システムエンジニアの転職で失敗しないコツ3つ!今すぐ動くのがカギ

システムエンジニア(SE)のあなたがもし転職を考えているなら、今が絶好のチャンスです。

IoTやAI技術の台頭により、IT系の人材は今や常時不足している状態。多くの企業が経験豊富なエンジニアを喉から手が出るほど欲しがっています。

またSE以外の職に就きたい人も、IT系人材の流出が少ない「今」がやっぱりチャンスです。論理的思考や問題解決力、交渉力、提案力など、SEとして培ったスキルを活かした転職を目指しましょう。

今回はシステムエンジニアの転職について、成功率を上げるコツや、押さえておくべきポイントをご紹介します。

SEとして別の会社に行きたい人も、SE以外の職種に転職したい人も、どちらも必見の内容です。

給与、残業、納期・・システムエンジニアに多い退職理由7つ

システムエンジニアの転職理由として挙げられるのは、主に次の7つです。

システムエンジニアが転職を考える理由
  1. 給与や待遇に不満がある
  2. 業務量が多く、残業が慢性化している
  3. スキルアップができず将来が不安
  4. 納期にストレスを感じる
  5. 職場と考え方が合わない
  6. 「仕事に向いていない」と感じる
  7. 心身に不調をきたしてしまった

それぞれ具体的に見てみましょう。

システムエンジニアの転職理由1.給与や待遇に不満がある

「業務量や業務内容に給与額が見合っていない」「昇給が見込めない」といった不満を感じているSEは、決して少なくありません。

平成29年に経済産業省が発表した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によると、「給与決定において能力や成果が年功より重視されるべきだ」と答えたシステムエンジニアの割合は67%でした。

システムエンジニアの半数以上が、自分の能力に応じた給与が欲しいと考えていることが分かります。

しかし日本では給与規定に年功序列型を採用している企業がまだまだ多く、「頑張っても報われない」と感じるケースが多いのです。

システムエンジニアの転職理由2.業務量が多く、残業が慢性化している

IT系の仕事は激務と言われることも多いですが、中でもシステムエンジニアの業務は幅広く、抱える仕事の量も膨らみがち。

クライアントの都合やチームの進捗に合わせて働くうちに、長時間労働や休日出勤が慢性化しているケースもあるのです。

システムエンジニアの転職理由3.スキルアップができず将来が不安

システムエンジニアが任される仕事の範囲は、勤務先や案件によってさまざまです。

「同じような仕事ばかりでスキルアップが全く望めない」という人や、「残業が多すぎて新しいことを学べるような環境にない」という人もいるでしょう。

思うようにスキルを身につけられないと「このままでいいのだろうか」と将来も不安になってくるものです。

システムエンジニアの転職理由4.納期にストレスを感じる

スケジュールを管理して納期に責任を持つのも、システムエンジニアの仕事の一つ。でも残念なことに、いつも余裕ある納期ばかりとは限りません。

クライアント都合で無理な納期を強いられたり、大幅な仕様変更にも関わらず納期延長を認められなかったりすることも日常茶飯事。

そのため納期が大きなストレスとなっているシステムエンジニアが多いのです。

システムエンジニアの転職理由5.職場と考え方が合わない

雇用元やクライアント企業と考え方が合わないことも、転職理由の一つです。

「どんな問題に対しても根性論を持ち出す企業」や、「経営者が変わった途端に方向性まで真逆になってしまった企業」など。

職場と自分の相性が悪いと、働くのがつらくなってしまいます。

システムエンジニアの転職理由6.「仕事に向いていない」と感じる

「技術がなかなか身につかない」「仕事がちっとも楽しくない」など、自分がシステムエンジニアの仕事に向いていないと感じる人もいるでしょう。

この場合は、自分に向いていないのが「システムエンジニアの仕事」なのか「今いる職場環境」なのかをよく見極めることが大切です。

「同じ職業でも、環境(職場)を変えてみたらうまくいった」という例も案外あります。「自分はSEに向いていない」と思い込んでしまっていないかどうか、自己分析をしてみましょう。

システムエンジニアの転職理由7.心身に不調をきたしてしまった

業務が多忙すぎたりストレスが大きすぎたりして、心身に不調をきたしてしまうケースもあります。

システムエンジニアは納期に追われながら長時間パソコンに向かう必要もありますし、クライアントとチームメンバーの間で板挟みになることもあります。肉体的にも精神的にもストレスのかかりやすい職業です。

心身に明らかな不調が出ている場合は、転職もしくは休職を考えるタイミングです。

システムエンジニアの転職は「IT人材が大幅不足」の今!

