「広報」を丸ごと知ろう!広報の仕事のやりがいから転職ポイントまで

広報の仕事に興味を持ち、広報職への転職を検討しているなら、広報についてのあらゆる情報を得ておきたいものですよね。

転職成功ノウハウの1つは、綿密な情報収集です。

この記事では、「そもそも広報の仕事はどんなことをするのか」から始まり、広報のやりがい、仕事でつらいと感じることやその対処法、転職成功ポイントまで解説。

広報を目指すなら知っておきたい情報をまとめています。広報の仕事に就きたいと考えている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

広報について理解しよう!広報とは何をする仕事なのか

広報の仕事がしたいと思っていても、具体的にどのような業務をこなしているのか、ぼんやりとしかわかっていないということはありませんか?

広報の主な仕事は、さまざまな方法で企業の情報を発信し、自社や自社の活動を広く社会に知ってもらうことです。

自社のブランド価値を高めるという重要な役割を担っています。

広報がメインで行う仕事は、自社の商品や会社の情報を世間に発信していく「社外広報」。

具体的には次のようなことを行います。

社外広報の業務内容
  • 自社ブランドのブログやSNSの発信
  • テレビや雑誌などのメディアへの対応
  • プレスリリースの作成
  • イベントの企画・進行

メディアへの対応業務では、自社での不祥事が起きてしまったときに、説明責任や諸費者への謝罪など、対外的な対応が求められた場合にも、広報が対応しなければなりません。

そして広報のもう1つの大きな仕事が、社内の情報を従業員に知らせる「社内広報」です。

社内広報の業務内容
  • 新商品情報の配信
  • 新入社員情報の配信
  • イベントスケジュールの配信
  • 社員向けの社内報の作成・配信
広報の仕事には華やかなイメージがありましたが、地道な業務も意外と多いんですね。
広報の仕事は、日々の地道な業務の積み重ねです。

最終的に会社の社会的知名度や好感度を上げることが求められるんですよ。

広報の「やりがい」と「つらさ」、つらいときの対処法

広報の仕事は、やりがいを感じられればとても楽しい仕事です。しかしやりがいを得られずつらい毎日を過ごしてしまう人も。

ではここからは、広報の仕事のやりがいや、どのようなことで「つらい」と感じるのかについて見ていきましょう。つらいときの対処法も説明します。

多くの人と関わることで生まれるやりがいとつらさ

広報の仕事は多くの人と関わるため、仕事をしていくうちに人脈が広がります。

あらゆる方面で良い人間関係を築いていければ、自社㏚にも協力してもらえる可能性が高くなるのです。そういう点で、社内外のコミュニケーションは広報の仕事にとって重要な位置を占めています。

周りの人と協力しあってよいPRができれば、大きな達成感や充実感が感じられます。

広報は英語で「PR(パブリックリレーションズ)」。

社会の人々と関係性を構築する仕事なんですよ。

しかしその反面、社内の人に仕事の必要性を理解してもらえなかったり、社外と社内で異なる意見の板挟みになったりすることも。必ずしも人間関係が円滑にいくとは限りません。

プレスリリースの作成で感じるやりがいとつらさ

自分の作成したプレスリリースが取り上げられて、新聞やネットなどに紹介されれば、自社の商品や会社の知名度を上げる絶好のチャンス。

話題になるだけでなく、株価が上がったり、売上が伸びたりすれば、大きなやりがいを感じることができます。

しかし、それだけにプレスリリースの作成は重要な業務。伝える内容がよくても、どう書くかによって周りの注目度も変わってしまいます。

日々頭を悩ませて作るプレスリリースに全く反応がなく、上手くいかないと感じる日が続くと、「自分に広報の仕事は向いていないのではないか」とつらく感じてしまうことも。

広報の仕事は、一定の効果が得られない、もしくは、効果があったことが分かりにくく、簡単にはやりがいを得られない仕事でもあるんです。

広報の仕事がつらい!そのとき行うべき対処法とは?

