嫌いな上司にはどう接するべき?嫌われる上司の特徴と対処法を紹介

あなたには「嫌いな上司」はいますか?

職場に嫌な上司がいると、毎日ストレスがたまりますよね。

仕事に行くのが嫌になることもあるでしょう。

知り合い程度の人なら、嫌ならつきあわないという手もありますが、上司だとそうはいきません。

この記事では、嫌いな上司にどう対処すればいいか、具体的に紹介しています。

「上司が嫌いで会社を辞めたい」という理由で転職するときの注意事項も説明していますので、参考にしてください。

嫌いな上司ってどんな人?アンケート結果を紹介します

嫌いな上司がいる人は案外多いもの。

筆者が行ったアンケートでは、約7割の人が「嫌いな上司がいる(いた)」と回答しています。

それでは、「嫌いな上司」とはどんな上司なのでしょうか?

アンケートでは、「上司の嫌いな点」として、次のような特徴が挙がりました。

嫌いな上司の特徴
・怒鳴りつけたり、大声で責めたりする
・感情丸出しで、周りの雰囲気を悪くする
・プライドが高く、自分の非を認めない
・人によって態度を変える
・発言がコロコロ変わる
・仕事ができない
・プライベートに干渉してくる
・体臭や整髪料のニオイがきつい
・フケや服装の乱れなどでだらしない

嫌いな上司には「威圧的で怖い」「理不尽」「生理的に受け付けない」など様々なタイプがあるようです。

残念ながら、部下に上司は選べません。

嫌いだからといって、すぐに関係を断つのは難しいもの。

では、嫌いな上司へのストレスを少しでも減らすには、どうすればいいのでしょうか?

次の章では、具体的な対処法を紹介していきます。

嫌いな上司への対処法!考え方やコミュニケーションを見直そう

嫌いな上司とは口も聞きたくない、顔も見たくない、と思う人もいるでしょう。

気持ちは分かりますが、それでは仕事をうまく進めることができません。

嫌いな上司に敵対心を持ち続けていると、自分もイライラする一方。

業務に支障が出ないように、嫌いな上司と接するにはどうしたらいいのでしょうか?

嫌いな上司には、次のように対処するのがおすすめです。

嫌いな上司への対処法

具体的に見ていきましょう。

嫌いな上司への対処法その1:上司に対する自分の考え方を変える

嫌いな上司に、嫌なところを改めてもらいたくても、他人を変えるのは難しいもの。

嫌いな上司へのストレスを減らすには、自分の考え方を少し変えてみるのが効果的です。

嫌いな上司に対する考え方の例
  • 異動する可能性もあるから、それまで我慢する
  • 上司のいいところを探してみる
  • 相手にムキになるのは、時間の無駄だと考える

詳しくは次から説明します。

転勤・異動など、人事異動で離れる可能性にかけて我慢する

一般企業であれば、3年ほどで異動があることが多いです。

上司、もしくは自分が異動することで、上司と離れることができます。

異動はなくても、担当業務が変わり上司が変わるケースも。

嫌な上司との関係も期間限定だと思い、それまで我慢するのも1つの手です。

自分の考え方を少し変えてみて、「嫌い」というマイナスの感情だけにとらわれないようにしましょう。

嫌いな上司のいいところを探してみる

上司が嫌いだと、その嫌なところばかりが気になってしまうものです。

言動すべてに拒否反応を示してしまうことも。

しかし、どんな人にでも長所と短所があります。

少し冷静になって、上司の尊敬できる点を探してみましょう。

例えば、怒りっぽいけれど仕事は早い、発言がすぐ変わるけど頭の回転が速く指示が的確、など。

長所を認めることで、上司に対する接し方も変わり、関係が改善できる可能性があります。

いくら考えても、僕の上司には尊敬できるところがありません・・・。
それなら、自分は同類にならないように、上司を「反面教師」と考えるのも1つの方法ですよ。

人間的に未熟な上司に「ムキになるのは時間の無駄」と考える

嫌な上司にいちいちイライラしたくないですよね。

いらだっていると仕事に集中できなくて、ミスをしてしまう恐れも。

理不尽に叱りつけたり、相手の役職によって態度を変えたりするような上司は、人として未熟だと言えます。

「こんな人に振り回されるのは時間の無駄」と割り切り、気にしないのが一番です。

もしかしたら、その上司も売上ノルマに関するプレッシャーをかけられたり、業績不振の責任を1人で負わされたりしている可能性も。

心に余裕がなくなって、嫌な上司になってしまっているのかもしれません。

上司の嫌な言動はうまく受け流し、必要以上に相手にしないのがおすすめです。

次に、嫌いな上司に対して「どのような行動を取るべきか」を考えていきましょう。

嫌いな上司への対処法その2:上司とよくコミュニケーションをとる

嫌いな上司に対しては、たとえ自分が意識していなくても、冷たい態度を取りがちです。

それが上司に伝わり、関係がますます悪化することも。

悪循環を断ち切るために、自分から積極的にコミュニケーションをとることをおすすめします。

率先してコミュニケーションを取ることで、自分に対する上司の評価がよくなり、上司の態度が変わることも。

次のような方法を試してみてください。

上司とうまくコミュニケーションを取る方法
  • 毎日挨拶をする
  • 笑顔で接する
  • 報告・連絡・相談の機会を多くとる
  • 話を最後までよく聞く
  • アドバイスをされたらすぐに実践する

