トラック運転手(ドライバー)の給料・年収をいろんなデータから紹介

日本全国どこでも、見ない日はないトラック。

トラック運転手への転職に興味があるなら、給料がどれくらいなのか気になりますよね。

大型トラック運転手の年収は約454万円、平均月給は約35万円です。

この記事では、男女別・年代別、従業員の数別にトラック運転手の給料を紹介。

他の産業との比較などさまざまな角度からトラック運転手の給料を見ていきます。ぜひ参考にしてください。

トラック運転手の給料・年収を国の調査結果から見てみよう

厚生労働省の調査結果から、大型貨物自動車と普通・小型貨物自動車のドライバーの、2017年の賃金データを紹介していきます。

トラック運転手の平均給料は、大型貨物の場合353,200円、賞与などを入れて年収に換算すると約454万円。

普通・小型の場合は、平均給料が316,900円。年収に換算すると約415万円です。

※賃金構造基本統計調査より「(きまって支給する現金給与額×12)+年間賞与その他特別給与額」にて計算
大型貨物の方が高収入なんですね。

僕が見た求人には「4トントラック」って書いてありました。4トンは大型ですか?

いいえ。大型トラックは一般的に「10トントラック」と呼ばれていますよ。

トラックの免許と種類については、「トラックの免許の種類をわかりやすく紹介!仕事の幅が広がる資格も」の記事で説明しています。

次に、トラック運転手の給料を男女別、年齢別などで比較してみましょう。

トラック運転手の年収を男女別で比較~女性ドライバーはまだまだ少ない現状も

大型貨物、普通・小型貨物自動車の運転手の賃金データを男女別で見ると、年収はそれぞれ次のようになります。

トラック運転手の平均年収(男女別)
車両 男性 女性
大型貨物 456万円 388万円
普通・小型 419万円 327万円
※賃金構造基本統計調査より、2017年の「(きまって支給する現金給与額×12)+年間賞与その他特別給与額」で計算し、万円単位で四捨五入
トラック運転手も他の職種と同じように、女性の賃金は安いんですね。
そうですね。理由には、管理職に男性が多いことや勤続年数が長い女性が少ないことなどが考えられます。
女性のトラックドライバーって、どのくらいいるんでしょう?
国土交通省によると、全国で約2万人、まだ全体の約2.4%しかいないんです。

トラック運転手の年収を年代別で比較~平均年齢のピークは45~49歳

年齢によって、トラック運転手の給料はどのように違うのでしょうか。

大型トラック運転手、普通・小型トラック運転手とも、年収のピークは45~49歳です。

5歳刻みのデータをグラフで見てみましょう。

【年代別】トラック運転手の平均年収グラフ

トラック運転手の年代別平均年収

【年代別】大型トラック運転手の平均年収表
年齢 大型 普通・小型
25~29歳 408万円 389万円
30~34歳 439万円 414万円
35~39歳 454万円 454万円
40~45歳 476万円 439万円
45~49歳 481万円 451万円
50~54歳 471万円 434万円
55~59歳 456万円 410万円
60~64歳 387万円 349万円
※賃金構造基本統計調査より「(きまって支給する現金給与額×12)+年間賞与その他特別給与額」で計算し、万円単位で四捨五入