広報の仕事は大変だからこそ得られるやりがいや楽しさがあります。しかし、つらい時期をどのように乗り切ればよいのでしょうか。

コミュニケーションを円滑にする為の対処法

社内の人間に広報の仕事を理解されていないと、業務が上手くいかないことが多くなってしまいます。

まずは社内の身近な人に広報の仕事を理解してもらうことから始めてみましょう。

そして、情報提供してくれた人を始め、関わる人すべてに感謝の気持ちを持つことが大切です。

「それ貴重な情報ですね!」「ためになる情報をありがとうございます!」など、相手が気持ちが良くなる言葉を自然に使えると、人間関係が上手くいきやすくなります。

プレスリリースが上手く機能せずつらいときの対処法

書く話題を分解して、プレスリリースを量産しましょう。

1つの商品のプレスリリースを書くにしても、それぞれ切り口やメインの視点を変えて書くことで、複数のプレスリリースを作成することができます。

プレスリリースはいかに目に留めてもらえるかが重要ですから、できる限りたくさんのプレスリリースを書く必要があるのです。

また、広報の仕事で大切なことは、宣伝する商品やモノに対してまずは自分が興味を持ち、愛着を持つということ。

そして、宣伝するのモノや情報の良い面ばかりではなく、悪い面もしっかり見出すことも大切です。

様々な視点で見ることで、厚みのある広報活動ができるようになっていきます。つらいときほど原点に返って考えてみるのがおすすめです。

広報の仕事の中でも、会社のトラブルや不祥事への対応が一番大変そうです。対処法はあるのでしょうか?
気持ちを楽にするためにも、想定されるトラブルや対処法をリストアップしておいたり、初動対応のマニュアルを事前に作っておくと良いですよ。

これについては「広報の仕事のつらさ・大変さとは?4つの「つらい」理由とその対処法」の記事でもう少し詳しく説明しています。

広報の仕事に向いている人の特徴と転職ポイント

ではここからは、広報の仕事を未経験から始める際の成功のポイントや、求人を探す際のコツなどについて見ていきましょう。

まず、広報の仕事に自分が向いているかどうか、客観的にチェックしてみる必要があります。

広報に求められる人材・広報に向いている人とは?

広報に必要な人、広報に向いている人とは、次のような人です。

  • 人とコミュニケーションを取るのが得意(好き)な人
  • 情報感度が高い人
  • 好奇心が旺盛な人
  • 臨機応変な対応ができる人
  • ルーチンワークよりも変化のある仕事を求める人
  • Excel・Word・PowerPointなどのoffice系のソフトが扱える人
  • 思ったことを言葉や文章に表すのが得意な人

人とのコミュニケーションを取るのが苦手な人や、単調な仕事が好きな人には、広報の仕事は向いていない可能性が高いです。

未経験から始める広報の求人検索のポイント

未経験で広報の仕事を探すときは、求人サイトで「広報」という職種と、希望条件、「職種未経験者歓迎」などの検索条件を入れて検索してください。

未経験者も応募可能な求人だけに絞りましょう。

検索結果を見るときには、次の3つのポイントに注意してください。

  1. 仕事内容が自分の求めるものと合致しているかをチェック
  2. 自分が応募資格を満たしているかをチェック
  3. できる限り小まめに求人検索をする
広報の仕事に限らずですが、転職には企業ニーズと自分のニーズがマッチしなくてはなりません。

その点は必ずおさえてくださいね。

未経験から広報の仕事に転職する際の成功ポイント

実際に広報の求人に応募する際には、次のポイントに注意しましょう。

  • 企業のホームページなどで、広報に求める役割を調べる
  • 活かせる自分のスキルや経験をアピールする
  • 企業の規模や業務の範囲を把握する
  • 広報の仕事に活かせる資格を取得する

広報の仕事に資格は不可欠ではありません。

しかし、広報未経験だからと言って「まったく何も知識がない」「勉強していない」というよりは、資格などの勉強をしておくほうが熱意も伝わりやすくなります。

広報の仕事におすすめ「PRプランナー認定資格」

「PRプランナー」とは、PR関連会社・会社の広報部でPRを担当する人・これからPR関連業界や、PR部門での仕事をしたいと考えている人が、広報・PRに関する知識やスキルを持つための資格です。

広報に不可欠な資格ではありませんが、持っていると知識が増え、広報をするのに何が必要かも見えてくるため、仕事がしやすくなります。

また、広報に関する基礎的な知識を身につけていること、あるいは身につけようと努力していることが、転職活動でも効果的なアピールになり得るのです。

「PRプランナー認定資格」の1次試験を受講して「PRプランナー補」の取得だけでもしておくのがおすすめです。

広報の資格については、「広報の仕事がしたい!あると役立つ資格や求められるスキルとは何か」の記事でより具体的に説明しています。

未経験から広報に転職したい!絶対に成功させるポイントとコツ」の記事もせひ参考にしてください。

広報へ転職するために最も大切なこととは

社内外に情報を発信する広報の仕事内容ややりがい、つらいと感じることやその対策法など、広報の仕事をするなら知っておくべきこと、必要なことを紹介しました。

転職には「企業が採用したいのはどんな人物で、その人に何を求めているのか?」を理解して面接に挑むことが重要です。

企業が広報に求める人材と自分との接点を探してみてください。

コミュニケーション能力や臨機応変な対応など、広報に活かせる自分のスキルをアピールしましょう。

さらに、自分の「やる気」と「熱意」がいかに伝えられるかというのも大事なポイント。

「なぜ広報の仕事がしたいのか」、その動機と目的を明確にして企業側に熱意を伝えれば、必ず転職成功に近づけます。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
11月22日 00:29 求人更新