希望退職とは?早期退職との違いと応募するメリット・デメリット

希望退職とは?早期退職との違いと応募するメリット・デメリット

会社の方から退職希望者を募る、いわゆる希望退職の募集が行われることがあります。

転職を検討している場合、この希望退職の募集は特に気にかかるものだと思いますが、一方で、本当に希望退職に応じてしまっても問題ないのかと不安に思う部分もありますよね。

希望退職というシステムをうまく利用するためには、まずその仕組みをきちんと理解しておく必要があります。

そこでここでは、転職を考えている方にぜひ知っておいてほしい希望退職の仕組みやメリット・デメリットを解説していきたいと思います。合わせて、希望退職と混同しやすい早期退職制度との違いについても説明しましょう。

会社都合退職になるってホント?希望退職の仕組みと目的

まずは希望退職の基本的な仕組みや目的を確認しておきましょう。

希望退職とは…

会社側が、従業員の自発的な退職を募る仕組みのこと。期間を限って募集が行われる。
通常よりも退職金が積み増しされるなど、好条件が提示されることが多い。
ほとんどの場合、人員整理・人員削減を目的として行われる。

希望者を募るという形式上、対象はあまり限定されず、社員全員を対象とすることも少なくありません。つまり、《辞めたい人がいるのであれば、ぜひ辞めてほしい》というのが希望退職の考え方です。

人員を指名して解雇する、いわゆるリストラの前段階で行われる人員整理のステップと見ておけばよいでしょう。希望者が一定数に達しない場合は、希望退職の募集が繰り返し行われることもあります。

ただし希望退職という仕組みには法的な強制力はないので、募集に対して必ず応募しなければならないというわけではありません。

もし希望退職を望んでいないのに、応募を強制されたり圧力をかけられた場合、不当解雇として取り消しや損害賠償が認められる可能性もあるので、覚えておきましょう。

なお、希望退職の募集に応募して退職した場合には、原則として自己都合ではなく会社都合での退職という扱いになります。

希望退職に応募…会社に認められないことってあり得る?

希望退職には法的強制力がない代わりに、法律によって何らかの規定があるわけでもありません。基本的に、個々の会社のルールの中で行われるものです。

したがって、希望退職に応募したのに、会社が認めてくれず退職できない…というケースもあり得ます。

法律的な規制がなく、会社と従業員の合意に基づいて実施される仕組みであるからこそ、本人が望んでも会社が合意しなければ希望退職は成立しないのです。

例えば、専門的な技術を要する部署や業務の根幹をなすような重要なポジションにいる場合、希望退職が認められず引き留めに合うことは決して珍しくありません。

その場合、無理に意思を押し通して退職しても、希望退職扱いではなく単なる自己都合での退職になってしまう可能性があります。

間違えやすいので要注意!希望退職と早期退職の違いとは

希望退職と名前も内容もよく似ているので、間違えやすいのが『早期退職制度』です。

しかし実際には、希望退職と早期退職は似ているようでかなり異なる部分が多いので、混同してしまわないように注意が必要です。

早期退職制度とは…

早期退職優遇制度とも言われる、定年前の退職を促す制度のこと。たいていの企業で、期間限定ではなく常時利用可能な制度として運用されている。
利用すると、退職金の優遇など、通常よりも好条件で退職が可能になる。
主に中高年層を対象にしており、企業の人員構成の最適化や、社員自身のライフスタイルの選択肢を広げることが目的になっている。

希望退職が必要に応じて一時的に適用される仕組みであるのに対して、早期退職は基本的に対象者であればいつでも利用できる制度となっているところが大きな違いであり特徴です。

対象は主に定年にある程度近づいた中高年層ですが、法律などで明確に年齢が規定されているわけではないので、会社ごとに異なります。また、すべての企業が導入している制度というわけでもありません。

ただし昨今は、長く続く不況の影響を受けて、通常の早期退職制度とは別に、希望退職と同じようなニュアンスで早期退職者を特別に募集するというケースも少なからず出てきているようです。この場合、対象年齢も一般的な早期退職制度より低年齢化する傾向があります。

一般的な年功序列の企業では、年齢と勤続年数が上がるほど賃金も比例して高額になっていきます。そのため、単なる希望退職よりも、対象年齢を絞って早期退職者を募った方が人件費の削減効果は高いと言うのがその大きな理由です。

早期退職制度と制度外で行われる早期退職、そして希望退職、それぞれの仕組みを正しく利用できるよう、違いを理解しておきましょう。

希望退職なのに、引き止められて退職できないケースもあるなんて驚きです。対抗する方法はないんでしょうか?
明らかな違法行為がある場合は、労働監督署や労働局に申告したり、弁護士に相談したりして状況の改善を見ることができる場合も有ります。しかし、基本的には希望退職は会社の自由裁量に任されている仕組みなので難しいのです。

知っておきたい希望退職のメリット・デメリット

一般的に企業が希望退職を募る場合、優遇条件の部分が強調されること多いので、一見するとメリットが大きいように感じられるかもしれません。特に転職希望の場合、どうせやめるなら条件がいい方が…と心惹かれる部分もありますよね。