普通・小型トラックの運転手では特に、年代による年収の差が小さいことがわかりました。

また、60歳以降の収入の低下は、定年による雇用形態の変化によるものと考えられます。

トラック運転手の年収を従業員の数で比較~大手の方が高い、しかし狭き門

次に、従業員の数によって年収にどのような違いがあるかを見てみましょう。

従業員数の多い会社の方が、トラック運転手の賃金は高めです。

トラック運転手の賃金を従業員の数で分けたデータを紹介します。

【従業員数別】トラック運転手の年収比較
分類 平均年収
全産業計 491万円
大型トラック 454万円
普通・小型トラック 415万円

特に普通・小型トラックの場合、従業員数の違いが年収に大きく関わってきています。

じゃあ、従業員が1,000人以上いる会社の求人を探せばいいですね!
それが、そう簡単ではないんです。

日本トラック協会によると、トラック運送事業者の99%は従業員300人以下の中小企業。

従業員が1,000人以上いる会社への転職は狭き門だと言えそうです。

トラック運転手の給料にはどんな特徴があるのかを見てみよう

この章では、トラック運転手の給料の特徴を見ていきましょう。

トラック運転手の給料の特徴:年収が全産業の平均よりも約1割~2割ほど低い

まずは、トラック運転手の年間所得額をすべての業界の平均額と比較してみます。

トラック運転手の年収は、大型・普通・小型とも全産業の平均より低いとわかりました。

トラック運転手と全産業の平均年収比較
分類 平均年収
全産業計 481万円
大型トラック 454万円
普通・小型トラック 415万円

比較すると、大型トラックでおよそ1割、普通・小型トラックは約2割少ないです。

ちなみに、働いている時間に違いはありますか?

トラック運転手の方が、年収だけじゃなくて労働時間も平均より少ないとか。

殘念ながら、労働時間はトラック運転手の方が全産業平均より長いんです。

残業を合わせた1カ月の労働時間で、40時間近くの差があります。

トラック運転手の給料の特徴:業績や業務量などの変化により影響を受けやすい

トラック運転手の給料には、受け取る給与全体に占める固定給の割合が低いという特徴があります。

固定給の比率が少ないということは、業績や仕事量などによる変動が大きく、安定しない可能性が高いです。

また、固定給は法定外の残業時間にかかる割増のもととなる金額。

固定給が安いと1時間あたりの賃金も安くなり、残業につく割増金額も少なくなるのです。

給料にかかる固定給の割合を、「運輸労連」(トラック業界を中心とした労働組合)による2018年度の賃金データから比べてみましょう。

トラック業界の職種別 給与全体に対する固定給の割合
職種 固定給の割合
大型運転職 43%
普通運転職 57%
事務職 80%
※「賃金労働条件実態報告書」2018年度調査のデータより、加重平均の賃金総額における「所定内計」の金額の割合を算出、いずれも男性。

ここで言う「固定給」とは、基本給+職能給のこと。

給与はこれに歩合給などの「仕事給」と「時間外賃金」を合わせた額です。

事務職の80%に比べて、運転手の43%・57%はかなり低いですね。
ええ。給与のうち変動部分の比率が多いことは、トラック業界の課題の1つなのです。

トラック運転手の仕事内容については、「トラック運転手の仕事内容とは?向き・不向きや問題点についても解説」の記事で紹介しています。

トラック運転手の給料は高くない、でもトラック業界の人件費の比率は高い

トラック運転手の給料が少ないのは、会社が社員を大事にしてないからじゃないんですか?
いえいえ、そうとは限りませんよ。トラック業界ならではの事情もあるんです。

トラック業界は、その主な業務を機械やお金ではなく人間の労働力で担っています。

これは「労働集約型産業」と呼ばれ、売上高に対して人件費が高いことが特徴。

(公社)全日本トラック協会の「経営分析報告書(平成28年度決算版)」によると、運送にかかったコストのうち、人件費の割合は「39.6%」。

直近3年間の推移では、38.8%(平成26年度)、39.2%(平成27年度)、39.6%と年々高くなっていることもわかりました。

ちなみに、金融・保険業を除いた全体の売上高人件費の比率は「13.9%」(独立行政法人 労働政策研究・研修機構「主要労働統計指標」より)。

人件費の比率は業界によって異なるものではありますが、人件費が高くなると利益を圧迫してしまいます。

じゃあ、運賃を上げて収入を増やせばいいのでは?
値上げして他の会社に仕事を取られてしまったら、経営自体が成り立たないおそれもあります。

そう簡単な話ではないんですよ。

大型トラック運転手の給料をネット上の求人情報でチェック!