IT系の人材は今、世界中で不足傾向にあります。システムエンジニアも同様であり、転職したい人にとっては有利な市場。

前述の「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」(経済産業省)にも、次のように記載されています。

我が国において、IT人材は大幅な不足が見込まれており、企業における人材確保は今後より競争が激化していくことが予想される。

現状においても、「中途/新卒採用で良い人材を採用したいが、求める人材が採用できない」というITベンダーの割合は高く(中略)大きな課題となっている。

人材不足の現状を受け、IT系は転職サイトを見ても求人件数が豊富にあります。

興味があるなら、今がトライするチャンスかもしれませんね!
ええ。

ちなみに業界では「システムエンジニアの転職は1歳でも若い方が良い」とも言われています。早めに行動を起こすのがおすすめです。

システムエンジニアの転職先は幅広い!経験を活かせる仕事

システムエンジニアの転職先には、大きく分けて次の3種類があります。

システムエンジニアの転職先
  • SEとして別の職場に転職
  • SE以外のIT系職種に転職
  • IT系以外の職種に転職

まず「SEとして別の職場に転職」の場合、次のような転職が可能です。

SEとして別の職場に転職する場合の例
  • 同業他社でSEを続ける
  • 社内SEになる
  • フリーランスのSEになる

続いて「SE以外のIT系職種に転職」の場合、活躍しやすいのは次のような職業。

SE以外のIT系職種に転職する場合の例
  • Webエンジニア
  • Webデザイナー
  • 中小企業のWEB・SNS担当
  • ITコンサルタント
  • IT系企業の営業、セールスエンジニア
  • ヘルプデスク、カスタマーサポート

そして「IT系以外の職種に転職」の場合、システムエンジニアとしての経験を活かしやすい仕事として次の職種が挙げられます。

IT系以外への転職でおすすめの職種
  • 営業職(コミュニケーション能力を活かせる)
  • 事務職(パソコンスキルを活かせる)
  • 販売・コンサルタント(データ分析力や論理的思考を活かせる)
  • パソコン教室や個別指導塾の講師(スキル全般を活かせる)
  • IT系の転職エージェント(経験全般を活かせる)

ちなみに冒頭でも紹介したとおり、IT系以外の企業でもエンジニアの技能は歓迎される傾向が強いです。

システムエンジニアの転職には、いろんな可能性がひらけているんですね。

でも選択肢が多すぎて、かえって迷ってしまうかも・・・。

では迷いを解決するために、「転職先選びのコツ」や「転職の成功ポイント」について見ていきましょう。

システムエンジニアの転職を成功させる3つのポイント

システムエンジニアの転職を成功させるには、どんなポイントに気をつけたら良いのでしょうか。

自分に合う転職先を見つけるコツも含めて、詳しく解説していきます。

システムエンジニアの転職ポイント1:退職理由を振り返る

すでに退職した人も、これから検討中の人も、まずは「自分がなぜその職場(もしくはSEの仕事)を辞めたくなったのか」を振り返って整理してみましょう。

退職理由と次の職場選びは密接に関係してきます。転職したい理由をリストアップして新しい職場選びの条件とすれば、失敗の確率がぐっと減ります。

また応募先企業に退職理由を伝えるときは、ポジティブな動機を見つけましょう。

「ユーザーと直接関わりたいので、社内SEに転向したい」「ITスキルとデザイン能力を活かしてWebサイトを運営したい」など、「元の職場ではできないけれど、応募先企業ならできる」ということを見つけましょう。