しかしやはり、会社という生活の基盤ともなっているよりどころを一時的にでも失うことにはデメリットも少なからずあります。

転職希望者の方にとっての希望退職のメリットとデメリットを、それぞれ説明していきましょう。

金銭面だけじゃない!希望退職の4つのメリット

希望退職のメリットは、主に4つ挙げられます。

  • 退職金の積み増しが受けられる
  • 退職後すぐに失業給付金が受け取れるようになる
  • 転職の面接の際に、退職理由を説明しやすい
  • 職場に拘束される時間が無くなるので、転職活動が進めやすい

希望退職のメリットで最も大きいのは、やはり金銭面です。たいていの企業では優遇条件として、退職金の積み増しを提示してきますから、一時的にではありますがまとまった金額が手元に残ります。

普通に自己都合で退職してしまうと、退職金は通常よりも少なくなってしまうので、絶対に転職すると決めているのであれば、希望退職の方が退職金に関しては確実に得ということになります。

また、希望退職は会社都合扱いになるので、失業給付金受給の待機期間もありません。

希望退職のメリットは金銭面以外にもあります。

転職の面接の際には、ほぼ必ず前職を辞めた理由を聞かれると思うのですが、自己都合で辞めた場合、退職を決断するに至った理由をある程度きちんと説明できるようにしておかなければなりませんよね。

その点、希望退職の場合は退職の理由の説明が非常にシンプルに済ませられます。同じ業績悪化からの人員整理の結果でも、リストラのような一方的な解雇よりは、自分の意思で退職している分、格段に印象が良いのも利点です。

また、退職すると自由に使える時間が大幅に増えるので、転職活動が進めやすいというのも1つのメリットと言えるでしょう。

退職を軽く考えるのは危険!希望退職のデメリット

希望退職のデメリットとして一番大きいのは、やはり給与や福利厚生など、会社に所属することで受けられる恩恵・利益を一時的にでもすべて失うことです。

国民健康保険に加入したり、国民年金の支払いをしたりと、思った以上に出費が増えてしまうこともあります。

また、住居が社宅だった場合には、退職すれば当然引き払わなければなりません。そうなると、引っ越し費用や新たな家賃負担も加わってきます。

通常よりも多い退職金が受け取れるとは言え、こうした退職によって生じる出費のことも考えれば、必ずしも金銭的にメリットが大きいとばかりも言えないのです。

また、一時的にとは言え無職の状態では、住宅ローンや自動車ローンなどの各種ローンや、クレジットカードの審査には基本的に通らなくなってしまいます。転職先が見つかって入社してからも、勤続年数が短いうちは審査で不利になりやすいので、しばらくは難しいでしょう。

ローンを組んだり、クレジットカードをつくることを考えているのであれば、現職に在籍しているうちに済ませておくことをおすすめします。

転職するつもりであるとはいえ、今現在勤めている会社を辞めるという事実を軽く考えるのは非常に危険なことです。自分自身はもちろんのこと、家族の生活やライフプランも大きく変えてしまう可能性があることを、正しく認識しておきましょう。

面接で正直に『希望退職に応じて退職した』と伝えてしまったら、『仕事ができない人なんだ』と思われたりしないでしょうか?
希望退職での退職は会社都合とはいえ、一方的な解雇ではなく、あくまでも自分の意思で退職を選ぶ仕組みであることは相手にもわかります。ですから、印象を悪くすることはありませんよ。

応募する?しない?希望退職応募の判断基準とは

転職を考えているときに希望退職の募集が来ても、本当に応募するべきなのか、それとも見送るべきなのか、判断は難しいところですよね。

基本的には、会社から提示された希望退職の条件に納得できるのであれば応募してしまってよいと言えます。

確実に転職すると決めているのなら、普通に退職するよりも希望退職を利用した方がメリットが大きいのは事実だからです。

ただし、1つ注意してほしいことがあります。

もしあなたが、あくまでも転職を《考えている》という程度の段階で、具体的な転職の準備を進めているわけではないのであれば、行動を起こすのは時期尚早かもしれません。

転職をするつもりではあるとはいえ、希望退職に応じて会社を辞めれば無職・無収入になってしまいます。その状況で転職活動に時間をかけすぎてしまうと、生活に支障が出てこないとも限りません。

できれば、在職中からある程度は転職活動を進めておいて、希望退職後それほど時間をおかずに転職先に入社できるという形にするのが望ましいでしょう。

希望退職はたいていの場合、募集を重ねるごとに条件が悪くなっていくものなので、決断するなら早い方がいいことは間違いありません。しかし会社をやめることのリスクを考えれば、先走らずに状況を的確に判断できる冷静さは持っておくべきでしょう。

退職してから転職先を決めるまで、どのくらいなら時間をかけてもよいのでしょうか?
希望退職の条件も、生活事情も人それぞれなので一概には言えませんが、少なくとも失業給付金の受給期間のうちには転職のめどをつけることが望ましいですね。

転職するなら希望退職は渡りに船!ただし決断は慎重に

転職を決意しているのであれば、通常よりも好条件で退職できる希望退職は渡りに船と感じられるでしょう。

ただしいつかは転職したい…という程度の漠然とした段階で、希望退職の募集に乗っかってしまうのは危険です。きちんと転職に向けて準備や心構えができていないと、想定外に無職期間が長引いてしまうということにもなってしまいかねません。

転職希望者にとって、希望退職は決して悪いことばかりの仕組みではありませんが、会社を辞めることには、どうしても少なからずリスクが伴います。

上手に希望退職の仕組みを利用して転職を成功させるには、メリット・デメリットを十分に考慮して、適切なタイミングで行動を起こすことがとても重要なのです。