひどく休む可能性がある

というケースでも健康状態には「良好」と記載することが出来ます。

さらに良好さをアピールしたいならこう書こう!

特段大きなケガや病気をしたことがない、という体力に自信がある方は、さらに健康状態欄でアピールすることが可能です。

例えば

きわめて良好
(これまで風邪を引いたことがなく、前職は5年間勤務していましたが一度も欠勤したことはありません)

と記載することで、「この人を採用しても病気などで休むことがなく、しっかりと働いてくれそうだな」という印象を持たせることが出来ます。

他にも「歯医者以外で医者にかかったことはない」「体力には自信があります」「風邪もすぐに治ります」など様々なアピールが可能です。

基本的に体力や健康状態に問題がなければ「良好」と書いて大丈夫なんですね。
前職の退職理由がケガや病気の治療のためだったとしても、現在完治しているなら「良好」と記載して問題ありません。

ただ、職歴欄にそのことは記載し、健康状態欄で「完治しているので業務に影響はない」とアピールしておきましょう。

持病や既往症、うつ病などの健康状態欄の書き方は?

さて、ここからは少々ややこしくなってきます。

持病や既往症(今は治っているけれど、以前患ったことがある病気という意味です)がある場合、現在の健康状態は良好であっても、健康状態欄に追記をしなければならないケースもあります。

また、うつ病などの精神疾患を患っている場合、どのように書いたらいいかわからない方が多いかと思いますので、別途解説していきたいと思います。

通院が必要な場合はその頻度や程度などをきちんと記載する

持病があったり、既往症があっても現在業務に支障がなければ健康状態は「良好」と記載して問題ないのは、先程ご説明しました通りです。

しかし、検査やリハビリ、治療のための通院が必要な場合は下記の例のように「どの程度の頻度で通院が必要なのか」をきちんと明記しましょう。

良好(持病の検査のため、月に1日通院しております)

また、終業後や休日に病院にいって検査などをしている場合は特別配慮してもらう必要はないので、「良好」のみの記載で問題ありません。

業務に制限が出る場合もきちんと記載する

自分の行う業務に支障はないものの、業務外のことをする際に支障が出る可能性がある場合も、念のため健康状態欄に記載しておくと親切です。

良好(通常の業務に支障はございませんが、学生時代にヘルニアを患ったため、腰に負担のかかるような重いものを持つことは出来ません)

こう書くとこれが原因で不採用になってしまうのでは…と心配になるかもしれませんが、記載しないことで逆に持病に悪影響を与える業務を与えられる可能性もゼロではありません。

自分が希望する業務に支障がなければOKというケースも多いですから、きちんと情報を伝えることを心がけましょう。

うつ病など精神疾患の場合は健康状態欄はどうするべき?

一般的なケガや病気と違い、採用されにくい病気なのがうつ病などの精神疾患です。

当然ながら、すでにうつ病が完治しているのであれば健康状態欄に「良好」と書くだけでOKですので、なんの心配もいりません。

完治までは行っていないものの、経過観察中で薬を飲んでいれば特別うつ症状も出ず、業務に支障がないと判断出来る場合は、「良好」としながらも通院の必要があることを記載することがあります。

ただ、そこで「うつ病」と書いてしまうと敬遠されてしまいがちなのは確か。

「持病(業務に支障のないもの)」などとぼかすようにするか、わざわざ通院のために休みを取る必要がないように、休日か終業後に病院に行くようにスケジュールを調整するといいでしょう。

ただ、持病と記載することで面接官に内容を聞かれる可能性は十分にあります。正直に答えるか病名は伏せつつ伝えるかの二択になるでしょう。

正直に答えることで不利になる可能性もありますので、思い切って健康状態欄のない履歴書を使用するのも手です。

通院が必要でも健康状態に「良好」と記載して大丈夫なんですね。

となると、ほとんどの人が良好ですよね…。

良好じゃない場合、まずは体を治してから応募してください、という話になってしまいますからね。

実際、業務に支障のない持病を抱えている人は多いと思いますよ。

深く悩む必要なし。業務に支障がでなければ「良好」でOK

健康状態はどこまで正直に書くべきだろう…と悩む方も多いと思います。

しかしそこまで深刻に考える必要はなく、「業務に支障が出るかどうか」を基準に考えるようにしましょう。

業務に支障が出るような持病や既往症がなければ「良好」、その上で通院などが必要なら記載する…とシンプルに考えればOKです。

やっぱり悩む、心配、という方は健康状態欄がない履歴書を使用するなど一工夫してみてはいかがでしょうか。