トラック業界は運転手不足。インターネット上にもたくさんの求人情報が掲載されています。

求人情報を見る限り、トラック運転手の給料は会社によって実にさまざま。

月給が20万円を切るところもあれば、最低額が40万円超の求人もあります。

政府の統計どおり、小型・中型よりは大型トラックの運転手の給料の方が比較的高め。

しかし4トンなどの中型でも、他社の大型トラックの求人より高い場合もありました。

地域などを問わず、大型トラックの求人情報をピックアップしたのがこちらです。

大型トラック運転手の求人情報(抜粋)
地域 主な積載物 月給例
北海道 石油(タンクローリー) 月給15万円~18.2万円
北海道 鮮魚など 月給47万円~52万円
山形 米穀、青果など 月給25.5万円~30.9万円
愛知 飲料 月給16.8万円+歩合給
大阪 化粧品の原料 月給36万円~38万円
岡山 自動車部品 月給28万円~35万円
広島 建材 月給35万円
長崎 特定なし 月給14万円~20.3万円
沖縄 生コンクリート(ミキサー車) 月給15.5万円~18万円
※資格や経験、扶養家族に対する手当が付く場合あり。

求人情報を見る限りでは、積み荷やタンクローリーなどトラックの種類による給料の違いはわかりませんでした。

石油だと危険度が高そうだから、給料も高いイメージでした。

そうでもないんですね。

ここで紹介した求人はあくまで一例です。同じ石油の運搬でも、もっと給料の高い会社が見つかる可能性は十分あります。

求人情報をたくさん見比べて決めるのがおすすめですよ。

ちなみに月給例に幅がある場合、低い方の金額を目安にするのがおすすめです。

高い方の額は経験や資格などを踏まえた最も高い金額。入社してすぐにその額がもらえる可能性は低いです。

また、求人情報では給与の額だけでなく、昇給やボーナスのあり・なし、福利厚生の内容などにも大きな差がありました。

転職しようと求人を探す際は、給与の額以外の情報もなるべくたくさん集め、より働きやすい職場を選んてください。

トラック運転手の給料をバスやタクシーの運転手と比較してみよう

「運転する仕事ならトラックじゃなくてもいい」と考える人もいるかもしれませんね。

トラックの運転手とバスやタクシーの運転手とでは、給料がどのように違うのかを見ておきましょう。

厚生労働省の「平成30年度版 交通政策白書」より、トラック運転手、バス運転手、タクシー運転手の年収を紹介します。

トラック・バス・タクシー運転手の年収比較
運転車両 トラック バス タクシー
年間所得額 454万円 457万円 332万円

トラック運転手の年収は、タクシーよりは安いけれどバスよりはやや低め、という結果です。

労働時間を比較してみると、次のとおりトラック運転手の労働時間がバスやタクシーの運転手よりも長いことがわかります。

トラック・バス・タクシー運転手の労働時間比較
運転車両 トラック バス タクシー
労働時間 217時間 210時間 189時間
バス運転手の方が給料は高いけど、バスってお客さんの命を預かるから大変ですよね。
そうですね。トラックは運ぶのが「モノ」ですから、バスやタクシーよりは接客スキルの必要性も低いと言えます。

ただしこの3つには、業務の内容はもちろん、給与体系や勤務体系などさまざまな違いが。

どの職種に転職しようか迷っている人は、給料や労働時間だけでなく、条件や働きやすさなどを総合的に見て判断するのがおすすめです。

トラック運転手の場合は特に、会社によって労働条件や働きやすさが大きく異なっています。企業研究を必ずしておきましょう。

トラック運転手の求人を探すなら、運転手に特化した転職サイトを利用するのがおすすめです。業界ならではの情報が手に入ったり、効率よく仕事が探せたりしますよ。

トラックの転職におすすめの求人サイト特集!それぞれの特徴を紹介」で紹介します。

転職前にはぜひ、「トラック運転手の転職は未経験でも可能?注意点や志望動機の書き方」の記事にも目を通してみてください。

トラック運転手の給料は会社によってさまざま!求人情報の比較が必須

トラック運転手の給料を、さまざまな角度から紹介しました。

政府の統計によると、大型トラック運転手の平均は約35万円。

全業界の平均と比べて、給料は安く労働時間は長いという調査結果もありました。

しかし求人情報を見ると、トラック運転手の給料や待遇などは勤務先によって全く異なるのです。

人材不足解消のため、待遇のよい条件を整えて募集する企業も。

物流は社会に欠かせない仕事です。深刻な人材不足に対しては、政府の早急な取り組みも期待したいところ。

労働者としては、なるべく働きやすく納得できる環境で働きたいですよね。

求人情報はなるべくたくさん集め、募集要項をくまなくチェックして比較してください。

※掲載の情報は2019年2月現在のものです。

 

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
5月22日 06:43 求人更新