離職票とは?離職証明書との違いと提出しなければならない人の条件!

離職票とは?離職証明書との違いと提出しなければならない人の条件!

退職した人や、退職して転職したいとお考えの人にあらかじめ知っておいていただきたい情報として、失業手当があります。安心して転職活動をするために、失業中はお金がもらえるという制度です。

この失業手当を受け取るために必要な書類が、「離職票」です。この離職票をきちんと受け取っておかないと、もらえる手当ももらえなくなってしまいます。しかし、退職者の全員が離職票を受け取れるわけでもないんです。

この記事では、離職票とは何なのか、どんな人が受け取るべきものなのか等、気になるところをご説明していきます。

離職票っていったい何?2種類ある離職票それぞれを解説!

まずは、離職票とは一体どんなものなのかを見ていきましょう。離職票には「-1」「-2」の2種類がありますので、それぞれについてご紹介します。

離職票とは

離職票とは、正式には「雇用保険被保険者離職票」といい、「雇用保険被保険者離職票-1」と「雇用保険被保険者離職票-2」とに分かれています。

「雇用保険」とつくことからも分かるように、在職中に雇用保険に加入していた人が退職により被保険者の資格を失い、それによって失業手当を受け取るための書類です。

社員が退職する際、会社はハローワークに離職証明書を提出し、その社員の雇用保険の資格喪失手続きをしなければなりません。それによって離職票が交付され、以下のような流れをもって失業手当が支給されます。

会社がハローワークに離職証明書を提出

ハローワークが離職票を交付し、会社に送付

会社が離職票に必要事項を記入し、退職者に送付

退職者が離職票を確認し、相違や異議がなければハローワークに提出
(相違や意義があればハローワークに相談)

認定されれば失業手当が給付される

このように、失業手当を受け取るためには離職票をハローワークに提出する必要があり、そのために必ず会社から離職票をもらわなければなりません。

先にも触れましたが、離職票とよく似た言葉に「離職証明書」があります。これは、会社がハローワークに出すものであり、ハローワークが交付する離職票とは別のものです。

離職票-1とは

離職票について概要をご説明しましたが、ここからはより詳しくひとつずつ見ていきましょう。まずは、「雇用保険被保険者離職票-1」(離職票-1)からです。

離職票-1

離職票-1には、退職者の氏名や生年月日、雇用保険の被保険者になった日付や退職した日付などの基本情報のほか、失業手当の振込先金融機関の情報などが記載されています。原則として、銀行などの金融機関の確認印が必要となりますのでご注意ください。

離職票-2とは

では次に、「雇用保険被保険者離職票-2」(離職票-2)を見てみましょう。

離職票-2

こちらには、働いていたころの過去半年分以上の賃金支払い状況や、離職理由などが記載されています。

失業手当の額や受給期間は、この賃金支払い状況や離職理由によって変わってくるので、損をしないためにもしっかりと確認してください。

「離職票」と「離職証明書」はよく似ていますが、前者はハローワークが、後者は会社が発行するという違いがあるんですね。

退職しても、私たちが離職証明書を受け取ることはないのですか?

離職証明書は、「離職票-2」と同じ意味で使われることもありますが、一般的には退職した人が目にするのは離職票-1と離職票-2ですね。

これらの書類は、失業給付期間が終わった後も、念のため保管しておくといいですよ。

離職票を受け取れるのはどんな人?提出する必要がない人とは?

離職票は、通常退職後10日以内に会社から郵送されることが多いので、もしも退職後2週間を過ぎても送られてこない場合は、会社に請求することをおすすめします。
詳しくは「離職票が届かない?会社に発行してもらえない時の対処法を紹介!」をご覧ください。

しかし、離職票が交付されない人もいますので、自分がそれに該当しないかどうかあらかじめ知っておく必要があります。では、離職票はどのような人に必要で、どんな人には交付されないものなのでしょうか?

離職票が交付されない人

会社の怠慢ではなく離職票が交付されないケースには、以下のような人が該当します。

  • 雇用保険に加入していない人
  • 所在不明など交付できない事情がある人

離職票が交付されない場合、雇用保険に入っていないというのがもっとも多いケースです。また、滅多にないことですが、居所が分からず本人とも連絡が取れない場合も、離職票が交付できないことがあります。

雇用保険に加入していない人とは

上記の通り、離職票とは雇用保険に関する書類なので、雇用保険に加入していない人には不要な書類です。

このようなケースでは、離職票も交付されませんし、失業手当を受け取ることもできません。

そもそも、雇用保険に加入するには、以下のような条件があります。

  • 所定の労働時間が1週間に20時間以上
  • 31日以上引き続き雇用されることが見込まれる

たとえば、週3日・1日5時間という契約でパートをしている場合、週15時間の労働時間となりますので、会社側はこの人を雇用保険に加入させる義務はありません。また、31日未満の短期契約といった場合にも、雇用保険の加入条件を満たしていません。