システムエンジニアの転職ポイント2:応募先企業を徹底リサーチする

希望条件ややりたいことが決まっても、転職先の現状とそれが一致しなければ意味がありません。

入社してから「イメージと違った」と落胆しないためには、情報収集が重要です。

公式サイトのチェックはもちろん、口コミや人脈による情報網も活用しましょう。

自分だけでは情報が集めにくいときは、転職エージェントの力を借りるのがおすすめです。

アドバイザーは業界の情報を熟知していますし、求人内容や応募書類のチェックにも協力してくれます。

後ほどおすすめのエージェントサービスを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

システムエンジニアの転職ポイント3:スキルと経験を的確にアピールする

理想的な応募先を見つけても、企業にとって自分が魅力的な人材でなければ雇ってはもらえません。

「ぜひこの人を採用したい」と思わせるために、あなたの能力と企業の欲している人物像(スキルや経験)がぴったりマッチしていることを伝えましょう。

企業のサイトや求人内容を分析して「採用したい人物像」を把握し、自分がどのように合致しているのかを応募書類や面接でアピールすることが、採用を勝ち取る秘訣です。

システムエンジニアの転職をサポート!おすすめ転職サイト6つ

転職を成功させるポイントを解説してきましたが、これらを自分だけでやろうとするのはなかなか大変ですよね。

はい。何から始めたらいいのか、さっぱり分かりません。
そこでおすすめしたいのが、転職サイトやエージェントを活用することです。

転職エージェントはその道のプロフェッショナル。とくにIT系に強い転職サイトは、業界の内部事情をよく把握しています。

求人内容のおかしな点やブラック企業の情報を聞くことができ、応募書類の作り方・面接での自己アピールの仕方などもしっかり教えてくれます。

効率的に転職活動を進めたい人には、転職サイト・エージェントサービスの利用が最適です。とくにおすすめの転職サイトを6つ紹介します。

おすすめの転職サイト
転職サイト名 特徴など
レバテックキャリア ・IT・webエンジニア専門
・求人エリアは関東・関西・福岡のみ
・求人数:約2,600件
レバテックフリーランス

・フリーランスのエンジニア・デザイナー向け
・求人エリアは関東・東海・関西・九州
・求人数:約1,100件
Forkwell(フォークウェル)

・IT・webエンジニア専門
・求人エリアは東京都中心
・求人数:約1,650件
Geekly(ギークリー)

・IT・Web・ゲーム業界中心
・求人エリアは首都圏中心
・求人数:約10,000件
マイナビエージェントIT

・IT・WEB業界専門
・求人エリアは全国+海外
・求人数:約11,000件
WORKPORT(ワークポート)

・IT・ゲーム業界中心
・求人エリアは全国+海外
・求人数:約19,000件
※レバテックフリーランスはタップで公式サイトへ移動、それ以外は各サイトの紹介記事へ移動します。

多くの転職サイトには、会員のみに紹介している「非公開案件」があります。

非公開案件は数が豊富かつ条件も良いことが多いので、転職を考えているなら登録だけでもしておくことをおすすめします。

1つのサイトに絞るのではなく、2〜3の転職サイトを併用しましょう。成功確率がぐっと高まりますよ。

SEが転職するなら今!転職で生き生きとした毎日を送ろう

システムエンジニアの転職は今がチャンス。そしてIT系は「1歳でも若い方が成功率が高い」と言われています。

転職を視野に入れ始めているなら、まずは転職サイトへの登録だけでも済ませておきましょう。

「まだ転職するかどうかも決めてないけど、いいの?」なんて遠慮する必要はありません。

転職エージェントは、「転職すべきかどうか」も含めてアドバイスをくれることがほとんど。まずは気軽に登録・相談してみてはいかがでしょうか?

システムエンジニアとして転職を目指す人も、他の職業を目指す人も、自分に合った環境で生き生きとした日々を送れることを応援しています。

※掲載の情報は2019年11月現在のものです。
bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月11日 11:38 求人更新