嫌な上司に積極的にコミュニケーションを取ることは難しいこと。

自分から挨拶するなんてしゃくだ、悔しい、と思う人もいるかもしれません。

しかし、どんな人とでもコミュニケーションが取れるスキルを身につければ、今後自分の強みにもなるでしょう。

自分のためでもあると思って、やってみてください。

今日、嫌いな上司に嫌味を言われたんです・・・。悔しくて悔しくて・・・。仕返ししてやりたい!
落ち着いてください、コロン太さん。辛いのは分かりますが、仕返ししようなんて思わないほうがいいですよ。

犯罪まがいのことをしたら、自分の人生まで台無しです。

冷静に考えたらそうですよね・・・。じゃあ「嫌いな上司の言うことは全部無視する」というのはどうですか?
上司を無視していたら仕事に支障が出ますよ。それに、周りの人に「社会人としてのマナーがなってない人」と思われてしまうかもしれません。

自分の評価を下げることになるので、やめたほうがいいですよ。

嫌いな上司への対処法その3:仕事で必要なこと以外関わらない

世の中には、価値観や性格の違ういろいろな人がいます。

その中で「どうしても合わない人」がいるのは仕方がないこと。

嫌いな上司とは「仕事上だけの付き合い」と割り切って、必要最低限のやりとりで、淡々と仕事をこなすのもおすすめです。

ただし業務に支障が出ない程度に、報告や連絡、相談などは行いましょう。

関係悪化を防ぐためにも、最低限のコミュニケーションは必要です。

あんな上司とはもう縁を切りたいです!旅行がてら、縁切り神社にでも行ってこようかな。
旅行でリフレッシュするのは賛成です。でも人を呪うようなお願いごとはやめてくださいね。

不幸が自分に跳ね返ってくる可能性もありますよ。

上司の行為がハラスメントに該当するときは1人で悩まず相談しよう

上司から次のような嫌がらせを受けているのなら、1人で抱え込んではいけません。

ハラスメントに該当する嫌がらせ
  • 暴力を振るわれる
  • 人格を否定するような暴言を浴びせられる
  • 性的な嫌がらせをされる
  • 仲間はずれにされる

これらの行為は、パワハラやセクハラ、モラハラに該当する可能性があります。

それぞれのハラスメントの定義については、次の記事を参考にしてください。

上司の言動が「ハラスメントかもしれない」と思ったときには、まずは信頼できる他の上司に相談しましょう。

他の上司や社内の窓口に相談することで、加害者である上司が異動や転勤になる可能性もあります。

社内がダメなら、社外の窓口に相談する方法も。

パワハラ、セクハラ、モラハラは、労働局や法務局で相談にのってもらえます。

パワハラの相談窓口や解決方法については、次の記事で詳しく説明していますので、参考にしてください。

パワハラが原因で退職したいと考えている人には、次の記事がおすすめです。

上司が嫌いで会社を辞めたい!転職するときに気をつけること

嫌いな上司にどうしても耐えられない場合、転職して上司と離れるのも一つの方法。

実は、人間関係が原因で転職をする人はかなり多いのです。

当サイトのアンケートによると、転職理由で最も多かったのが「人間関係への不満」でした。

ただし、転職するなら、「新しい職場に慣れる苦労」や「転職先でも嫌な上司に出会う可能性」があることを覚悟しておいてください。

また、上司との人間関係が原因で転職をする時は、面接での退職理由の伝え方にも気をつけましょう。

「上司が嫌だったから」という理由をそのまま伝えるのはおすすめしません。

面接官に「本人に問題があるのでは」「うちに入社しても上司と合わないのでは」という不信感を与えてしまう恐れがあります。

「転職先でやりたい仕事がある」「新しい環境で今までの経験を活かしたい」などのポジティブな退職理由に変えて話すのがいいでしょう。

転職理由のアンケート結果については、次の記事で紹介しています。

退職理由の答え方については、次の記事も参考にしてください。

嫌いな上司にはうまく対処して辛い状況から抜け出そう

この記事では、嫌いな上司への対処法を具体的に紹介しました。

嫌いな上司と仕事をするときには、上司に対する自分の考え方を変えたり、上司とこまめにコミュニケーションをとったりして対処してみましょう。

仕事だと割り切って、上司とのやりとりは最小限におさえるという方法もあります。

上司の行為がハラスメントに該当する場合には、我慢せず他の上司や社内外の窓口に相談してください。

嫌いな上司にどうしても耐えられない場合、転職も検討しましょう。

ただし、転職に伴うリスクを把握しておくことや、嫌いな上司を退職理由にしないことをおすすめします。

この記事を参考にして、辛い状況から抜け出せるように行動してみてくださいね。

bg
arrow
btn
あなたの性別は?
  • DODA 第二新卒歓迎!働きながら業界トップレベルの技術を学ぶモノづくりエンジニア募集
  • リクナビNEXT 約8割が未経験からのスタート!大手商社でグローバルに活躍できる人材を募集中!
  • マイナビ転職 女性の働きやすさ抜群!有給消化率98%の有名メーカーで事務スタッフを募集中
  • エン転職 フレックス制で自由な社風!未経験者OK!平日夜・土日面接OK
  • @type 残業月20h未満/年休125日/定着率95%【入社祝金アリ】
12月16日 02:13 求人更新