最終学歴とは?中退・在学中などケース別に履歴書の書き方を解説 !

最終学歴とは?中退・在学中などケース別に履歴書の書き方を解説 !

履歴書に必ず書くことになる「学歴」。

しかし、エントリーシートや応募資格には「最終学歴」を記載するケースも多く、「一体何が最終学歴に当たるのか?」と迷う方もいるかもしれません。

正しい知識を持っていないと、自分が応募出来ないと思っていた企業に実は応募出来た…なんてことも!

自分が歩んできた学歴と違うこともある「最終学歴」について学びましょう!

きちんと知ってる?「最終学歴」の基礎知識

最終学歴は応募条件にも大きく影響するものなので、正しい知識を持っていないと、もしかしたら応募出来るはずの企業に応募できないと思いこんでいた…なんてこともあるかもしれません。

正しい最終学歴の知識を持つことがとても大切なポイントだと言えるでしょう。

「最終学歴」は一番高い学歴のことを指す

最終学歴とは、「これまで自分が通ってきた学校等の中で一番高い学歴」のことを指します。

順番は関係なく、一番高いものがセレクトされると思ってください。

なのでちょっと大げさな例ではありますが、大学卒業後再度短大に入った場合、最後に通ったのは短大であっても、最終学歴は「大学」となります。

きちんと覚えておきたい!学歴の順番は?

学歴の順番は、以下の通り。左側の大学院修了が一番高い最終学歴となり、右に行くほど低い学歴となります。

大学院修了>大学卒業>高等専門学校卒業・専門学校卒業・短期大学卒業>高校卒業>中学卒業>小学卒業

文科省の認定を得ていない学校であったり、職業訓練校や予備校、語学スクール等は学歴とみなされませんので注意しましょう。

つい「最後に卒業した学校」が最終学歴と思いがちですが、一番ランクが高い学歴のことです。

大学を卒業した方であれば、必ず最終学歴は大学になりますよ。

こんなケースはどうするの?最終学歴Q&A

学歴と一言でいっても、誰もが高校を卒業し大学に進学、卒業して就職…となるわけではありません。

ちょっと人とは違う学び方をして「この場合どうすれば?」と迷う方もいるでしょう。

そこで、このトピックでは最終学歴にまつわる疑問に、Q&A形式で答えていきたいと思います。

大学を中退した場合、「大学中退」と書くべき?

大学を中退した場合、最終学歴は「高卒」となり「大学中退」という学歴にはなりません。

それなら書かなくてもいいのでは…と考える方もいると思いますが、中退した旨を書かないと空白の期間が出来ることになってしまいますので、履歴書には「大学中退」と記載する方がいいでしょう。

大学卒業後専門学校に入学した場合の最終学歴は?

大学を卒業後に専門学校に入学した場合、一番高い学歴は「大学」ですので、最終学歴は「大学卒業」となります。

ただ、履歴書に学歴を書く際、大学卒業後に入学した専門学校の部分を省略すると「空白の2年間」になってしまいますので、大学卒業後専門学校に入学し、卒業したことをきっちりと記載しておくことをおすすめします。

別の大学院に進学した場合、最終学歴はどうなる?

○○大学を卒業後、△△の大学院に入り無事に卒業した場合、最終学歴は「(修士または博士の)大学院修了」となります。

高校卒業後専門学校に進学した場合、「高卒」になるの?

高校を卒業後専門学校に進学した場合、最終学歴は「専門学校卒業」になります。…が、少々ややこしいです。

専門学校を卒業した場合「専門士」という称号が付与されますが、その称号を付与出来るのは文部科学省が認可した専修学校(専門学校のことです)のみです。

名前に「専門学校」とついていても認可されていなければ専門士の称号は付与されず、最終学歴は「高校卒業」となります。

海外に留学していた人は、最終学歴に海外の大学を含めてもいいんでしょうか?
留学してその大学で学士を取得していれば最終学歴として記載することが可能です。

短期留学等で単位をちょっと取っただけ…という場合は含まれませんね。

覚えておくと便利!履歴書における学歴の書き方

最後に、覚えておくと便利な履歴書の「学歴欄」の書き方のポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。

基本と言えるものもありますが、「そうなんだ」と思えるものもあるかと思いますので、チェックしておいて損はありませんよ!

学歴は高校卒業から書くのが一般的

基本中の基本ですが、学歴は高校卒業から書くのが一般的です。

ただ、高校卒業後就職する場合などは学歴欄が寂しくなってしまいますので、学歴欄を埋めるために小学校卒業や中学校卒業から書いてもOKです。

学校名は略さずに正式名称で!

こちらも基本中の基本ではありますが、学校名は略さずに正式名称で記入しましょう。

高校も「高等学校」と書くようにするのがマナーです。

大学と大学院は学部や学科、専攻も記入する

大学及び大学院に進学(卒業・修了)した場合、大学(院)名と合わせて学部や学科、専攻もきちんと記入しましょう。

○○大学 ○○学部 ○○学科 ○○専攻…といった感じですね。

大学院の場合はそれに加えて「修士」か「博士」についてもきっちりと記載しましょう。

○○大学大学院 ○○専攻(又は○○学 ○○研究科など) 修士課程入学 といった感じですね。

大学院は「卒業」と書くのは実は間違い!

ついついしてしまいがちな間違いなのですが、大学は「卒業」であっても、大学院は「修了」と記載します。

よく会話では「院卒」と使うので「大学院 卒業」と書きたくなってしまいますよね。

実際は以下のように記載します。

○○大学大学院 ○○専攻 修士課程入学

○○大学大学院 ○○専攻 修士課程修了

博士課程の場合は、この後に博士課程入学、修了(又は修了見込み)と記載すればOKです。

新卒の就職活動では、大学は「卒業見込み」と記入

大学在学中に就職活動を行う、いわゆる新卒募集に応募する場合、卒業していないわけですから「大学卒業」と書くことは出来ません。

そこで使うのが「卒業見込み」です。単位を取得し、問題がなければ卒業出来ますよ…ということですね。

「在学中」ですと、いつ卒業するのかわからないため、新卒の応募に「在学中」と記載するのは辞めましょう。

一時的に行うアルバイトの募集には「在学中」と記載してもOKです。

基本的には高等学校から順に記載して行けば問題ないでしょう。

最終学歴と最後に卒業した学校のランクが違う方は注意が必要ですね。

基本は自分が卒業した最後の学校でOK!

「高校を卒業して就職したけれどその後大学に入った」「大学を卒業した後専門学校に入った」といった、いうなれば多少特殊な状況でない限り、「自分が最後に卒業した学校=最終学歴」と考えておけばOKです。

また、自分が様々な学校を出た場合であっても、「大学院>大学>専門学校…」という学歴のランクを覚えておけば自分の最終学歴を判別しやすくなりますよ。