正社員として毎日出勤していた会社を退職した場合は、原則として雇用保険に加入してい
るはずですので、このケースには当てはまりませんが、パートやアルバイトの方は離職票が交付されないことがありますのでご注意ください。

離職票を提出しなくてもいい人とは

すでにお伝えした通り、失業手当を受け取るためには、離職票が届いたらハローワークに提出しなければなりません。

このように、離職票は失業手当を受け取るための書類ですので、すでに転職先が決まっていて失業手当を受け取る資格がない人は、ハローワークに提出する必要はありません。

しかし、会社側は離職者の転職先が決まっているかどうかにかかわらず、離職証明書をハローワークに出す必要がありますので、この場合も原則として離職票は送られてきます。

通常ならば手元に保管しておくだけでいいのですが、万が一転職先の内定が取り消されたりした場合に、この離職票で失業手当を受け取れますので、失くさないようにしてください。

離職票は、雇用保険の資格がなくなった結果、ハローワークが交付してくれるものなので、そもそも雇用保険に入っていない人には交付されないということですね。

転職先が決まっている人にも離職票は届くのに、どこにも提出する必要はないのですか?

離職票は失業手当を受け取る際に必要な書類なので、転職先が決まっている人が仮にハローワークに出したとしても何ももらえません。

なので、不測の事態が起きない限り、どこにも提出しなくていいですよ。でも念のために保管しておいてくださいね。

離職票と転職活動の関係についてよくある疑問を解決!

離職票は会社の手続きによってハローワークから交付され、会社を通じて退職者に送付されるものであり、失業手当の受給に必要な書類であることをお話してきました。そんな離職票や失業給付について、よくある疑問とその答えをご紹介します。

離職票がないと転職活動できないの?

繰り返しになりますが、離職票は退職後10日以内に交付されるものです。したがって、退職後すぐには手元にないことも多いものです。

この状況から、「離職票がないと転職活動が始められないのでは?」と不安に思う方がいらっしゃるかもしれませんが、その心配にはおよびません。

離職票は失業手当を受け取るためのものですので、転職先が見つかれば給付期間内であっても手当を受け取れなくなるというだけであって、転職活動自体にはまったく無関係なのです。

応募の段階で離職票の提示を求められることもありませんから、退職直後はもちろん、在職中から積極的に転職活動をしても大丈夫です。

転職先に離職票を出さなければいけないの?

転職先が決まったら提出しなければならない書類はたくさんありますが、離職票の提出を求められるケースは、ほとんどありません。

新しい会社に入社したら、その会社でもやはり雇用保険に加入しますが、被保険者番号は前の会社のときと同じものを引き続き使用します。その番号を確認するため、「雇用保険被保険者証」が必要になります。

雇用保険被保険者証は、離職票とともに送られてくるのが一般的ですので、これも保管しておいて転職先が決まったら提出してください。

ごくまれに転職先から離職票を求められることもありますが、この場合は本当に退職しているかどうかの確認や退職日の確認などの目的があると考えられます。

求められるままに離職票を提出しても問題ありませんが、退職前半年間の給与額を知られたくない等の事情がある場合は、なぜ必要なのかを聞いてみてもよいでしょう。退職日の確認でしたら源泉徴収票でも可能ですので、それを伝えてみてもよいでしょう。

転職先に離職票を出すよう求められることも、絶対ないとは言えないんですか?

確かに、半年分の給料を知られてしまうし、退職理由によっては提出したくないですよね。

そうですね。でも、転職先に離職票を出す義務はないですし、求められることは原則としてないはずです。

もしも出すよう言われたら源泉徴収票でもいいですし、前職にお願いして退職証明書を出してもらうこともできますよ。

離職票は失業手当をもらうためハローワークに提出が必要!

離職票は、退職後に会社から送られてくるのが一般的です。その離職票をハローワークに提出しなければ失業手当が受け取れませんので、できるだけ早く提出するようにしてください。

また、離職票が届いたら、会社が記入した内容が間違っていないかよく確認しましょう。特に離職理由や支給額は失業手当の金額に大きく関わってきますので、相違があればハローワークに相談してくださいね。

しかし、すでに転職先が決まっている人は、離職票をどこかに提出する必要はありません。離職票は、あくまでも失業手当をもらうためのものであることを、頭に入れておいてくださいね。